modemode

システム状態の表示、システム設定の変更またはポートまたはデバイスを再構成します。Displays system status, changes system settings, or reconfigures ports or devices. パラメーターを指定せずに使用する場合 モード コンソールおよび COM に利用できるデバイスの制御可能なすべての属性が表示されます。If used without parameters, mode displays all the controllable attributes of the console and the available COM devices.

使用することができます モード を次のタスクを実行する-各タスクは別の構文を使用します。You can use mode to perform the following tasks—each task uses a different syntax:

シリアル通信ポートを構成するにはTo configure a serial communications port

構文Syntax

mode com<M>[:] [baud=<B>] [parity=<P>] [data=<D>] [stop=<S>] [to={on|off}] [xon={on|off}] [odsr={on|off}] [octs={on|off}] [dtr={on|off|hs}] [rts={on|off|hs|tg}] [idsr={on|off}]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
Com<M > [::]Com<M>[:] 非同期 Prncnfg.vbshronous 通信ポートの数を指定します。Specifies the number of the async Prncnfg.vbshronous communications port.
ボー =<B >baud=<B> 1 秒あたりのビット単位の転送速度を指定します。Specifies the transmission rate in bits per second. 次の表に、有効な省略形 B とその関連率。The following table lists valid abbreviations for B and their related rates.
- 11 110 ボー =- 11 = 110 baud
- 15 = 150 ボー- 15 = 150 baud
- 30 300 ボー =- 30 = 300 baud
- 60 600 ボー =- 60 = 600 baud
- 12 1200 ボー =- 12 = 1200 baud
- 24 2400 ボー =- 24 = 2400 baud
- 48 4800 ボー =- 48 = 4800 baud
- 96 9600 ボー =- 96 = 9600 baud
- 19 19,200 ボー =- 19 = 19,200 baud
パリティ =<P >parity=<P> システムがパリティ ビットを使用して、送信エラーを確認する方法を指定します。Specifies how the system uses the parity bit to check for transmission errors. 次の表に、有効な値の Pします。既定値は eします。The following table lists valid values for P. The default value is e. すべてのコンピューターの値がサポート msします。Not all computers support the values m and s.
- n = なし- n = none
- eでも =- e = even
- o奇数を =- o = odd
- m = マーク- m = mark
- s領域を =- s = space
データ =<D >data=<D> 文字のデータ ビット数を指定します。Specifies the number of data bits in a character. 有効な値 d の範囲は 5 ~ 8 です。Valid values for d are in the range 5 through 8. 既定値は 7 です。The default value is 7. すべてのコンピューターでは、値 5 および 6 をサポートします。Not all computers support the values 5 and 6.
停止 =<S >stop=<S> 文字の終わりを定義するストップ ビットの数を指定します。1、1.5、または 2 です。Specifies the number of stop bits that define the end of a character: 1, 1.5, or 2. ボー レートが 110 の場合は、既定値は 2 です。If the baud rate is 110, the default value is 2. それ以外の場合、既定値は 1 です。Otherwise, the default value is 1. すべてのコンピューターには、値 1.5 がサポートされます。Not all computers support the value 1.5.
= {onto={on オフ}off}
xon={onxon={on オフ}off}
odsr={onodsr={on オフ}off}
octs={onocts={on オフ}off}
dtr={ondtr={on オフoff
rts = {onrts={on オフoff
idsr={onidsr={on オフ}off}
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

すべてのデバイスまたは 1 つのデバイスの状態を表示するにはTo display the status of all devices or of a single device

構文Syntax

mode [<Device>] [/status]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
<デバイス ><Device> 状態を表示するデバイスの名前を指定します。Specifies the name of the device for which you want to display the status.
/status/status リダイレクトされたパラレル プリンターの状態を要求します。Requests the status of any redirected parallel printers. 省略することができます、 /status コマンド ライン オプションとして /staします。You can abbreviate the /status command-line option as /sta.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

注釈Remarks

パラメーターを指定せずに使用する場合 モード 、システムにインストールされているすべてのデバイスの状態を表示します。If used without parameters, mode displays the status of all devices that are installed on your system.

シリアル通信ポートにパラレル ポートから出力をリダイレクトするにはTo redirect output from a parallel port to a serial communications port

構文Syntax

mode lpt<N>[:]=com<M>[:]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
lpt<N > [::]lpt<N>[:] 必須。Required. パラレル ポートを指定します。Specifies the parallel port. 有効な値 N の範囲は 1 ~ 3 です。Valid values for N are in the range 1 through 3.
com<M > [::]com<M>[:] 必須。Required. シリアル ポートを指定します。Specifies the serial port. 有効な値 M の範囲は 1 ~ 4 です。Valid values for M are in the range 1 through 4.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

注釈Remarks

印刷をリダイレクトするには、Administrators グループのメンバーがあります。You must be a member of the Administrators group to redirect printing.

Examples

シリアル プリンターへの並列のプリンターの出力を送信できるように、システムをセットアップに使用する必要があります、 モード コマンドを 2 回です。To set up your system so that it sends parallel printer output to a serial printer, you must use the mode command twice. 最初の時間を使用して モード シリアル ポートを構成します。The first time, use mode to configure the serial port. 2 番目の時間を使用して モード パラレル プリンターの出力を最初に指定されたシリアル ポートにリダイレクトする モード コマンドです。The second time, use mode to redirect parallel printer output to the serial port you specified in the first mode command.

たとえば、シリアル プリンターが偶数のパリティ、4800 ボーで動作し、COM1 ポート (お使いのコンピューターの最初のシリアル接続) に接続されている場合は、次のように入力します。For example, if your serial printer operates at 4800 baud with even parity, and it is connected to the COM1 port (the first serial connection on your computer), type:

mode com1 48,e,,,b
mode lpt1=com1

LPT1 を使用してファイルを印刷することを決定する、COM1、LPT1 から並列プリンターの出力をリダイレクトする場合は、ファイルを印刷する前に、次のコマンドを入力します。If you redirect parallel printer output from LPT1 to COM1, but then you decide that you want to print a file by using LPT1, type the following command before you print the file:

mode lpt1

このコマンドは、COM1 LPT1 から、ファイルのリダイレクトを防止します。This command prevents the redirection the file from LPT1 to COM1.

選択、更新、または、コンソールのコード ページの番号を表示するにはTo select, refresh, or display the numbers of the code pages for the console

構文Syntax

mode <Device> codepage select=<YYY>
mode <Device> codepage [/status]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
<デバイス ><Device> 必須。Required. コード ページを選択するデバイスを指定します。Specifies the device for which you want to select a code page. CON はデバイスにのみ有効な名前。CON is the only valid name for a device.
コード ページの選択 =codepage select= 必須。Required. 指定されたデバイスで使用するコード ページを指定します。Specifies which code page to use with the specified device. 省略することができますコードページ 選択としてcp selします。You can abbreviate codepage select as cp sel.
<YYY><YYY> 必須。Required. 選択するコード ページの数を指定します。Specifies the number of the code page to select. 以下の一覧を使用可能なページおよび国/地域や言語各コードです。The following list shows each code page that is supported and its country/region or language.
437:米国437: United States
850:多言語 (ラテン I)850: Multilingual (Latin I)
852:スラブ語 (ラテン II)852: Slavic (Latin II)
855:キリル語 (ロシア語)855: Cyrillic (Russian)
857:トルコ語857: Turkish
860:ポルトガル語860: Portuguese
861:アイスランド語861: Icelandic
863:カナダ フランス語863: Canadian-French
865:北欧865: Nordic
866:ロシア語866: Russian
869:モダン ギリシャ語869: Modern Greek
コード ページcodepage 必須。Required. 表示、コードの数ページ (存在する場合)、指定されたデバイスで選択したです。Displays the numbers of the code pages (if any) that are selected for the specified device.
/status/status 指定されたデバイス用に選択された現在のコード ページの数を表示します。Displays the numbers of the current code pages selected for the specified device. 簡略化できます /status/staします。You can abbreviate /status to /sta. 指定するかどうか /status, 、モード コードページ 、指定されたデバイスの選択されているコード ページの数が表示されます。Whether or not you specify /status, mode codepage displays the numbers of the code pages that are selected for the specified device.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

コマンド プロンプト画面バッファーのサイズを変更するにはTo change the size of the command prompt screen buffer

構文Syntax

mode con[:] [cols=<C>] [lines=<N>]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
con [:]con[:] 必須。Required. コマンド プロンプト ウィンドウに、変更が適用されることを示します。Indicates that the change applies to the Command Prompt window.
cols =<C >cols=<C> コマンド プロンプト画面バッファーで列の数を指定します。Specifies the number of columns in the command prompt screen buffer.
lines=<N>lines=<N> コマンド プロンプトの画面バッファー行の数を指定します。Specifies the number of lines in the command prompt screen buffer.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

キーボードの速度を設定するにはTo set the keyboard typematic rate

構文Syntax

mode con[:] [rate=<R> delay=<D>]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
con [:]con[:] 必須。Required. キーボードを指します。Refers to the keyboard.
速度 =<R >rate=<R> キーを押し続けたときに、画面に文字が繰り返されますレートを指定します。Specifies the rate at which a character is repeated on the screen when you hold down a key.
遅延 =<D >delay=<D> キーを押した、前に文字の出力に、キーを押しながら後までの経過時間を指定します。Specifies the amount of time that will elapse after you press and hold down a key before the character output repeats.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

注釈Remarks

  • キーボードの速度とは、その文字のキーを押し続けたときに、文字が繰り返しレートです。The typematic rate is the rate at which a character repeats when you hold down the key for that character. キーボードの速度には、2 つのコンポーネント、速度と遅延があります。The typematic rate has two components, the rate and the delay. 一部のキーボードでは、このコマンドは認識されません。Some keyboards do not recognize this command.

  • 使用して 率 = RUsing rate=R

    有効な値は、1 ~ 32 の範囲内にあります。Valid values are in the range 1 through 32. これらの値は、1 秒あたり約 2 ~ 30 文字と同じです。These values are equal to approximately 2 to 30 characters per second. 既定値は、IBM AT と互換性のあるキーボードの場合は、20 と 21 の IBM PS/2 と互換性のあるキーボードです。The default value is 20 for IBM AT-compatible keyboards, and 21 for IBM PS/2-compatible keyboards. レートを設定する場合は、遅延時間も設定する必要があります。If you set the rate, you must also set the delay.

  • 使用して 遅延=DUsing delay=D

    有効な値 D は 1、2、3、および 4 (2 つ目表す 0.25、0.50、0.75、および 1)。Valid values for D are 1, 2, 3, and 4 (representing 0.25, 0.50, 0.75, and 1 second). 既定値は 2 です。The default value is 2. 遅延時間を設定する場合は、速度も設定する必要があります。If you set the delay, you must also set the rate.

その他の参照情報Additional references

コマンド ライン構文の記号Command-Line Syntax Key