Windows Admin Center

適用先:Windows Admin Center、Windows Admin Center プレビュー

Windows Admin Center へようこそ。

Windows Admin Center (コードネームプロジェクト ホノルル) Windows Server 付属の管理ツールの進化版ですが 1 つのローカルとリモート サーバー管理のすべての側面に統合するガラスのウィンドウ。 ローカルに展開されたブラウザー ベースの管理エクスペリエンスのため、インターネット接続や Azure は必要ありません。 Windows Admin Center では、インターネットに接続されていないプライベート ネットワークを含む、展開のあらゆる側面を完全に管理できます。

概要

Windows Admin Center インフォグラフィック

PDF をダウンロードします。

クイック スタート

環境内で Windows Admin Center を数分で稼働できます。

  1. ダウンロード
  2. インストール
  3. 開始するには

内容の概要

概要

プラン

配置

[構成]

使用

拡張

リリース履歴

次の最新の機能について確認してください。

  • バージョン 1902 Acl、ゲートウェイの接続、および論理ネットワークを管理する新しい SDN ツールなど、ソフトウェア定義ネットワーク (SDN) の管理に機能強化 (&)、共有接続の一覧を追加します。
  • バージョン 1812 では、濃色テーマ (プレビュー版)、電源構成の設定、BMC 情報、PowerShell による拡張機能接続の管理のサポートが追加されました。
  • バージョン 1809.5 は GA の累積的な更新プログラムで、プラットフォーム全体にわたるさまざまな品質向上、機能強化、バグ修正と、ハイパーコンバージド インフラストラクチャの管理ソリューションに関するいくつかの新機能を含んでいます。
  • バージョン 1809 は、以前にプレビュー版として提供されていた機能を GA チャネルに公開する GA リリースでした。
  • バージョン 1808 では、"インストールされているアプリ" ツールが追加されたほか、多数の内部改良や、プレビュー SDK に対する大幅な更新が行われました。
  • バージョン 1807 では、合理化された Azure 接続エクスペリエンスが追加されたほか、VM インベントリ ページ、ファイル共有機能、Azure 更新の管理の統合などが強化されました。
  • バージョン 1806 では、PowerShell スクリプトの表示、SDN 管理、2008 R2 接続、SDN、スケジュールされたタスクが追加され、その他の多くの機能強化が行われました。
  • バージョン 1804.25 - ユーザーが Windows Admin Center を完全にオフラインの環境でインストールすることをサポートするためのメンテナンス更新。
  • バージョン 1804 - Project Honolulu は Windows Admin Center になり、セキュリティ機能と役割ベースのアクセス制御が追加されました。 最初の GA リリースです。
  • バージョン 1803 では、Azure AD アクセス制御、詳細なログ記録、サイズ変更できるコンテンツのサポートが追加され、多数のツールの機能が強化されました。
  • バージョン 1802 では、アクセシビリティ、ローカライズ、高可用性展開、タグ付け、Hyper-V ホストの設定、ゲートウェイ認証のサポートが追加されました。
  • バージョン 1712 では、仮想マシンの機能がさらに追加され、ツール全体のパフォーマンスが向上しました。
  • バージョン 1711 では、要望が多かったツール (リモート デスクトップと PowerShell) が追加され、その他の機能が強化されました。
  • バージョン 1709 は、最初のパブリック プレビュー リリースとして発売されました。

最新情報に更新

| Follow us on Blogs