typeperftypeperf

Typeperfコマンドがコマンド ウィンドウまたはログ ファイルに、パフォーマンス データを書き込みます。The typeperf command writes performance data to the command window or to a log file. 停止するtypeperf、ctrl キーを押しながら C キーを押します。To stop typeperf, press CTRL+C.

使用する方法の例についてはtypeperfを参照してくださいします。For examples of how to use typeperf, see Examples.

構文Syntax

typeperf <counter [counter ...]> [options]
typeperf -cf <filename> [options]
typeperf -q [object] [options]
typeperf -qx [object] [options]

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
<counter [counter […]]><counter [counter […]]> 監視するパフォーマンス カウンターを指定します。Specifies performance counters to monitor.

注意

<カウンター > でパフォーマンス カウンターの完全な名前 \ \Computer\Object (インスタンス) \Counter書式設定など \ \Server1(0)% User Timeします。<counter> is the full name of a performance counter in \\Computer\Object(Instance)\Counter format, such as \\Server1\Processor(0)% User Time.

オプションOptions

オプションOption 説明Description
-?-? ヘルプ コンテキストを表示します。Displays context-sensitive help.
-f <CSV|TSV|BIN|SQL>-f <CSV|TSV|BIN|SQL> 出力ファイルの形式を指定します。Specifies the output file format. 既定値は、CSV です。The default is CSV.
-cf <filename>-cf <filename> 1 行につき 1 つのカウンターを監視するパフォーマンス カウンターの一覧を含むファイルを指定します。Specifies a file containing a list of performance counters to monitor, with one counter per line.
-si < [hh:] mm:] ss >-si <[[hh:]mm:]ss> サンプリング間隔を指定します。Specifies the sample interval. 既定では、1 秒間は。The default is one second.
-o <filename>-o <filename> 出力ファイル、または SQL データベースのパスを指定します。Specifies the path for the output file, or the SQL database. 既定値は、STDOUT (コマンド ウィンドウに書き込まれますです)。The default is STDOUT (written to the command window).
-q [object]-q [object] インストールされているカウンター (インスタンス) の一覧を表示します。Display a list of installed counters (no instances). 1 つのオブジェクトのカウンターを一覧表示するには、オブジェクト名が含まれます。To list counters for one object, include the object name. ***例***EXAMPLE
-qx [object]-qx [object] インスタンスにインストールされているカウンターの一覧を表示します。Display a list of installed counters with instances. 1 つのオブジェクトのカウンターを一覧表示するには、オブジェクト名が含まれます。To list counters for one object, include the object name.
-sc <samples>-sc <samples> 収集するサンプルの数を指定します。Specifies the number of samples to collect. 既定では、CTRL キーを押しながら C キーが押されるまでデータを収集します。The default is to collect data until CTRL+C is pressed.
-config <filename>-config <filename> コマンド オプションを含む設定ファイルを指定します。Specifies a settings file containing command options.
-s <computer_name>-s <computer_name> カウンター パスでコンピューターが指定されていない場合に監視するリモート コンピューターを指定します。Specifies a remote computer to monitor if no computer is specified in the counter path.
-y-y メッセージを表示せず、すべての質問に [はい] 回答します。Answer yes to all questions without prompting.

Examples

  • 次の例は、ローカル コンピューターのパフォーマンス カウンターの値を書き込みます \ \processor (_total)%プロセッサ時間1 秒の既定のサンプル間隔で、コマンド ウィンドウCTRL キーを押しながら C キーが押されるとまでします。The following example writes the values for the local computer's performance counter \\Processor(_Total)% Processor Time to the command window at a default sample interval of 1 second until CTRL+C is pressed.
    typeperf "\Processor(_Total)\% Processor Time"
    
  • 次の例は、ファイル内のカウンターの一覧の値を書き込みますcounters.txtタブ区切りファイルにdomain2.tsv 50 のサンプルが収集されるまで 5 秒間のサンプル間隔。The following example writes the values for the list of counters in the file counters.txt to the tab-delimited file domain2.tsv at a sample interval of 5 seconds until 50 samples have been collected.
    typeperf -cf counters.txt -si 5 -sc 50 -f TSV -o domain2.tsv
    
  • 次の例のクエリ カウンター オブジェクトのインスタンスにインストールされているカウンター PhysicalDiskし、結果のリストをファイルに書き込みますcounters.txtします。The following example queries installed counters with instances for the counter object PhysicalDisk and writes the resulting list to the file counters.txt.
    typeperf -qx PhysicalDisk -o counters.txt