DNS リソース レコードのアクセス スコープを設定するSet Access Scope for DNS Resource Records

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016Applies to: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016

このトピックを使用して、IPAM クライアントコンソールを使用して DNS リソースレコードのアクセススコープを設定できます。You can use this topic to set the access scope for a DNS resource records by using the IPAM client console.

この手順を実行するには、Administrators のメンバーシップ、またはそれと同等のメンバーシップが最低限必要です。Membership in Administrators, or equivalent, is the minimum required to perform this procedure.

DNS リソースレコードのアクセススコープを設定するにはTo set access scope for DNS resource records

  1. サーバー マネージャーで、クリックして IPAM します。In Server Manager, click IPAM. IPAM クライアントコンソールが表示されます。The IPAM client console appears.

  2. ナビゲーションウィンドウで、[ DNS ゾーン数] をクリックします。In the navigation pane, click DNS Zones. 下のナビゲーションウィンドウで、[ 前方参照 ] を展開し、アクセススコープを変更するリソースレコードが含まれているゾーンを参照して選択します。In the lower navigation pane, expand Forward Lookup and browse to and select the zone that contains the resource records whose access scope you want to change.

  3. 表示ウィンドウで、アクセススコープを変更するリソースレコードを見つけて選択します。In the display pane, locate and select the resource records whose access scope you want to change.

    リソースレコードを選択します

  4. 選択した DNS リソースレコードを右クリックし、[ アクセススコープの設定] をクリックします。Right-click the selected DNS resource records, and then click Set Access Scope.

    アクセス スコープの設定

  5. [ アクセススコープの設定 ] ダイアログボックスが表示されます。The Set Access Scope dialog box opens. デプロイに必要な場合は、[ 親からのアクセススコープの継承] をクリックして選択を解除します。If required for your deployment, click to deselect Inherit access scope from parent. [ アクセススコープの選択] で項目を選択し、[ OK] をクリックします。In Select the access scope, select an item, and then click OK.

    アクセススコープの選択

参照See Also

ロールベースの Access Control IPAM の管理Role-based Access Control Manage IPAM