rpcpingrpcping

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012Applies To: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012

ネットワーク上の Microsoft Exchange Server とサポートされている Microsoft Exchange クライアント ワークステーションのいずれかを実行しているコンピューター間の RPC 接続を確認します。Confirms the RPC connectivity between the computer running Microsoft Exchange Server and any of the supported Microsoft Exchange Client workstations on the network. このユーティリティを使用してをネットワーク経由でクライアント ワークステーションから Microsoft Exchange Server のサービスが RPC 要求に応答しているを確認します。This utility can be used to check if the Microsoft Exchange Server services are responding to RPC requests from the client workstations via the network.

構文Syntax

rpcping [/t <protseq>] [/s <server_addr>] [/e <endpoint>
        |/f <interface UUID>[,Majorver]] [/O <Interface Object UUID]
        [/i <#_iterations>] [/u <security_package_id>] [/a <authn_level>]
        [/N <server_princ_name>] [/I <auth_identity>] [/C <capabilities>]
        [/T <identity_tracking>] [/M <impersonation_type>]
        [/S <server_sid>] [/P <proxy_auth_identity>] [/F <RPCHTTP_flags>]
        [/H <RPC/HTTP_authn_schemes>] [/o <binding_options>]
        [/B <server_certificate_subject>] [/b] [/E] [/q] [/c]
        [/A <http_proxy_auth_identity>] [/U <HTTP_proxy_authn_schemes>]
        [/r <report_results_interval>] [/v <verbose_level>] [/d]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
/t <protseq>/t <protseq> 使用するプロトコルの順序を指定します。Specifies the protocol sequence to use. 次に例を標準の RPC プロトコル シーケンスのいずれかの指定: ncacn_ip_tcp ncacn_np または ncacn_http します。Can be one of the standard RPC protocol sequences, for example: ncacn_ip_tcp, ncacn_np, or ncacn_http.

指定しない場合、既定値は ncacn_ip_tcp にします。If not specified, default is ncacn_ip_tcp.
/s <server_addr>/s <server_addr> サーバーのアドレスを指定します。Specifies the server address. 指定されていない場合は、ローカル コンピューターを ping します。If not specified, the local machine will be pinged.
/e <endpoint>/e <endpoint> Ping を実行するエンドポイントを指定します。Specifies the endpoint to ping. 指定されていない場合は、ターゲット コンピューター上のエンドポイント マッパーが ping されます。If none is specified, the endpoint mapper on the target machine will be pinged.

このオプションは、インターフェイスと同時に ( /f) オプション。This option is mutually exclusive with the interface (/f) option.
/o <binding_options>/o <binding_options> RPC ping のバインド オプションを指定します。Specifies the binding options for the RPC ping.
/f<インターフェイスの UUID > [、Majorver]/f <interface UUID>[,Majorver] Ping を実行するインターフェイスを指定します。Specifies the interface to ping. このオプションは、エンドポイント オプションと相互に排他的です。This option is mutually exclusive with the endpoint option. インターフェイスは、UUID として指定します。The interface is specified as a UUID.

場合、 Majorverが指定されていない、バージョン 1 のインターフェイスが検索されます。if the Majorver is not specified, version 1 of the interface will be sought.

インターフェイスを指定すると、 rpcping がクエリを指定したインターフェイスのエンドポイントを取得する対象コンピューターにエンドポイント マッパー。When interface is specified, rpcping will query the endpoint mapper on the target machine to retrieve the endpoint for the specified interface. エンドポイント マッパーは、コマンドラインで指定されたオプションを使用して照会されます。The endpoint mapper will be queried using the options specified in the command line.
/O<オブジェクト UUID >/O <Object UUID> インターフェイスには、1 つが登録されている場合は、オブジェクトの UUID を指定します。Specifies the object UUID if the interface registered one.
/i <#_iterations>/i <#_iterations> 呼び出しの数を指定します。Specifies the number of calls to make. 既定値は 1 です。The default is 1. このオプションは、複数のイテレーションが指定されている場合は、接続の待機時間を測定するために便利です。This option is useful for measuring connection latency if multiple iterations are specified.
/u <security_package_id>/u <security_package_id> セキュリティ パッケージ (セキュリティ プロバイダー) を指定の呼び出しに RPC を使用します。Specifies the security package (security provider) RPC will use to make the call. セキュリティ パッケージは、数値または名として識別されます。The security package is identified as a number or a name. 数値を使用する場合、RpcBindingSetAuthInfoEx API と同様に同じ数とは。If a number is used it is the same number as in the RpcBindingSetAuthInfoEx API. 次の一覧は、名前と番号を表示します。The list below shows the names and numbers. 名前は大文字小文字が区別されません。Names are not case sensitive:

-Negotiate 9 または 1 つのネゴシエーション、%tsnego またはネゴシエート- Negotiate / 9 or one of nego, snego or negotiate
-NTLM/10 または NTLM- NTLM / 10 or NTLM
-SChannel/14 または SChannel- SChannel / 14 or SChannel
Kerberos/16 または Kerberos- Kerberos / 16 or Kerberos
カーネル/20 またはカーネル- Kernel / 20 or Kernel
このオプションを指定する場合は、none 以外の認証レベルを指定する必要があります。if you specify this option, you must specify authentication level other than none. このオプションの既定値はありません。There is no default for this option. 指定されていない RPC は、ping のセキュリティを使用しません。If it is not specified, RPC will not use security for the ping.
/a <authn_level>/a <authn_level> 使用する認証レベルを指定します。Specifies the authentication level to use. 設定可能な値は、次のとおりです。Possible values are:

-接続- connect
呼び出し- call
-pkt- pkt
-整合性- integrity
プライバシー- privacy

このオプションが指定されている場合、セキュリティ パッケージ ID (/u) も指定する必要があります。if this option is specified, the security package ID (/u) must also be specified. このオプションの既定値はありません。There is no default for this option.

このオプションが指定されていない RPC は、ping のセキュリティを使用しません。if this option is not specified, RPC will not use security for the ping.
/N <server_princ_name>/N <server_princ_name> サーバー プリンシパル名を指定します。Specifies a server principal name.

このフィールドはのみに使用できる認証レベルとセキュリティ パッケージが選択されている場合。This field can be used only when authentication level and security package are selected.
/I <auth_identity>/I <auth_identity> サーバーに接続する別の id を指定できます。Allows you to specify alternative identity to connect to the server. Id は、フォームのユーザー、ドメイン、パスワードは。The identity is in the form user,domain,password. ユーザー名、ドメイン、またはパスワードには、シェルによって解釈できる特殊文字がある場合は、id を二重引用符で囲みます。If the user name, domain, or password have special characters that can be interpreted by the shell, enclose the identity in double quotes. 指定できる \ *パスワードと RPC ではなくするように求められます画面にエコーせず、パスワードを入力します。You can specify \* instead of the password and RPC will prompt you to enter the password without echoing it on the screen. このフィールドが指定されていない場合、ログオン ユーザーの id が使用されます。If this field is not specified, the identity of the logged on user will be used.

このフィールドはのみに使用できる認証レベルとセキュリティ パッケージが選択されている場合。This field can be used only when authentication level and security package are selected.
/C<機能 >/C <capabilities> フラグの 16 進数のビットマスクを指定します。Specifies a hexadecimal bitmask of flags. このフィールドはのみに使用できる認証レベルとセキュリティ パッケージが選択されている場合。This field can be used only when authentication level and security package are selected.
/T <identity_tracking>/T <identity_tracking> 静的または動的を指定します。Specifies static or dynamic. 表示しない場合は、既定値を指定すると、動的ができます。If not specified, dynamic is the default.

このフィールドはのみに使用できる認証レベルとセキュリティ パッケージが選択されている場合。This field can be used only when authentication level and security package are selected.
/M <impersonation_type>/M <impersonation_type> 匿名である、指定識別、権限を借用または委任します。Specifies anonymous, identify, impersonate or delegate. 既定値は、権限を借用します。Default is impersonate.

このフィールドはのみに使用できる認証レベルとセキュリティ パッケージが選択されている場合。This field can be used only when authentication level and security package are selected.
/S <server_sid>/S <server_sid> サーバーの予期される SID を指定します。Specifies the expected SID of the server.

このフィールドはのみに使用できる認証レベルとセキュリティ パッケージが選択されている場合。This field can be used only when authentication level and security package are selected.
/P <proxy_auth_identity>/P <proxy_auth_identity> RPC/HTTP プロキシに認証する id を指定します。Specifies the identity to authenticate with to the RPC/HTTP proxy. /I オプションの場合と同じ形式があります。Has the same format as for the /I option. セキュリティ パッケージを指定する必要があります (/u)、認証レベル (/、)、および認証方式 (/H) は、このオプションを使用するためにします。You must specify security package (/u), authentication level (/a), and authentication schemes (/H) in order to use this option.
/F <RPCHTTP_flags>/F <RPCHTTP_flags> RPC/HTTP フロント エンドの認証に渡すフラグを指定します。Specifies the flags to pass for RPC/HTTP front end authentication. フラグは、数値または現在認識されているフラグは、名前として指定できます。The flags may be specified as numbers or names The currently recognized flags are:

-SSL の使用/1 ssl または、use_ssl- Use SSL / 1 or ssl or use_ssl
最初の認証スキームを使用/2、または最初のページまたは use_first- Use first auth scheme / 2 or first or use_first

セキュリティ パッケージを指定する必要があります (/u) および認証レベル (/) は、このオプションを使用するためにします。You must specify security package (/u) and authentication level (/a) in order to use this option.
/H <RPC/HTTP_authn_schemes>/H <RPC/HTTP_authn_schemes> RPC/HTTP フロント エンドの認証に使用する認証スキームを指定します。Specifies the authentication schemes to use for RPC/HTTP front end authentication. このオプションは、数値またはコンマで区切られた名前の一覧を示します。This option is a list of numerical values or names separated by comma. 以下に例を示します。Basic、NTLM を使用します。Example: Basic,NTLM. 認識できる値は (名前は大文字小文字を区別)。Recognized values are (names are not case sensitive):

-基本]、[1 または基本的な- Basic / 1 or Basic
-NTLM/2 または NTLM- NTLM / 2 or NTLM
-証明書]、[65536 または証明書- Certificate / 65536 or Cert

セキュリティ パッケージを指定する必要があります (/u) および認証レベル (/) は、このオプションを使用するためにします。You must specify security package (/u) and authentication level (/a) in order to use this option.
/B <server_certificate_subject>/B <server_certificate_subject> サーバー証明書のサブジェクトを指定します。Specifies the server certificate subject. このオプションの SSL を使用して、操作する必要があります。You must use SSL for this option to work.

セキュリティ パッケージを指定する必要があります (/u) および認証レベル (/) は、このオプションを使用するためにします。You must specify security package (/u) and authentication level (/a) in order to use this option.
/b/b サーバーによって送信された証明書からサーバー証明書のサブジェクトを取得し、画面またはログ ファイルに出力します。Retrieves the server certificate subject from the certificate sent by the server and prints it to a screen or a log file. プロキシ オプションだけをエコーする場合にのみ有効 (/E)、SSL オプションを使用してを指定します。Valid only when the Proxy echo only option (/E) and the use SSL options are specified.

セキュリティ パッケージを指定する必要があります (/u) および認証レベル (/) は、このオプションを使用するためにします。You must specify security package (/u) and authentication level (/a) in order to use this option.
/R/R HTTP プロキシを指定します。Specifies the HTTP proxy. 場合 なし, 、RPC プロキシを使用します。If none, the RPC proxy is used. 既定 IE 設定、クライアント コンピューターで使用することを意味します。The value default means to use the IE settings in your client machine. その他の値は、明示的な HTTP プロキシとして扱われます。Any other value will be treated as the explicit HTTP proxy. このフラグを指定しないと、既定値が使用、つまり、IE の設定がチェックされます。If you do not specify this flag, the default value is assumed, that is, the IE settings are checked. このフラグは有効な場合にのみ、 /E (エコーのみ) フラグを有効にします。This flag is valid only when the /E (echo Only) flag is enabled.
/E/E Ping を RPC/HTTP プロキシのみに制限します。Restricts the ping to the RPC/HTTP proxy only. Ping がサーバーに到達しません。The ping does not reach the server. RPC/HTTP プロキシが到達可能かどうかを確立しようとしている場合に役立ちます。Useful when trying to establish whether the RPC/HTTP proxy is reachable. HTTP プロキシを指定するには、/R フラグを使用します。To specify an HTTP proxy, use the /R flag. HTTP プロキシが/o フラグで指定されている場合は、このオプションは無視されます。If an HTTP proxy is specified in the /o flag, this option will be ignored.

セキュリティ パッケージを指定する必要があります (/u) および認証レベル (/) は、このオプションを使用するためにします。You must specify security package (/u) and authentication level (/a) in order to use this option.
/q/q クワイエット モードを指定します。Specifies quiet mode. パスワードを除いて、画面の指示を発行しません。Does not issue any prompts except for passwords. 前提としています Y すべてクエリに応答します。Assumes Y response to all queries. 慎重にこのオプションを使用してください。Use this option with care.
/c/c スマート カード証明書を使用します。Use smart card certificate. rpcping には、ユーザーがスマート カードの選択を求められます。rpcping will prompt user to choose smart card.
/A/A HTTP プロキシへの認証に使用する id を指定します。Specifies the identity with which to authenticate to the HTTP proxy. /I オプションの場合と同じ形式があります。Has the same format as for the /I option.

認証方式を指定する必要があります (/U)、セキュリティ パッケージ (/u) および認証レベル (/) は、このオプションを使用するためにします。You must specify authentication schemes (/U), security package (/u) and authentication level (/a) in order to use this option.
/U/U HTTP プロキシ認証に使用する認証スキームを指定します。Specifies the authentication schemes to use for HTTP proxy authentication. このオプションは、数値またはコンマで区切られた名前の一覧を示します。This option is a list of numerical values or names separated by comma. 以下に例を示します。Basic、NTLM を使用します。Example: Basic,NTLM. 認識できる値は (名前は大文字小文字を区別)。Recognized values are (names are not case sensitive):

-基本]、[1 または基本的な- Basic / 1 or Basic
-NTLM/2 または NTLM- NTLM / 2 or NTLM

セキュリティ パッケージを指定する必要があります (/u) および認証レベル (/) は、このオプションを使用するためにします。You must specify security package (/u) and authentication level (/a) in order to use this option.
/r/r 場合は、複数のイテレーションを指定すると、このオプションは、 rpcping現在の実行統計情報の表示定期的に代わりに最後に呼び出した後。if multiple iterations are specified, this option will make rpcping display current execution statistics periodically instead after the last call. レポートの間隔は秒単位で指定します。The report interval is given in seconds. 既定値は 15 です。Default is 15.
/v/v 指示 rpcping 出力に詳細な方法です。Tells rpcping how verbose to make the output. 既定値は 1 です。Default value is 1. 2 および 3 を指定すると、複数の出力から rpcpingします。2 and 3 provide more output from rpcping.
/d/d RPC の発表ネットワーク診断の UI があります。Launches RPC network diagnostic UI.
/p/p 認証が失敗した場合に、資格情報が要求を指定します。Specifies to prompt for credentials if authentication fails.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

Examples

RPC/HTTP 経由で接続する、Exchange サーバーがアクセス可能なかどうかについては、次のように入力します。To find out if your Exchange server that you connect through RPC/HTTP is accessible, type:

rpcping /t ncacn_http /s exchange_server /o RpcProxy=front_end_proxy /P "username,domain,*" /H Basic /u NTLM /a connect /F 3

その他の参照情報Additional references