Windows Admin Center の既知の問題Windows Admin Center Known Issues

適用先:Windows Admin Center、Windows Admin Center PreviewApplies to: Windows Admin Center, Windows Admin Center Preview

このページで説明されている問題が発生した場合は、お知らせくださいIf you encounter an issue not described on this page, please let us know.

InstallerInstaller

  • 独自の証明書を使用して Windows Admin Center をインストールする場合は、証明書マネージャー MMC ツールから拇印をコピーすると、先頭に無効な文字が含まれることに留意してください。When installing Windows Admin Center using your own certificate, be mindful that if you copy the thumbprint from the certificate manager MMC tool, it will contain an invalid character at the beginning. この問題を回避するには、拇印の最初の文字を入力し、残りをコピー/貼り付けします。As a workaround, type the first character of the thumbprint, and copy/paste the rest.

  • 1024未満のポートの使用はサポートされていません。Using port below 1024 is not supported. サービスモードでは、必要に応じて、指定したポートにリダイレクトするようにポート80を構成できます。In service mode, you may optionally configure port 80 to redirect to your specified port.

全般General

  • Windows 管理センターの1910.2 リリースでは、特定のハードウェア上の Hyper-v サーバーに接続できない場合があります。In the 1910.2 release of Windows Admin Center, you may not be able to connect to Hyper-V servers on specific hardware. この問題でブロックされている場合は、 以前のビルドをダウンロードしてくださいIf you are blocked on this issue, please download our previous build.

  • Windows Server 2016 にゲートウェイとしてインストールされている Windows 管理センターを使用している場合、サービスがとを含むイベントログのエラーでクラッシュすることがあり Faulting application name: sme.exe Faulting module name: WsmSvc.dll ます。If you have Windows Admin Center installed as a gateway on Windows Server 2016 under heavy use, the service may crash with an error in the event log that contains Faulting application name: sme.exe and Faulting module name: WsmSvc.dll. これは、Windows Server 2019 で修正されたバグが原因です。This is due to a bug that has been fixed in Windows Server 2019. Windows Server 2016 の修正プログラムには、2019の累積的な更新プログラム KB4480977が含まれています。The patch for Windows Server 2016 was included the February 2019 cumulative update, KB4480977.

  • Windows 管理センターがゲートウェイとしてインストールされていて、接続リストが破損していると思われる場合は、次の手順を実行します。If you have Windows Admin Center installed as a gateway and your connection list appears to be corrupted, perform the following steps:

    警告

    これにより、ゲートウェイのすべての Windows 管理センターユーザーの接続リストと設定が削除されます。This will delete the connection list and settings for all Windows Admin Center users on the gateway.

    1. Windows Admin Center をアンインストールしますUninstall Windows Admin Center
    2. C:\Windows\ServiceProfiles\NetworkService\AppData\Roaming\Microsoft にある Server Management Experience フォルダーを削除しますDelete the Server Management Experience folder under C:\Windows\ServiceProfiles\NetworkService\AppData\Roaming\Microsoft
    3. Windows Admin Center を再インストールしますReinstall Windows Admin Center
  • ツールを開いたまま長時間アイドル状態にすると、Error: The runspace state is not valid for this operation (エラー: この操作の実行空間の状態が有効ではありません) というエラーが何度か表示されることがあります。If you leave the tool open and idle for a long period of time, you may get several Error: The runspace state is not valid for this operation errors. この問題が発生した場合は、お使いのブラウザーを更新してください。If this occurs, refresh your browser. この問題が発生した場合は、 フィードバックをお送りください。If you encounter this, send us feedback.

  • Windows 管理センターのモジュールで実行されている OSS のバージョン番号と、サードパーティのソフトウェアに関する通知に記載されているものとの間には、若干の差異がある場合があります。There may be minor variance between version numbers of OSS running in Windows Admin Center modules, and what is listed within the 3rd Party Software Notice.

拡張機能マネージャーExtension Manager

  • Windows 管理センターを更新する場合は、拡張機能を再インストールする必要があります。When you update Windows Admin Center, you must reinstall your extensions.
  • アクセスできない拡張機能フィードを追加すると、警告は表示されません。If you add an extension feed that is inaccessible, there is no warning. [14412861][14412861]

パートナー拡張機能に関する問題Partner extension issues

  • Dell の EMC OpenManage Integration extension は、Windows 管理センターによって提供される Api を利用して、ターゲットノードにファイルをプッシュします。Dell's EMC OpenManage Integration extension utilizes APIs provided by Windows Admin Center to push files onto target nodes. この API は、ユーザーがゲートウェイ管理者であり、管理者以外の使用をサポートしていない場合にのみ機能します。This API only works when the user is a gateway administrator and does not support non-admin use.

ブラウザーに固有の問題Browser Specific Issues

Microsoft EdgeMicrosoft Edge

  • Windows 管理センターがサービスとして展開されていて、ブラウザーとして Microsoft Edge を使用している場合は、新しいブラウザーウィンドウを起動した後にゲートウェイを Azure に接続できないことがあります。If you have Windows Admin Center deployed as a service and you are using Microsoft Edge as your browser, connecting your gateway to Azure may fail after spawning a new browser window. この問題を回避するに https://login.microsoftonline.com は、 https://login.live.com ゲートウェイの URL を信頼済みサイトとして追加し、クライアント側ブラウザーでポップアップブロックの設定に許可されたサイトを追加します。Try to work around this issue by adding https://login.microsoftonline.com, https://login.live.com, and the URL of your gateway as trusted sites and allowed sites for pop-up blocker settings on your client side browser. この問題を解決する方法については、 トラブルシューティングガイドを参照してください。For more guidance on fixing this in the troubleshooting guide. [17990376][17990376]

Google ChromeGoogle Chrome

  • バージョン70より前 (10 月、2018)、Chrome には Websocket プロトコルと NTLM 認証に関する バグ がありました。Prior to version 70 (released late October, 2018) Chrome had a bug regarding the WebSockets protocol and NTLM authentication. これは、イベント、PowerShell、リモート デスクトップのツールに影響します。This effects the following tools: Events, PowerShell, Remote Desktop.

  • Chrome では、特に ワークグループ (非ドメイン) 環境での接続の追加エクスペリエンスの実行中に、複数の資格情報プロンプトが表示される場合があります。Chrome may pop-up multiple credential prompts, especially during the add connection experience in a workgroup (non-domain) environment.

  • Windows 管理センターがサービスとしてデプロイされている場合、Azure 統合機能を使用するには、ゲートウェイ URL のポップアップを有効にする必要があります。If you have Windows Admin Center deployed as a service, popups from the gateway URL need to be enabled for any Azure integration functionality to work.

Mozilla FirefoxMozilla Firefox

Windows Admin Center は、Mozilla Firefox でテストされていませんが、ほとんどの機能は機能します。Windows Admin Center is not tested with Mozilla Firefox, but most functionality should work.

  • Windows 10 のインストール: Mozilla Firefox には独自の証明書ストアがあるため、 Windows Admin Center Client windows 10 で Windows 管理センターを使用するには、Firefox に証明書をインポートする必要があります。Windows 10 Installation: Mozilla Firefox has it's own certificate store, so you must import the Windows Admin Center Client certificate into Firefox to use Windows Admin Center on Windows 10.

プロキシ サービスを使用する場合の WebSocket の互換性WebSocket compatibility when using a proxy service

Windows Admin Center のリモート デスクトップ、PowerShell、およびイベント モジュールでは、WebSocket プロトコルを利用します。多くの場合、このプロトコルはプロキシ サービスを使用するときにサポートされていません。Remote Desktop, PowerShell, and Events modules in Windows Admin Center utilize the WebSocket protocol, which is often not supported when using a proxy service.

2016より前の Windows Server バージョンのサポート (2012 R2、2012、2008 R2)Support for Windows Server versions before 2016 (2012 R2, 2012, 2008 R2)

注意

Windows 管理センターには、Windows Server 2012 R2、2012、または 2008 R2 に含まれていない PowerShell 機能が必要です。Windows Admin Center requires PowerShell features that are not included in Windows Server 2012 R2, 2012, or 2008 R2. Windows 管理センターで Windows Server を管理する場合は、これらのサーバーに WMF バージョン5.1 以上をインストールする必要があります。If you will manage Windows Server these with Windows Admin Center, you will need to install WMF version 5.1 or higher on those servers.

PowerShell で $PSVersiontable を入力して、WMF がインストールされていること、またバージョンが 5.1 以上であることを確認します。Type $PSVersiontable in PowerShell to verify that WMF is installed, and that the version is 5.1 or higher.

インストールされていない場合は、WMF 5.1 をダウンロードしてインストールできます。If it is not installed, you can download and install WMF 5.1.

ロールベースの Access Control (RBAC)Role Based Access Control (RBAC)

  • Windows Defender アプリケーション制御 (WDAC、旧称はコードの整合性) を使用するように構成されているコンピューターでは、RBAC 展開は成功しません。[16568455]RBAC deployment will not succeed on machines that are configured to use Windows Defender Application Control (WDAC, formerly known as Code Integrity.) [16568455]

  • クラスターで RBAC を使用するには、各メンバー ノードに個別に構成を展開する必要があります。To use RBAC in a cluster, you must deploy the configuration to each member node individually.

  • RBAC が展開されたときに、RBAC 構成に誤って起因する不正なエラーが表示される場合があります。When RBAC is deployed, you may get unauthorized errors that are incorrectly attributed to the RBAC configuration. [16369238][16369238]

サーバー マネージャー ソリューションServer Manager solution

証明書Certificates

  • .PFX の暗号化された証明書を現在のユーザー ストアにインポートすることはできません。Cannot import .PFX Encrypted Certificate in to current user store. [11818622][11818622]

eventsEvents

  • イベントは、プロキシ サービスを使用する場合に WebSocket の互換性に影響を受けます。Events is effected by websocket compatibility when using a proxy service.

  • 大きいログ ファイルをエクスポートするときに、“パケット サイズ” を参照するエラーが表示される場合があります。You may get an error that references “packet size” when exporting large log files.

    • これを解決するには、ゲートウェイコンピューターで管理者特権のコマンドプロンプトで次のコマンドを使用します。 winrm set winrm/config @{MaxEnvelopeSizekb="8192"}To resolve this, use the following command in an elevated command prompt on the gateway machine: winrm set winrm/config @{MaxEnvelopeSizekb="8192"}

ファイルFiles

  • 大きいファイルのアップロードまたはダウンロードはまだサポートされていません。Uploading or downloading large files not yet supported. ( ~ 100mb の制限) [12524234](~100mb limit) [12524234]

PowerShellPowerShell

  • PowerShell は、プロキシ サービスを使用する場合に WebSocket の互換性に影響を受けます。PowerShell is effected by websocket compatibility when using a proxy service

  • デスクトップの PowerShell コンソールと同じように 1 回の右クリックで貼り付けしても機能しません。Pasting with a single right-click as in the desktop PowerShell console does not work. 代わりに、ブラウザーのコンテキスト メニューが表示され、ここで貼り付けを選択できます。Instead you will get the browser's context menu, where you can select paste. Ctrl + V も機能します。Ctrl-V works as well.

  • Ctrl + C によるコピーは機能しません。常に Ctrl-C Break コマンドがコンソールに送信されます。Ctrl-C to copy does not work, it will always send the Ctrl-C break command to the console. 右クリックすると表示されるコンテキスト メニューからのコピーは機能します。Copy from the right-click context menu works.

  • Windows Admin Center のウィンドウを縮小する場合は、端のコンテンツは再配置されますが、もう一度拡大すると、コンテンツは前の状態に戻らないことがあります。When you make the Windows Admin Center window smaller, the terminal content will reflow, but when you make it larger again, the content may not return to it's previous state. 項目が乱雑になる場合は、Clear-Host を試すか、端末上にあるボタンを使用して切断および再接続することができます。If things get jumbled, you can try Clear-Host, or disconnect and reconnect using the button above the terminal.

レジストリ エディターRegistry Editor

  • 検索機能が実装されていません。Search functionality not implemented. [13820009][13820009]

リモート デスクトップRemote Desktop

  • Windows 管理センターがサービスとして展開されている場合、Windows 管理センターサービスを新しいバージョンに更新すると、リモートデスクトップツールが読み込みに失敗することがあります。When Windows Admin Center is deployed as a service, the Remote Desktop tool may fail to load after updating the Windows Admin Center service to a new version. この問題を回避するには、ブラウザーのキャッシュをクリアします。To work around this issue, clear your browser cache. [23824194][23824194]

  • Windows Server 2012 を管理している場合、リモートデスクトップツールが接続に失敗することがあります。The Remote Desktop tool may fail to connect when managing Windows Server 2012. [20258278][20258278]

  • リモートデスクトップを使用して、ドメインに参加していないコンピューターに接続する場合は、の形式でアカウントを入力する必要があり MACHINENAME\USERNAME ます。When using the Remote Desktop to connect to a machine that is not Domain joined, you must enter your account in the MACHINENAME\USERNAME format.

  • 一部の構成では、Windows 管理センターのリモートデスクトップクライアントがグループポリシーでブロックされることがあります。Some configurations can block Windows Admin Center's remote desktop client with group policy. この問題が発生した場合は、 Allow users to connect remotely by using Remote Desktop Services``````Computer Configuration/Policies/Administrative Templates/Windows Components/Remote Desktop Services/Remote Desktop Session Host/ConnectionsIf you encounter this, enable Allow users to connect remotely by using Remote Desktop Services under Computer Configuration/Policies/Administrative Templates/Windows Components/Remote Desktop Services/Remote Desktop Session Host/Connections

  • リモートデスクトップは websocket 互換性によって影響を受け ます。Remote Desktop is effected by websocket compatibility.

  • リモート デスクトップ ツールは現在、ローカル デスクトップとリモート セッションの間のテキスト、イメージ、またはファイルのコピー/貼り付けをサポートしていません。The Remote Desktop tool does not currently support any text, image, or file copy/paste between the local desktop and the remote session.

  • リモート セッション内でコピー/貼り付けを行うには、通常どおりコピーできます (右クリックによるコピーまたは Ctrl+C) が、貼り付けは、右クリックによる貼り付けをする必要があります (Ctrl+V は機能しません)。To do any copy/paste within the remote session, you can copy as normal (right click + copy or Ctrl+C), but paste requires right click + paste (Ctrl+V does NOT work)

  • 次のキーコマンドをリモート セッションに送信することはできません。You cannot send the following key commands to the remote session

    • Alt + TabAlt+Tab
    • ファンクション キーFunction keys
    • Windows キーWindows Key
    • PrtScnPrtScn

役割と機能Roles and Features

  • インストールに使用できないソースを含む役割や機能を選択すると、スキップされます。When selecting roles or features with unavailable sources for install, they are skipped. [12946914][12946914]

  • 役割のインストール後に自動的に再起動しないように選択すると、今後メッセージは表示されません。If you choose not to automatically reboot after role installation, we won't ask again. [13098852][13098852]

  • 自動的に再起動するように選択した場合、状態が 100% に更新される前に、再起動が行われます。If you do choose to automatically reboot, the reboot will occur before the status gets updated to 100%. [13098852][13098852]

記憶域Storage

  • ダウンレベル: DVD/CD/フロッピー ドライブは、ダウンレベルのボリュームとして表示されません。Down-level: DVD/CD/Floppy drives do not appear as volumes on down-level.

  • ダウンレベル: ボリュームとディスクの一部のプロパティはダウンレベルで利用できないため、詳細パネルで不明または空白で表示されます。Down-level: Some properties in Volumes and Disks are not available down-level so they appear unknown or blank in details panel.

  • ダウンレベル: 新しいボリュームを作成する場合、ReFS では、Windows 2012 および 2012 R2 コンピューターでの 64K のアロケーション ユニット サイズのみがサポートされます。Down-level: When creating a new volume, ReFS only supports an allocation unit size of 64K on Windows 2012 and 2012 R2 machines. ReFS ボリュームがダウンレベル ターゲットの小さいアロケーション ユニット サイズで作成された場合は、ファイル システムの書式設定が失敗します。If a ReFS volume is created with a smaller allocation unit size on down-level targets, file system formatting will fail. 新しいボリュームは使用できません。The new volume will not be usable. 解決策は、ボリュームを削除し、64 K のアロケーション ユニット サイズを使用することです。The resolution is to delete the volume and use 64K allocation unit size.

更新Updates

  • 更新プログラムをインストールすると、インストールの状態がキャッシュされ、ブラウザーの更新が必要になる場合があります。After installing updates, install status may be cached and require a browser refresh.

  • Azure Update management を設定しようとすると、"キーセットが存在しません" というエラーが発生することがあります。You may encounter the error: "Keyset does not exist" when attempting to set up Azure Update management. この場合は、管理ノードで次の修復手順を試してください。In this case, please try the following remediation steps on the managed node -

    1. ' Cryptographic Services ' サービスを停止します。Stop ‘Cryptographic Services' service.
    2. 隠しファイルを表示するようにフォルダーオプションを変更します (必要な場合)。Change folder options to show hidden files (if required).
    3. "%Allusersprofile%\Microsoft\Crypto\RSA\S-1-5-18" フォルダーを受け取って、その内容をすべて削除します。Got to “%allusersprofile%\Microsoft\Crypto\RSA\S-1-5-18” folder and delete all its contents.
    4. ' Cryptographic Services ' サービスを再起動してください。Restart ‘Cryptographic Services' service.
    5. Windows 管理センターで Update Management のセットアップを繰り返すRepeat setting up Update Management with Windows Admin Center

Virtual MachinesVirtual Machines

  • Windows Server 2012 ホスト上の仮想マシンを管理する場合、ブラウザー内 VM 接続ツールは VM に接続できません。When managing the virtual machines on a Windows Server 2012 host, the in-browser VM connect tool will fail to connect to the VM. VM に接続するための .rdp ファイルのダウンロードは引き続き機能します。Downloading the .rdp file to connect to the VM should still work. [20258278][20258278]

  • Azure Site Recovery – ASR が WAC の外部のホストにセットアップされている場合、WAC 内から VM を保護することはできません [18972276]Azure Site Recovery – If ASR is setup on the host outside of WAC, you will be unable to protect a VM from within WAC [18972276]

  • 仮想 SAN マネージャー、Move VM、Export VM、VM レプリケーションなどの Hyper-V マネージャーで利用可能な高度な機能は、現在サポートされていません。Advanced features available in Hyper-V Manager such as Virtual SAN Manager, Move VM, Export VM, VM Replication are currently not supported.

仮想スイッチVirtual Switches

  • スイッチ埋め込みチーミング (SET): NIC をチームに追加する場合は、NIC が同じサブネット上にある必要があります。Switch Embedded Teaming (SET): When adding NICs to a team, they must be on the same subnet.

コンピューターの管理ソリューションComputer Management Solution

コンピューターの管理ソリューションには、サーバー マネージャー ソリューションのツールのサブセットが含まれているため、同じ既知の問題と共に、次のコンピューターの管理ソリューション特有の問題が該当します。The Computer Management solution contains a subset of the tools from the Server Manager solution, so the same known issues apply, as well as the following Computer Management solution specific issues:

  • Microsoft アカウント (MSA) を使用する場合、または AZURE ACTIVE DIRECTORY (AAD) を使用して Windows 10 コンピューターにログオンする場合は、"manage-as" を使用してローカル管理者アカウントの資格情報を指定する必要があります [16568455]If you use a Microsoft Account (MSA) or if you use Azure Active Directory (AAD) to log on to you Windows 10 machine, you must use "manage-as" to provide credentials for a local administrator account [16568455]

  • ローカル ホストを管理しようとすると、ゲートウェイ プロセスを昇格するように求められます。When you try to manage the localhost, you will be prompted to elevate the gateway process. 次のユーザーアカウント制御ポップアップで [ いいえ ] をクリックすると、接続試行を取り消してからやり直す必要があります。If you click no in the User Account Control popup that follows, you must cancel the connection attempt and start over.

  • 既定では、Windows 10 では WinRM と PowerShell のリモート処理が行われません。Windows 10 does not have WinRM/PowerShell remoting on by default.

    • Windows 10 クライアントの管理を有効にするには、管理者特権の PowerShell プロンプトから Enable-PSRemoting コマンドを実行する必要があります。To enable management of the Windows 10 Client, you must issue the command Enable-PSRemoting from an elevated PowerShell prompt.

    • また、Set-NetFirewallRule -Name WINRM-HTTP-In-TCP -RemoteAddress Any を使用して、ローカル サブネットの外部から接続を許可できるようにファイアウォールを更新する必要があります。You may also need to update your firewall to allow connections from outside the local subnet with Set-NetFirewallRule -Name WINRM-HTTP-In-TCP -RemoteAddress Any. より制限の厳しいネットワーク シナリオでは、このドキュメントを参照してください。For more restrictive networks scenarios, please refer to this documentation.

クラスターのデプロイCluster Deployment

手順1.2Step 1.2

サーバーを追加する場合、ワークグループコンピューターが混在していることは現在サポートされていません。Mixed workgroup machines are currently not supported when adding servers. クラスタリングに使用されるすべてのコンピューターは、同じワークグループに属している必要があります。All machines used for clustering need to belong to same workgroup. そうでない場合、[次へ] ボタンは無効になり、"異なる Active Directory ドメインにサーバーを持つクラスターを作成することはできません" というエラーが表示されます。If they do not, the next button will be disabled and the following error will appear: "Cannot create a cluster with servers in different Active Directory domains. サーバー名が正しいことを確認します。Verify the server names are correct. すべてのサーバーを同じドメインに移動して、もう一度やり直してください。 "Move all the servers into the same domain and try again."

手順1.4Step 1.4

Hyper-v は、Azure Stack HCI OS を実行する仮想マシンにインストールする必要があります。Hyper-V needs to be installed on virtual machines running the Azure Stack HCI OS. これらの仮想マシンに対して Hyper-v 機能を有効にしようとすると、次のエラーが発生して失敗します。Trying to enable the Hyper-V feature for these virtual machines will fail with the error below:

Hyper-v の有効化エラーのスクリーンショット

Azure Stack HCI OS を実行している仮想マシンに Hyper-v をインストールするには、次のコマンドを実行します。To install Hyper-V on virtual machines running the Azure Stack HCI OS, run the following command:

Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName 'Microsoft-Hyper-V'

手順1.7Step 1.7

更新プログラムのインストール後に、サーバーの再起動に予想以上に時間がかかることがあります。Sometimes servers take longer than expected to restart after updates are installed. Windows 管理センターのクラスター展開ウィザードは、サーバーが正常に再起動されたかどうかを確認するために、サーバーの再起動状態を定期的に確認します。The Windows Admin Center cluster deployment wizard will check the server restart state periodically to know if the server was restarted successfully. ただし、ユーザーがウィザードの外部でサーバーを手動で再起動した場合、ウィザードに適切な方法でサーバーの状態をキャプチャする方法はありません。However, if the user restarts the server outside of the wizard manually, then the wizard does not have a way to capture the server state in an appropriate way.

サーバーを手動で再起動する場合は、現在のウィザードセッションを終了します。If you would like to restart the server manually, exit the current wizard session. サーバーを再起動した後、ウィザードを再起動することができます。After you have restarted the server, you may restart the wizard.

ストレッチクラスターの作成Stretch cluster creation

ストレッチクラスターを作成するときは、ドメインに参加しているサーバーを使用することをお勧めします。It is recommended to use servers that are domain-joined when creating a stretch cluster. WinRM の制限により、ストレッチクラスターの展開にワークグループコンピューターを使用しようとすると、ネットワークセグメント化の問題が発生します。There is a network segmentation issue when trying to use workgroup machines for stretch cluster deployment due to WinRM limitations.

元に戻すとやり直すUndo and start over

クラスターのデプロイに同じマシンを繰り返し使用する場合、以前のクラスターエンティティのクリーンアップは、同じマシンセットでクラスターのデプロイを成功させるために重要です。When using same machines repeatedly for cluster deployment, cleanup of previous cluster entities is important to get a successful cluster deployment in the same set of machines. クラスターをクリーンアップする方法については、 ハイパー集約型インフラストラクチャの展開 に関するページを参照してください。See the page on deploying hyper-converged infrastructure for instructions on how to clean up your cluster.

CredSSPCredSSP

Windows 管理センターのクラスター展開ウィザードでは、いくつかの場所で CredSSP が使用されます。The Windows Admin Center cluster deployment wizard uses CredSSP in several places. ウィザードの実行中にこのエラーメッセージが表示されます (これは、クラスターの検証手順で最も頻繁に発生します)。You run into this error message during the wizard (this occurs most frequently in the Validate cluster step):

クラスター作成 CredSSP エラーのスクリーンショット

次の手順を使用して、トラブルシューティングを行うことができます。You can use the following steps to troubleshoot:

  1. すべてのノードと Windows 管理センターゲートウェイコンピューターの CredSSP 設定を無効にします。Disable CredSSP settings on all nodes and the Windows Admin Center gateway machine. ゲートウェイコンピューターで最初のコマンドを実行し、クラスター内のすべてのノードで2番目のコマンドを実行します。Run the first command on your gateway machine and the second command on all of the nodes in your cluster:
Disable-WsmanCredSSP -Role Client
Disable-WsmanCredSSP -Role Server
  1. すべてのノードで信頼を修復してください。Repair the trust on all nodes. すべてのノードで次のコマンドを実行します。Run the following command on all nodes:
Test-ComputerSecureChannel -Verbose -Repair -Credential <account name>
  1. コマンドを使用してグループポリシーの伝達されたデータをリセットするReset group policy propagated data using the command
gpupdate /force
  1. ノードを再起動します。Reboot the nodes. 再起動後、次のコマンドを使用して、ゲートウェイコンピューターとターゲットノードの間の接続と、ノード間の接続をテストします。After reboot, test the connectivity between your gateway machine and target nodes, as well as your connectivity between nodes, using the following command:
Enter-PSSession -computername <node fqdn>

入れ子になった仮想化Nested Virtualization

仮想マシン上で Azure Stack HCI OS クラスターの展開を検証するときは、次の powershell コマンドを使用して、役割/機能が有効になる前に、入れ子になった仮想化を有効にする必要があります。When validating Azure Stack HCI OS cluster deployment on virtual machines, nested virtualization needs to be turned on before roles/features are enabled using the below powershell command:

Set-VMProcessor -VMName <VMName> -ExposeVirtualizationExtensions $true

注意

仮想マシン環境で仮想スイッチのチーミングを成功させるには、仮想マシンの作成後すぐに、次のコマンドを PowerShell で実行する必要があります。% {VMNetworkAdapter-VMName $ .Name-MacAddressSpoofing On-AllowTeaming on}For virtual switch teaming to be successful in a virtual machine environment, the following command needs to be run in PowerShell on the host soon after the virtual machines are created: Get-vm | %{ set-VMNetworkAdapter -VMName $.Name -MacAddressSpoofing On -AllowTeaming on }

Azure Stack HCI OS を使用してクラスターをデプロイする場合は、追加の要件があります。If you are a deploying a cluster using the Azure Stack HCI OS, there is an additional requirement. VM ブート仮想ハードドライブは、Hyper-v 機能と共にプレインストールされている必要があります。The VM boot virtual hard drive must be preinstalled with Hyper-V features. これを行うには、仮想マシンを作成する前に次のコマンドを実行します。To do this, run the following command before creating the virtual machines:

Install-WindowsFeature –VHD <Path to the VHD> -Name Hyper-V, RSAT-Hyper-V-Tools, Hyper-V-PowerShell

RDMA のサポートSupport for RDMA

Windows 管理センターバージョン2007のクラスター展開ウィザードでは、RDMA の構成はサポートされていません。The cluster deployment wizard in Windows Admin Center version 2007 does not provide support for RDMA configuration.

フェールオーバー クラスター マネージャー ソリューションFailover Cluster Manager solution

  • クラスター (ハイパーコンバージドまたは従来のクラスターのいずれか) を管理するときに、shell was not found (シェルが見つかりませんでした) というエラーが発生する場合があります。When managing a cluster, (either Hyper-Converged or traditional?) you may encounter a shell was not found error. この問題が発生した場合は、お使いのブラウザーを再読み込みするか、別のツールに移動して戻ります。If this happens either reload your browser, or navigate away to another tool and back. [13882442][13882442]

  • 完全に構成されていない下位バージョン (Windows Server 2012 または 2012 R2) のクラスターを管理するときに問題が発生することがあります。An issue can occur when managing a down-level (Windows Server 2012 or 2012 R2) cluster that hasn't been configured completely. この問題の解決方法は、Windows の機能 RSAT クラスタ リング PowerShell がインストールされ、クラスターの 各メンバー ノード で有効になっていることを確認することです。The fix for this issue is to ensure that the Windows feature RSAT-Clustering-PowerShell has been installed and enabled on each member node of the cluster. PowerShell でこれを行うには、すべてのクラスター ノードで Install-WindowsFeature -Name RSAT-Clustering-PowerShell コマンドを入力します。To do this with PowerShell, enter the command Install-WindowsFeature -Name RSAT-Clustering-PowerShell on all the cluster nodes. [12524664][12524664]

  • クラスターは正しく検出されるように全 FQDN を指定して追加する必要があります。The Cluster may need to be added with the entire FQDN to be discovered correctly.

  • ゲートウェイとしてインストールされた Windows Admin Center を使用してクラスターに接続する場合は、メンバー ノードを照会するために資格情報を利用できるように、Use these credentials for all connections (これらの資格情報をすべての接続に使用する) を選択する必要があります。When connecting to a cluster using Windows Admin Center installed as a gateway, and providing explicit username/password to authenticate, you must select Use these credentials for all connections so that the credentials are available to query the member nodes.

ハイパーコンバージド クラスター マネージャー ソリューションHyper-Converged Cluster Manager solution

  • Drives - Update firmwareServers - Remove、および Volumes - Open などの一部のコマンドは無効になっていて現在サポートされていません。Some commands such as Drives - Update firmware, Servers - Remove and Volumes - Open are disabled and currently not supported.

Azure サービスAzure services

Azure のログインとゲートウェイの登録Azure login and gateway registration

2009リリースでは、Azure へのログインまたは Windows 管理センターゲートウェイの Azure への登録に関する問題が発生する可能性があります。In the 2009 release, you may run into issues logging into Azure or registering your Windows Admin Center gateway with Azure. 以下のガイダンスは、これらの問題を軽減するのに役立ちます。The guidance below should help you mitigate these issues:

  • ゲートウェイの登録を含め、Windows 管理センター内で Azure の機能を使用する前に、別のタブまたはウィンドウで Azure アカウントにサインインしていることを確認してください。Before using any Azure capabilities within Windows Admin Center, including gateway registration, make sure you are signed into your Azure account in a different tab or window. Azure ポータルを使用してサインインすることをお勧めします。We suggest signing in through the Azure Portal.

  • ゲートウェイの登録中に Azure に正常にサインインしても、Windows 管理センターの設定の [ azure ] ページで [視覚的な確認] が表示されない場合は、 azure ページに戻る前に、[設定] の別のページに移動してみてください。If you successfully sign into Azure during gateway registration but do not see visual confirmation on the Azure page of your Windows Admin Center settings, try navigating to a different page in settings before navigating back to the Azure page.

  • このビルドでは、Azure サインインのポップアップがより頻繁に表示される場合があり、管理者が Windows 管理センターのアクセス許可をより頻繁に付与することが必要になる場合があります。The Azure sign-in pop-up may appear more frequently in this build and may require administrators to grant Windows Admin Center permissions more frequently.

  • Azure Portal で Windows 管理センターの管理者の承認を既に付与していても、"管理者の承認が必要" というエラーメッセージが表示される場合は、[ 設定 ] ページではなく、Windows 管理センターのいずれかのバナーを使用して Azure にサインインしてみてください。If you have already given admin approval for Windows Admin Center in the Azure Portal and you are still seeing an error message saying “Need admin approval”, try signing into Azure using one of the banners around Windows Admin Center instead of in the Settings page.

Azure File Sync のアクセス許可Azure File Sync permissions

Azure File Sync には、Windows 管理センターがバージョン1910より前に提供していない Azure のアクセス許可が必要です。Azure File Sync requires permissions in Azure that Windows Admin Center did not provide prior to version 1910. Windows 管理センターのバージョン1910より前のバージョンを使用して Windows 管理センターゲートウェイを Azure に登録した場合は、Azure Active Directory アプリケーションを更新して、最新バージョンの Windows 管理センターで Azure File Sync を使用するための正しいアクセス許可を取得する必要があります。If you registered your Windows Admin Center gateway with Azure using a version earlier than Windows Admin Center version 1910, you will need to update your Azure Active Directory application to get the correct permissions to use Azure File Sync in the latest version of Windows Admin Center. 追加のアクセス許可により、この記事の説明に従って、ストレージアカウントへのアクセスの自動構成を実行 Azure File Sync ことができます。 Azure File Sync にストレージアカウントへのアクセス権があることを確認してください。The additional permission allows Azure File Sync to perform automatic configuration of storage account access as described in this article: Ensure Azure File Sync has access to the storage account.

Azure Active Directory アプリを更新するには、次の2つのいずれかを実行します。To update your Azure Active Directory app, you can do one of two things

  1. [設定] [ > azure の > 登録解除] の順に選択し、もう一度 Windows 管理センターを Azure に登録して、新しい Azure Active Directory アプリケーションを作成することを確認します。Go to Settings > Azure > Unregister, and then register Windows Admin Center with Azure again, making sure you choose to create a new Azure Active Directory application.
  2. Azure Active Directory アプリケーションにアクセスし、Windows 管理センターに登録されている既存の Azure Active Directory アプリに必要なアクセス許可を手動で追加します。Go to your Azure Active Directory application and manually add the permission needed to your existing Azure Active Directory app registered with Windows Admin Center. これを行うには、 > > azure での azure ビューの 設定に関するページを参照してください。To do this, go to Settings > Azure > View in Azure. Azure の [ アプリの登録 ] ブレードで、[API の アクセス許可] にアクセスし、[ アクセス許可の追加] を選択します。From the App Registration blade in Azure, go to API permissions, select Add a permission. 下にスクロールして Azure Active Directory グラフ を選択し、[委任された アクセス許可]、[ ディレクトリ] の順に展開して、[ AccessAsUser] を選択します。Scroll down to select Azure Active Directory Graph, select Delegated permissions, expand Directory, and select Directory.AccessAsUser.All. [ アクセス許可の追加 ] をクリックして、アプリに更新プログラムを保存します。Click Add permissions to save the updates to the app.

Azure 管理サービスを設定するためのオプションOptions for setting up Azure management services

Azure Monitor、Azure Update Management、Azure Security Center を含む azure の管理サービスは、オンプレミスのサーバーと同じエージェントを使用します (Microsoft Monitoring Agent)。Azure management services including Azure Monitor, Azure Update Management, and Azure Security Center, use the same agent for an on-premises server: the Microsoft Monitoring Agent. Azure Update Management には、サポートされているリージョンのセットが制限されており、Log Analytics ワークスペースが Azure Automation アカウントにリンクされている必要があります。Azure Update Management has a more limited set of supported regions and requires the Log Analytics workspace to be linked to an Azure Automation account. この制限により、Windows 管理センターで複数のサービスをセットアップする場合は、まず Azure Update Management を設定してから、Azure Security Center または Azure Monitor する必要があります。Because of this limitation, if you wish to set up multiple services in Windows Admin Center, you must set up Azure Update Management first, and then either Azure Security Center or Azure Monitor. Microsoft Monitoring Agent を使用する Azure 管理サービスを構成した後、Windows 管理センターを使用して Azure Update Management を設定しようとすると、Windows 管理センターでは、Microsoft Monitoring Agent にリンクされている既存のリソースが Azure Update Management をサポートしている場合にのみ Azure Update Management を構成できます。If you've configured any Azure management services that use the Microsoft Monitoring Agent, and then try to set up Azure Update Management using Windows Admin Center, Windows Admin Center will only allow you to configure Azure Update Management if the existing resources linked to the Microsoft Monitoring Agent support Azure Update Management. そうでない場合は、次の2つのオプションがあります。If this is not the case you have two options:

  1. [コントロールパネル] > Microsoft Monitoring Agent を選択し て、既存の Azure 管理ソリューション (Azure Monitor や Azure Security Center など) からサーバーを切断します。Go to the Control Panel > Microsoft Monitoring Agent to disconnect your server from the existing Azure management solutions (like Azure Monitor or Azure Security Center). 次に、Windows 管理センターで Azure Update Management を設定します。Then set up Azure Update Management in Windows Admin Center. その後、Windows 管理センターを使用して、問題なく他の Azure 管理ソリューションを設定することができます。After that, you can go back to set up your other Azure management solutions through Windows Admin Center without issues.
  2. Azure Update Management に必要な azure リソースを手動で設定し、Microsoft Monitoring Agent (Windows 管理センターの外部) を手動で更新して、使用する Update Management ソリューションに対応する新しいワークスペースを追加することができます。You can manually set up the Azure resources needed for Azure Update Management and then manually update the Microsoft Monitoring Agent (outside of Windows Admin Center) to add the new workspace corresponding to the Update Management solution you wish to use.