sc.exe 作成sc.exe create

サブキーとサービスのエントリをレジストリおよびサービス コントロール マネージャー データベースを作成します。Creates a subkey and entries for a service in the registry and in the Service Control Manager database.

構文Syntax

sc.exe [<servername>] create [<servicename>] [type= {own | share | kernel | filesys | rec | interact type= {own | share}}] [start= {boot | system | auto | demand | disabled | delayed-auto}] [error= {normal | severe | critical | ignore}] [binpath= <binarypathname>] [group= <loadordergroup>] [tag= {yes | no}] [depend= <dependencies>] [obj= {<accountname> | <objectname>}] [displayname= <displayname>] [password= <password>]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
<servername> サービスが配置されているリモート サーバーの名前を指定します。Specifies the name of the remote server on which the service is located. 名前には、汎用名前付け規則 (UNC) 形式 (myserver など) を使用する必要があり \ ます。The name must use the Universal Naming Convention (UNC) format (for example, \myserver). SC.exe をローカルで実行するには、このパラメーターを使用しないでください。To run SC.exe locally, don't use this parameter.
<servicename> によって返されるサービスの名前を指定、 られて 操作します。Specifies the service name returned by the getkeyname operation.
type= {own | share | kernel | filesys | rec | interact type= {own | share}} サービスの種類を指定します。Specifies the service type. 選択肢は次のようになっています。The options include:
  • 独自 -独自のプロセスで実行されているサービスを指定します。own - Specifies a service that runs in its own process. 実行可能ファイルは他のサービスと共有されません。It doesn't share an executable file with other services. これが既定値です。This is the default value.
  • 共有 -共有プロセスとして実行されるサービスを指定します。share - Specifies a service that runs as a shared process. その他のサービス実行可能ファイルを共有します。It shares an executable file with other services.
  • カーネル のドライバーを指定します。kernel - Specifies a driver.
  • filesys -ファイル システム ドライバーを指定します。filesys - Specifies a file system driver.
  • 推奨値 -ファイル システムで認められたコンピューターで使用されるファイル システムを識別するドライバーを指定します。rec - Specifies a file system-recognized driver that identifies file systems used on the computer.
  • 対話 -ユーザーからの入力を受け取って、デスクトップと対話可能なサービスを指定します。interact - Specifies a service that can interact with the desktop, receiving input from users. 対話型サービスは、LocalSystem アカウントで実行する必要があります。Interactive services must be run under the LocalSystem account. この型は、 type = 独自 または type = shared と組み合わせて使用する必要があります (たとえば、 type = 相互作用****型 = 独自)。This type must be used in conjunction with type= own or type= shared (for example, type= interact type= own). 使用して 型 = 対話 自体でエラーが生成されます。Using type= interact by itself will generate an error.
start= {boot | system | auto | demand | disabled | delayed-auto} サービスの開始の種類を指定します。Specifies the start type for the service. 選択肢は次のようになっています。The options include:
  • ブート のブート ローダーによって読み込まれるデバイス ドライバーを指定します。boot - Specifies a device driver that is loaded by the boot loader.
  • システム のカーネルの初期化中に開始されるデバイス ドライバーを指定します。system - Specifies a device driver that is started during kernel initialization.
  • 自動 - サービスが自動的に各開始ときに、コンピューターの再起動を指定し、コンピューターにログオンできない場合でも実行できます。auto - Specifies a service that automatically starts each time the computer is restarted and runs even if no one logs on to the computer.
  • 必要に応じて -を手動で起動するサービスを指定します。demand - Specifies a service that must be started manually. これは既定値の場合 開始 = が指定されていません。This is the default value if start= is not specified.
  • 無効になっている -サービスを起動できないように指定します。disabled - Specifies a service that cannot be started. 無効なサービスを開始するには、他のいくつかの値に開始の種類を変更します。To start a disabled service, change the start type to some other value.
  • 遅延自動 -サービスが自動的に開始短い形式の時刻が、その他の自動サービスの開始後を指定します。delayed-auto - Specifies a service that starts automatically a short time after other auto services are started.
error= {normal | severe | critical | ignore} コンピューターの起動時にサービスを開始できない場合のエラーの重大度を指定します。Specifies the severity of the error if the service fails to start when the computer is started. 選択肢は次のようになっています。The options include:
  • 通常 -サービスの開始に失敗したユーザーに通知エラーをログに記録し、メッセージ ボックスが表示されることを指定します。normal - Specifies that the error is logged and a message box is displayed, informing the user that a service has failed to start. 起動が続行されます。Startup will continue. これが既定の設定です。This is the default setting.
  • 重大な -エラーが (可能な場合) に記録するように指定します。severe - Specifies that the error is logged (if possible). コンピューターは、前回正常起動時の構成と再起動を試みます。The computer attempts to restart with the last-known good configuration. コンピューターを再起動することが発生する可能性がサービス可能性がありますもことはできませんを実行します。This could result in the computer being able to restart, but the service may still be unable to run.
  • 重要な -エラーが (可能な場合) に記録するように指定します。critical - Specifies that the error is logged (if possible). コンピューターは、前回正常起動時の構成と再起動を試みます。The computer attempts to restart with the last-known good configuration. 前回正常起動時の構成が失敗した場合、スタートアップも失敗し、ブート プロセスが Stop エラーで停止します。If the last-known good configuration fails, startup also fails, and the boot process halts with a Stop error.
  • 無視 -エラーがログに記録し、起動処理は続行するように指定します。ignore - Specifies that the error is logged and startup continues. イベント ログにエラーを記録する以外のユーザーに通知は表示されません。No notification is given to the user beyond recording the error in the Event Log.
binpath= <binarypathname> サービスのバイナリ ファイルへのパスを指定します。Specifies a path to the service binary file. 既定値はありません binpath =, 、この文字列を提供する必要があります。There is no default for binpath=, and this string must be supplied.
group= <loadordergroup> このサービスがメンバーになっているグループの名前を指定します。Specifies the name of the group of which this service is a member. グループの一覧が、レジストリに格納されている、 HKLM\System\CurrentControlSet\Control\ServiceGroupOrder サブキー。The list of groups is stored in the registry, in the HKLM\System\CurrentControlSet\Control\ServiceGroupOrder subkey. 既定値は、null です。The default value is null.
tag= {yes | no} CreateService 呼び出し、TagID で取得するかどうかを指定します。Specifies whether or not to obtain a TagID from the CreateService call. タグは、ブート開始またはシステム開始ドライバーに対してだけ使用されます。Tags are used only for boot-start and system-start drivers.
depend= <dependencies> サービスまたはこのサービスの前に、まずグループの名前を指定します。Specifies the names of services or groups that must start before this service. 名前は、スラッシュ (/) で区切られます。The names are separated by forward slashes (/).
obj= {<accountname> | <objectname>} サービスが実行されますが、またはドライバーを実行する Windows ドライバー オブジェクトの名前を指定するアカウントの名を指定します。Specifies a name of an account in which a service will run, or specifies a name of the Windows driver object in which the driver will run. 既定の設定は LocalSystem します。The default setting is LocalSystem.
displayname= <displayname> ユーザーインターフェイスプログラムでサービスを識別するためのフレンドリ名を指定します。Specifies a friendly name for identifying the service in user interface programs. たとえば、1 つの特定のサービスのサブキーの名前は wuauserv, 、自動更新のわかりやすい表示名を持ちます。For example, the subkey name of one particular service is wuauserv, which has a more friendly display name of Automatic Updates.
password= <password> パスワードを指定します。Specifies a password. ローカル システム アカウント以外のアカウントを使用する場合に必要です。This is required if an account other than the LocalSystem account is used.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

解説Remarks

  • 各コマンドラインオプション (パラメーター) には、オプション名の一部として等号を含める必要があります。Each command-line option (parameter) must include the equal sign as part of the option name.

  • スペースは、オプションとその値の間で必要な (たとえば、 型 = 独自 します。A space is required between an option and its value (for example, type= own. スペースを省略した場合、操作は失敗します。If the space is omitted, the operation fails.

Examples

Newservice サービスの新しいバイナリパスを作成して登録するには、次のように入力します。To create and register a new binary path for the NewService service, type:

sc.exe \\myserver create NewService binpath= c:\windows\system32\NewServ.exe
sc.exe create NewService binpath= c:\windows\system32\NewServ.exe type= share start= auto depend= +TDI NetBIOS

その他のリファレンスAdditional References