verifierverifier

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012Applies To: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012

ドライバー検証マネージャー。Driver verifier manager.

構文Syntax

verifier /standard /driver <name> [<name> ...]  
verifier /standard /all  
verifier [/flags <flags>] [/faults [<probability> [<tags> [<applications> [<minutes>]]]] /driver <name> [<name>...]  
verifier [/flags FLAGS] [/faults [<probability> [<tags> [<applications> [<minutes>]]]] /all  
verifier /querysettings  
verifier /volatile /flags <flags>  
verifier /volatile /adddriver <name> [<name>...]  
verifier /volatile /removedriver <name> [<name>...]  
verifier /volatile /faults [<probability> [<tags> [<applications>]]  
verifier /reset  
verifier /query  
verifier /log <LogFileName> [/interval <seconds>]  

パラメーターParameters

パラメーターParameter 説明Description
<flags><flags> Bits の 10 進数または 16 進数、組み合わせて数値でなければなりません。Must be a number in decimal or hexadecimal, combination of bits:

- 値: 説明- Value: description
- ビット 0: 特別なプールの検査- bit 0: special pool checking
- ビット 1: 強制 irql 検査- bit 1: force irql checking
- 2 ビット: 低リソース シミュレーション- bit 2: low resources simulation
- ビット 3: プールの追跡- bit 3: pool tracking
- ビット 4: I/O の検証- bit 4: I/O verification
- bit 5: デッドロックの検出- bit 5: deadlock detection
- ビット 6: 未使用- bit 6: unused
- ビット 7: DMA の検証- bit 7: DMA verification
- 8 ビット: セキュリティ チェック- bit 8: security checks
- ビット 9: 強制的に保留中の I/O 要求- bit 9: force pending I/O requests
- ビット 10: IRP ログ- bit 10: IRP logging
- bit 11: その他の検査- bit 11: miscellaneous checks

たとえば、 /flags 27と等価です /flags 0x1bfor example, /flags 27 is equivalent with /flags 0x1B
/volatile/volatile システムを再起動しなくても、検証の設定を動的に変更するために使用します。Used to change the verifier settings dynamically without restarting the system. システムを再起動するときに、新しい設定は失われます。Any new settings will be lost when the system is restarted.
<probability><probability> 1 ~ 10,000 フォールト インジェクション確率を指定する値。Number between 1 and 10,000 specifying the fault injection probability. たとえば、100 を指定するには、1% (100/10,000) のフォールト インジェクション確率を意味します。For example, specifying 100 means a fault injection probability of 1% (100/10,000).

このパラメーターが指定されていない場合は既定の 6% の確率が使用されます。if this parameter is not specified then the default probability of 6% will be used.
<タグ ><tags> 空白文字で区切られた、フォールトが挿入され、プール タグを指定します。Specifies the pool tags that will be injected with faults, separated by space characters. このパラメーターが指定されていない場合、エラー、プールの割り当てを挿入できます。If this parameter is not specified then any pool allocation can be injected with faults.
<applications><applications> 空白文字で区切られたエラーが挿入され、アプリケーションのイメージ ファイル名を指定します。Specifies the image file name of the applications that will be injected with faults, separated by space characters. このパラメーターが指定されていない場合低リソース シミュレーションは任意のアプリケーション内の場所にかかることができます。If this parameter is not specified then low resources simulation can take place in any application.
<分 ><minutes> 正の数値を分単位での再起動後に期間の長さを指定する正の挿入が発生します。A positive number specifying the length of the period after rebooting, in minutes, during which no fault injection will occur. このパラメーターが指定されていない場合は、8 分の既定の長さが使用されます。If this parameter is not specified then the default length of 8 minutes will be used.
/?/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。Displays help at the command prompt.

その他の参照情報Additional references