手操作の例 - MRTK2

Hand Interaction Examples 1

HandInteractionExamples のサンプル シーンには、多関節ハンド入力が強調されているさまざまな種類の操作と UI コントロールが含まれています。 MRTK の入力シミュレーションを使用すると、Unity エディターでハンド トラッキング操作を体験できます。

HandInteractionExamples シーンは、MRTK の Examples パッケージに含まれています。 Mixed Reality Toolkit Examples パッケージは、Mixed Reality Feature Tool を通じてダウンロード、インポートできます。

Example Package 1

Unity のメニュー [ウィンドウ]> [パッケージ マネージャー] > [プロジェクト]> [カスタム] を使用して、[Mixed Reality ツールキットのサンプル] を選択します。 デモ - ハンド トラッキング の横にある プロジェクトにインポート ボタンをクリックします。 HandInteractionExamples シーンは、[資産] > [サンプル] フォルダーにあります。

Example Package 2

Example Package 3

Example Package 4

  • Mixed Reality Feature Tool を使用しなくても、MRTK GitHub のリリース ページから直接 Microsoft.MixedReality.Toolkit.Unity.Examples.unitypackage をダウンロードしてインポートできます。

Note

このサンプル シーンには TextMesh Pro が使用されています。 このシーンを開くには、シーンのインポート中、各プロンプトが表示されたときに [TMP Essentials のインポート] をクリックしてください。 Unity によって TextMesh Pro のパッケージがインポートされます。

Example TMP2

HandInteractionExamples シーンでは、これらのコンポーネントを体験できます。