pushdpushd

使用するための現在のディレクトリを格納、 popdコマンド、および指定したディレクトリに、変更します。Stores the current directory for use by the popd command, and then changes to the specified directory.

このコマンドを使用する方法の例については、を参照してください。For examples of how to use this command, see Examples.

構文Syntax

pushd [<Path>]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
<パス ><Path> 現在のディレクトリを作成するディレクトリを指定します。Specifies the directory to make the current directory. このコマンドは、相対パスをサポートします。This command supports relative paths.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

注釈Remarks

  • 使用するたびに、 pushdコマンドを使用するため、1 つのディレクトリが格納されています。Every time you use the pushd command, a single directory is stored for your use. ただしを使用して複数のディレクトリを格納することができます、 pushd複数回のコマンドします。However, you can store multiple directories by using the pushd command multiple times.

    ディレクトリは、仮想のスタックに順番に格納されます。The directories are stored sequentially in a virtual stack. 使用する場合、 pushdコマンドの後、コマンドを使用するディレクトリは、スタックの一番下に置かれます。If you use the pushd command once, the directory in which you use the command is placed at the bottom of the stack. コマンドをもう一度使用する場合は、2 番目のディレクトリが 1 つ目の上に配置されます。If you use the command again, the second directory is placed on top of the first one. 使用するたびに、プロセスが繰り返されます、 pushdコマンド。The process repeats every time you use the pushd command.

    使用することができます、 popdによって格納される最近ディレクトリに、現在のディレクトリを変更するコマンド、 pushdコマンド。You can use the popd command to change the current directory to the directory most recently stored by the pushd command. 使用する場合、 popdコマンド、スタックの上部にあるディレクトリは、スタックから削除され、現在のディレクトリは、そのディレクトリに変更されます。If you use the popd command, the directory on the top of the stack is removed from the stack and the current directory is changed to that directory. 使用する場合、 popdコマンド スタックには、次のディレクトリの削除をもう一度、します。If you use the popd command again, the next directory on the stack is removed.

  • コマンド拡張機能が有効な場合、 pushdコマンドは、ネットワーク パスまたはローカル ドライブ文字とパスを受け付けます。If command extensions are enabled, the pushd command accepts either a network path or a local drive letter and path.

  • ネットワーク パスを指定した場合、 pushdコマンドは、最高の未使用のドライブ文字を (Z で始まる) を一時的に割り当てます指定されたネットワーク リソース。If you specify a network path, the pushd command temporarily assigns the highest unused drive letter (starting with Z:) to the specified network resource. コマンドでは、新しく割り当てられたドライブ上の指定したディレクトリに、現在のドライブとディレクトリを変更します。The command then changes the current drive and directory to the specified directory on the newly assigned drive. 使用する場合、 popdコマンド拡張機能を有効にすると、コマンド、 popdコマンドによって作成されたドライブ文字の割り当てを削除しますpushdします。If you use the popd command with command extensions enabled, the popd command removes the drive-letter assignation created by pushd.

Examples

次の例を使用する方法を示しています、 pushdコマンドとpopdコマンド バッチ プログラムが実行されたとして戻すから現在のディレクトリを変更するバッチ プログラム。The following example shows how you can use the pushd command and the popd command in a batch program to change the current directory from the one in which the batch program was run and then change it back:

@echo off
rem This batch file deletes all .txt files in a specified directory
pushd %1
del *.txt
popd
cls
echo All text files deleted in the %1 directory

その他の参照情報Additional references

コマンドライン構文キーCommand-Line Syntax Key

popdPopd