NTFS の概要NTFS overview

適用先:Windows 10、Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2008Applies to: Windows 10, Windows Server 2019, Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012, Windows Server 2008 R2, Windows Server 2008

NTFS は最新バージョンの Windows と Windows Server のプライマリ ファイル システムであり、セキュリティ記述子、暗号化、ディスク クォータ、リッチ メタデータなど豊富な機能を備えています。また、クラスターの共有ボリューム (CSV) と併用することで、フェールオーバー クラスターの複数のノードから同時アクセス可能であり、継続的に使用可能なボリュームを実現できます。NTFS—the primary file system for recent versions of Windows and Windows Server—provides a full set of features including security descriptors, encryption, disk quotas, and rich metadata, and can be used with Cluster Shared Volumes (CSV) to provide continuously available volumes that can be accessed simultaneously from multiple nodes of a failover cluster.

Windows Server 2012 R2 の NTFS の新機能と変更された機能の詳細については、NTFS の新機能に関する記事を参照してください。To learn more about new and changed functionality in NTFS in Windows Server 2012 R2, see What's New in NTFS. その他の機能については、このトピックの「追加情報」セクションを参照してください。For additional feature information, see the Additional information section of this topic. 新しい Resilient File System (ReFS) の詳細については、「Resilient File System (ReFS) の概要」を参照してください。To learn more about the newer Resilient File System (ReFS), see Resilient File System (ReFS) overview.

実際の適用例Practical applications

信頼性の向上Increased reliability

システム障害が発生してコンピューターが再起動されると、NTFS では、そのログ ファイルとチェックポイント情報を使用してファイル システムの整合性が復元されます。NTFS uses its log file and checkpoint information to restore the consistency of the file system when the computer is restarted after a system failure. 不良セクター エラーが発生すると、NTFS によってその不良セクターを含むクラスターが動的に再マッピングされ、データに新しいクラスターが割り当てられ、元のクラスターが不良とマークされ、以前のクラスターは使用されなくなります。After a bad-sector error, NTFS dynamically remaps the cluster that contains the bad sector, allocates a new cluster for the data, marks the original cluster as bad, and no longer uses the old cluster. たとえば、サーバーがクラッシュした後、NTFS ではログ ファイルを再生してデータを回復できます。For example, after a server crash, NTFS can recover data by replaying its log files.

NTFS を使うと、ボリュームをオフラインにしなくても、一時的な破損の問題をバックグラウンドで継続的に監視および修正できます (この機能は、Windows Server 2008 で導入され、自己修復 NTFS と呼ばれます)。NTFS continuously monitors and corrects transient corruption issues in the background without taking the volume offline (this feature is known as self-healing NTFS, introduced in Windows Server 2008). 大規模な破損の問題の場合は、ボリュームがオンラインの間に Windows Server 2012 以降の Chkdsk ユーティリティを使ってドライブのスキャンと分析を行い、ボリューム上のデータの整合性を復元するために必要な時間まで、オフラインの時間を制限することができます。For larger corruption issues, the Chkdsk utility, in Windows Server 2012 and later, scans and analyzes the drive while the volume is online, limiting time offline to the time required to restore data consistency on the volume. NTFS がクラスター共有ボリュームと併用されている場合、ダウンタイムは必要ありません。When NTFS is used with Cluster Shared Volumes, no downtime is required. 詳細については、NTFS の正常性と Chkdsk に関する記事を参照してください。For more information, see NTFS Health and Chkdsk.

セキュリティの向上Increased security

  • ファイルとフォルダーのアクセス制御リスト (ACL) ベースのセキュリティ: NTFS を使って、ファイルまたはフォルダーに対するアクセス許可を設定し、アクセスを制限または許可するグループとユーザーを指定し、アクセスの種類を選択することができます。Access Control List (ACL)-based security for files and folders—NTFS allows you to set permissions on a file or folder, specify the groups and users whose access you want to restrict or allow, and select access type.

  • BitLocker ドライブ暗号化のサポート: BitLocker ドライブ暗号化によって、NTFS ボリュームに格納されている重要なシステム情報やその他のデータに対するセキュリティが強化されます。Support for BitLocker Drive Encryption—BitLocker Drive Encryption provides additional security for critical system information and other data stored on NTFS volumes. Windows Server 2012 R2 および Windows 8.1 以降、BitLocker は、コネクト スタンバイをサポートするトラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) を搭載した x86 および x64 ベースのコンピューターに対して、デバイス暗号化をサポートするようになりました (以前は Windows RT デバイスでのみ利用可能でした)。Beginning in Windows Server 2012 R2 and Windows 8.1, BitLocker provides support for device encryption on x86 and x64-based computers with a Trusted Platform Module (TPM) that supports connected stand-by (previously available only on Windows RT devices). デバイスの暗号化は、Windows ベースのコンピューター上のデータを保護するために役立ちます。また、悪意のあるユーザーがユーザーのパスワードを見つけるために利用するシステム ファイルにアクセスすることや、ドライブを PC から物理的に取り外して別のものに取り付けてアクセスすることをブロックするために役立ちます。Device encryption helps protect data on Windows-based computers, and it helps block malicious users from accessing the system files they rely on to discover the user's password, or from accessing a drive by physically removing it from the PC and installing it on a different one. 詳細については、「BitLocker の新機能」を参照してください。For more information, see What's new in BitLocker.

  • 大容量ボリュームのサポート: NTFS では、256 TB のサイズのボリュームをサポートできます。Support for large volumes—NTFS can support volumes as large as 256 terabytes. サポートされるボリュームのサイズは、クラスターのサイズとクラスターの数の影響を受けます。Supported volume sizes are affected by the cluster size and the number of clusters. (232 - 1) クラスター (NTFS がサポートするクラスターの最大数) では、次のボリューム サイズとファイル サイズがサポートされます。With (232 – 1) clusters (the maximum number of clusters that NTFS supports), the following volume and file sizes are supported.

    クラスター サイズCluster size 最大ボリュームLargest volume 最大ファイルLargest file
    4 KB (既定のサイズ)4 KB (default size) 16 TB16 TB 16 TB16 TB
    8 KB8 KB 32 TB32 TB 32 TB32 TB
    16 KB16 KB 64 TB64 TB 64 TB64 TB
    32 KB32 KB 128 TB128 TB 128 TB128 TB
    64 KB (最大サイズ)64 KB (maximum size) 256 TB256 TB 256 TB256 TB

重要

サービスとアプリによっては、ファイルとボリューム サイズに対して追加の制限が課される場合があります。Services and apps might impose additional limits on file and volume sizes. たとえば、以前のバージョンの機能、またはボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) のスナップショットを利用するバックアップ アプリを使用している場合 (かつ、SAN または RAID エンクロージャを使用していない場合)、ボリューム サイズの上限は 64 TB になります。For example, the volume size limit is 64 TB if you're using the Previous Versions feature or a backup app that makes use of Volume Shadow Copy Service (VSS) snapshots (and you're not using a SAN or RAID enclosure). ただし、ワークロードとストレージのパフォーマンスによっては、より小さいボリューム サイズの使用が必要になる場合があります。However, you might need to use smaller volume sizes depending on your workload and the performance of your storage.

大きなファイルのフォーマットの要件Formatting requirements for large files

大きな .vhdx ファイルを適切に拡張できるようにするには、ボリュームのフォーマットについて新しい推奨事項があります。To allow proper extension of large .vhdx files, there are new recommendations for formatting volumes. データ重複除去で使用するボリュームをフォーマットするとき、または 1 TB を超える .vhdx ファイルなどの非常に大きなファイルをホストする場合は、Windows PowerShell で次のパラメーターを指定して Format-Volume コマンドレットを使用します。When formatting volumes that will be used with Data Deduplication or will host very large files, such as .vhdx files larger than 1 TB, use the Format-Volume cmdlet in Windows PowerShell with the following parameters.

パラメーターParameter 説明Description
-AllocationUnitSize 64KB-AllocationUnitSize 64KB 64 KB の NTFS アロケーション ユニット サイズを設定します。Sets a 64 KB NTFS allocation unit size.
-UseLargeFRS-UseLargeFRS 大きなファイル レコード セグメント (FRS) のサポートを有効にします。Enables support for large file record segments (FRS). これは、ボリューム上のファイルごとに許可されるエクステントの数を増やすために必要です。This is needed to increase the number of extents allowed per file on the volume. 大きな FRS レコードの場合、上限は約 150 万エクステントから約 600 万エクステントに増えます。For large FRS records, the limit increases from about 1.5 million extents to about 6 million extents.

たとえば、次のコマンドレットを実行すると、FRS が有効でアロケーション ユニット サイズが 64 KB の NTFS ボリュームとしてドライブ D がフォーマットされます。For example, the following cmdlet formats drive D as an NTFS volume, with FRS enabled and an allocation unit size of 64 KB.

Format-Volume -DriveLetter D -FileSystem NTFS -AllocationUnitSize 64KB -UseLargeFRS

また、format コマンドを使用することもできます。You also can use the format command. システムのコマンド プロンプトで、次のコマンドを入力します。 /L を指定すると大きな FRS ボリュームがフォーマットされ、 /A:64k を指定すると 64 KB のアロケーション ユニット サイズが設定されます。At a system command prompt, enter the following command, where /L formats a large FRS volume and /A:64k sets a 64 KB allocation unit size:

format /L /A:64k

ファイル名とパスの最大値Maximum file name and path

NTFS では、長いファイル名と拡張パスがサポートされており、最大値は次のとおりです。NTFS supports long file names and extended-length paths, with the following maximum values:

  • 下位互換性のある長いファイル名のサポート: NTFS では、長いファイル名を使用し、ディスク上に (Unicode で) 8.3 エイリアスを格納できるので、ファイル名と拡張子に 8.3 の制限を課すファイル システムとの互換性を確保することができます。Support for long file names, with backward compatibility—NTFS allows long file names, storing an 8.3 alias on disk (in Unicode) to provide compatibility with file systems that impose an 8.3 limit on file names and extensions. (パフォーマンス上の理由から) 必要に応じて、Windows Server 2008 R2、Windows 8、およびより新しいバージョンの Windows オペレーティング システムの個々の NTFS ボリューム上で 8.3 エイリアスを選択的に無効にすることができます。If needed (for performance reasons), you can selectively disable 8.3 aliasing on individual NTFS volumes in Windows Server 2008 R2, Windows 8, and more recent versions of the Windows operating system. Windows Server 2008 R2 以降のシステムでは、オペレーティング システムを使用してボリュームをフォーマットすると、既定で短縮名は無効になります。In Windows Server 2008 R2 and later systems, short names are disabled by default when a volume is formatted using the operating system. アプリケーションの互換性のために、短い名前はシステム ボリューム上で引き続き有効です。For application compatibility, short names still are enabled on the system volume.

  • 拡張パスのサポート: 多くの Windows API 関数には、MAX_PATH 設定で定義された 260 文字のパスの上限を超える約 32,767 文字の拡張パスを許可する Unicode バージョンがあります。Support for extended-length paths—Many Windows API functions have Unicode versions that allow an extended-length path of approximately 32,767 characters—beyond the 260-character path limit defined by the MAX_PATH setting. ファイル名とパス形式の詳細な要件と、拡張パスを実装するためのガイダンスについては、「ファイル、パス、および名前空間の名前付け」を参照してください。For detailed file name and path format requirements, and guidance for implementing extended-length paths, see Naming Files, Paths, and Namespaces.

  • クラスター化されたストレージ: フェールオーバー クラスターで使用する場合、NTFS では、クラスター共有ボリューム (CSV) ファイル システムと組み合わせて使用すると、複数のクラスター ノードから同時にアクセスできる継続的に使用可能なボリュームがサポートされます。Clustered storage—When used in failover clusters, NTFS supports continuously available volumes that can be accessed by multiple cluster nodes simultaneously when used in conjunction with the Cluster Shared Volumes (CSV) file system. 詳細については、「フェールオーバー クラスターでクラスターの共有ボリュームを使用する」を参照してください。For more information, see Use Cluster Shared Volumes in a Failover Cluster.

容量の柔軟な割り当てFlexible allocation of capacity

ボリュームの領域が限られている場合、NTFS にはサーバーのストレージ容量を操作できる次の方法が用意されています。If the space on a volume is limited, NTFS provides the following ways to work with the storage capacity of a server:

  • ディスク クォータを使用して、個々のユーザーの NTFS ボリューム上のディスク領域の使用状況を追跡および制御します。Use disk quotas to track and control disk space usage on NTFS volumes for individual users.
  • ファイル システムの圧縮を使用して、格納できるデータの量を最大化します。Use file system compression to maximize the amount of data that can be stored.
  • 同じディスクまたは別のディスクから未割り当て領域を追加して、NTFS ボリュームのサイズを増やします。Increase the size of an NTFS volume by adding unallocated space from the same disk or from a different disk.
  • ドライブ文字が不足している場合、または既存のフォルダーからアクセスできる追加の領域を作成する必要がある場合は、ローカル NTFS ボリューム上の空のフォルダーにボリュームをマウントします。Mount a volume at any empty folder on a local NTFS volume if you run out of drive letters or need to create additional space that is accessible from an existing folder.

追加情報Additional information