route_ws2008route_ws2008

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012Applies To: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012

表示し、ローカル IP ルーティング テーブル内のエントリを変更します。Displays and modifies the entries in the local IP routing table. パラメーターを指定せずに使用される ルート ヘルプを表示します。Used without parameters, route displays help.

構文Syntax

route [/f] [/p] [<Command> [<Destination>] [mask <Netmask>] [<Gateway>] [metric <Metric>]] [if <Interface>]]  

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
/f/f ホスト ルート (ネットマスク 255.255.255.255 を持つルート)、ループバック ネットワーク ルート (127.0.0.0 の宛先とネットマスク 255.0.0.0 を持つルート)、またはマルチキャストのルートはすべてのエントリのルーティング テーブルを消去 (224.0.0.0 の宛先とネットマスク 240.0.0.0 ルート)。Clears the routing table of all entries that are not host routes (routes with a netmask of 255.255.255.255), the loopback network route (routes with a destination of 127.0.0.0 and a netmask of 255.0.0.0), or a multicast route (routes with a destination of 224.0.0.0 and a netmask of 240.0.0.0). これは、コマンド (このような追加、変更、または削除) のいずれかと組み合わせて使用する場合、コマンドを実行する前に、テーブルがクリアされます。If this is used in conjunction with one of the commands (such as add, change, or delete), the table is cleared prior to running the command.
/p/p [追加] コマンドと共に使用すると、指定されたルートはレジストリに追加し、TCP/IP プロトコルを起動するたびに、IP ルーティング テーブルを初期化するために使用します。When used with the add command, the specified route is added to the registry and is used to initialize the IP routing table whenever the TCP/IP protocol is started. 既定では、TCP/IP プロトコルを開始したときに、追加されたルートは保持されません。By default, added routes are not preserved when the TCP/IP protocol is started. 印刷コマンドに使用する場合は、永続的なルートの一覧が表示されます。When used with the print command, the list of persistent routes is displayed. その他のすべてのコマンドでは、このパラメーターは無視されます。This parameter is ignored for all other commands. 永続的なルートが、レジストリの場所に格納されている HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\PersistentRoutesします。Persistent routes are stored in the registry location HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\PersistentRoutes.
<コマンド ><Command> 実行するコマンドを指定します。Specifies the command you want to run. 次の表に、有効なコマンドを示します。The following table lists valid commands:

- 追加: ルートを追加します。- add: adds a route.
- 変更: 既存のルートを変更します。- change: modifies an existing route.
- 削除: または複数のルートを削除します。- delete: deletes a route or routes.
- 印刷: または複数のルートを出力します。- print: prints a route or routes.
<宛先 ><Destination> ルートのネットワークの宛先を指定します。Specifies the network destination of the route. 宛先には、IP ネットワーク アドレスが (ネットワーク アドレスのホスト ビットが 0 に設定されている)、ホスト ルートの IP アドレスまたは既定のルートの場合は 0.0.0.0 を指定できます。The destination can be an IP network address (where the host bits of the network address are set to 0), an IP address for a host route, or 0.0.0.0 for the default route.
マスク<ネットマスク >mask <Netmask> ルートのネットワークの宛先を指定します。Specifies the network destination of the route. 宛先には、IP ネットワーク アドレスが (ネットワーク アドレスのホスト ビットが 0 に設定されている)、ホスト ルートの IP アドレスまたは既定のルートの場合は 0.0.0.0 を指定できます。The destination can be an IP network address (where the host bits of the network address are set to 0), an IP address for a host route, or 0.0.0.0 for the default route.
<ゲートウェイ ><Gateway> ネットワーク宛先とサブネット マスクによって定義されたアドレスのセットが到達可能なの転送先または次ホップ IP アドレスを指定します。Specifies the forwarding or next hop IP address over which the set of addresses defined by the network destination and subnet mask are reachable. ローカルに接続されたサブネット ルートの場合は、ゲートウェイ アドレスは、サブネットに関連付けられているインターフェイスに割り当てられた IP アドレスです。For locally attached subnet routes, the gateway address is the IP address assigned to the interface that is attached to the subnet. リモート ルートの場合は、1 つまたは複数のルーターを通じて利用できる、ゲートウェイ アドレスは近隣ルーターに割り当てられた直接到達可能な IP アドレスです。For remote routes, available across one or more routers, the gateway address is a directly reachable IP address that is assigned to a neighboring router.
メトリック<メトリック >metric <Metric> 転送されるパケットの宛先アドレスに最も近いルーティング テーブルに複数のルートの中から選択するときに使用されるルートのコスト メトリック整数 (1 から 9999 まで) を指定します。Specifies an integer cost metric (ranging from 1 to 9999) for the route, which is used when choosing among multiple routes in the routing table that most closely match the destination address of a packet being forwarded. メトリックが最も低いルートが選択されます。The route with the lowest metric is chosen. メトリックには、パス、パスの信頼性、パスのスループット、または管理プロパティの処理速度、ホップ数を反映できます。The metric can reflect the number of hops, the speed of the path, path reliability, path throughput, or administrative properties.
場合<インターフェイス >if <Interface> 先に到達できるインターフェイスのインターフェイス インデックスを指定します。Specifies the interface index for the interface over which the destination is reachable. インターフェイスとそれに対応するインターフェイス インデックスの一覧は、route print コマンドの表示を使用します。For a list of interfaces and their corresponding interface indexes, use the display of the route print command. 10 進数または 16 進数の値は、インターフェイス インデックスを使用することができます。You can use either decimal or hexadecimal values for the interface index. 16 進値は、0 x で 16 進数より優先されます。For hexadecimal values, precede the hexadecimal number with 0x. ときに、ゲートウェイのアドレスからインターフェイスを決定するパラメーターを省略するとします。When the if parameter is omitted, the interface is determined from the gateway address.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

注釈Remarks

  • 大きな値で、 メトリック ルーティング テーブルの列は、IP アドレス、サブネット マスク、および各 LAN インターフェイスのデフォルト ゲートウェイの構成に基づいたルーティング テーブル内のルートのメトリックを自動的に決定できるようにする結果。Large values in the metric column of the routing table are the result of allowing TCP/IP to automatically determine the metric for routes in the routing table based on the configuration of IP address, subnet mask, and default gateway for each LAN interface. 既定では、有効になっている、インターフェイス メトリックの自動決定は、各インターフェイスの速度を決定し、最速のインターフェイス メトリックが最も低いルートが作成されるように、各インターフェイスのルートのメトリックを調整します。Automatic determination of the interface metric, enabled by default, determines the speed of each interface and adjusts the metrics of routes for each interface so that the fastest interface creates the routes with the lowest metric. 大規模なメトリックを削除するには、各 LAN 接続の TCP/IP プロトコルの詳細プロパティから、インターフェイス メトリックの自動決定を無効にします。To remove the large metrics, disable the automatic determination of the interface metric from the advanced properties of the TCP/IP protocol for each LAN connection.
  • 名前を使用できます 宛先 に格納されているローカル ネットワークのファイルに適切なエントリが存在する場合、 systemroot\System32\Drivers\などのフォルダーです。Names can be used for Destination if an appropriate entry exists in the local Networks file stored in the systemroot\System32\Drivers\Etc folder. 名前を使用できます、 ゲートウェイ に格納されているローカルの Hosts ファイルの指定できますが、ドメイン ネーム システム (DNS) クエリなどの標準的なホスト名解決プロセス経由で IP アドレスに解決される限りを使用して、 systemroot\system32\drivers\etc フォルダー、および NetBIOS 名前解決します。Names can be used for the gateway as long as they can be resolved to an IP address through standard host name resolution techniques such as Domain Name System (DNS) queries, use of the local Hosts file stored in the systemroot\system32\drivers\etc folder, and NetBIOS name resolution.
  • コマンドが場合印刷または削除ゲートウェイパラメーターを省略して、送信先とゲートウェイのワイルドカードを使用できます。if the command is print or delete, the Gateway parameter can be omitted and wildcards can be used for the destination and gateway. 宛先 アスタリスク (*) で指定されたワイルドカードの値に設定できます。The Destination value can be a wildcard value specified by an asterisk (*). 指定した宛先にアスタリスクが含まれている場合 (*) や疑問符 (?)、ワイルドカードとして扱われます、のみ一致する宛先のルートが印刷、または削除します。If the destination specified contains an asterisk (*) or a question mark (?), it is treated as a wildcard and only matching destination routes are printed or deleted. 任意の文字列をアスタリスクと疑問符 () には、任意の 1 文字が一致するものです。The asterisk matches any string, and the question mark matches any single character. たとえば、10。*します。1、192.168。*, 、127。*, 、と *224* アスタリスクのワイルドカードの有効な使い方を示します。For example, 10.*.1, 192.168.*, 127.*, and *224* are all valid uses of the asterisk wildcard.
  • 無効な宛先とサブネット マスク (ネットマスク) の値の組み合わせを使用すると表示、"ルート: 無効なゲートウェイ アドレス ネットマスク"エラー メッセージ。Using an invalid combination of a destination and subnet mask (netmask) value displays a "Route: bad gateway address netmask" error message. このエラー メッセージでは、先には、いずれかが含まれているかより多くのビットが 1 に対応するサブネット マスクのビットが 0 に設定されているビットの位置に設定と表示されます。This error message appears when the destination contains one or more bits set to 1 in bit locations where the corresponding subnet mask bit is set to 0. この条件をテストするには、express のバイナリ表記を使用して、宛先とサブネット マスクをします。To test this condition, express the destination and subnet mask using binary notation. 2 進表記のサブネット マスクは、一連の送信先のネットワーク アドレス部分と変換先のホストのアドレス部分を表すビットが 0 の系列を表す 1 のビットで構成されます。The subnet mask in binary notation consists of a series of 1 bits, representing the network address portion of the destination, and a series of 0 bits, representing the host address portion of the destination. ビットが宛先ホストのアドレス (サブネット マスクによって定義される) と、変換先の部分では 1 に設定されているがあるかどうかを確認します。Check to determine whether there are bits in the destination that are set to 1 for the portion of the destination that is the host address (as defined by the subnet mask).
  • /P Windows NT 4.0、Windows 2000、Windows Millennium edition、Windows XP、および Windows Server 2003 の route コマンドのパラメーターがのみサポートされています。The /p parameter is only supported on the route command for Windows NT 4.0, Windows 2000, Windows Millennium edition, Windows XP, and Windows Server 2003. このパラメーターでサポートされていない、 ルート コマンドでは、Windows 95 または Windows 98 です。This parameter is not supported by the route command for Windows 95 or Windows 98.
  • このコマンドは、インターネット プロトコル (TCP/IP) プロトコルがネットワーク接続のネットワーク アダプターのプロパティでコンポーネントとしてインストールされている場合にのみ使用できます。This command is available only if the Internet Protocol (TCP/IP) protocol is installed as a component in the properties of a network adapter in Network Connections.

Examples

IP ルーティング テーブルの内容全体を表示するには、次のように入力します。To display the entire contents of the IP routing table, type:

route print  

表示するには、ルートが 10 で始まる IP ルーティング テーブルに次のように入力します。To display the routes in the IP routing table that begin with 10, type:

route print 10.*  

192.168.12.1 のデフォルト ゲートウェイ アドレスを持つ既定のルートを追加するには、次のように入力します。To add a default route with the default gateway address of 192.168.12.1, type:

route add 0.0.0.0 mask 0.0.0.0 192.168.12.1  

サブネット マスク 255.255.0.0 と 10.27.0.1 の次ホップ アドレス 10.41.0.0 にルートを追加するには、次のように入力します。To add a route to the destination 10.41.0.0 with the subnet mask of 255.255.0.0 and the next hop address of 10.27.0.1, type:

route add 10.41.0.0 mask 255.255.0.0 10.27.0.1  

サブネット マスク 255.255.0.0 と 10.27.0.1 の次ホップ アドレス 10.41.0.0 に固定のルートを追加するに次のように入力します。To add a persistent route to the destination 10.41.0.0 with the subnet mask of 255.255.0.0 and the next hop address of 10.27.0.1, type:

route /p add 10.41.0.0 mask 255.255.0.0 10.27.0.1  

サブネット マスク 255.255.0.0、10.27.0.1 を持ちの次ホップ アドレスと、7 のコスト メトリック 10.41.0.0 にルートを追加するには、次のように入力します。To add a route to the destination 10.41.0.0 with the subnet mask of 255.255.0.0, the next hop address of 10.27.0.1, and the cost metric of 7, type:

route add 10.41.0.0 mask 255.255.0.0 10.27.0.1 metric 7  

サブネット マスク 255.255.0.0 を持つ 10.41.0.0 にルートを追加するには、10.27.0.1、0x3 インターフェイス インデックスを使用すると次ホップ アドレスを入力します。To add a route to the destination 10.41.0.0 with the subnet mask of 255.255.0.0, the next hop address of 10.27.0.1, and using the interface index 0x3, type:

route add 10.41.0.0 mask 255.255.0.0 10.27.0.1 if 0x3  

サブネット マスク 255.255.0.0 を持つ 10.41.0.0 へのルートを削除するには、次のように入力します。To delete the route to the destination 10.41.0.0 with the subnet mask of 255.255.0.0, type:

route delete 10.41.0.0 mask 255.255.0.0  

ルートをすべて、IP ルーティング テーブルを開始すると 10 を削除するには、次のように入力します。To delete all routes in the IP routing table that begin with 10, type:

route delete 10.*  

10.41.0.0 の宛先とサブネット マスク 255.255.0.0 ルートの次ホップ アドレスを 10.27.0.1 から 10.27.0.25 を変更するには、次のように入力します。To change the next hop address of the route with the destination of 10.41.0.0 and the subnet mask of 255.255.0.0 from 10.27.0.1 to 10.27.0.25, type:

route change 10.41.0.0 mask 255.255.0.0 10.27.0.25  

その他の参照additional references