setxsetx

作成するか、プログラミングやスクリプトを必要とせず、ユーザーまたはシステム環境で環境変数を変更します。Creates or modifies environment variables in the user or system environment, without requiring programming or scripting. Setx コマンドは、また、レジストリ キーの値を取得し、テキスト ファイルに書き込みます。The Setx command also retrieves the values of registry keys and writes them to text files.

注意

このコマンドは、システム環境の値を直接および永続的に設定するためのコマンドラインまたはプログラムによる方法のみを提供します。This command provides the only command-line or programmatic way to directly and permanently set system environment values. システム環境変数を使用して手動で構成できます コントロール パネルの [ またはレジストリ エディターを使用します。System environment variables are manually configurable through Control Panel or through a registry editor. 設定 コマンド インタープリター (Cmd.exe) の内部では、コマンドが現在のコンソール ウィンドウのみのユーザー環境変数を設定します。The set command, which is internal to the command interpreter (Cmd.exe), sets user environment variables for the current console window only.

構文Syntax

setx [/s <computer> [/u [<domain>\]<user name> [/p [<password>]]]] <variable> <value> [/m]
setx [/s <computer> [/u [<domain>\]<user name> [/p [<password>]]]] <variable>] /k <path> [/m]
setx [/s <computer> [/u [<domain>\]<user name> [/p [<password>]]]] /f <filename> {[<variable>] {/a <X>,<Y> | /r <X>,<Y> <String>} [/m] | /x} [/d <delimiters>]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
/s <computer>/s <computer> 名前またはリモート コンピューターの IP アドレスを指定します。Specifies the name or IP address of a remote computer. 円記号を使用しないでください。Do not use backslashes. 既定値は、ローカル コンピューターの名前です。The default value is the name of the local computer.
/u [<domain>\]<user name>/u [<domain>\]<user name> 指定したユーザー アカウントの資格情報でスクリプトを実行します。Runs the script with the credentials of the specified user account. 既定値は、システムのアクセス許可です。The default value is the system permissions.
/p [<password>]/p [<password>] 指定されているユーザー アカウントのパスワードを指定します、 /u パラメーター。Specifies the password of the user account that is specified in the /u parameter.
<variable> 設定する環境変数の名前を指定します。Specifies the name of the environment variable that you want to set.
<value> 環境変数を設定する値を指定します。Specifies the value to which you want to set the environment variable.
/k <path>/k <path> 変数のベースをレジストリ キーの情報に設定されるように指定します。Specifies that the variable is set based on information from a registry key. この パス では、という構文を使用し \\<HIVE>\<KEY>\...\<Value> ます。The path uses the following syntax: \\<HIVE>\<KEY>\...\<Value>. たとえば、次のようなパスを指定することができます。 HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\TimeZoneInformation\StandardNameFor example, you might specify the following path: HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\TimeZoneInformation\StandardName
/f <filename>/f <filename> 使用するファイルを指定します。Specifies the file that you want to use.
/a <X>,<Y>/a <X>,<Y> 検索パラメーターとして、絶対座標およびオフセットを指定します。Specifies absolute coordinates and offset as search parameters.
r <X>,<Y> <String>/r <X>,<Y> <String> 相対座標とからのオフセットを指定 文字列 としてパラメーターを検索します。Specifies relative coordinates and offset from String as search parameters.
/m/m システムの環境での変数の設定を指定します。Specifies to set the variable in the system environment. 既定の設定は、ローカルの環境です。The default setting is the local environment.
/x/x ファイルを無視して、座標が表示されます、 /a, 、/r, 、および /d コマンド ライン オプションです。Displays file coordinates, ignoring the /a, /r, and /d command-line options.
d <delimiters>/d <delimiters> などの区切り記号を指定します。また、 \ 4 つの組み込みの区切り記号 (スペース、タブ、ENTER、およびラインフィード) に加えて使用することもできます。Specifies delimiters such as , or \ to be used in addition to the four built-in delimiters — SPACE, TAB, ENTER, and LINEFEED. 有効な区切り記号には、ASCII 文字が含まれます。Valid delimiters include any ASCII character. 区切り文字の最大数は、15、組み込みの区切り記号を含みます。The maximum number of delimiters is 15, including built-in delimiters.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

注釈Remarks

  • このコマンドは、UNIX ユーティリティ SETENV に似ています。This command is similar to the UNIX utility SETENV.

  • このコマンドを使用すると、コマンドラインモード、レジストリモード、またはファイルモードの3つのソースのいずれかから、ユーザー環境変数とシステム環境変数の値を設定できます。You can use this command to set values for user and system environment variables from one of three sources (modes): Command Line Mode, Registry Mode, or File Mode.

  • このコマンドは、レジストリのマスター環境に変数を書き込みます。This command writes variables to the master environment in the registry. 変数の設定と setx 変数が現在のコマンド ウィンドウのみで使用できるも現在のコマンド ウィンドウにします。Variables set with setx variables are available in future command windows only, not in the current command window.

  • HKEY_CURRENT_USERHKEY_LOCAL_MACHINE 、唯一サポートされているレジストリ ハイブです。HKEY_CURRENT_USER and HKEY_LOCAL_MACHINE are the only supported hives. REG_DWORD、REG_EXPAND_SZ、REG_SZ および REG_MULTI_SZ は、有効な RegKey データ型。REG_DWORD, REG_EXPAND_SZ, REG_SZ, and REG_MULTI_SZ are the valid RegKey data types.

  • レジストリ内の REG_MULTI_SZ 値にアクセスできる場合は、最初の項目のみが抽出され、使用されます。If you gain access to REG_MULTI_SZ values in the registry, only the first item is extracted and used.

  • このコマンドを使用して、ローカルまたはシステム環境に追加された値を削除することはできません。You can't use this command to remove values added to the local or system environments. このコマンドを変数名と共に使用して、ローカル環境から対応する値を削除することはできません。You can use this command with a variable name and no value to remove a corresponding value from the local environment.

  • REG_DWORD レジストリ値が抽出され、16 進数のモードで使用します。REG_DWORD registry values are extracted and used in hexadecimal mode.

  • ライン フィード (CRLF) のテキスト ファイルだけをファイルのモードは、キャリッジ リターンの解析をサポートします。File mode supports the parsing of carriage return and line feed (CRLF) text files only.

  • 既存の変数に対してこのコマンドを実行すると、変数参照が削除され、展開された値が使用されます。Running this command on an existing variable removes any variable references and uses expanded values.

    たとえば、変数% PATH% に% JAVADIR% への参照が含まれていて、% PATH% が setxを使用して操作されている場合、% JAVADIR% が展開され、その値がターゲット変数% path% に直接割り当てられます。For instance, if the variable %PATH% has a reference to %JAVADIR%, and %PATH% is manipulated using setx, %JAVADIR% is expanded and its value is assigned directly to the target variable %PATH%. これは、% JAVADIR% の今後の更新が% PATH% 変数に反映され ない ことを意味します。This means that future updates to %JAVADIR% will not be reflected in the %PATH% variable.

  • Setxを使用して変数にコンテンツを割り当てる場合、1024文字の制限があることに注意してください。Be aware there's a limit of 1024 characters when assigning contents to a variable using setx.

    これは、1024文字を超えた場合にコンテンツがトリミングされ、トリミングされたテキストが対象の変数に適用されることを意味します。This means that the content is cropped if you go over 1024 characters, and that the cropped text is what's applied to the target variable. このトリミングテキストが既存の変数に適用されている場合は、対象の変数によって以前に保持されていたデータが失われる可能性があります。If this cropped text is applied to an existing variable, it can result in loss of data previously held by the target variable.

Examples

ローカル環境の マシン 環境変数を Brand1値に設定するには、次のように入力します。To set the MACHINE environment variable in the local environment to the value Brand1, type:

setx MACHINE Brand1

システム環境で コンピューター 環境変数を Brand1 Computer値に設定するには、次のように入力します。To set the MACHINE environment variable in the system environment to the value Brand1 Computer, type:

setx MACHINE Brand1 Computer /m

Path環境変数で定義された検索パスを使用するようにローカル環境でMYPATH環境変数を設定するには、次のように入力します。To set the MYPATH environment variable in the local environment to use the search path defined in the PATH environment variable, type:

setx MYPATH %PATH%

をに置き換えた後、 path環境変数で定義された検索パスを使用するようにローカル環境のMYPATH環境変数を設定するには ~ % 、次のように入力します。To set the MYPATH environment variable in the local environment to use the search path defined in the PATH environment variable after replacing ~ with %, type:

setx MYPATH ~PATH~

Computer1という名前のリモートコンピューターでローカル環境のマシン環境変数をBrand1に設定するには、次のように入力します。To set the MACHINE environment variable in the local environment to Brand1 on a remote computer named computer1, type:

setx /s computer1 /u maindom\hiropln /p p@ssW23 MACHINE Brand1

Computer1という名前のリモートコンピューターのpath環境変数で定義されている検索パスを使用するようにローカル環境でMYPATH環境変数を設定するには、次のように入力します。To set the MYPATH environment variable in the local environment to use the search path defined in the PATH environment variable on a remote computer named computer1, type:

setx /s computer1 /u maindom\hiropln /p p@ssW23 MYPATH %PATH%

ローカル環境の Tzone 環境変数を HKEY_LOCAL_MACHINE \system\currentcontrolset\control\timezoneinformation\standardname レジストリキーの値に設定するには、次のように入力します。To set the TZONE environment variable in the local environment to the value found in the HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\TimeZoneInformation\StandardName registry key, type:

setx TZONE /k HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\TimeZoneInformation\StandardName

Computer1という名前のリモートコンピューターのローカル環境でtzone環境変数を、 HKEY_LOCAL_MACHINE \system\currentcontrolset\control\timezoneinformation\standardnameレジストリキーの値に設定するには、次のように入力します。To set the TZONE environment variable in the local environment of a remote computer named computer1 to the value found in the HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\TimeZoneInformation\StandardName registry key, type:

setx /s computer1 /u maindom\hiropln /p p@ssW23 TZONE /k HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\TimeZoneInformation\StandardName

システム環境の ビルド 環境変数を HKEY_LOCAL_MACHINE \software\microsoft\windowsnt\currentversion\currentbuildnumber レジストリキーの値に設定するには、次のように入力します。To set the BUILD environment variable in the system environment to the value found in the HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\WindowsNT\CurrentVersion\CurrentBuildNumber registry key, type:

setx BUILD /k HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\WindowsNT\CurrentVersion\CurrentBuildNumber /m

Computer1 をという名前の値をリモート コンピューターのシステムの環境でビルドの環境変数を設定する、 HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\WindowsNT\CurrentVersion\CurrentBuildNumber レジストリ キーの型。To set the BUILD environment variable in the system environment of a remote computer named Computer1 to the value found in the HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\WindowsNT\CurrentVersion\CurrentBuildNumber registry key, type:

setx /s computer1 /u maindom\hiropln /p p@ssW23  BUILD /k HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\CurrentBuildNumber /m

内容の対応する座標と共に、 Ipconfigという名前のファイルの内容を表示するには、次のように入力します。To display the contents of a file named Ipconfig.out, along with the contents' corresponding coordinates, type:

setx /f ipconfig.out /x

ローカル環境でIpaddr環境変数を設定するには、 Ipconfig ファイルで、 次のように入力します。To set the IPADDR environment variable in the local environment to the value found at the coordinate 5,11 in the Ipconfig.out file, type:

setx IPADDR /f ipconfig.out /a 5,11

ローカル環境のOCTET1環境変数を、区切り文字 *# $ *** を持つIpconfigファイル内の座標5、3*の値に設定するには、次のように入力します。To set the OCTET1 environment variable in the local environment to the value found at the coordinate 5,3 in the Ipconfig.out file with delimiters #$*., type:

setx OCTET1 /f ipconfig.out /a 5,3 /d #$*.

ローカル環境でIpgateway環境変数を設定するには、次のように入力します。 この値は、Ipconfig ファイル内のゲートウェイの座標に関して、座標0, 7にあります。To set the IPGATEWAY environment variable in the local environment to the value found at the coordinate 0,7 with respect to the coordinate of Gateway in the Ipconfig.out file, type:

setx IPGATEWAY /f ipconfig.out /r 0,7 Gateway

Computer1という名前のコンピューターに、内容の対応する座標と共にIpconfigファイルの内容を表示するには、次のように入力します。To display the contents of the Ipconfig.out file, along with the contents' corresponding coordinates, on a computer named computer1, type:

setx /s computer1 /u maindom\hiropln /p p@ssW23 /f ipconfig.out /x

その他のリファレンスAdditional References