VR と Windows Mixed Reality 向けの Unity 開発Unity development for VR and Windows Mixed Reality

Unity のバナー ロゴ

Unity を初めて使用する場合は、続行する前に、Unity Learn プラットフォームで初級レベルのチュートリアルを確認することをお勧めします。If you're brand new to Unity, we recommend that you explore the beginner level tutorials on the Unity Learn platform before continuing. また、Unity Mixed Reality フォーラムにアクセスして、Mixed Reality アプリを構築しているオンライン コミュニティに参加することもお勧めします。It's also a good idea to visit the Unity Mixed Reality forums to engage with the online community building mixed reality apps. 想像を超えたすばらしい資産やソリューションを見つけることができます。You never know what cool assets or solutions you might find out in the wild. MRTK の使用を開始する準備ができたら、次の開発チェックポイントに進んでください。When you're ready to get started with MRTK head to the development checkpoints below!

重要

既存の Unity プロジェクトを Windows Mixed Reality イマーシブ ヘッドセットに移植したい場合は、 移植ガイド を参照してください。Take a look at our porting guides if you have an existing Unity project that you want to bring over to a Windows Mixed Reality immersive headset.

開発チェックポイントDevelopment checkpoints

次のチェックポイントを使用して、Unity のゲームやアプリケーションを Mixed Reality の世界に移植することができます。Use the following checkpoints to bring your Unity games and applications into the world of mixed reality.

1.はじめに1. Getting started

Unity には、Windows Mixed Reality と VR の開発用に手動で変更する必要がある小さな設定のセットがあります。There are a small set of Unity settings you'll need to manually change for Windows Mixed Reality and VR developoment. これらは、プロジェクトごととシーンごとの 2 つのカテゴリに分類されます。These are broken down into two categories: per-project and per-scene. このセクションが済むと、ツールとプロジェクトの設定は独自のアプリの作成を始められるようになっています。By the end of this section, you'll have the tools and project settings to start creating your own apps!

CheckpointCheckpoint 結果Outcome
最新のツールをインストールするInstall the latest tools 最新の Unity パッケージをダウンロードしてインストールし、Mixed Reality 用のプロジェクトをセットアップできますDownload and install the latest Unity package and setup your project for mixed reality
WMR 用のプロジェクトの構成Configuring your project for WMR ホログラフィックおよび VR ディスプレイ デバイスにデジタル コンテンツをレンダリングするアプリケーションを構築する方法について説明しますLearn how to build applications that render digital content on holographic and VR display devices

2. コア構成要素2. Core building blocks

新しいイマーシブ プロジェクトを開始した後は、イマーシブ アプリを開発するための基本的な構成要素がいくつか必要になります。After starting a new immersive project, you'll need some basic building blocks to develop immersive apps. Mixed Reality アプリケーションのコアな構成要素はすべて、他の Unity API と一貫した手法で公開されています。All of the core building blocks for mixed reality applications are exposed in a manner consistent with other Unity APIs. そのすべてが一度に必要になるわけではありませんが、事前に確認することをお勧めします。You might not need all of them at once, but we recommend exploring early on. 以下のコア構成要素について確認したら、VR プロジェクトに統合できるさまざまな機能が用意されたツールボックスを使用できるようになります。After diving into the core building blocks listed below, you'll have a toolbox full of features you can integrate into a VR project.

機能Feature 機能Capabilities
基本的な対話式操作Basic interactions イマーシブ スペースでのオブジェクトとのやり取りの基本について説明しますLearn the basics of interacting with objects in immersive space
カメラCamera Mixed Reality アプリの画質とホログラムの安定性を完全に最適化しますFully optimize visual quality and hologram stability in your Mixed Reality apps
モーション コントローラーMotion controllers Mixed Reality アプリに空間操作を追加しますAdd spatial actions to your Mixed Reality apps
ジェスチャGestures Mixed Reality エクスペリエンスの入力として手のジェスチャを使用しますUse hand gestures as input in your Mixed Reality experiences
[テキスト]Text 管理しやすいサイズと品質のレンダリングを備えた、シャープで高品質なテキストを使用できますGet sharp, high-quality text that has a manageable size and quality rendering
音声入力Voice input ユーザーが話したキーワード、フレーズ、ディクテーションをキャプチャしますCapture spoken keywords, phrases, and dictation from your users

3.高度な機能3. Advanced features

イマーシブ アプリケーションで役割を果たすその他の主要な機能は、Unity API を通じて利用できます。追加のパッケージやセットアップは不要です。Other key features that play a role in immersive applications are available through Unity APIs without any extra packages or setup. Unity によって提供される高度な機能について確認したら、より高度で複雑な VR アプリを構築することができるようになります。After diving into the more advanced capabilities that Unity offers, you'll be able to build deeper, complex VR apps.

機能Feature 機能Capabilities
追跡の損失Tracking loss アプリケーションのワールド空間でデバイスがそれ自体の位置を特定できなくなった場合のシナリオを処理できますHandle scenarios where your device can't locate itself in the applications world space
キーボード入力Keyboard input アプリで、実際のキーボードや Mixed Reality のキーボードから入力を取得できますGet input from real-world and Mixed Reality keyboards in your apps

4.デバイスまたはエミュレーターへのデプロイ4. Deploying to a device or emulator

ホログラフィック Unity プロジェクトをテストする準備ができたら、次の手順として、Unity Visual Studio ソリューションをエクスポートしてビルドします。Once you've got your holographic Unity project ready for testing, your next step is to export and build a Unity Visual Studio solution. その VS ソリューションがあれば、実際のデバイスまたはシミュレートされたデバイスでアプリケーションを実行できます。With that VS solution in hand, you can run your application on real or simulated devices. このセクションの最後まで進めば、開発のニーズに合ったデバイスまたはエミュレーターでアプリケーションをデプロイできるようになります。By the end of this section, you'll be able to deploy your application on a device or emulator that fits your development needs.

次の操作What's next?

開発者の仕事に終わりはありません。新しいツールや SDK について学ぶ場合は特にこれが当てはまります。A developers job is never done, especially when learning a new tool or SDK. 以降のセクションでは、既に終えた初級レベルの教材からは一歩進んだ領域について説明します。また、行き詰まった場合に役に立つリソースも紹介します。The following sections can take you into areas beyond the beginner level material you've already completed, along with helpful resources if you get stuck. これらのトピックとリソースは順番に並んでいるわけではないため、お好きなところから自由に参照することができます。Note that these topics and resources aren't in any sequential order, so feel free to jump around and explore!

移植Porting

移植したい既存のアプリがある場合は、以下の記事を次に確認してください。If you have existing apps that you'd like to port over, the articles listed below are your next stop:

その他のリソースAdditional resources

独自の Mixed Reality の世界に進む前に、さらに以下のドキュメントを参照することをお勧めします。Before going out into the world of mixed reality on your own, we recommend taking a look at the extra documentation below.

関連項目See also