gpupdategpupdate

グループ ポリシー設定を更新します。Updates Group Policy settings. このコマンドの使用方法の例については、次を参照してください。 します。For examples of how this command can be used, see Examples.

構文Syntax

gpupdate [/target:{Computer | User}] [/force] [/wait:<VALUE>] [/logoff] [/boot] [/sync] [/?]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
/target: {コンピューター/target:{Computer ユーザー}User}
/force/force すべてのポリシー設定を再適用されます。Reapplies all policy settings. 既定では、変更されたポリシー設定のみが適用されます。By default, only policy settings that have changed are applied.
/wait:<VALUE>/wait:<VALUE> ポリシーの処理、コマンド プロンプトに戻る前に完了するまで待機する秒数を設定します。Sets the number of seconds to wait for policy processing to finish before returning to the command prompt. 時間制限を超えたときに、コマンド プロンプトが表示されたらは、ポリシーの処理が続行されます。When the time limit is exceeded, the command prompt appears, but policy processing continues. 既定値は、600 秒です。The default value is 600 seconds. 0待機しないことを意味します。The value 0 means not to wait. -1無制限に待機することを意味します。The value -1 means to wait indefinitely.
スクリプトでは、このコマンドを指定すると、制限時間を使用して行うことができますgpupdateの完了時に依存しないコマンドを続行gpupdateします。In a script, by using this command with a time limit specified, you can run gpupdate and continue with commands that do not depend upon the completion of gpupdate. 指定された時間制限なしでこのコマンドを使用する代わりに、 gpupdateそれに依存するその他のコマンドを実行する前に実行が終了します。Alternatively, you can use this command with no time limit specified to let gpupdate finish running before other commands that depend on it are run.
/logoff/logoff グループ ポリシー設定を更新した後は、ログオフをによりします。Causes a logoff after the Group Policy settings are updated. バック グラウンドの更新サイクルでポリシーを処理しないが、ユーザーがログオンしたときにポリシーの処理はグループ ポリシー クライアント側拡張機能のために必要です。This is required for those Group Policy client-side extensions that do not process policy on a background update cycle but do process policy when a user logs on. 例には、ユーザーを対象としたソフトウェアのインストールとフォルダー リダイレクトが含まれます。Examples include user-targeted Software Installation and Folder Redirection. 拡張機能の呼び出しには、ログオフが必要な場合は、このオプションを指定しても効果はありません。This option has no effect if there are no extensions called that require a logoff.
/boot/boot グループ ポリシー設定が適用された後は、コンピューターの再起動をによりします。Causes a computer restart after the Group Policy settings are applied. バック グラウンドの更新サイクルでポリシーを処理しないが、コンピューターの起動時にポリシーの処理はグループ ポリシー クライアント側拡張機能のために必要です。This is required for those Group Policy client-side extensions that do not process policy on a background update cycle but do process policy at computer startup. 例には、コンピューターを対象としたソフトウェアのインストールが含まれます。Examples include computer-targeted Software Installation. 拡張機能の呼び出しには、再起動が必要な場合は、このオプションを指定しても効果はありません。This option has no effect if there are no extensions called that require a restart.
/sync/sync 同期的に実行する次のフォア グラウンド ポリシー アプリケーション。Causes the next foreground policy application to be done synchronously. フォア グラウンドのポリシーは、コンピューターのブートとユーザーのログオン時に適用されます。Foreground policy is applied at computer boot and user logon. これを指定するにはユーザー、コンピューター、またはその両方を使用して、 /targetパラメーター。You can specify this for the user, computer, or both, by using the /target parameter. /Force/waitしたり、指定した場合、パラメーターは無視されます。The /force and /wait parameters are ignored if you specify them.
/?/? コマンド プロンプトでヘルプを表示します。Displays Help at the command prompt.

注釈Remarks

  • Gpupdateコマンドは Windows Server 2008 R2、Windows Server 2008、Windows 7 Ultimate、Windows 7 Professional、Windows Vista Ultimate、Windows Vista Enterprise、および Windows Vista Business で使用できます。The gpupdate command is available in Windows Server 2008 R2, Windows Server 2008, Windows 7 Ultimate, Windows 7 Professional, Windows Vista Ultimate, Windows Vista Enterprise, and Windows Vista Business.

Examples

変更されたかどうかに関係なく、すべてのグループ ポリシー設定のバック グラウンドの更新を強制します。Force a background update of all Group Policy settings, regardless of whether they have changed.

gpupdate /force

その他の参照情報Additional references