記憶域スペース ダイレクトの展開Deploy Storage Spaces Direct

適用対象:Windows Server 2019、Windows Server 2016Applies to: Windows Server 2019, Windows Server 2016

このトピックでは、記憶域スペースダイレクトを展開する手順について説明します。This topic provides step-by-step instructions to deploy Storage Spaces Direct.

ヒント

ハイパー集約型インフラストラクチャの取得を検討していますか?Looking to acquire Hyper-Converged Infrastructure? Microsoft では、展開ツールと手順を含む、検証済みのハードウェア/ソフトウェアソリューションをパートナーから購入することをお勧めします。Microsoft recommends purchasing a validated hardware/software solution from our partners, which include deployment tools and procedures. これらのソリューションは、互換性と信頼性を確保するために、参照アーキテクチャに対して設計、組み立て、検証を行い、迅速に稼働させることができます。These solutions are designed, assembled, and validated against our reference architecture to ensure compatibility and reliability, so you get up and running quickly. Windows Server 2019 ソリューションについては、 AZURE STACK HCI solutions の web サイトを参照してください。For Windows Server 2019 solutions, visit the Azure Stack HCI solutions website. Windows Server 2016 ソリューションの詳細については、「 Windows Server Software Defined」を参照してください。For Windows Server 2016 solutions, learn more at Windows Server Software-Defined.

ヒント

Microsoft Azure に含まれる Hyper-v 仮想マシンを使用して、ハードウェアなしで記憶域スペースダイレクトを評価することができます。You can use Hyper-V virtual machines, including in Microsoft Azure, to evaluate Storage Spaces Direct without hardware. また、トレーニング目的で使用するWindows Server の迅速なラボデプロイスクリプトを確認することもできます。You may also want to review the handy Windows Server rapid lab deployment scripts, which we use for training purposes.

開始前の準備Before you start

記憶域スペースダイレクトのハードウェア要件を確認し、このドキュメントを読み、いくつかの手順に関連する全体的なアプローチと重要な注意事項について理解してください。Review the Storage Spaces Direct hardware requirements and skim this document to familiarize yourself with the overall approach and important notes associated with some steps.

次の情報を収集します。Gather the following information:

  • 配置オプション。Deployment option. 記憶域スペースダイレクトでは、ハイパー収束と収束の2つのデプロイオプションがサポートされています。Storage Spaces Direct supports two deployment options: hyper-converged and converged, also known as disaggregated. それぞれの利点を理解して、どちらが適切かを判断してください。Familiarize yourself with the advantages of each to decide which is right for you. 次の手順1-3 は、両方の展開オプションに適用されます。Steps 1-3 below apply to both deployment options. 手順4は、収束デプロイの場合にのみ必要です。Step 4 is only needed for converged deployment.

  • サーバー名。Server names. コンピューター、ファイル、パス、およびその他のリソースに関する組織の名前付けポリシーについて理解を深めます。Get familiar with your organization's naming policies for computers, files, paths, and other resources. 複数のサーバーをプロビジョニングする必要があり、それぞれに一意の名前を付けます。You'll need to provision several servers, each with unique names.

  • ドメイン名。Domain name. ドメイン名とドメイン参加に関する組織のポリシーについて理解を深めます。Get familiar with your organization's policies for domain naming and domain joining. サーバーをドメインに参加させるため、ドメイン名を指定する必要があります。You'll be joining the servers to your domain, and you'll need to specify the domain name.

  • RDMA ネットワーク。RDMA networking. RDMA プロトコルには、iWarp と RoCE の2種類があります。There are two types of RDMA protocols: iWarp and RoCE. ネットワークアダプターで使用されているものを確認し、RoCE の場合はバージョン (v1 または v2) にも注意してください。Note which one your network adapters use, and if RoCE, also note the version (v1 or v2). RoCE の場合は、ラックの最上位スイッチのモデルにも注意してください。For RoCE, also note the model of your top-of-rack switch.

  • VLAN ID。VLAN ID. サーバー上の管理 OS ネットワークアダプターに使用される VLAN ID をメモしておきます (存在する場合)。Note the VLAN ID to be used for management OS network adapters on the servers, if any. この情報はネットワーク管理者から入手できるはずです。You should be able to obtain this from your network administrator.

手順 1:Windows Server の展開Step 1: Deploy Windows Server

手順 1.1:オペレーティング システムをインストールするStep 1.1: Install the operating system

最初の手順では、クラスター内のすべてのサーバーに Windows Server をインストールします。The first step is to install Windows Server on every server that will be in the cluster. 記憶域スペースダイレクトには、Windows Server 2016 Datacenter Edition が必要です。Storage Spaces Direct requires Windows Server 2016 Datacenter Edition. Server Core インストールオプションまたはデスクトップエクスペリエンス搭載サーバーを使用できます。You can use the Server Core installation option, or Server with Desktop Experience.

セットアップウィザードを使用して Windows Server をインストールする場合、 Windows server (server Core を参照) とWindows Server (デスクトップエクスペリエンス搭載サーバー) のどちらかを選択できます。これはフルインストールオプションに相当します。Windows Server 2012 R2 で使用できます。When you install Windows Server using the Setup wizard, you can choose between Windows Server (referring to Server Core) and Windows Server (Server with Desktop Experience), which is the equivalent of the Full installation option available in Windows Server 2012 R2. 選択しない場合は、Server Core インストールオプションが表示されます。If you don't choose, you'll get the Server Core installation option. 詳細については、「 Windows Server 2016 のインストールオプション」を参照してください。For more information, see Installation Options for Windows Server 2016.

手順 1.2:サーバーへの接続Step 1.2: Connect to the servers

このガイドでは、Server Core インストールオプションに焦点を当て、別の管理システムからリモートでを展開/管理します。これには次のものが必要です。This guide focuses the Server Core installation option and deploying/managing remotely from a separate management system, which must have:

  • 管理しているサーバーと同じ更新プログラムを含む Windows Server 2016Windows Server 2016 with the same updates as the servers it's managing
  • 管理しているサーバーへのネットワーク接続Network connectivity to the servers it's managing
  • 同じドメインまたは完全に信頼されたドメインに参加しているJoined to the same domain or a fully trusted domain
  • Hyper-V およびフェールオーバー クラスタリング用のリモート サーバー管理ツール (RSAT) と PowerShell モジュール。Remote Server Administration Tools (RSAT) and PowerShell modules for Hyper-V and Failover Clustering. RSAT ツールと PowerShell モジュールは Windows Server で使用でき、その他の機能をインストールしなくてもインストールできます。RSAT tools and PowerShell modules are available on Windows Server and can be installed without installing other features. Windows 10 管理 PC にリモートサーバー管理ツールをインストールすることもできます。You can also install the Remote Server Administration Tools on a Windows 10 management PC.

管理システムで、フェールオーバー クラスターと Hyper-V 管理ツールをインストールします。On the Management system install the Failover Cluster and Hyper-V management tools. この操作は、サーバー マネージャーで役割と機能の追加ウィザードを使用して行うことができます。This can be done through Server Manager using the Add Roles and Features wizard. [機能] ページで、 [リモート サーバー管理ツール] を選択し、インストールするツールを選択します。On the Features page, select Remote Server Administration Tools, and then select the tools to install.

PS セッションを開始し、接続するノードのサーバー名または IP アドレスを使用します。Enter the PS session and use either the server name or the IP address of the node you want to connect to. このコマンドを実行した後でパスワードの入力を求められます。 Windows のセットアップ時に指定した管理者パスワードを入力してください。You'll be prompted for a password after you execute this command, enter the administrator password you specified when setting up Windows.

Enter-PSSession -ComputerName <myComputerName> -Credential LocalHost\Administrator

次に示すのは、スクリプトの方が便利な方法で同じことを行う例です。これを複数回実行する必要がある場合は、次のようになります。Here's an example of doing the same thing in a way that is more useful in scripts, in case you need to do this more than once:

$myServer1 = "myServer-1"
$user = "$myServer1\Administrator"

Enter-PSSession -ComputerName $myServer1 -Credential $user

ヒント

管理システムからリモートで展開している場合、 WinRM で要求を処理できないようなエラーが発生することがあります。If you're deploying remotely from a management system, you might get an error like WinRM cannot process the request. この問題を解決するには、Windows PowerShell を使用して、管理コンピューターの信頼されたホストの一覧に各サーバーを追加します。To fix this, use Windows PowerShell to add each server to the Trusted Hosts list on your management computer:

Set-Item WSMAN:\Localhost\Client\TrustedHosts -Value Server01 -Force

注: 信頼されたホストの一覧でServer*は、のようなワイルドカードがサポートされています。Note: the trusted hosts list supports wildcards, like Server*.

信頼されたホストの一覧をGet-Item WSMAN:\Localhost\Client\TrustedHosts表示するには、「」と入力します。To view your Trusted Hosts list, type Get-Item WSMAN:\Localhost\Client\TrustedHosts.

リストを空にするにClear-Item WSMAN:\Localhost\Client\TrustedHostは、「」と入力します。To empty the list, type Clear-Item WSMAN:\Localhost\Client\TrustedHost.

手順 1.3:ドメインに参加してドメインアカウントを追加するStep 1.3: Join the domain and add domain accounts

ここまでで、 <ComputerName>\Administratorローカル管理者アカウントを使用して個々のサーバーを構成しました。So far you've configured the individual servers with the local administrator account, <ComputerName>\Administrator.

記憶域スペースダイレクトを管理するには、サーバーをドメインに参加させ、すべてのサーバーの Administrators グループにある Active Directory Domain Services ドメインアカウントを使用する必要があります。To manage Storage Spaces Direct, you'll need to join the servers to a domain and use an Active Directory Domain Services domain account that is in the Administrators group on every server.

管理システムから、管理者特権で PowerShell コンソールを開きます。From the management system, open a PowerShell console with Administrator privileges. Enter-PSSession使用して各サーバーに接続し、次のコマンドレットを実行します。実際のコンピューター名、ドメイン名、およびドメイン資格情報に置き換えてください。Use Enter-PSSession to connect to each server and run the following cmdlet, substituting your own computer name, domain name, and domain credentials:

Add-Computer -NewName "Server01" -DomainName "contoso.com" -Credential "CONTOSO\User" -Restart -Force  

ストレージ管理者アカウントが Domain Admins グループのメンバーでない場合は、各ノードのローカルの Administrators グループにストレージ管理者アカウントを追加します。または、さらに詳細には、記憶域管理者に使用するグループを追加します。If your storage administrator account isn't a member of the Domain Admins group, add your storage administrator account to the local Administrators group on each node - or better yet, add the group you use for storage administrators. 次のコマンドを使用できます (または Windows PowerShell 関数を記述して、詳細については、「 powershell を使用してドメインユーザーをローカルグループに追加する」を参照してください)。You can use the following command (or write a Windows PowerShell function to do so - see Use PowerShell to Add Domain Users to a Local Group for more info):

Net localgroup Administrators <Domain\Account> /add

手順 1.4:役割と機能のインストールStep 1.4: Install roles and features

次の手順では、すべてのサーバーにサーバーの役割をインストールします。The next step is to install server roles on every server. これを行うには、 Windows 管理センターサーバーマネージャー)、または PowerShell を使用します。You can do this by using Windows Admin Center, Server Manager), or PowerShell. インストールするロールを次に示します。Here are the roles to install:

  • フェールオーバー クラスタリングFailover Clustering
  • Hyper-VHyper-V
  • ファイルサーバー (収束展開の場合など、任意のファイル共有をホストする場合)File Server (if you want to host any file shares, such as for a converged deployment)
  • データ センター ブリッジング (iWARP ネットワーク アダプターではなく、RoCEv2 を使用している場合)Data-Center-Bridging (if you're using RoCEv2 instead of iWARP network adapters)
  • RSAT クラスタ リング PowerShellRSAT-Clustering-PowerShell
  • Hyper-V の PowerShellHyper-V-PowerShell

PowerShell を使用してインストールするには、 install-add-windowsfeatureコマンドレットを使用します。To install via PowerShell, use the Install-WindowsFeature cmdlet. これは、次のように1つのサーバーで使用できます。You can use it on a single server like this:

Install-WindowsFeature -Name "Hyper-V", "Failover-Clustering", "Data-Center-Bridging", "RSAT-Clustering-PowerShell", "Hyper-V-PowerShell", "FS-FileServer"

クラスター内のすべてのサーバーでこのコマンドを同時に実行するには、このスクリプトを使用して、スクリプトの先頭にある変数の一覧を環境に合わせて変更します。To run the command on all servers in the cluster as the same time, use this little bit of script, modifying the list of variables at the beginning of the script to fit your environment.

# Fill in these variables with your values
$ServerList = "Server01", "Server02", "Server03", "Server04"
$FeatureList = "Hyper-V", "Failover-Clustering", "Data-Center-Bridging", "RSAT-Clustering-PowerShell", "Hyper-V-PowerShell", "FS-FileServer"

# This part runs the Install-WindowsFeature cmdlet on all servers in $ServerList, passing the list of features into the scriptblock with the "Using" scope modifier so you don't have to hard-code them here.
Invoke-Command ($ServerList) {
    Install-WindowsFeature -Name $Using:Featurelist
}

手順 2:ネットワークの構成Step 2: Configure the network

仮想マシン内に記憶域スペースダイレクトを展開している場合は、このセクションをスキップします。If you're deploying Storage Spaces Direct inside virtual machines, skip this section.

記憶域スペースダイレクトには、クラスター内のサーバー間に高帯域幅の低待機時間のネットワークが必要です。Storage Spaces Direct requires high-bandwidth, low-latency networking between servers in the cluster. 少なくとも 10 GbE ネットワークが必要で、リモートダイレクトメモリアクセス (RDMA) が推奨されます。At least 10 GbE networking is required and remote direct memory access (RDMA) is recommended. IWARP または RoCE は、Windows Server 2016 ロゴがある限り使用できますが、iWARP は通常、セットアップが簡単です。You can use either iWARP or RoCE as long as it has the Windows Server 2016 logo, but iWARP is usually easier to set up.

重要

ネットワーク機器や、特に RoCE v2 によっては、ラックの最上位スイッチの構成が必要になる場合があります。Depending on your networking equipment, and especially with RoCE v2, some configuration of the top-of-rack switch may be required. 記憶域スペースダイレクトの信頼性とパフォーマンスを確保するには、正しいスイッチ構成が重要です。Correct switch configuration is important to ensure reliability and performance of Storage Spaces Direct.

Windows Server 2016 では、Hyper-v 仮想スイッチ内にスイッチ埋め込みのチーミング (SET) が導入されています。Windows Server 2016 introduces switch-embedded teaming (SET) within the Hyper-V virtual switch. これにより、RDMA を使用しているときに、すべてのネットワークトラフィックに同じ物理 NIC ポートを使用して、必要な物理 NIC ポートの数を減らすことができます。This allows the same physical NIC ports to be used for all network traffic while using RDMA, reducing the number of physical NIC ports required. 記憶域スペースダイレクトには、スイッチ埋め込みチーミングを使用することをお勧めします。Switch-embedded teaming is recommended for Storage Spaces Direct.

スイッチまたは switchless ノードの相互接続Switched or switchless node interconnects

  • 相手ネットワークスイッチは、帯域幅とネットワークの種類を処理するように適切に構成されている必要があります。Switched: Network switches must be properly configured to handle the bandwidth and networking type. RoCE プロトコルを実装する RDMA を使用している場合は、ネットワークデバイスとスイッチの構成がさらに重要になります。If using RDMA that implements the RoCE protocol, network device and switch configuration is even more important.
  • Switchless:スイッチの使用を避けるために、直接接続を使用してノードを相互接続することができます。Switchless: Nodes can be interconnected using direct connections, avoiding using a switch. すべてのノードがクラスターの他のすべてのノードと直接接続している必要があります。It is required that every node have a direct connection with every other node of the cluster.

記憶域スペースダイレクトのネットワークをセットアップする手順については、「 Windows Server 2016 の収束 NIC およびゲスト RDMA 展開ガイド」を参照してください。For instructions to set up networking for Storage Spaces Direct, see Windows Server 2016 Converged NIC and Guest RDMA Deployment Guide.

手順 3:記憶域スペース ダイレクトの構成Step 3: Configure Storage Spaces Direct

次の手順は、構成されるサーバーと同じバージョンの管理システムで実行します。The following steps are done on a management system that is the same version as the servers being configured. 次の手順は、PowerShell セッションを使用してリモートで実行するのではなく、管理システムのローカル PowerShell セッションで実行し、管理者権限で実行する必要があります。The following steps should NOT be run remotely using a PowerShell session, but instead run in a local PowerShell session on the management system, with administrative permissions.

手順 3.1:ドライブのクリーニングStep 3.1: Clean drives

記憶域スペースダイレクトを有効にする前に、ドライブが空であることを確認してください。古いパーティションやその他のデータは含まれません。Before you enable Storage Spaces Direct, ensure your drives are empty: no old partitions or other data. コンピューター名を置き換えて、次のスクリプトを実行して、古いパーティションやその他のデータをすべて削除します。Run the following script, substituting your computer names, to remove all any old partitions or other data.

警告

このスクリプトは、オペレーティングシステムのブートドライブ以外のすべてのドライブのデータを完全に削除します。This script will permanently remove any data on any drives other than the operating system boot drive!

# Fill in these variables with your values
$ServerList = "Server01", "Server02", "Server03", "Server04"

Invoke-Command ($ServerList) {
    Update-StorageProviderCache
    Get-StoragePool | ? IsPrimordial -eq $false | Set-StoragePool -IsReadOnly:$false -ErrorAction SilentlyContinue
    Get-StoragePool | ? IsPrimordial -eq $false | Get-VirtualDisk | Remove-VirtualDisk -Confirm:$false -ErrorAction SilentlyContinue
    Get-StoragePool | ? IsPrimordial -eq $false | Remove-StoragePool -Confirm:$false -ErrorAction SilentlyContinue
    Get-PhysicalDisk | Reset-PhysicalDisk -ErrorAction SilentlyContinue
    Get-Disk | ? Number -ne $null | ? IsBoot -ne $true | ? IsSystem -ne $true | ? PartitionStyle -ne RAW | % {
        $_ | Set-Disk -isoffline:$false
        $_ | Set-Disk -isreadonly:$false
        $_ | Clear-Disk -RemoveData -RemoveOEM -Confirm:$false
        $_ | Set-Disk -isreadonly:$true
        $_ | Set-Disk -isoffline:$true
    }
    Get-Disk | Where Number -Ne $Null | Where IsBoot -Ne $True | Where IsSystem -Ne $True | Where PartitionStyle -Eq RAW | Group -NoElement -Property FriendlyName
} | Sort -Property PsComputerName, Count

出力は次のようになります。ここで、 Countは各サーバーの各モデルのドライブ数です。The output will look like this, where Count is the number of drives of each model in each server:

Count Name                          PSComputerName
----- ----                          --------------
4     ATA SSDSC2BA800G4n            Server01
10    ATA ST4000NM0033              Server01
4     ATA SSDSC2BA800G4n            Server02
10    ATA ST4000NM0033              Server02
4     ATA SSDSC2BA800G4n            Server03
10    ATA ST4000NM0033              Server03
4     ATA SSDSC2BA800G4n            Server04
10    ATA ST4000NM0033              Server04

手順 3.2:クラスターを検証するStep 3.2: Validate the cluster

この手順では、クラスター検証ツールを実行して、記憶域スペースダイレクトを使用してクラスターを作成するようにサーバーノードが正しく構成されていることを確認します。In this step, you'll run the cluster validation tool to ensure that the server nodes are configured correctly to create a cluster using Storage Spaces Direct. クラスターが作成さTest-Clusterれる前にクラスターの検証 () を実行すると、フェールオーバークラスターとして正常に機能するために適切に構成されているかどうかを確認するテストが実行されます。When cluster validation (Test-Cluster) is run before the cluster is created, it runs the tests that verify that the configuration appears suitable to successfully function as a failover cluster. 次の例では、 -Includeパラメーターを使用して、特定のカテゴリのテストを指定しています。The example directly below uses the -Include parameter, and then the specific categories of tests are specified. これにより、記憶域スペース ダイレクトの特定のテストが確実に検証に含まれるようになります。This ensures that the Storage Spaces Direct specific tests are included in the validation.

記憶域スペース ダイレクト クラスターとして使用する一連のサーバーを検証するには、以下の PowerShell コマンドを使用します。Use the following PowerShell command to validate a set of servers for use as a Storage Spaces Direct cluster.

Test-Cluster –Node <MachineName1, MachineName2, MachineName3, MachineName4> –Include "Storage Spaces Direct", "Inventory", "Network", "System Configuration"

手順 3.3:クラスターを作成する。Step 3.3: Create the cluster

この手順では、次の PowerShell コマンドレットを使用して、前の手順でクラスター作成のために検証したノードを含むクラスターを作成します。In this step, you'll create a cluster with the nodes that you have validated for cluster creation in the preceding step using the following PowerShell cmdlet.

クラスターを作成すると、"クラスター化された役割の作成中に問題が発生したため、起動できない可能性があります" という警告が表示されます。When creating the cluster, you'll get a warning that states - "There were issues while creating the clustered role that may prevent it from starting. 詳細については、以下のレポート ファイルを参照してください" という警告が表示されます。For more information, view the report file below." この警告は無視してかまいません。You can safely ignore this warning. クラスター クォーラムで使用可能なディスクがないことが原因です。It's due to no disks being available for the cluster quorum. クラスターの作成後にファイル共有監視またはクラウド監視を構成することをお勧めします。Its recommended that a file share witness or cloud witness is configured after creating the cluster.

注意

サーバーで静的 IP アドレスを使用している場合は、以下のコマンドを変更して静的 IP アドレスを反映させます。その場合、以下のパラメーターを追加し、IP アドレスとして –StaticAddress <X.X.X.X> を指定します。If the servers are using static IP addresses, modify the following command to reflect the static IP address by adding the following parameter and specifying the IP address:–StaticAddress <X.X.X.X>. 次のコマンドでは、ClusterName プレースホルダーを、15 文字以内の固有の netbios 名に置き換える必要があります。In the following command the ClusterName placeholder should be replaced with a netbios name that is unique and 15 characters or less.

New-Cluster –Name <ClusterName> –Node <MachineName1,MachineName2,MachineName3,MachineName4> –NoStorage

クラスターが作成された後、クラスター名の DNS エントリがレプリケートされるまで時間がかかる場合があります。After the cluster is created, it can take time for DNS entry for the cluster name to be replicated. この時間は、環境と DNS レプリケーションの構成に依存します。The time is dependent on the environment and DNS replication configuration. クラスターの解決に成功しなかった場合、クラスター名の代わりに、クラスターのアクティブ メンバーであるノードのコンピューター名を使用すれば、たいていは成功します。If resolving the cluster isn't successful, in most cases you can be successful with using the machine name of a node that is an active member of the cluster may be used instead of the cluster name.

手順 3.4:クラスター監視の構成Step 3.4: Configure a cluster witness

クラスターのミラーリング監視サーバーを構成することをお勧めします。これにより、3台以上のサーバーを持つクラスターは、2台のサーバーで障害が発生したり、オフラインになったりする可能性があります。We recommend that you configure a witness for the cluster, so clusters with three or more servers can withstand two servers failing or being offline. 2サーバー配置にはクラスター監視が必要です。それ以外の場合は、オフラインになっているサーバーによって、もう一方も使用できなくなります。A two-server deployment requires a cluster witness, otherwise either server going offline causes the other to become unavailable as well. これらのシステムでは、監視としてファイル共有を使用することも、クラウド監視を使用することもできます。With these systems, you can use a file share as a witness, or use cloud witness.

詳細については、以下のトピックを参照してください。For more info, see the following topics:

手順 3.5:記憶域スペース ダイレクトを有効にするStep 3.5: Enable Storage Spaces Direct

クラスターを作成したら、 Enable-ClusterStorageSpacesDirect PowerShell コマンドレットを使用します。これにより、ストレージシステムが記憶域スペースダイレクトモードになり、次の操作が自動的に実行されます。After creating the cluster, use the Enable-ClusterStorageSpacesDirect PowerShell cmdlet, which will put the storage system into the Storage Spaces Direct mode and do the following automatically:

  • プールを作成します。 "S2D on Cluster1" のような名前を持つ単一の大きなプールを作成します。Create a pool: Creates a single large pool that has a name like "S2D on Cluster1".

  • 記憶域スペースダイレクトキャッシュを構成します。 記憶域スペースダイレクト使用できるメディア (ドライブ) の種類が複数ある場合、キャッシュデバイスとして最速になります (ほとんどの場合、読み取りと書き込み)。Configures the Storage Spaces Direct caches: If there is more than one media (drive) type available for Storage Spaces Direct use, it enables the fastest as cache devices (read and write in most cases)

  • レベル既定のレベルとして2つの層を作成します。Tiers: Creates two tiers as default tiers. 1 つを "Capacity" と呼び、もう 1 つを "Performance" と呼びます。One is called "Capacity" and the other called "Performance". コマンドレットではデバイスを分析し、デバイスの種類と回復性を組み合わせて各階層を構成します。The cmdlet analyzes the devices and configures each tier with the mix of device types and resiliency.

管理システムから、管理者特権で開いた PowerShell コマンド ウィンドウで、次のコマンドを開始します。From the management system, in a PowerShell command windows opened with Administrator privileges, initiate the following command. クラスター名は、前の手順で作成したクラスターの名前です。The cluster name is the name of the cluster that you created in the previous steps. このコマンドをいずれかのノードのローカルで実行する場合、-CimSession パラメーターは必要ありません。If this command is run locally on one of the nodes, the -CimSession parameter is not necessary.

Enable-ClusterStorageSpacesDirect –CimSession <ClusterName>

上のコマンドを使用して記憶域スペース ダイレクトを有効にする場合、クラスター名の代わりにノード名を使用することもできます。To enable Storage Spaces Direct using the above command, you can also use the node name instead of the cluster name. 新しく作成したクラスター名では DNS レプリケーションの遅延が発生する可能性があるため、ノード名を使用するほうが信頼性が高くなる場合があります。Using the node name may be more reliable due to DNS replication delays that may occur with the newly created cluster name.

このコマンドが完了すると (完了するまで数分かかる場合があります)、システムはボリュームを作成できる状態になります。When this command is finished, which may take several minutes, the system will be ready for volumes to be created.

手順 3.6:ボリュームの作成Step 3.6: Create volumes

最速で簡単なNew-Volumeエクスペリエンスを提供するため、コマンドレットを使用することをお勧めします。We recommend using the New-Volume cmdlet as it provides the fastest and most straightforward experience. このコマンドレット 1 つだけで、仮想ディスクが作成されて、パーティション化およびフォーマットされ、一致する名前を持つボリュームが作成されて、クラスター共有ボリュームに追加されます。すべて 1 つの簡単な手順で行うことができます。This single cmdlet automatically creates the virtual disk, partitions and formats it, creates the volume with matching name, and adds it to cluster shared volumes – all in one easy step.

詳しくは、「記憶域スペース ダイレクトのボリュームの作成」をご覧ください。For more information, check out Creating volumes in Storage Spaces Direct.

手順 3.7:必要に応じて CSV キャッシュを有効にするStep 3.7: Optionally enable the CSV cache

必要に応じて、クラスターの共有ボリューム (CSV) キャッシュを有効にして、Windows キャッシュマネージャーによってまだキャッシュされていない読み取り操作のライトスルーブロックレベルキャッシュとして、システムメモリ (RAM) を使用することもできます。You can optionally enable the cluster shared volume (CSV) cache to use system memory (RAM) as a write-through block-level cache of read operations that aren't already cached by the Windows cache manager. これにより、Hyper-v などのアプリケーションのパフォーマンスが向上します。This can improve performance for applications such as Hyper-V. CSV キャッシュを使用すると、読み取り要求のパフォーマンスを向上させることができ、スケールアウトファイルサーバーのシナリオにも役立ちます。The CSV cache can boost the performance of read requests and is also useful for Scale-Out File Server scenarios.

CSV キャッシュを有効にすると、ハイパー収束クラスターで Vm を実行するために使用できるメモリの量が減ります。そのため、記憶域のパフォーマンスと Vhd で使用可能なメモリのバランスを取る必要があります。Enabling the CSV cache reduces the amount of memory available to run VMs on a hyper-converged cluster, so you'll have to balance storage performance with memory available to VHDs.

CSV キャッシュのサイズを設定するには、記憶域クラスターに対する管理者アクセス許可を持つアカウントを使用して、管理システムで PowerShell セッションを開き、次のスクリプト$ClusterName$CSVCacheSize使用して、変数と変数を適宜変更します (次の例では、サーバーごとに 2 GB の CSV キャッシュを設定します。To set the size of the CSV cache, open a PowerShell session on the management system with an account that has administrator permissions on the storage cluster, and then use this script, changing the $ClusterName and $CSVCacheSize variables as appropriate (this example sets a 2 GB CSV cache per server):

$ClusterName = "StorageSpacesDirect1"
$CSVCacheSize = 2048 #Size in MB

Write-Output "Setting the CSV cache..."
(Get-Cluster $ClusterName).BlockCacheSize = $CSVCacheSize

$CSVCurrentCacheSize = (Get-Cluster $ClusterName).BlockCacheSize
Write-Output "$ClusterName CSV cache size: $CSVCurrentCacheSize MB"

詳細については、「 CSV インメモリ読み取りキャッシュの使用」を参照してください。For more info, see Using the CSV in-memory read cache.

手順 3.8:ハイパー集約型展開用の仮想マシンの展開Step 3.8: Deploy virtual machines for hyper-converged deployments

ハイパー収束クラスターをデプロイする場合は、最後の手順として、記憶域スペースダイレクトクラスターに仮想マシンをプロビジョニングします。If you're deploying a hyper-converged cluster, the last step is to provision virtual machines on the Storage Spaces Direct cluster.

仮想マシンのファイルは、フェールオーバークラスター上のクラスター化された vm と\同様に\、systems CSV 名前空間 (例: c: clusterstorage Volume1) に保存する必要があります。The virtual machine's files should be stored on the systems CSV namespace (example: c:\ClusterStorage\Volume1) just like clustered VMs on failover clusters.

インボックスツールまたはその他のツールを使用して、System Center Virtual Machine Manager などのストレージと仮想マシンを管理できます。You can use in-box tools or other tools to manage the storage and virtual machines, such as System Center Virtual Machine Manager.

手順 4:集約型ソリューション用のスケールアウトファイルサーバーの展開Step 4: Deploy Scale-Out File Server for converged solutions

収束型ソリューションを配置する場合は、次の手順として、スケールアウトファイルサーバーインスタンスを作成し、いくつかのファイル共有を設定します。If you're deploying a converged solution, the next step is to create a Scale-Out File Server instance and setup some file shares. ハイパー収束クラスターをデプロイしている場合は、このセクションは必要ありません。If you're deploying a hyper-converged cluster - you're finished and don't need this section.

手順 4.1:スケールアウトファイルサーバーロールを作成するStep 4.1: Create the Scale-Out File Server role

ファイルサーバーのクラスターサービスを設定する次の手順では、クラスター化されたファイルサーバーの役割を作成します。これは、継続的に使用できるファイル共有がホストされているスケールアウトファイルサーバーインスタンスを作成するときに使用します。The next step in setting up the cluster services for your file server is creating the clustered file server role, which is when you create the Scale-Out File Server instance on which your continuously available file shares are hosted.

サーバーマネージャーを使用してスケールアウトファイルサーバーロールを作成するにはTo create a Scale-Out File Server role by using Server Manager

  1. フェールオーバークラスターマネージャーで、クラスターを選択し、 [役割] にアクセスして、 [役割の構成...] をクリックします。In Failover Cluster Manager, select the cluster, go to Roles, and then click Configure Role….
    高可用性ウィザードが表示されます。The High Availability Wizard appears.

  2. [役割の選択] ページで、 [ファイルサーバー] をクリックします。On the Select Role page, click File Server.

  3. [ファイルサーバーの種類] ページで、 [アプリケーションデータ用のスケールアウトファイルサーバー] をクリックします。On the File Server Type page, click Scale-Out File Server for application data.

  4. [クライアントアクセスポイント] ページで、スケールアウトファイルサーバーの名前を入力します。On the Client Access Point page, type a name for the Scale-Out File Server.

  5. 図1に示すように、ロールに移動し 、作成したクラスター化されたファイルサーバーロールの横に [状態] 列に [実行中] と表示されていることを確認して、役割が正常に設定されていることを確認します。Verify that the role was successfully set up by going to Roles and confirming that the Status column shows Running next to the clustered file server role you created, as shown in Figure 1.

    スケールアウトファイルサーバーを示すフェールオーバークラスターマネージャーのスクリーンショットScreenshot of Failover Cluster Manager showing the Scale-Out File Server

    図 1実行中の状態のスケールアウトファイルサーバーを示すフェールオーバークラスターマネージャーFigure 1 Failover Cluster Manager showing the Scale-Out File Server with the Running status

注意

クラスター化された役割を作成した後、数分間でファイル共有を作成できない可能性があるネットワークの伝達の遅延が発生する可能性があります。After creating the clustered role, there might be some network propagation delays that could prevent you from creating file shares on it for a few minutes, or potentially longer.

Windows PowerShell を使用してスケールアウトファイルサーバーの役割を作成するにはTo create a Scale-Out File Server role by using Windows PowerShell

ファイルサーバークラスターに接続されている Windows PowerShell セッションで、次のコマンドを入力してスケールアウトファイルサーバーの役割を作成し、クラスターの名前に合わせてFsclusterを変更し、 SOFSに指定する名前と一致するように設定します。スケールアウトファイルサーバーロール:In a Windows PowerShell session that's connected to the file server cluster, enter the following commands to create the Scale-Out File Server role, changing FSCLUSTER to match the name of your cluster, and SOFS to match the name you want to give the Scale-Out File Server role:

Add-ClusterScaleOutFileServerRole -Name SOFS -Cluster FSCLUSTER

注意

クラスター化された役割を作成した後、数分間でファイル共有を作成できない可能性があるネットワークの伝達の遅延が発生する可能性があります。After creating the clustered role, there might be some network propagation delays that could prevent you from creating file shares on it for a few minutes, or potentially longer. SOFS ロールが直ちに失敗して開始されない場合は、クラスターのコンピューターオブジェクトに SOFS ロールのコンピューターアカウントを作成するアクセス許可がないことが原因である可能性があります。If the SOFS role fails immediately and won't start, it might be because the cluster's computer object doesn't have permission to create a computer account for the SOFS role. 詳細については、次のブログ投稿を参照してください。スケールアウトファイルサーバーロールは、イベント id 1205、1069、および1194で開始できません。For help with that, see this blog post: Scale-Out File Server Role Fails To Start With Event IDs 1205, 1069, and 1194.

手順 4.2:ファイル共有の作成Step 4.2: Create file shares

仮想ディスクを作成して Csv に追加した後、仮想ディスクごとに1つの CSV につき1つのファイル共有を作成します。After you've created your virtual disks and added them to CSVs, it's time to create file shares on them - one file share per CSV per virtual disk. Handiest (VMM) は、アクセス許可を処理するので、これを行う方法としては想定されていますが、環境内に存在しない場合は、Windows PowerShell を使用して展開を部分的に自動化できます。 System Center Virtual Machine ManagerSystem Center Virtual Machine Manager (VMM) is probably the handiest way to do this because it handles permissions for you, but if you don't have it in your environment, you can use Windows PowerShell to partially automate the deployment.

Hyper-v ワークロードの SMB 共有の構成スクリプトに含まれるスクリプトを使用して、グループと共有の作成プロセスを部分的に自動化します。Use the scripts included in the SMB Share Configuration for Hyper-V Workloads script, which partially automates the process of creating groups and shares. Hyper-v ワークロード用に記述されているため、他のワークロードを展開する場合は、共有を作成した後で設定を変更したり、追加の手順を実行したりすることが必要になる場合があります。It's written for Hyper-V workloads, so if you're deploying other workloads, you might have to modify the settings or perform additional steps after you create the shares. たとえば、Microsoft SQL Server を使用している場合、SQL Server サービスアカウントには、共有およびファイルシステムに対するフルコントロール権限が付与されている必要があります。For example, if you're using Microsoft SQL Server, the SQL Server service account must be granted full control on the share and the file system.

注意

System Center Virtual Machine Manager を使用して共有を作成しない限り、クラスターノードを追加するときにグループメンバーシップを更新する必要があります。You'll have to update the group membership when you add cluster nodes unless you use System Center Virtual Machine Manager to create your shares.

PowerShell スクリプトを使用してファイル共有を作成するには、次の手順を実行します。To create file shares by using PowerShell scripts, do the following:

  1. Hyper-v ワークロードの SMB 共有の構成に含まれるスクリプトを、ファイルサーバークラスターのいずれかのノードにダウンロードします。Download the scripts included in SMB Share Configuration for Hyper-V Workloads to one of the nodes of the file server cluster.

  2. 管理システムでドメイン管理者の資格情報を使用して Windows PowerShell セッションを開き、次のスクリプトを使用して、Hyper-v コンピューターオブジェクトの Active Directory グループを作成し、変数の値を適切なものに変更します。environmentOpen a Windows PowerShell session with Domain Administrator credentials on the management system, and then use the following script to create an Active Directory group for the Hyper-V computer objects, changing the values for the variables as appropriate for your environment:

    # Replace the values of these variables
    $HyperVClusterName = "Compute01"
    $HyperVObjectADGroupSamName = "Hyper-VServerComputerAccounts" <#No spaces#>
    $ScriptFolder = "C:\Scripts\SetupSMBSharesWithHyperV"
    
    # Start of script itself
    CD $ScriptFolder
    .\ADGroupSetup.ps1 -HyperVObjectADGroupSamName $HyperVObjectADGroupSamName -HyperVClusterName $HyperVClusterName
    
  3. いずれかのストレージノードで管理者の資格情報を使用して Windows PowerShell セッションを開き、次のスクリプトを使用して各 CSV の共有を作成し、その共有に対する管理アクセス許可を Domain Admins グループとコンピューティングクラスターに付与します。Open a Windows PowerShell session with Administrator credentials on one of the storage nodes, and then use the following script to create shares for each CSV and grant administrative permissions for the shares to the Domain Admins group and the compute cluster.

    # Replace the values of these variables
    $StorageClusterName = "StorageSpacesDirect1"
    $HyperVObjectADGroupSamName = "Hyper-VServerComputerAccounts" <#No spaces#>
    $SOFSName = "SOFS"
    $SharePrefix = "Share"
    $ScriptFolder = "C:\Scripts\SetupSMBSharesWithHyperV"
    
    # Start of the script itself
    CD $ScriptFolder
    Get-ClusterSharedVolume -Cluster $StorageClusterName | ForEach-Object
    {
        $ShareName = $SharePrefix + $_.SharedVolumeInfo.friendlyvolumename.trimstart("C:\ClusterStorage\Volume")
        Write-host "Creating share $ShareName on "$_.name "on Volume: " $_.SharedVolumeInfo.friendlyvolumename
        .\FileShareSetup.ps1 -HyperVClusterName $StorageClusterName -CSVVolumeNumber $_.SharedVolumeInfo.friendlyvolumename.trimstart("C:\ClusterStorage\Volume") -ScaleOutFSName $SOFSName -ShareName $ShareName -HyperVObjectADGroupSamName $HyperVObjectADGroupSamName
    }
    

手順 4.3 Kerberos の制約付き委任を有効にするStep 4.3 Enable Kerberos constrained delegation

リモートのシナリオ管理に Kerberos の制約付き委任を設定し、ライブマイグレーションセキュリティを強化するには、いずれかの記憶域クラスターノードから、 Hyper-v ワークロードの SMB 共有構成に含まれる KCDSetup. ps1 スクリプトを使用します。To setup Kerberos constrained delegation for remote scenario management and increased Live Migration security, from one of the storage cluster nodes, use the KCDSetup.ps1 script included in SMB Share Configuration for Hyper-V Workloads. スクリプトのための小さなラッパーを次に示します。Here's a little wrapper for the script:

$HyperVClusterName = "Compute01"
$ScaleOutFSName = "SOFS"
$ScriptFolder = "C:\Scripts\SetupSMBSharesWithHyperV"

CD $ScriptFolder
.\KCDSetup.ps1 -HyperVClusterName $HyperVClusterName -ScaleOutFSName $ScaleOutFSName -EnableLM

次の手順Next steps

クラスター化されたファイルサーバーをデプロイした後は、実際のワークロードを導入する前に、合成ワークロードを使用してソリューションのパフォーマンスをテストすることをお勧めします。After deploying your clustered file server, we recommend testing the performance of your solution using synthetic workloads prior to bringing up any real workloads. これにより、ソリューションが正常に実行されていることを確認し、残存している問題を解決してからワークロードの複雑さを増すことができます。This lets you confirm that the solution is performing properly and work out any lingering issues before adding the complexity of workloads. 詳細については、「合成ワークロードを使用した記憶域スペースのパフォーマンスのテスト」を参照してください。For more info, see Test Storage Spaces Performance Using Synthetic Workloads.

関連項目See also