ネットワーク ファイル システムの概要

適用対象: Windows Server 2022、Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012

このトピックでは、Windows Server のファイルおよび記憶域サービス サーバー ロールに含まれるネットワーク ファイル システムの役割サービスと機能について説明します。 ネットワーク ファイル システム (NFS) を使用すると、Windows コンピューターと Windows 以外のコンピューターの両方を含む環境でもファイル共有ソリューションを利用できます。

機能の説明

NFS プロトコルを使用すると、Windows を実行しているコンピューターと、Linux や UNIX などの他の非 Windows オペレーティング システムの間でファイルを転送できます。

Windows サーバーの NFS には、NFS サーバーと NFS クライアントが含まれています。 Windows Server を実行しているコンピューターは、NFS サーバーを使用して、他の非 Windows クライアント コンピューターの NFS ファイル サーバーとして機能できます。 NFS クライアントを使用すると、Windows Server を実行している Windows ベースのコンピューターで、非 Windows の NFS サーバーに格納されているファイルにアクセスできます。

Windows と Windows Server のバージョン

Windows では、オペレーティング システムのバージョンとファミリに応じて、複数のバージョンの NFS クライアントおよびサーバーがサポートされます。

オペレーティング システム NFS サーバーのバージョン NFS クライアントのバージョン
Windows 7、Windows 8.1、Windows 10 該当なし NFSv2、NFSv3
Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2 NFSv2、NFSv3 NFSv2、NFSv3
Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2016、Windows Server 2019 NFSv2、NFSv3、NFSv 4.1 NFSv2、NFSv3

実際の適用例

NFS を使用するいくつかの方法を次に示します。

  • Windows NFS ファイル サーバーを使用して、マルチプラットフォーム クライアントから SMB および NFS プロトコルの両方で同じファイル共有に複数のプロトコルでアクセスできるようにします。
  • 非 Windows オペレーティング システム環境で Windows NFS ファイル サーバーを展開し、非 Windows クライアント コンピューターに NFS ファイル共有へのアクセスを提供します。
  • SMB および NFS プロトコルの両方を介してアクセス可能なファイル共有にデータを格納することによって、あるオペレーティング システムから別のものにアプリケーションを移行します。

新機能と変更された機能

ネットワーク ファイル システムの新しいおよび変更された機能には、NFS バージョン 4.1 のサポートと、展開と管理の強化が含まれています。 Windows Server 2012 の新しいまたは変更された機能の詳細については、次の表を参照してください。

機能 新規/更新 説明
NFS バージョン 4.1 新規 NFS バージョン 3 と比較して、セキュリティ、パフォーマンス、および相互運用性が向上しました。
NFS インフラストラクチャ 更新済み 展開と管理機能を向上させ、セキュリティを強化します。
NFS バージョン 3 の継続的可用性 更新済み NFS バージョン 3 クライアントの継続的な可用性を向上させます。
展開と管理機能の向上 更新済み 新しい Windows PowerShell コマンドレットと新しい WMI プロバイダーを使用して NFS を簡単に展開および管理できます。

NFS バージョン 4.1

NFS バージョン 4.1 では、次のように RFC 5661 のいくつかのオプションの側面に加えて、必要なすべての側面が実装されています。

  • 疑似ファイル システムは、物理および論理名前空間を分離し、NFS version 3 および NFS バージョン 2 と互換性があるファイルシステムです。 エクスポートされたファイル システムには、疑似ファイル システムの一部であるエイリアスが用意されています。
  • 複合 RPC は、関連する操作を結合し、頻繁な通信を減らします。
  • セッションとセッションのトランキングによって、1 つのセマンティックのみが有効になり、NFS 4.1 クライアントと NFS サーバー間で複数のネットワークを利用しながら、継続的な可用性とパフォーマンスが向上します。

NFS インフラストラクチャ

Windows Server 2012 における NFS インフラストラクチャ全体の機能強化について以下に詳しく説明します。

  • WinSock ネットワーク プロトコルによって提供されるリモート プロシージャ コール (RPC)/外部データ表現 (XDR) トランスポート インフラストラクチャは、NFS サーバーと NFS クライアントの両方で使用できます。 これはトランスポート デバイス インターフェイス (TDI) に代わるものであり、より優れたサポートを提供し、より優れたスケーラビリティと Receive Side Scaling (RSS) を提供します。
  • RPC ポート マルチプレクサーの機能は、ファイアウォールを使いやすく (管理するポートが少ない)、NFS の展開を簡略化します。
  • 自動調整されたキャッシュとスレッド プールは、動的な新しい RPC/XDR インフラストラクチャのリソース管理機能であり、ワークロードに基づいてキャッシュとスレッドプールが自動的に調整されます。 これにより、パラメーターをチューニングするときの当て推量が完全に排除され、NFS が展開されるとすぐに最適なパフォーマンスが得られます。
  • Kerberos プライバシー (Krb5p) のサポートと既存の krb5 および krb5i 認証オプションの追加による新しい Kerberos プライバシーの実装と認証オプション
  • ID マッピング Windows PowerShell モジュールコマンドレットを使用すると、ID マッピングの管理、Active Directory ライトウェイト ディレクトリ サービス (AD LDS) の構成、UNIX および Linux のパスワードとフラット ファイルの設定が簡単になります。
  • ボリューム マウント ポイントを使用すると、NFS 共有の下にマウントされている、NFS バージョン 4.1 のボリュームにアクセスできます。
  • ポートの多重化機能では、ファイアウォールを使いやすく、NFS の展開を簡素化する RPC ポート マルチプレクサー (ポート 2049) がサポートされています。

NFS バージョン 3 の継続的可用性

NFS version 3 クライアントでは、可用性とダウンタイムの短縮により、高速で透過的な計画フェールオーバーを行うことができます。 NFS バージョン 3 クライアントでは、次の理由からフェールオーバー プロセスが高速です。

  • クラスタリング インフラストラクチャでは、共有ごとに 1 つのリソースではなく、ネットワーク名ごとに 1 つのリソースが許可されるようになり、リソースのフェールオーバー時間が大幅に短縮されました。
  • NFS サーバー内のフェールオーバー パスは、パフォーマンス向上のためにチューニングされています。
  • NFS サーバーでのワイルドカード登録は必要なくなり、フェールオーバーはより細かく調整されます。
  • ネットワーク ステータス モニター (NSM) の通知は、フェールオーバー プロセスの後に送信され、クライアントがフェールオーバーされたサーバーに再接続する際 TCP タイムアウトを待つ必要がなくなります。

NFS サーバーは、通常は計画的なメンテナンスの間に、手動で開始する場合にのみ、透過フェールオーバーをサポートすることにご注意ください。 計画外のフェールオーバーが発生した場合、NFS クライアントの接続が失われます。 また、NFS サーバーは、再開キー フィルターとも統合されていません。 つまり、NFS クライアントがアクセスしているファイルと同じファイルに、計画的なフェールオーバーの直後にローカル アプリまたは SMB セッションがアクセスしようとすると、NFS クライアントの接続が失われる可能性があります (透過フェールオーバーは失敗します)。

展開と管理機能の向上

NFS の展開と管理は、次の点で改善されています。

  • 40 を超える新しい Windows PowerShell コマンドレットを使用すると、NFS ファイル共有の構成と管理が簡単になります。 詳細については、Windows PowerShell の NFS コマンドレットに関するページを参照してください。
  • ID マッピングは、ローカルのフラット ファイル マッピング ストアと、ID マッピングを構成するための新しい Windows PowerShell コマンドレットによって改善されています。
  • サーバー マネージャーのグラフィカル ユーザー インターフェイスは使いやすくなっています。
  • 新しい WMI バージョン 2 プロバイダーは、管理を容易にするために使用できます。
  • RPC ポート マルチプレクサー (ポート 2049) は、ファイアウォールを使いやすくし、NFS の展開を簡略化します。

サーバー マネージャー情報

サーバー マネージャーまたは新しい Windows Admin Center では、役割および機能の追加ウィザードを使用して、NFS サーバー役割サービス (ファイルと iSCSI サービスの役割の下) を追加します。 機能のインストールに関する全般的な情報については、「 役割、役割サービス、または機能のインストールまたはアンインストール」を参照してください。 NFS サーバー ツールには、NFS サーバーと NFS クライアントコンポーネントを管理するための、ネットワーク ファイル システム MMC スナップイン用のサービスが含まれています。 スナップインを使用すると、コンピューターにインストールされている NFS サーバー コンポーネントを管理できます。 NFS サーバーには、次のいくつかの Windows コマンドライン管理ツールも含まれています。

  • Mount では、リモート NFS 共有 (エクスポートとも呼ばれます) がローカルにマウントされ、Windows クライアント コンピューター上のローカル ドライブ文字にマップされます。
  • Nfsadmin では、NFS サーバーと NFS クライアント コンポーネントの構成設定が管理されます。
  • Nfsshare では、NFS サーバーを使用して共有されるフォルダーに対して NFS 共有の設定が構成されます。
  • Nfsstat では、NFS サーバーによって受信された呼び出しの統計が表示またはリセットされます。
  • Showmount では、NFS サーバーによってエクスポートされたマウント済みのファイル システムが表示されます。
  • Umount では、マウントされた NFS ドライブが削除されます。

Windows Server 2012 の NFS では、NFS 用の Windows PowerShell NFS モジュールが導入されています。これには、NFS 専用の新しいコマンドレットがいくつかあります。 これらのコマンドレットを使うと、NFS の管理タスクを簡単に自動化できます。 詳細については、Windows PowerShell の NFS コマンドレットに関するページを参照してください。

関連情報

次の表は、NFS を評価するための関連リソースを示しています。

コンテンツ タイプ 参考資料
デプロイ ネットワーク ファイル システムの展開
Operations Windows PowerShell の NFS コマンドレット
関連テクノロジ Windows Server の記憶域