Windows セキュリティ アプリ

適用対象

  • Windows 10
  • Windows 11

このライブラリでは、Windows セキュリティ アプリについて説明し、次のような特定の機能の構成に関する情報を提供します。

Windows 10バージョン 1709 以降では、このアプリにはサードパーティのウイルス対策アプリとファイアウォール アプリからの情報も表示されます。

Windows 10バージョン 1803 では、アプリにはアカウント保護デバイス セキュリティという 2 つの新しい領域があります。

デバイスが保護されていることを示すWindows セキュリティ アプリのスクリーンショットと、各機能の 5 つのアイコン。

注意

Windows セキュリティ アプリは、Windows 10 Version 1703 以降のクライアント インターフェイスです。 Microsoft Defender for Endpointの確認と管理に使用されるのは、Microsoft Defender セキュリティ センター Web ポータル コンソールではありません。

Windows セキュリティ アプリをアンインストールすることはできませんが、次のいずれかの操作を行うことができます。

各セクションを非表示にすることなど、セクションの構成に関するオプションを含め、各セクションについて詳しくは、次のトピックをご覧ください。

注意

すべてのセクションを非表示にした場合、次のスクリーンショットに示すように、アプリには制限付きインターフェイスが表示されます。

グループ ポリシーによって非表示になっているすべてのセクションを含むアプリをWindows セキュリティします。

Windows セキュリティ アプリを開く

  • タスク バーの通知領域のアイコンをクリックします。

    Windows タスク バーのWindows セキュリティ アプリのアイコンのスクリーンショット。

  • Windows セキュリティのスタート メニューを検索します

    Windows セキュリティ アプリの検索結果を示すスタート メニューのスクリーンショット。シールド シンボルが大きい最初のオプションが選択されています。

  • Windows設定から領域開きます。

    Windows セキュリティで使用可能なさまざまな領域を示すWindows 設定のスクリーンショット。

注意

グループ ポリシー、Microsoft Intune、Microsoft Endpoint Configuration Managerなどの管理ツールで構成された設定は、通常、Windows セキュリティの設定よりも優先されます。 関連する機能や製品を構成するためのリンクについては、各セクションのトピックをご覧ください。

Windows セキュリティ アプリがWindowsセキュリティ機能と連携する方法

重要

Microsoft Defender ウイルス対策アプリとWindows セキュリティ アプリでは、特定の目的で同様の名前付きサービスが使用されます。

Windows セキュリティ アプリは、Windows セキュリティ サービス (SecurityHealthService またはWindows セキュリティ ヘルス サービス) を使用します。これにより、Windows セキュリティ センター サービス (wscsvc) が利用されます。) を使用して、サードパーティのウイルス対策製品、Windows Defender ファイアウォール、サード パーティファイアウォール、その他のセキュリティ保護によって提供される保護など、エンドポイントの保護状態に関する最新の情報がアプリに提供されるようにします。

これらのサービスは、Microsoft Defender ウイルス対策の状態には影響しません。 これらのサービスを無効または変更しても、Microsoft Defender ウイルス対策は無効にされず、サード パーティのウイルス対策製品を使用している場合でも、エンドポイントの保護状態が低下します。

サードパーティのウイルス対策製品がインストールされ、最新の状態に保たれると、Microsoft Defender ウイルス対策は自動的に無効になります

Windows セキュリティ センター サービスを無効にした場合、ファイアウォールのMicrosoft Defender ウイルス対策やWindows Defenderは無効になりません。

警告

Windows セキュリティ センター サービスを無効にしたり、関連付けられたグループ ポリシー設定を構成して起動や実行を防ぐと、デバイスにインストールしたウイルス対策またはファイアウォール製品に関する古い情報や不正確な情報がWindows セキュリティ アプリに表示されることがあります。

また、古い、または古いサード パーティ製のウイルス対策を使用している場合、または以前にインストールした可能性があるサードパーティのウイルス対策製品をアンインストールした場合、Microsoft Defender ウイルス対策がそれ自体を有効にできない場合もあります。

これにより、デバイスの保護機能が大幅に低下し、マルウェアに感染する可能性があります。

Windows セキュリティ アプリは、個々の機能とは別のアプリまたはプロセスとして動作し、アクション センターを通じて通知を表示します。

状態を表示し、各機能の構成を実行するコレクタまたは 1 つの場所として機能します。

個々の機能 (グループ ポリシーやその他の管理ツール (Microsoft Endpoint Configuration Managerなど) を無効にすると、Windows セキュリティ アプリでその機能の状態が報告されなくなります。 Windows セキュリティ アプリ自体は引き続き実行され、他のセキュリティ機能の状態が表示されます。

重要

サービスを個別に無効にしても、他のサービスやWindows セキュリティ アプリは無効になりません。

たとえば、サード パーティのウイルス対策を使用すると、Microsoft Defender ウイルス対策が無効になります。 ただし、Windows セキュリティ アプリは引き続き実行され、タスク バーにアイコンが表示され、SmartScreen やWindows Defender ファイアウォールなどの他の機能に関する情報Windows Defender表示されます。