mountmount

使用することができますマウントNetwork File System (NFS) ネットワーク共有をマウントします。You can use mount to mount Network File System (NFS) network shares.

構文Syntax

mount [-o <Option>[...]] [-u:<UserName>] [-p:{<Password> | *}] {\\<ComputerName>\<ShareName> | <ComputerName>:/<ShareName>} {<DeviceName> | *}

説明Description

マウントコマンド ライン ユーティリティで識別されるファイル システムをマウントするShareNameによって識別される NFS サーバーによってエクスポートされたComputerNameに関連付けますと、指定されたドライブ文字DeviceName場合は、アスタリスク ( * ) 最初の使用可能なドライブ文字によって、使用されます。The mount command-line utility mounts the file system identified by ShareName exported by the NFS server identified by ComputerName and associates it with the drive letter specified by DeviceName or, if an asterisk (*) is used, by the first available driver letter. ローカル コンピューター上のドライブと同様、ユーザーは、エクスポートされたファイル システムをアクセスできます。Users can then access the exported file system as though it were a drive on the local computer. オプションまたは引数を使用するとマウントマウントされたすべての NFS ファイル システムに関する情報が表示されます。When used without options or arguments, mount displays information about all mounted NFS file systems.

マウントユーティリティは、nfs クライアントがインストールされている場合にのみ使用できます。The mount utility is available only if Client for NFS is installed.

次のオプションと引数を使用できます、マウントユーティリティ。The following options and arguments can be used with the mount utility.

項目Term 定義Definition
-o rsize=<buffersize>-o rsize=<buffersize> 読み取りバッファーのキロバイト単位のサイズを設定します。Sets the size in kilobytes of the read buffer. 指定できる値は 1、2、4、8、16、および 32 です。既定では 32 KB です。Acceptable values are 1, 2, 4, 8, 16, and 32; the default is 32 KB.
-o wsize=<buffersize>-o wsize=<buffersize> 書き込みバッファーのキロバイト単位のサイズを設定します。Sets the size in kilobytes of the write buffer. 指定できる値は 1、2、4、8、16、および 32 です。既定では 32 KB です。Acceptable values are 1, 2, 4, 8, 16, and 32; the default is 32 KB.
-o timeout=<seconds>-o timeout=<seconds> リモート プロシージャ コール (RPC) の秒単位のタイムアウト値を設定します。Sets the time-out value in seconds for a remote procedure call (RPC). 指定できる値は 0.8、0.9、または任意の整数範囲 1 ~ 60 です。既定値は、0.8 です。Acceptable values are 0.8, 0.9, and any integer in the range 1-60; the default is 0.8.
-o retry=<number>-o retry=<number> ソフト マウントの再試行の回数を設定します。Sets the number of retries for a soft mount. 指定できる値は 1 ~ 10; の範囲の整数既定では 1 です。Acceptable values are integers in the range 1-10; the default is 1.
-o mtype={soft-o mtype={soft ハード}hard}
-o anon-o anon 匿名ユーザーとしてマウントします。Mounts as an anonymous user.
-o nolock-o nolock ロックを無効にします (既定値は有効になっている)。Disables locking (default is enabled).
-o casesensitive-o casesensitive 強制的に大文字小文字を区別する、サーバー上の参照をファイルします。Forces file lookups on the server to be case sensitive.
-o fileaccess=<mode>-o fileaccess=<mode> NFS 共有に作成された新しいファイルの既定のアクセス許可モードを指定します。Specifies the default permission mode of new files created on the NFS share. 指定モード形式で 3 桁の数字としてogwここで、 og、およびwはそれぞれ 1 桁の数字アクセス権を表す許可ファイルの所有者、グループ、および、世界では、それぞれします。Specify mode as a three-digit number in the form ogw, where o, g, and w are each a digit representing the access granted the file's owner, group, and the world, respectively. 次の意味を持つ範囲 0 ~ 7 の数字があります。The digits must be in the range 0-7 with the following meaning:
- 0:アクセスなし- 0: No access
-1: x (実行アクセス権)- 1: x (execute access)
-2: w (書き込みアクセス)- 2: w (write access)
-3: wx- 3: wx
-4: r (読み取りアクセス)- 4: r (read access)
- 5: rx- 5: rx
- 6: rw- 6: rw
- 7: rwx- 7: rwx
-o lang={euc-jp-o lang={euc-jp -euc-tweuc-tw
-u:<ユーザー名 >-u:<UserName> 共有をマウントするために使用するユーザー名を指定します。Specifies the user name to use for mounting the share. 場合usernameいない前に円記号 ( \ )、UNIX のユーザー名として扱われます。If username is not preceded by a backslash (\), it is treated as a UNIX user name.
-p:<パスワード >-p:<Password> 共有をマウントするために使用するパスワード。The password to use for mounting the share. アスタリスクを使用する場合 ( * )、パスワードを求められます。If you use an asterisk (*), you will be prompted for the password.

注意