macfilemacfile

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012Applies To: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012

Macintosh サーバー、ボリューム、ディレクトリ、およびファイルのファイル サーバーを管理します。Manages File Server for Macintosh servers, volumes, directories, and files. バッチ ファイルで、一連のコマンドをなどによって手動で開始する管理タスクを自動化できるか、事前に定義した時刻。You can automate administrative tasks by including a series of commands in batch files and starting them manually or at predetermined times.

Macintosh からアクセス可能なボリューム内のディレクトリを変更するにはTo modify directories in Macintosh-accessible volumes

構文Syntax

macfile directory[/server:\\<computerName>] /path:<directory> [/owner:<OwnerName>] [/group:<GroupName>] [/permissions:<Permissions>]

パラメーターParameters

  • /server:\\ディレクトリを変更するサーバーを指定します。/server:\\ Specifies the server on which to change a directory. 省略した場合は、操作は、ローカル コンピューターで実行されます。If omitted, the operation is performed on the local computer.

  • /path:必須。/path: Required. 変更するディレクトリへのパスを指定します。Specifies the path to the directory that you want to change. このディレクトリが存在する必要があります。The directory must exist. macfile ディレクトリディレクトリは作成されません。macfile directory does not create directories.

  • /owner:ディレクトリの所有者を変更します。/owner: changes the owner of the directory. 省略した場合、所有者は変更されません。If omitted, the owner remains unchanged.

  • /group:指定します。 または、ディレクトリに関連付けられている Macintosh のプライマリ グループを変更します。/group: Specifies or changes the Macintosh primary group that is associated with the directory. 省略した場合は、プライマリ グループは変更されません。If omitted, the primary group remains unchanged.

  • /permissions:所有者、プライマリ グループ、および世界 (everyone) 用のディレクトリのアクセス許可を設定します。/permissions: Sets permissions on the directory for the owner, primary group, and world (everyone). 11 桁の数字を使用して、アクセス許可を設定します。An 11-digit number is used to set permissions. 番号 1 は権限を付与し、0 (たとえば、11111011000) のアクセスを許可した権限を取り消します。The number 1 grants permission and 0 revokes permission (for example, 11111011000). 省略すると、アクセス許可は変更されません。If omitted, permissions remain unchanged. 添字の位置は、次の表に示すようにするアクセス許可を設定するが決まります。The position of the digit determines which permission is set, as described in the following table.

    位置Position アクセス許可を設定します。Sets Permission for
    FirstFirst OwnerSeeFilesOwnerSeeFiles
    第 2 週Second OwnerSeeFoldersOwnerSeeFolders
    サードパーティThird 所有者の内容変更OwnerMakechanges
    4 番目Fourth GroupSeeFilesGroupSeeFiles
    5 番目Fifth GroupSeeFoldersGroupSeeFolders
    6 番目Sixth GroupMakechangesGroupMakechanges
    7 番目Seventh WorldSeeFilesWorldSeeFiles
    8 番目Eighth WorldSeeFoldersWorldSeeFolders
    9 番目Ninth WorldMakechangesWorldMakechanges
    10 分Tenth ディレクトリは、名前変更、移動、または削除することはできません。The directory cannot be renamed, moved, or deleted.
    11 番目Eleventh 変更は、現在のディレクトリとすべてのサブディレクトリに適用されます。The changes apply to the current directory and all subdirectories.
  • /?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

注釈Remarks

  • スペースや特殊文字が入力する情報が含まれる場合は、テキストを囲む引用符を使用して (たとえば、 " コンピューター名 " )。if the information that you supply contains spaces or special characters, use quotation marks around the text (for example, "computer Name").
  • 使用 macfiledirectory Macintosh からアクセス可能なボリューム内の既存のディレクトリを Macintosh ユーザーが使用できるようにします。Use macfiledirectory to make an existing directory in a Macintosh-accessible volume available to Macintosh users. Macfiledirectory コマンドでは、ディレクトリは作成されません。The macfiledirectory command does not create directories. ファイル マネージャーでは、コマンド プロンプトを使用して、または macintosh の新しいフォルダー を使用する前に、Macintosh からアクセス可能なボリュームにディレクトリを作成するコマンド、 macfile ディレクトリ コマンドです。Use File Manager, the command prompt, or the macintosh new folder command to create a directory in a Macintosh-accessible volume before you use the macfile directory command.

    Examples

    次の例では、ローカル サーバーの E ドライブに Macintosh からアクセス可能なボリュームの統計で、サブディレクトリの 5 月の売上におけるのアクセス許可を変更します。The following example changes the permissions of the subdirectory May sales, in the Macintosh-accessible volume Statistics, on the E drive of the local server. 例はファイルを参照してください、「フォルダー、および作成の変更アクセス許可を、ディレクトリの変更、移動、または削除を防止所有者と他すべてユーザーに「ファイルとフォルダーのアクセスを許可を割り当てます。The example assigns See Files, See Folders, and Make changes permissions to the owner and See Files and See Folders permissions to all other users, while preventing the directory from being renamed, moved, or deleted.
    macfile directory /path:"e:\statistics\may sales" /permissions:11111011000
    

Macintosh ファイルのデータおよびリソース フォークに参加するにはTo join a Macintosh file's data and resource forks

構文Syntax

macfile forkize[/server:\\<computerName>] [/creator:<CreatorName>] [/type:<typeName>]  [/datafork:<Filepath>] [/resourcefork:<Filepath>] /targetfile:<Filepath>

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
/server:\\/server:\\ ファイルを結合するサーバーを指定します。Specifies the server on which to join files. 省略した場合は、操作は、ローカル コンピューターで実行されます。If omitted, the operation is performed on the local computer.
/creator:/creator: ファイルの作成者を指定します。Specifies the creator of the file. Macintosh のファインダーを使用して、 /creatorコマンド ライン オプションにファイルを作成したアプリケーションを決定します。The Macintosh finder uses the /creator command-line option to determine the application that created the file.
/type:/type: ファイルの種類を指定します。Specifies the type of file. Macintosh のファインダーを使用して、 /typeコマンド ライン オプションをファイルを作成したアプリケーション内でファイルの種類を決定します。The Macintosh finder uses the /type command-line option to determine the file type within the application that created the file.
/datafork:/datafork: 結合するデータ フォークの場所を指定します。Specifies the location of the data fork that is to be joined. リモート パスを指定できます。You can specify a remote path.
/resourcefork:/resourcefork: 参加しているリソース フォークの場所を指定します。Specifies the location of the resource fork that is to be joined. リモート パスを指定できます。You can specify a remote path.
/targetfile:/targetfile: 必須。Required. データ フォークし、リソースのフォークを結合して作成されるファイルの場所を指定または、種類またはクリエーターを変更する場合は、ファイルの場所を指定します。Specifies the location of the file that is created by joining a data fork and a resource fork, or specifies the location of the file whose type or creator you are changing. ファイルは、指定されたサーバー上に存在する必要があります。The file must be on the specified server.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

注釈Remarks

  • スペースや特殊文字が入力する情報が含まれる場合は、テキストを囲む引用符を使用して (たとえば、 " コンピューター名 " )。if the information that you supply contains spaces or special characters, use quotation marks around the text (for example, "computer Name").

Examples

Macintosh からアクセス可能なボリューム リソース フォーク C:\Cross\Mac\Appcode を使用して、D:\Release ファイル treeapp を作成し、Macintosh クライアントにアプリケーションとして表示されるこの新しいファイルを作成する (Macintosh アプリケーションは、アプリの種類を使用) で作成者 (署名) に MAGNOLIA、型を設定します。To create the file treeapp on the Macintosh-accessible volume D:\Release, using the resource fork C:\Cross\Mac\Appcode, and to make this new file appear to Macintosh clients as an application (Macintosh applications use the type APPL) with the creator (signature) set to MAGNOLIA, type:

macfile forkize /resourcefork:c:\cross\mac\appcode /type:APPL /creator:MAGNOLIA /targetfile:D:\Release\treeapp

ファイル サーバー上のディレクトリの D:\Word documents \group ファイルで WOrd.txt の Microsoft Word 5.1 にファイルの作成者を変更する\\SERverA、種類。To change the file creator to Microsoft Word 5.1, for the file WOrd.txt in the directory D:\Word documents\Group files, on the server \\SERverA, type:

macfile forkize /server:\\servera /creator:MSWD /type:TEXT /targetfile:"d:\Word documents\Group files\Word.txt"

ログオン メッセージを変更し、セッションの制限To change the logon message and limit sessions

構文Syntax

macfile server [/server:\\<computerName>] [/maxsessions:{Number | unlimited}] [/loginmessage:<Message>]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
/server:\\/server:\\ パラメーターを変更するサーバーを指定します。Specifies the server on which to change parameters. 省略した場合は、操作は、ローカル コンピューターで実行されます。If omitted, the operation is performed on the local computer.
/maxsessions: {数 | 無制限}/maxsessions:{Number | unlimited} 同時にファイルを使用し、Macintosh 用プリント サーバーはユーザーの最大数を指定します。Specifies the maximum number of users who can simultaneously use File and print Servers for Macintosh. 省略した場合は、 maxsessions 設定、サーバーは変更されません。If omitted, the maxsessions setting for the server remains unchanged.
/loginmessage:/loginmessage: 変更メッセージ Macintosh ユーザーは、Macintosh サーバーのファイル サーバーにログオンするときに参照してください。changes the message Macintosh users see when logging on to the File Server for Macintosh server. ログオン メッセージの文字の最大数は、199 です。The maximum number of characters for the logon message is 199. 省略した場合は、 loginmessage メッセージは、サーバーは変更されません。If omitted, the loginmessage message for the server remains unchanged. 既存のログオン メッセージを削除するには、 /loginmessage 残しておくに、パラメーター、 メッセージ 変数が空です。To remove an existing logon message, include the /loginmessage parameter, but leave the Message variable blank.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

注釈Remarks

  • スペースや特殊文字が入力する情報が含まれる場合は、テキストを囲む引用符を使用して (たとえば、 " コンピューター名 " )。if the information that you supply contains spaces or special characters, use quotation marks around the text (for example, "computer Name").

Examples

ファイルの数を変更して、プリント サーバーの Macintosh セッションが許可されている、ローカル サーバーで現在の設定から 5 つのセッションとログオン メッセージを追加する"サーバーからログオフ Macintosh 用が完了したら。"を入力します。To change the number of File and print Server for Macintosh sessions that are permitted on the local server from the current setting to five sessions, and to add the logon message "Log off from Server for Macintosh when you are finished.", type:

macfile server /maxsessions:5 /loginmessage:"Log off from Server for Macintosh when you are finished."

追加、変更、または Macintosh からアクセス可能なボリュームを削除するにはTo add, change, or remove Macintosh-accessible volumes

構文Syntax

macfile volume {/add|/set} [/server:\\<computerName>] /name:<volumeName>/path:<directory>[/readonly:{true | false}] [/guestsallowed:{true | false}] [/password:<Password>] [/maxusers:{<Number>>|unlimited}]
macfile volume /remove[/server:\\<computerName>] /name:<volumeName>

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
{//追加 (& a) #124;/set}{/add | /set} 追加する、または Macintosh からアクセス可能なボリュームを変更するときに必要です。Required when you are adding or changing a Macintosh-accessible volume. 追加または指定されたボリュームを変更します。adds or changes the specified volume.
/server:\\/server:\\ 追加、変更、またはボリュームを削除するサーバーを指定します。Specifies the server on which to add, change, or remove a volume. 省略した場合は、操作は、ローカル コンピューターで実行されます。If omitted, the operation is performed on the local computer.
/name:/name: 必須。Required. 追加、変更、または削除するには、ボリューム名を指定します。Specifies the volume name to be added, changed, or removed.
/path:/path: 必須およびボリュームを追加するときにだけ有効です。Required and valid only when you are adding a volume. 追加するボリュームのルート ディレクトリへのパスを指定します。Specifies the path to the root directory of the volume to be added.
/readonly: {#124 (&) は true、false}/readonly:{true | false} ユーザーがボリューム内のファイルを変更できるかどうかを指定します。Specifies whether users can change files in the volume. ユーザーがボリューム内のファイルを変更できないことを指定する場合は true を入力します。type true to specify that users cannot change files in the volume. ユーザーがボリューム内のファイルを変更できることを指定する場合は false を入力します。type false to specify that users can change files in the volume. ボリュームを追加するときに省略すると、ファイルへの変更が許可されます。If omitted when adding a volume, changes to files are allowed. ボリュームを変更する場合を省略した場合、 読み取り専用 設定は、ボリュームは変更されません。If omitted when changing a volume, the readonly setting for the volume remains unchanged.
/guestsallowed: {#124 (&) は true、false}/guestsallowed:{true | false} ゲストとしてログオンするユーザーがボリュームを使用できるかどうかを指定します。Specifies whether users who log on as guests can use the volume. ゲストがボリュームを使用するように指定する場合は true を入力します。type true to specify that guests can use the volume. ゲストがボリュームを使用できないことを指定する場合は false を入力します。type false to specify that guests cannot use the volume. ボリュームを追加するときに省略すると、ゲストは、ボリュームを使用できます。If omitted when adding a volume, guests can use the volume. ボリュームを変更する場合を省略した場合、 guestsallowed 設定は、ボリュームは変更されません。If omitted when changing a volume, the guestsallowed setting for the volume remains unchanged.
/password:/password: ボリュームへのアクセスに必要なパスワードを指定します。Specifies a password that will be required to access the volume. ボリュームを追加するときに省略すると、パスワードは作成されません。If omitted when adding a volume, no password is created. ボリュームを変更するときに省略すると、パスワードは変更されません。If omitted when changing a volume, the password remains unchanged.
/maxusers: {> &#124 無制限;}/maxusers:{>|unlimited} ボリューム上のファイルを同時に使用できるユーザーの最大数を指定します。Specifies the maximum number of users who can simultaneously use the files on the volume. ボリュームを追加するときに省略すると、無制限の数のユーザーは、ボリュームを使用できます。If omitted when adding a volume, an unlimited number of users can use the volume. ボリュームを変更する場合を省略した場合、 maxusers 値は変更されません。If omitted when changing a volume, the maxusers value remains unchanged.
/remove/remove Macintosh アクセス可能なボリュームを削除するときに必要です。Required when you are removing a Macintosh-accesible volume. 指定されたボリュームを削除します。removes the specified volume.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

注釈Remarks

  • スペースや特殊文字が入力する情報が含まれる場合は、テキストを囲む引用符を使用して (たとえば、 " コンピューター名 " )。if the information that you supply contains spaces or special characters, use quotation marks around the text (for example, "computer Name").

Examples

E ドライブに Stats ディレクトリを使用して、ローカル サーバーに米国マーケティングの統計情報と呼ばれるボリュームを作成し、ゲストでボリュームにアクセスできないことを指定するには、次のように入力します。To create a volume called US Marketing Statistics on the local server, using the Stats directory in the E drive, and to specify that the volume cannot be accessed by guests, type:

macfile volume /add /name:"US Marketing Statistics" /guestsallowed:false /path:e:\Stats

ボリュームを変更するには、上記で作成した読み取り専用にして、パスワードを要求して、5 つの型に最大ユーザー数を設定します。To change the volume created above to be read-only and to require a password, and to set the number of maximum users to five, type:

macfile volume /set /name:"US Marketing Statistics" /readonly:true /password:saturn /maxusers:5

サーバーのランドス ケープの設計と呼ばれるボリュームを追加する\\Magnolia、E ドライブおよびゲストの種類によって、ボリュームにアクセスできることを指定するツリー ディレクトリを使用します。To add a volume called Landscape Design, on the server \\Magnolia, using the trees directory in the E drive, and to specify that the volume can be accessed by guests, type:

macfile volume /add /server:\\Magnolia /name:"Landscape Design" /path:e:\trees

ローカル サーバー上の営業レポートと呼ばれるボリュームを削除するには、次のように入力します。To remove the volume called Sales Reports on the local server, type:

macfile volume /remove /name:"Sales Reports"

その他の参照additional references