更新プログラムのエクスプレス配信 ISV のサポートExpress update delivery ISV support

適用先:Windows 10、Windows Server 2016Applies To: Windows 10, Windows Server 2016

Windows 10 更新プログラムでは、すべてのパッケージにそれまでのすべての修正が含まれています。これは一貫性を保ち、更新を簡素化するためですが、それによってダウンロードのサイズが大きくなることがあります。Windows 10 Update downloads can be large because every package contains all previously released fixes to ensure consistency and simplicity.

Windows では、バージョン 7 以降、エクスプレスと呼ばれる機能を使用して Windows Update ダウンロードのサイズを縮小できるようになりました。コンシューマー デバイスでは既定でサポートされていますが、Windows 10 エンタープライズ デバイスでエクスプレスを利用するには、Windows Server Update Services (WSUS) が必要です。Since version 7, Windows has been able to reduce the size of Windows Update downloads with a feature called Express, and although consumer devices support it by default, Windows 10 enterprise devices require Windows Server Update Services (WSUS) to take advantage of Express.

Microsoft によるエクスプレスのサポート方法How Microsoft supports Express

  • WSUS スタンドアロンでのエクスプレスExpress on WSUS Standalone

    更新プログラムのエクスプレス配信は、既に WSUS のサポートされているすべてのバージョンで使用できます。Express update delivery is already available on all supported versions of WSUS.

  • Windows Update に直接接続されているデバイスでのエクスプレスExpress on Devices Directly Connected to Windows Update

    コンシューマー デバイスはエクスプレス ダウンロードをサポートしています。これらのデバイスは、Windows Update (WU) クライアントを使用して、更新プログラムのスキャン、ダウンロード、およびインストールを行います。Consumer devices support Express download: they use the Windows Update (WU) client to scan, download and install updates. ダウンロード フェーズ中に、WU クライアントがエクスプレス パッケージを要求し、適切なバイト範囲をダウンロードします。During the download phase, the WU client requests Express packages and downloads the appropriate byte ranges.

  • Windows Update for Business を使って管理しているエンタープライズ デバイスでも、構成を変更せずに更新プログラムのエクスプレス配信を活用できます。Enterprise devices managed using Windows Update for Business also get the benefit of Express update delivery support without any change in configuration.

ISV がエクスプレスを活用する方法How ISVs can take advantage of Express

ISV は、WSUS と WU クライアントを使用して、更新プログラムのエクスプレス配信をサポートできます。ISVs can use WSUS and the WU client to support Express update delivery. Microsoft では次の 3 つの手順を推奨しています。以下のセクションで、各手順について詳しく説明します。Microsoft recommends the following three steps, each discussed in more detail in the sections below:

  1. WSUS を構成するConfigure WSUS

    スキャンと更新の同期を行うには WSUS サーバーが必要です (詳細については、こちらを参照してください)WSUS server is required for scan & update synchronizations (additional information can be found here)

  2. ISV ファイル キャッシュを指定して設定するSpecify and populate an ISV file cache

    更新プログラムのコンテンツをホストするには、ISV ファイル キャッシュを使用することをお勧めします。これには、更新プログラムのキャビネット ファイル (.cab ファイル) とエクスプレス パッケージ (.psf ファイル) が含まれています。An ISV file cache is recommended to host the update content, which includes the update cabinet files (.cab files) and the Express packages (.psf files).

  3. WU クライアント操作を送信するように ISV クライアント エージェントを設定するSet up an ISV client agent to direct WU client operations

注意

2017 年 1 月 (またはそれ以降) の Windows 10 バージョン 1607 リリースの累積的な更新プログラム (KB3213986 (OS ビルド 14393.693) をインストールする必要があります。Requires Cumulative Update for Windows 10 Version 1607 release in (or after) January 2017 (KB3213986 (OS Build 14393.693) to be installed.

  • ISV クライアント エージェントは、承認する更新プログラムと、更新プログラムをダウンロードしてインストールするタイミングを決定しますThe ISV client agent determines which updates to approve, and when do download and install updates
  • WU クライアントは、ダウンロードするバイト範囲を決定し、ダウンロード要求を開始しますThe WU client determines byte ranges to download and initiates the download request

手順 1: WSUS を構成するStep 1: Configure WSUS

WSUS は、Windows Update へのインターフェイスとして機能し、ダウンロードする必要があるエクスプレス パッケージを記述するすべてのメタデータを管理します。WSUS serves as the interface to Windows Update and manages all metadata describing Express packages that need to be downloaded. 展開する必要がある場合は、Windows Server Update Services 3.0 SP2 の概要に関するページを参照してください。If you need to deploy, see Overview of Windows Server Update Services 3.0 SP2. WSUS が展開された後の主な考慮事項は、更新プログラムのコンテンツを WSUS サーバーにローカルに保存するかどうかです。Once WSUS has been deployed, the primary consideration is whether or not to store update content locally on the WSUS server. WSUS を構成する場合は、更新プログラムをローカルに保存しないことをお勧めします。When configuring WSUS, we recommend not storing updates locally. ここでは、これらのパッケージを展開するソフトウェアが環境内に既に存在することを前提としています。This assumes that you already have software directing deployment of these packages in your environment. WSUS ローカル ストレージを構成する方法の詳細については、更新プログラムの保存場所の決定に関するページを参照してください。For more about how to configure WSUS local storage, see Determine Where to Store Updates.

手順 2: ISV ファイル キャッシュを指定して設定するStep 2: Specify and Populate the ISV File Cache

ISV ファイル キャッシュを指定するSpecify the ISV File Cache

構成サービス プロバイダーのリファレンス」で詳細に説明されている新しいクライアント側のグループ ポリシーとモバイル デバイス管理 (MDM) の設定は、ISV ファイル キャッシュの場所を定義します。New client-side Group Policy and Mobile Device Management (MDM) settings detailed in the Configuration service provider reference define the location of the ISV file cache.

名前Name 説明Description
更新プログラムの別のダウンロード場所を構成します。Configure an alternate download location for updates. Microsoft Update からの更新プログラムをホストする代替のイントラネット サーバーを指定します。Specifies an alternate intranet server to host updates from Microsoft Update. この更新サービスを使用して、ネットワーク上のコンピューターを自動的に更新できますYou can then use this update service to automatically update computers on your network

ISV ファイル キャッシュの別のダウンロード場所を設定する場合は、次の 2 つのオプションがあります。There are two options when setting up the alternate download location for the ISV file cache:

  1. ISV の HTTP サーバーのホスト名を指定する。これが ISV ファイル キャッシュですSpecify an ISV HTTP server hostname, which is the ISV file cache

    この方法では、ポリシーで指定された HTTP サーバーにダウンロード要求を行うように WU クライアントを構成しますThis approach configures the WU client to make download requests to the HTTP server specified in the policy

  2. localhost を指定するSpecify localhost

    この方法では、localhost にダウンロード要求を行うように WU クライアントを構成します。This approach configures the WU client to make download requests to localhost. これにより、ISV クライアント エージェントがこれらの要求を処理し、必要に応じて、ダウンロード要求を満たすようにルーティングできます。This allows the ISV client agent to handle these requests and route as appropriate to fulfill the download request.

重要

ISV ファイル キャッシュには次のことが必要です。The ISV file cache requires the following:

  • サーバーは RFC に基づき HTTP 1.1 準拠である必要があります。http://www.w3.org/Protocols/rfc2616/rfc2616.html 具体的には、Web サーバーが HEAD 要求と GET 要求をサポートする必要がありますThe server must be HTTP 1.1 compliant per the RFC: http://www.w3.org/Protocols/rfc2616/rfc2616.html Specifically, the web server needs to support HEAD and GET requests
    - 部分的な範囲の要求- Partial Range requests
    - Keep-Alive- Keep-alive
    - Transfer-Encoding:chunked を使用しないでください- Do not use Transfer-Encoding:chunked

ISV ファイル キャッシュを設定するPopulate the ISV File Cache

ISV ファイル キャッシュには、管理対象のクライアントにインストールされる更新プログラムに関連付けられたファイルが設定されている必要があります。The ISV file cache must be populated with files associated with the updates to be installed on managed clients.

ISV ファイル キャッシュを設定するには、次の手順に従います。To populate the ISV file cache:

  1. WSUS API を使用して、MU サービスの更新プログラムのファイル パスとファイル名にアクセスします。Use WSUS APIs to access the update's file path and file name for the MU service.

    WSUS サーバー上の各更新プログラムのメタデータには、次のように、Microsoft Update 上の更新プログラムのファイル パスとファイル名が含まれます (Microsoft Update のホスト名は太字で、その後にファイル パスとファイル名が続きます): http://download.windowsupdate.com /c/msdownload/update/software/updt/2016/09/windows10.0-kb3195781-x64_0c06079bccc35cba35a48bd2b1ec46f818bd2e74 .msuThe metadata for each update on WSUS server contains the update's file path and file name on Microsoft Update as follows (Microsoft Update hostname in bold, followed by file path and filename): http://download.windowsupdate.com/c/msdownload/update/software/updt/2016/09/windows10.0-kb3195781-x64_0c06079bccc35cba35a48bd2b1ec46f818bd2e74.msu

  2. Microsoft Update からファイルをダウンロードし、次の 2 つの方法のいずれかを使用して ISV ファイル キャッシュに保存します。Download files from Microsoft Update and store them in the ISV file cache using one of these two methods:

    • MU サービスと同じフォルダー パス を使用してファイルを保存するStore files using the same folder path as on the MU service

    • ISV が定義したフォルダー パス を使用してファイルを保存するStore files using an ISV-defined folder path

      HTTP サーバー (または localhost) から、MU フォルダー パスとファイル名を参照する HTTP GET 要求を ISV ファイルの場所にリダイレクトします。Have HTTP server (or localhost) redirect HTTP GET requests, which reference the MU folder path and file name, to the ISV file location.

手順 3: WU クライアント操作を送信するように ISV クライアント エージェントを設定するStep 3: Set up an ISV client agent to direct WU client operations

ISV クライアント エージェントは、次の推奨されるワークフローを使用して、承認された更新プログラムのダウンロードとインストールを調整します。The ISV client agent orchestrates the download and installation of approved updates using the following recommended workflow:

  1. ISV クライアント エージェントで、WSUS サーバーに対してスキャンを実行するために WU クライアントを呼び出しますThe ISV client agent calls the WU client to scan against the WSUS server

  2. スキャンによって、適用可能な更新プログラムのセットが WU クライアントに返されますThe scan returns the set of applicable updates to the WU client

  3. ISV クライアントで、承認、ダウンロード、およびインストールを行う更新プログラムを決定しますThe ISV client determines which updates to approve, download and install

  4. ISV クライアント エージェントで、承認された更新プログラムをダウンロードするために WU クライアントを呼び出しますThe ISV client agent calls WU client to download the approved updates

  5. 更新プログラムがダウンロードされると、ISV クライアント エージェントが、承認された更新プログラムをインストールするために WU クライアントを呼び出しますOnce the updates have been downloaded, the ISV client agent calls the WU client to install the approved updates

WU クライアントを使用した更新プログラムのスキャン、ダウンロード、およびインストールの詳細については、更新プログラムの検索、ダウンロード、およびインストールに関するページを参照してください。See Searching, Downloading, and Installing Updates for additional information about using the WU client to scan, download and install updates.

ダウンロード ワークフローのオプションDownload workflow options

次に、ISV ファイル キャッシュからのダウンロード ワークフローのオプションの 2 つの図を示します。Following are two illustrations of download workflow options from an ISV file cache:

ワークフロー 1

ワークフロー 2

エクスプレス ダウンロードのしくみHow Express download works

  • エクスプレスをサポートする OS 更新プログラムでは、以下の 2 つのバージョンのファイル ペイロードがサービスに保存されます。For OS updates that support Express, there are two versions of the file payload stored on the service:

    • フルファイル版 - 基本的には、更新プログラム バイナリのローカル バージョンを置き換えますFull-file version -- essentially replacing the local versions of the update binaries

    • エクスプレス版 - デバイス上の既存のバイナリにパッチを適用するために必要なデルタが含まれています。Express version -- containing the deltas needed to patch the existing binaries on the device.

      フルファイル版とエクスプレス版はどちらも、更新プログラムのメタデータ (スキャン段階でクライアントにダウンロードされる) で参照されます。Both the full-file version and the Express version are referenced in the update's metadata, which has been downloaded to the client as part of the Scan phase.

      エクスプレス ダウンロードは、次のように動作します。Express download works as follows:

      WU クライアントはまずエクスプレス版のダウンロードを試み、状況に応じて必要であればフルファイル版にフォール バックします (バイト範囲の要求をサポートしていないプロキシを通過する場合など)。The WU client will try to download Express first, and under certain situations fall back to full-file if needed (for example, if going through a proxy that doesn't support byte range requests).

    1. WU クライアントによるエクスプレス ダウンロードの開始時に、WU クライアントはまずエクスプレス パッケージに含まれているスタブをダウンロード します。When the WU client initiates an Express download, the WU client first downloads a stub, which is part of the Express package.

    2. WU クライアントは、このスタブを Windows インストーラーに渡します。 Windows インストーラーは渡されたスタブを使ってローカル インベントリを行い、デバイス上のファイルのデルタを、提供されているファイルの最新バージョンを得るために必要なデルタと比較します。The WU client passes this stub to the Windows installer, which uses the stub to do a local inventory, comparing the deltas of the file on the device with what is needed to get to the latest version of the file being offered.

    3. Windows インストーラーは次に、必要と判断された範囲をダウンロードするように WU クライアントに要求します。The Windows installer then requests the WU client to download the ranges which have been determined to be required.

    4. WU クライアントは要求された範囲をダウンロードして、Windows インストーラーに渡します。 Windows インストーラーは渡された範囲を適用した後、その他に必要な範囲があるかを判断します。The WU client downloads these ranges and passes them to the Windows installer, which applies the ranges and then determines if additional ranges are needed. この手順は、Windows インストーラーが WU クライアントに対して、必要なすべての範囲がダウンロードされたことを通知するまで繰り返されます。This repeats until the Windows installer tells the WU client that all necessary ranges have been downloaded.

    この時点で、ダウンロードが完了し、更新プログラムのインストール準備が整います。At this point, the download is complete and the update is ready to be installed.

配信の最適化による帯域幅の消費の削減How Delivery Optimization reduces bandwidth consumption

配信の最適化 (DO) は、オペレーティング システムの更新プログラム、オペレーティング システムのアップグレード、アプリケーションによる帯域幅の消費の削減を目指している企業向けの自己組織化された分散キャッシュ ソリューションです。Delivery Optimization (DO) is a self-organizing distributed cache solution for businesses looking to reduce bandwidth consumption for operating system updates, operating system upgrades, and applications. DO によって、クライアントは、指定されたダウンロードの場所 (このシナリオでは ISV ファイルキャッシュ) と組み合わせて、これらの要素を代替ソース (ネットワーク上の他のピアなど) からダウンロードできます。DO allows clients to download those elements from alternate sources (such as other peers on the network) in conjunction with the specified download location (the ISV file cache in this scenario).

Windows 10 Enterprise および Education の既定では、DO によって、組織独自のネットワークでのみピア ツー ピアの共有が許可されますが、グループ ポリシーやモバイル デバイス管理 (MDM) の設定を使用して異なる構成にすることができます。By default in Windows 10 Enterprise and Education, DO allows peer-to-peer sharing on the organization's own network only, but you can configure it differently using Group Policy and mobile device management (MDM) settings.

DO の詳細については、「Windows 10 更新プログラムの配信の最適化を構成」を参照してください。Refer to Configure Delivery Optimization for Windows 10 updates for more information about DO.