Server Core アプリ互換性オンデマンド機能 (FOD)Server Core App Compatibility Feature on Demand (FOD)

適用対象:Windows Server 2019、Windows Server 半期チャネルApplies to: Windows Server 2019, Windows Server Semi-Annual Channel

Server Core アプリ互換性オンデマンド機能は、Windows Server 2019 の Server Core インストール、または Windows Server 半期チャネルにいつでも追加できるオプションの機能パッケージです。The Server Core App Compatibility Feature on Demand is an optional feature package that can be added to Windows Server 2019 Server Core installations, or Windows Server Semi-Annual Channel, at any time.

オンデマンド機能 (FOD) の詳細については、「オンデマンド機能」を参照してください。For more information on Features on Demand (FOD), see Features On Demand.

アプリ互換性 FOD をインストールする理由Why install the App Compatibility FOD?

Server Core のオンデマンド機能であるアプリ互換性により、デスクトップ エクスペリエンスがインストールされている Windows Server からバイナリとパッケージのサブセットを含めることで、Windows Server デスクトップ エクスペリエンス グラフィカル環境を追加しなくても、Windows Server Core インストール オプションのアプリ互換性が大幅に向上します。App Compatibility, a Feature on Demand for Server Core, significantly improves the app compatibility of the Windows Server Core installation option by including a subset of binaries and packages from Windows Server with Desktop Experience, without adding the Windows Server Desktop Experience graphical environment. このオプション パッケージは、独立した ISO で、または Windows Update から入手できますが、追加できるのは Windows Server Core インストールとイメージだけです。This optional package is available on a separate ISO, or from Windows Update, but can only be added to Windows Server Core installations and images.

アプリ互換性 FOD が提供する 2 つの主要な価値は次のとおりです。The two primary values the App Compatibility FOD provides are:

  • 既に市場に出回っているか既に組織によって開発され展開されているサーバー アプリケーション向けに Server Core の互換性を向上させます。Increases the compatibility of Server Core for server applications that are already in market or have already been developed by organizations and deployed.
  • OS コンポーネントと重大なトラブルシューティングとデバッグ シナリオで使用されるソフトウェア ツールの向上したアプリ互換性を提供することを支援します。Assists with providing OS components and increased app compatibility of software tools used in acute troubleshooting and debugging scenarios.

Server Core アプリ互換性 FOD の一部として利用できるオペレーティング システムのコンポーネントには、次のものが含まれます。Operating system components that are available as part of the Server Core App Compatibility FOD include:

  • Microsoft 管理コンソール (mmc.exe)Microsoft Management Console (mmc.exe)

  • イベント ビューアー (Eventvwr.msc)Event Viewer (Eventvwr.msc)

  • パフォーマンス モニター (PerfMon.exe)Performance Monitor (PerfMon.exe)

  • リソース モニター (Resmon.exe)Resource Monitor (Resmon.exe)

  • デバイス マネージャー (Devmgmt.msc)Device Manager (Devmgmt.msc)

  • ファイル エクスプローラー (Explorer.exe)File Explorer (Explorer.exe)

  • Windows PowerShell (Powershell_ISE.exe)Windows PowerShell (Powershell_ISE.exe)

  • ディスク管理 (Diskmgmt.msc)Disk Management (Diskmgmt.msc)

  • フェールオーバー クラスター マネージャー (CluAdmin.msc)Failover Cluster Manager (CluAdmin.msc)

    • 最初にフェールオーバー クラスタリングの Windows Server 機能を追加する必要があります。Requires addition of the Failover Clustering Windows Server feature first.

      • 管理者特権の PowerShell セッションから次を実行します。From an elevated PowerShell session:

        Install-WindowsFeature -NameFailover-Clustering -IncludeManagementTools
        
      • フェールオーバー クラスター マネージャーを実行するには、コマンド プロンプトに「cluadmin」と入力します。To run Failover Cluster Manager, enter cluadmin at the command prompt.

Windows Server バージョン 1903 以降を実行しているサーバーでは、次のコンポーネントもサポートされています (アプリ互換性 FOD と同じバージョンを使用している場合)。Servers running Windows Server, version 1903 and later also support the following components (when using the same version of the App Compatibility FOD):

  • Hyper-V マネージャー (virtmgmt.msc)Hyper-V Manager (virtmgmt.msc)
  • タスク スケジューラ (taskschd.msc)Task Scheduler (taskschd.msc)

アプリ互換性 FOD をインストールするInstalling the App Compatibility FOD

アプリ互換性 FOD は、Server Core にのみインストールできます。The App Compatibility FOD can only be installed on Server Core. Server Core アプリ互換性 FOD をデスクトップ エクスペリエンスがインストールされた Windows Server の Windows Server インストールに追加しないようにしてください。Don't attempt to add the Server Core App Compatibility FOD to a Windows Server installation of Windows Server with Desktop Experience. 同じ FOD のオプション パッケージ ISO は、Windows Server 2019 の Server Core インストールまたは Windows Server 半期チャネルのインストールに使用できます。The same FOD optional packages ISO can be used for either Windows Server 2019 Server Core installations, or Windows Server Semi-Annual Channel installations.

  1. サーバーが Windows Update に接続できる場合は、管理者特権の PowerShell セッションから次のコマンドを実行し、コマンドの実行が完了したら Windows サーバーを再起動するだけです。If the server can connect to Windows Update, all you have to do is run the following command from an elevated PowerShell session and then restart Windows Server after the command finishes running:

    Add-WindowsCapability -Online -Name ServerCore.AppCompatibility~~~~0.0.1.0
    
  2. サーバーが Windows Update に接続できない場合は、代わりに Server FOD のオプション パッケージ ISO をダウンロードして、ISO をローカル ネットワーク上の共有フォルダーにコピーします。If the server can't connect to Windows Update, instead download the Server FOD optional packages ISO, and copy the ISO to a shared folder on your local network:

  3. ローカル ネットワークに接続されていて、FOD を追加したい Server Core コンピューターで、管理者アカウントを使ってサインインします。Sign in with an administrator account on the Server Core computer that is connected to your local network and that you want to add the FOD to.

  4. net use またはその他の方法を使用して、FOD ISO の場所に接続します。Use net use, or some other method, to connect to the location of the FOD ISO.

  5. FOD ISO を任意のローカル フォルダーにコピーします。Copy the FOD ISO to a local folder of your choosing.

  6. 管理者特権の PowerShell セッションで次のコマンドを使用して FOD ISO をマウントします。Mount the FOD ISO by using the following command in an elevated PowerShell session:

    Mount-DiskImage -ImagePath drive_letter:\folder_where_ISO_is_saved\ISO_filename.iso
    
  7. 次のコマンドを実行します。Run the following command:

    Add-WindowsCapability -Online -Name ServerCore.AppCompatibility~~~~0.0.1.0 -Source <Mounted_Server_FOD_Drive> -LimitAccess
    
  8. 進行状況バーが完了したら、オペレーティング システムを再起動します。After the progress bar completes, restart the operating system.

    DISM コマンドの詳細については、「Windows PowerShell での DISM の使用」を参照してください。For more information about DISM commands, see Use DISM in Windows PowerShell

(Server Core アプリ互換性 FOD を追加した後) オプションで Internet Explorer 11 を Server Core に追加するにはTo optionally add Internet Explorer 11 to Server Core (after adding the Server Core App Compatibility FOD)

注意

Server Core アプリ互換性 FOD は、Internet Explorer 11 の追加に必要ですが、Internet Explorer 11 は Server Core アプリ互換性 FOD を追加するのには必要ありません。The Server Core App Compatibility FOD is required for the addition of Internet Explorer 11, but Internet Explorer 11 is not required to add the Server Core App Compatibility FOD.

  1. アプリ互換性 FOD が既に追加されていて、Server FOD のオプション パッケージ ISO がローカルにコピーされている Server Core コンピューターで、管理者としてサインインします。Sign in as Administrator on the Server Core computer that has the App Compatibility FOD already added and the Server FOD optional package ISO copied locally.

  2. コマンド プロンプトに「powershell.exe」と入力して PowerShell を起動します。Start PowerShell by entering powershell.exe at a command prompt.

  3. 次のコマンドを使用して、FOD ISO をマウントします。Mount the FOD ISO by using the following command:

    Mount-DiskImage -ImagePath drive_letter:\folder_where_ISO_is_saved\ISO_filename.iso
    
  4. Internet Explorer の cab ファイルへのパスを入力する $package_path 変数を使用して、次のコマンドを実行します。Run the following command, using the $package_path variable to enter the path to the Internet Explorer cab file:

    $package_path = "D:\Microsoft-Windows-InternetExplorer-Optional-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~.cab"
    
    Add-WindowsPackage -Online -PackagePath $package_path
    
  5. 進行状況バーが完了したら、オペレーティング システムを再起動します。After the progress bar completes, restart the operating system.

Server Core アプリ互換性 FOD と Internet Explorer 11 オプション パッケージに関するリリース ノートと推奨事項Release notes and suggestions for the Server Core App Compatibility FOD and Internet Explorer 11 optional package

重要

Windows Server バージョン 1809 にインストールされている FOD は、Windows Server バージョン 1903 へのインプレース アップグレード後には残らないため、アップグレード後にもう一度インストールする必要はありません。FODs installed on Windows Server, version 1809 won't remain in place after an in-place upgrade to Windows Server, version 1903, so you'd have to install them again after the upgrade. 代わりに、アップグレードする前に新しい Windows Server のインストール ソースに FOD を追加することができます。Alternatively, you can add FODs to the new Windows Server installation source prior to upgrading. これにより、アップグレードの完了後も任意の FOD の新しいバージョンが確実に存在します。This ensures that the new version of any FODs are present after the upgrade completes. 詳細については、「オフラインの WIM Server Core イメージに機能とオプション パッケージを追加する」を参照してください。For more info, see the Adding capabilities and optional packages to an offline WIM Server Core image.

  • 重要: Server Core アプリ互換性 FOD と Internet Explorer 11 オプション パッケージのインストールと使用に進む前に、問題、考慮事項、またはガイダンスについて Windows Server 2019 のリリース ノートをお読みください。Important: Read the Windows Server 2019 release notes for any issues, considerations, or guidance before proceeding with installation and use of the Server Core App Compatibility FOD and Internet Explorer 11 optional package.

  • Windows Update を使用して、累積的な更新プログラムをインストールした後、アプリ互換性 FOD を追加するときに、Server Core コンソール エクスペリエンスでちらつきが発生する可能性があります。It's possible to encounter flickering with the Server Core console experience when adding the App Compatibility FOD after using Windows Update to install cumulative updates. この問題は、2018 年 12 月の更新プログラムで解決されます。This issue is resolved with December, 2018 updates. 詳細情報と解決手順については、サポート技術情報の記事 4481610:Windows Server 2019 Server Core に Server Core アプリ互換性 FOD をインストールした後に画面がちらつくを参照してください。For more info and resolution steps, see Knowledge Base article 4481610: Screen flickers after you install Server Core App Compatibility FOD in Windows Server 2019 Server Core.

  • アプリ互換性 FOD をインストールしてサーバーを再起動すると、コマンド コンソールのウィンドウ フレームの色が異なる色調の青に変わります。After installation of the App Compatibility FOD and reboot of the server, the command console window frame color will change to a different shade of blue.

  • Internet Explorer 11 のオプション パッケージのインストールも選択する場合は、ローカルに保存した .htm ファイルをダブルクリックして開くことはサポートされていないことに注意してください。If you choose to also install the Internet Explorer 11 optional package, note that double clicking to open locally saved .htm files is not supported. ただし、右クリックして [IE で開く] を選択するか、Internet Explorer から [ファイル] -> [開く] で直接開くことができます。However, you can right-click and choose Open with IE, or you can open it directly from Internet Explorer File -> Open.

  • アプリ互換性 FOD を使用して Server Core のアプリ互換性をさらに強化するため、IIS 管理コンソールがオプション コンポーネントとして Server Core に追加されています。To further enhance the app compatibility of Server Core with the App Compatibility FOD, the IIS Management Console has been added to Server Core as an optional component. ただし、IIS 管理コンソールを使用するには、必ず最初にアプリ互換性 FOD を追加する必要があります。However, it is absolutely necessary to first add the App Compatibility FOD to use the IIS Management Console. IIS 管理コンソールは、Microsoft 管理コンソール (mmc.exe) に依存します。これはアプリ互換性 FOD を追加することで Server Core でのみ使用できます。IIS Management Console relies on the Microsoft Management Console (mmc.exe), which is only available on Server Core with the addition of the App Compatibility FOD. IIS 管理コンソールを追加するには、PowerShell の Install-WindowsFeature を使用します。Use Powershell Install-WindowsFeature to add IIS Management Console.

  • 一般的なガイダンスとして、Server Core にアプリをインストールするときに (これらのオプション パッケージの有無にかかわらず)、サイレント インストールのオプションと手順を使用する必要がある場合があります。As a general point of guidance, when installing apps on Server Core (with or without these optional packages) it is sometimes necessary to use silent install options and instructions.

オフラインの WIM Server Core イメージに機能とオプション パッケージを追加する Adding capabilities and optional packages to an offline WIM Server Core image

  1. Windows Server と Server FOD ISO イメージ ファイルを Windows コンピューター上のローカル フォルダーにダウンロードします。Download the Windows Server and Server FOD ISO image files to a local folder on a Windows computer.

  2. 管理者として PowerShell セッションを開き、次のコマンドを使用してイメージ ファイルをドライブとしてマウントします。Open a PowerShell session as an administrator and then use the following commands to mount the image files as drives:

    Mount-DiskImage -ImagePath Path_To_ServerFOD_ISO
    Mount-DiskImage -ImagePath Path_To_Windows_Server_ISO
    
  3. Windows Server ISO ファイルの内容をローカル フォルダー (例: C:\SetupFiles\WindowsServer) にコピーします。Copy the contents of the Windows Server ISO file to a local folder (for example, C:\SetupFiles\WindowsServer).

  4. 次のコマンドを使用して、Install.wim ファイル内で変更するイメージ名を取得します。Get the image name you want to modify within the Install.wim file by using the following command.
    $install_wim_path 変数を使用して、ISO ファイルの \Sources フォルダー内にある Install.wim ファイルへのパスを入力します。Use the $install_wim_path variable to enter the path to the Install.wim file, located inside the \Sources folder of the ISO file.

    $install_wim_path = "C:\SetupFiles\WindowsServer\sources\install.wim"
    
    Get-WindowsImage -ImagePath $install_wim_path
    
  5. 次のコマンドを使用 (サンプルの変数値は独自の値に置き換えて、前のコマンドから $install_wim_path 変数を再利用します) して、Install.wim ファイルを新しいフォルダーにマウントします。Mount the Install.wim file in a new folder by using the following command replacing the sample variable values with your own, and reusing the $install_wim_path variable from the previous command.

    • $image_name - マウントするイメージの名前を入力します。$image_name - Enter the name of the image you want to mount.
    • $mount_folder variable - Install.wim ファイルの内容にアクセスするときに使用するフォルダーを指定します。$mount_folder variable - Specify the folder to use when accessing the contents of the Install.wim file.
    $image_name = "Windows Server Datacenter"
    $mount_folder = "c:\test\offline"
    
    Mount-WindowsImage -ImagePath $install_wim_path -Name $image_name -path $mount_folder
    
  6. 次のコマンドを使用 (サンプルの変数値は独自の値に置き換えます) して、マウントした Install.wim イメージに機能とパッケージを追加します。Add capabilities and packages you want to the mounted Install.wim image by using the following commands, replacing the sample variable values with your own.

    • $capability_name - インストールする機能の名前を指定します (この場合は AppCompatibility 機能)。$capability_name - Specify the name of the capability to install (in this case, the AppCompatibility capability).
    • $package_path - インストールするパッケージへのパスを指定します (この場合は Internet Explorer)。$package_path - Specify the path to the package to install (in this case, Internet Explorer).
    • $fod_drive - マウントした Server FOD イメージのドライブ文字を指定します。$fod_drive - Specify the drive letter of the mounted Server FOD image.
    $capability_name = "ServerCore.AppCompatibility~~~~0.0.1.0"
    $package_path = "D:\Microsoft-Windows-InternetExplorer-Optional-Package~31bf3856ad364e35~amd64~~.cab"
    $fod_drive = "d:\"
    
    Add-WindowsCapability -Path $mount_folder -Name $capability_name -Source $fod_drive -LimitAccess
    Add-WindowsPackage -Path $mount_folder -PackagePath $package_path
    
  7. 前のコマンドから $mount_folder 変数を使用する次のコマンドを使用して、Install.wim ファイルをマウント解除して変更をコミットします。Dismount and commit changes to the Install.wim file by using the following command, which uses the $mount_folder variable from previous commands:

    Dismount-WindowsImage -Path $mount_folder -Save
    

これで、Windows Server インストール ファイル用に作成したフォルダーから setup.exe を実行して、サーバーをアップグレードできるようになりました (この例ではC:\SetupFiles\WindowsServer)。You can now upgrade your server by running setup.exe from the folder you created for the Windows Server installation files (in this example: C:\SetupFiles\WindowsServer). これでこのフォルダーに、追加機能とオプション パッケージが含まれた Windows Server のインストール ファイルが含まれるようになりました。This folder now contains the Windows Server installation files with the additional capabilities and optional packages included.