reginiregini

コマンドラインまたはスクリプト、レジストリを変更し、1 つまたは複数のテキスト ファイルに事前設定された変更を適用します。Modifies the registry from the command line or a script, and applies changes that were preset in one or more text files. 作成、変更、またはレジストリ キーのアクセス許可を変更するだけでなく、レジストリ キーを削除できます。You can create, modify, or delete registry keys, in addition to modifying the permissions on the registry keys.

形式と Regini.exe を使用して、レジストリを変更するテキストのスクリプト ファイルの内容について詳しくは、次を参照してください。コマンドラインまたはスクリプトからのレジストリ値またはアクセス許可を変更する方法します。For details on the format and content of the text script file that Regini.exe uses to make changes to the registry, see How to change registry values or permissions from a command line or a script.

構文Syntax

regini [-m \\machinename | -h hivefile hiveroot][-i n] [-o outputWidth][-b] textFiles...

パラメーターParameters

|パラメーター |説明 ||Parameter|Description|

-m <\\ComputerName>-m <\\ComputerName> レジストリを変更すると、リモート コンピューターの名前を指定します。Specifies the remote computer name with a registry that is to be modified. 形式を使用して \ \ComputerNameします。Use the format \\ComputerName.
-h <hivefile hiveroot>-h <hivefile hiveroot> 変更をローカル レジストリ ハイブを指定します。Specifies the local registry hive to modify. 形式でハイブ ファイルの名前と、hive のルートを指定する必要があります hivefile hiverootします。You must specify the name of the hive file and the root of the hive in the format hivefile hiveroot.
-i <n>-i <n> コマンドの出力のレジストリ キーのツリー構造を示すために使用するインデント レベルを指定します。Specifies the level of indentation to use to indicate the tree structure of registry keys in the command output. Regdmp.exe (これは、バイナリ形式で、レジストリ キーの現在のアクセス許可を取得) ツールを使用してインデント、4 の倍数でため、既定値は 4します。The Regdmp.exe tool (which gets a registry key’s current permissions in binary format) uses indentation in multiples of four, so the default value is 4.
-o <outputwidth>-o <outputwidth> 文字で、コマンドの出力の幅を指定します。Specifies the width of the command output, in characters. 出力がコマンド ウィンドウに表示され、既定値はウィンドウの幅です。If the output will appear in the command window, the default value is the width of the window. 既定値は、出力をファイルに出力すると場合、 240 文字です。If the output is directed to a file, the default value is 240 characters.
-b-b 指定する Regini.exe 出力は次の以前のバージョンとの下位互換性 Regini.exeします。Specifies that Regini.exe output is backward compatible with previous versions of Regini.exe. 詳細については、「解説」を参照してください。See the Remarks section for details.
textfilestextfiles レジストリ データを含む 1 つ以上のテキスト ファイルの名前を指定します。Specifies the name of one or more text files that contain registry data. ANSI または Unicode テキスト ファイルの任意の数を指定できます。Any number of ANSI or Unicode text files can be listed.

注釈Remarks

使用して適用するレジストリ データを含むテキスト ファイルの内容には、主に次のガイドラインが適用 Regini.exeします。The following guidelines apply primarily to the content of the text files that contain registry data that you apply by using Regini.exe.

  • 行の終わりのコメント文字としてセミコロンを使用します。Use the semicolon as an end-of-line comment character. 行の最初の空白以外の文字があります。It must be the first non-blank character in a line.
  • バック スラッシュを使用すると、行の継続を指定します。Use the backslash to indicate continuation of a line. コマンドでは、円記号を (が含まれていない) からすべての文字を無視します。 次の行の最初の空白以外の文字。The command will ignore all characters from the backslash up to (but not including) the first non-blank character of the next line. 円記号の前に 1 つ以上のスペースを含めると、単一の空白に置き換えられます。If you include more than one space before the backslash, it is replaced by a single space.
  • ハード タブ文字を使用すると、インデントを制御できます。Use hard-tab characters to control indentation. このインデント; のレジストリ キーのツリー構造を示すただし、これらの文字は、それらの位置に関係なく 1 つのスペースに変換されます。This indentation indicates the tree structure of the registry keys; however, these characters are converted to a single space regardless of their position.

その他の参照情報Additional references