MSIX Packaging Tool のベスト プラクティスBest practices for the MSIX Packaging Tool

変換のために環境をまだ構成していない場合は、環境のベストプラクティスに関する推奨事項に従ってから、ここに戻って Msix パッケージ化ツールを設定することができます。If you haven't already configured your environment for conversion, you can follow our environment best practices recommendations and then come back here to set up the MSIX Packaging Tool. 変換を開始する前に、MSIX パッケージ化ツールで設定を構成し、毎回ワークフローを簡略化することをお勧めします。Before you start any conversions we recommend configuring your settings in the MSIX Packaging Tool to simplify your workflow each time. MSIX パッケージ化ツールを起動し、ランディングページの右上にある [設定] (歯車) にアクセスして、ツールの既定値を構成します。Launch the MSIX Packaging Tool and then go to the settings (gear in the top right of the landing page) to configure your tool defaults.

MSIX パッケージ化ツールの既定値を構成するConfigure your MSIX Packaging Tool defaults

  • 各パッケージを使用してコマンドラインを生成するこの設定により、コマンドラインテンプレートファイルが自動的に生成されるようになります。これにより、後でコマンドラインを使用して同じアプリケーション (新しいバージョンなど) を再パッケージ化する場合は、そのアプリケーション用に事前に構成されたコマンドラインテンプレートファイルを作成できます。Generate a command line with each package This setting will make it so you automatically generate a command line template file so that if you are repackaging the same application (such as a new version) through the command line later, you can have a pre-configured command line template file for that application. ワークフロー中にテンプレートファイルを生成するには、インストーラーを用意する必要があります。You will need to provide an installer in order to generate a template file during the workflow.
  • コンピューターの準備のために既定ですべての修正プログラムを選択するこの設定を使用すると、[コンピューターの準備] ステージの間に、個別に選択しなくてもすべてを無効にすることができるように、推奨されている修正プログラムをすべて事前に選択することができます。Select all fixes by default for prepare computer This setting allows you to have all of the recommended fixes pre-selected so that during the prepare computer stage, you can simply choose to disable all without having to select them individually.
  • Microsoft Store バージョン管理の要件を適用するMicrosoft Store によってアプリケーションをデプロイする予定の場合は、ストアの要件に準拠するように、これが選択されていることを確認する必要があります (これは、パッケージのバージョン要件と最小 OS バージョンのサポートに影響します)。Enforce Microsoft Store versioning requirements If you are planning to deploy your application through the Microsoft Store, you should ensure this is selected so that it conforms to the store requirements (this will affect the package version requirements and minimum OS version support). このオプションをオフにすると、パッケージの最小バージョンが Windows 10 1709 に設定され、パッケージバージョンの4桁を完全に制御できるようになります。If this option is unchecked, the package will have a minimum version set to Windows 10 1709, and you will have full control over the 4 digits of the package version. このオプションをオンにした場合、パッケージの最小バージョンは Windows 10 1809 に設定され、バージョンの末尾は. 0 (例: 1.5.6.0) になります。If this option is checked, the package will have a minimum version set to Windows 10 1809 and the version must end in .0 (e.g. 1.5.6.0).
  • パッケージの生成時にパッケージの整合性を追加するこのオプションを選択した場合、生成されたすべてのパッケージにパッケージの整合性が自動的に追加されます。Add Package Integrity when generating a package If this option is selected, Package Integrity will be automatically added to all packages generated. パッケージの整合性は、Windows 10 2004 以降でサポートされています。Package Integrity is supported on Windows 10 2004 and later.
  • パッケージの生成時に MSIX コアのサポートを追加するこのオプションを使用すると、生成したすべてのパッケージにMsix コアサポートを追加できます。Add support for MSIX Core when generating a package This option allows you to add MSIX Core support to every package that you generate. 選択すると、サポートする Windows バージョンを指定できるドロップダウンが表示されます。Once selected, this will offer a dropdown that will allow you to specify the Windows version to support.
  • 既定の保存場所生成されたパッケージと関連ファイルを保存する既定の保存場所を指定します。Default save location Specify the default save location where the generated packages and associated files will be saved.
  • 既定のインストーラーの参照場所変換するインストーラーを検索する既定の場所を指定します。Default installer browse location Specify the default location to find installers to convert.
  • サーバーのポート番号MSIX パッケージ化ツールのサーバーポート番号を指定します。Server port number Specify the server port number for the MSIX Packaging Tool. これは、リモートコンピューターを使用して変換する予定がある場合に役立ちます。This is relevant if you are planning to convert using a remote machine.
  • 環境設定変換ごとに既定の環境を指定します。Environment preference Specify the default environment for each conversion.
  • 署名の設定アプリケーションを変換するときに署名するための既定のオプションを指定します。Signing preference Specify the default option for signing when you are converting applications. インストールするには、MSIX パッケージに署名する必要があります。It is required to sign your MSIX package in order to install it. サインインの設定には、いくつかのオプションから選択できます。You can choose from a few options for your signing preference.
    • Device Guard の署名で署名する-企業内に信頼できる証明書がない場合は、このオプションをお勧めします。Sign with Device Guard signing - we recommend this option if you don't have a trusted certificate in your enterprise. このオプションを選択する前に、必要なDevice Guard 署名を有効にするための手順がいくつかあります。There are some steps to enable Device Guard signing that you need to take before choosing this option.
    • 証明書 (.pfx) を使用して署名する-企業で使用している信頼済み証明書が既にある場合は、このオプションをお勧めします。Sign with a certificate (.pfx) - We recommend this option if you already have a trusted certificate that you are using in your enterprise.
    • .Cer ファイルを指定します (署名しない)-変換時に署名しない場合は、署名時に発行元の情報が有効であることを確認するには、このオプションを選択します。Specify a .cer file (does not sign) - If you do not wish to sign at the time of conversion, but want to ensure that the publisher information will be valid at the time of signing you can choose this option.
    • パッケージに署名しません。Do not sign package. -別の方法を使用してパッケージに署名する場合、またはパッケージが生成された後で後でパッケージに署名する場合は、このオプションを選択できます。- If you wish to sign your package using another method or at a later time after the package has been generated you can choose this option. また、証明書の有効期限が切れた場合でもアプリケーションをインストールできるように、署名の設定 (該当する場合) にタイムスタンプサーバーの urlを追加することをお勧めします。We also recommend that you add a timestamp server url to your signing preference (when applicable), so that your application can be installed, even if your certificate expires.

注意

SHA1 証明書を使用して MSIX パッケージ形式アプリケーションに署名することはサポートされていません。Signing an MSIX package format application with a SHA1 certificate is not supported.

[その他の設定]Other Settings

  • ファイルとレジストリの除外既定の除外項目セットがありますが、特定のニーズに合わせて除外項目を追加または削除することをお勧めします。File and registry exclusions While we have a default set of exclusion items, we recommend taking a look and adding or removing any exclusion items for your specific needs.
  • インストーラーの終了コード変換中に再起動をトリガーする特定のインストーラー終了コードがある場合は、ここで指定できます。Installer exit codes If you have specific installer exit codes that you want to trigger a restart during conversion, you can specify those here. 既定では、一般的なものが既に追加されていますが、再起動をトリガーしない場合は削除できます。By default we have common ones already added, but you can remove those if you never want restarts to be triggered. UI を使用している場合は、パッケージ化ツールによって再起動が自動的にトリガーされることはありませんが、コマンドラインオプションを使用している場合は再起動が発生します。To note, a restart will never be triggered automatically by the Packaging Tool if you are using the UI, but it will if you are using the command line option.

これらの手順に従って、共有の設定をインポートまたはエクスポートすることもできます。You can also import or export your settings for sharing by using these instructions.

パッケージ化時のベスト プラクティスBest practices during repackaging

MSIX パッケージ化ツールを使用している場合は、再パッケージ化プロセス中にベストプラクティスとして行うことをお勧めします。When you are using the MSIX Packaging Tool, there are a few things that we also recommend you do as best practice during the repackaging process:

  • ClickOnce インストーラーをパッケージ化するときは、インストーラーによりこれが行われない場合、デスクトップにショートカットを送信する必要があります。When packaging ClickOnce installers, it is necessary to send a shortcut to desktop if the installer is not doing so already. 一般的に、メイン アプリケーションの実行可能ファイル用に、常に忘れずにショートカットをデスクトップに送信することをお勧めします。In general, it is good practice to always remember to send a shortcut to desktop for the main app executable.
  • 修正パッケージを作成するときに、ツール UI の親アプリケーションのパッケージの名前 (ID 名) を宣言する必要があります。これで、ツールにより、修正パッケージのマニフェストで適切なパッケージの依存関係が設定されます。When creating modification packages, you need to declare the package Name (identity name) of the parent application in the tool UI so that the tool sets the correct package dependency in the manifest of the modification package.
  • パッケージ内の余分なデータを減らすために、[コンピューターの準備] ページの準備手順を実行することはオプションですが、強くお勧めします。Performing the preparation steps in the Prepare computer page is optional but highly recommended, as this will help reduce any extraneous data in your package.
  • インストールするには、パッケージに署名する必要がありますが、証明書の有効期限が切れた場合でも、アプリケーションをインストールできるように、証明書にタイムスタンプを付けることをお勧めします。It is required that you sign your package in order to install it, but we also recommend that you timestamp your certificate so that your application can be installed, even if your certificate expires.
  • [パッケージ情報] ページの [インストール場所] フィールドの宣言は省略可能です。Declaring an installation location field in the Package information page is optional. このパスが、アプリケーション インストーラーのインストール場所と一致することを確認します。Make sure that this path matches the installation location of application installer.

MSIX パッケージのテストに関するベストプラクティスBest practices for testing your MSIX package

環境のセットアップ時に指定したように、クリーンな環境での変換後に MSIX パッケージもテストすることをお勧めします。We recommend that you also test your MSIX package after conversion on a clean environment, as we specified during environment setup. MSIX パッケージは、以前のインストーラーがインストールされていない別のコンピューターでテストする必要があります。これにより、MSIX パッケージを配置するときに、必要なすべてのコンポーネントが含まれ、以前のインストーラーからは何も表示されません。You should test your MSIX package on a different machine that has not installed the previous installer on it, so that you can ensure when you deploy your MSIX package, it has all of the components it needs and it isn't picking anything up from the previous installer. これは、簡易作成 VMなどの新しい仮想マシンを使用するか、変換を開始する前にチェックポイントを作成した場合に変換コンピューターを戻すことによって実現できます。This can be achieved through a new virtual machine, such as the Quick Create VM, or by reverting your conversion machine if you created a checkpoint before starting conversion.