sxstracesxstrace

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012Applies To: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012

サイド バイ サイドの問題を診断します。Diagnoses side-by-side problems.

構文Syntax

sxstrace [{[trace -logfile:<FileName> [-nostop]|[parse -logfile:<FileName> -outfile:<ParsedFile>  [-filter:<AppName>]}]  

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
tracetrace Sxs (サイド バイ サイド) のトレースを有効にEnables tracing for sxs (side-by-side)
-logfile-logfile 未処理のログ ファイルを指定します。Specifies the raw log file.
<ファイル名 ><FileName> トレース ログが保存 FileNameします。Saves tracing log to FileName.
-nostop-nostop トレースを停止するように求めるメッセージは指定されません。Specifies no prompt to stop tracing.
解析parse 生のトレース ファイルに変換します。Translates the raw trace file.
-出力-outfile 出力ファイル名を指定します。Specifies the output filename.
<ParsedFile ><ParsedFile> 解析されたファイルのファイル名を指定します。Specifies the filename of the parsed file.
-フィルター-filter フィルター選択される出力を使用します。Allows the output to be filtered.
<AppName ><AppName> アプリケーション名を示します。Specifies the name of the application.
stoptracestoptrace 前に停止していない場合は、トレースを停止します。Stop the trace if it is not stopped before.
-?-? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

Examples

トレースを有効にして、トレース ファイルを保存して sxstrace.etl:Enable tracing and save trace file to sxstrace.etl:

sxstrace trace -logfile:sxstrace.etl  

生のトレース ファイルを人間が読める形式に変換し、結果を保存 sxstrace.txt:Translate the raw trace file into a human readable format and save the result to sxstrace.txt:

sxstrace parse -logfile:sxstrace.etl -outfile:sxstrace.txt  

その他の参照情報Additional references