mstscmstsc

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012Applies To: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012

リモート デスクトップ セッション ホスト (rd セッション ホスト) サーバーまたは他のリモート コンピューターへの接続を作成し、既存のリモート デスクトップ接続 (.rdp) 構成ファイルを編集し、クライアント接続マネージャーで作成されたレガシ接続ファイルの移行新しい .rdp 接続ファイル。creates connections to Remote Desktop Session Host (rd Session Host) servers or other remote computers, edits an existing Remote Desktop Connection (.rdp) configuration file, and migrates legacy connection files that were created with Client Connection Manager to new .rdp connection files. このコマンドを使用する方法の例については、次を参照してください。します。for examples of how to use this command, see Examples.

注意

Windows Server 2008 R2 で、「ターミナル サービス」は「リモート デスクトップ サービス」に名前変更されました。In Windows Server 2008 R2, Terminal Services was renamed Remote Desktop Services. 新機能については、最新バージョンについてを参照してください。 Windows Server 2012 でのリモート デスクトップ サービスでどのような s の新しい、Windows Server TechNet ライブラリです。To find out what's new in the latest version, see What s New in Remote Desktop Services in Windows Server 2012 in the Windows Server TechNet Library.

構文Syntax

mstsc.exe [<Connection File>] [/v:<Server>[:<Port>]] [/admin] [/f] [/w:<Width> /h:<Height>] [/public] [/span]
mstsc.exe /edit <Connection File>
mstsc.exe /migrate

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
接続の .rdp ファイルの名前を指定します。Specifies the name of an .rdp file for the connection.
/v: < サーバー [:]/v:<Server[:] リモート コンピューターと、必要に応じて、接続するポート番号を指定します。Specifies the remote computer and, optionally, the port number to which you want to connect.
/admin/admin サーバーを管理するためのセッションに接続します。Connects you to a session for administering the server.
/f/f 全画面表示モードでリモート デスクトップ接続を開始します。starts Remote Desktop Connection in full-screen mode.
/w:/w: リモート デスクトップ ウィンドウの幅を指定します。Specifies the width of the Remote Desktop window.
/h:/h: リモート デスクトップ ウィンドウの高さを指定します。Specifies the height of the Remote Desktop window.
パブリック//public パブリック モードでリモート デスクトップを実行します。Runs Remote Desktop in public mode. パブリック モードでのパスワードとビットマップはキャッシュされません。In public mode, passwords and bitmaps are not cached.
/span/span リモート デスクトップの幅と高さを必要に応じて、複数のモニターにまたがる、ローカル仮想デスクトップに一致します。Matches the Remote Desktop width and height with the local virtual desktop, spanning across multiple monitors if necessary.
/edit /edit 編集するための指定した .rdp ファイルを開きます。Opens the specified .rdp file for editing.
/移行/migrate クライアントとの接続マネージャーを新しい .rdp 接続ファイルに作成されたレガシ接続ファイルを移行します。Migrates legacy connection files that were created with Client Connection Manager to new .rdp connection files.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

注釈Remarks

  • Default.rdp は、各ユーザーのユーザーの Documents フォルダー内の非表示ファイルとして格納されます。Default.rdp is stored for each user as a hidden file in the user's Documents folder. .Rdp ファイルを作成したユーザーは、既定では、ユーザーの Documents フォルダーに保存されますが、任意の場所に保存することができます。User created .rdp files are saved by default in the user's Documents folder but can be saved anywhere.
  • 複数のモニター、モニターは、同じ解像度を使用する必要があり、横方向に配置する必要があります (つまり、並行して)。To span across monitors, the monitors must use the same resolution and must be aligned horizontally (that is, side by side). 現在、クライアント システム上の垂直方向に複数のモニターにまたがるようにサポートされていません。There is currently no support for spanning multiple monitors vertically on the client system.

Examples

  • 全画面表示モードでのセッションに接続するに次のように入力します。To connect to a session in full-screen mode, type:
    mstsc /f
    
  • 編集用 filename.rdp をという名前のファイルを開くには、次のように入力します。To open a file called filename.rdp for editing, type:
    mstsc /edit filename.rdp
    

その他の参照additional references