Windows ターミナルにコマンド ライン引数を使用するUsing command-line arguments for Windows Terminal

wt.exe を使用すると、コマンド ラインから Windows ターミナルの新しいインスタンスを開くことができます。You can use wt.exe to open a new instance of Windows Terminal from the command line. 代わりに、実行エイリアス wt を使用することもできます。You can also use the execution alias wt instead.

注意

GitHub のソース コードから Windows ターミナルをビルドした場合、wtd.exe または wtd を使用してそのビルドを開くことができます。If you built Windows Terminal from the source code on GitHub, you can open that build using wtd.exe or wtd.

分割ペインの Windows ターミナル コマンドライン引数

コマンド ライン構文Command line syntax

wt コマンド ラインでは、オプションコマンド の 2 種類の値が受け付けられます。The wt command line accepts two types of values: options and commands. オプション は、wt コマンド ライン全体の動作を制御できるフラグとその他のパラメーターのリストです。Options are a list of flags and other parameters that can control the behavior of the wt command line as a whole. コマンド では、実装する必要がある 1 つのアクション、またはセミコロンで区切られたアクションのリストを提供します。Commands provide the action, or list of actions separated by semicolons, that should be implemented. コマンドを指定しないと、コマンドは既定で new-tab と見なされます。If no command is specified, then the command is assumed to be new-tab by default.

wt [options] [command ; ]

使用可能なコマンドライン引数を一覧表示するヘルプ メッセージを表示するには、wt -hwt --helpwt -?wt /? と入力します。To display a help message listing the available command-line arguments, enter: wt -h, wt --help, wt -?, or wt /?.

オプションとコマンドOptions and commands

wt コマンド ラインでサポートされているコマンドとオプションの完全な一覧を次に示します。Below is the full list of supported commands and options for the wt command line.

オプションOption 説明Description
--help-h-?/?--help, -h, -?, /? ヘルプ メッセージを表示します。Displays the help message.
--maximized-M--maximized, -M ターミナルを最大化して起動します。Launches the terminal maximized.
--fullscreen-F--fullscreen, -F ターミナルを全画面で起動します。Launches the terminal as full screen.

重要

--maximized-M--fullscreen-F は、Windows ターミナル プレビューでのみ使用できます。--maximized, -M and --fullscreen, -F are only available in Windows Terminal Preview.

コマンドCommand パラメーターParameters 説明Description
new-tab --profile, -p profile-name--startingDirectory, -d starting-directorycommandline--title--profile, -p profile-name, --startingDirectory, -d starting-directory, commandline, --title 新しいタブを作成します。Creates a new tab.
split-pane -H, --horizontal-V, --vertical--profile, -p profile-name--startingDirectory, -d starting-directorycommandline--title-H, --horizontal, -V, --vertical, --profile, -p profile-name, --startingDirectory, -d starting-directory, commandline, --title 新しいペインを分割します。Splits a new pane.
focus-tab --target, -t tab-index 特定のタブにフォーカスを設定します。Focuses on a specific tab.

重要

--title は、Windows ターミナル プレビューでのみ使用できます。--title is only available in Windows Terminal Preview.

コマンド ライン引数の例Command line argument examples

コマンドは、使用しているコマンド ラインによって多少異なる場合があります。Commands may vary slightly depending on which command line you're using.

新しいプロファイル インスタンスを開くOpen a new profile instance

新しいターミナル インスタンスを開くには、次のように入力します。このコマンドでは、"Ubuntu-18.04" という名前のプロファイルが開かれます。To open a new terminal instance, in this case the command will open the profile named "Ubuntu-18.04", enter:

wt -p "Ubuntu-18.04"

-p フラグを使用して、開く必要がある Windows ターミナル プロファイルを指定します。The -p flag is used to specify the Windows Terminal profile that should be opened. "Ubuntu-18.04" を、インストールされているターミナル プロファイルの名前に置き換えます。Substitute "Ubuntu-18.04" with the name of any terminal profile that you have installed. このようにすると、常に新しいウィンドウが開きます。This will always open a new window. Windows ターミナルでは、既存のインスタンスで新しいタブまたはペインを開くことはまだできません。Windows Terminal is not yet capable of opening new tabs or panes in an existing instance.

ディレクトリをターゲットにするTarget a directory

コンソールの開始ディレクトリとして使用するフォルダーを指定するには、次のように入力します。この場合は d:\ ディレクトリです。To specify the folder that should be used as the starting directory for the console, in this case the d:\ directory, enter:

wt -d d:\

複数のタブMultiple tabs

複数のタブを持つ新しいターミナル インスタンスを開くには、次のように入力します。To open a new terminal instance with multiple tabs, enter:

wt ; ;

複数のタブを持つ新しいターミナル インスタンスを開くには、次のように入力します。この場合はコマンド プロンプト プロファイルと PowerShell プロファイルです。To open a new terminal instance with multiple tabs, in this case a Command Prompt profile and a PowerShell profile, enter:

wt -p "Command Prompt" ; new-tab -p "Windows PowerShell"

複数のペインMultiple panes

コマンド プロンプト プロファイル、PowerShell プロファイル、および WSL コマンド ラインを実行する既定のプロファイルが実行されている 3 つのペインが含まれる 1 つのタブを持つ新しいターミナル インスタンスを開くには、次のように入力します。To open a new terminal instance with one tab containing three panes running a Command Prompt profile, a PowerShell profile, and your default profile running a WSL command line, enter:

wt -p "Command Prompt" ; split-pane -p "Windows PowerShell" ; split-pane -H wsl.exe

-H フラグ (または --horizontal) は、ペインを水平方向に分割するように指定します。The -H flag (or --horizontal) indicates that you would like the panes to be split horizontally. -V フラグ (または --vertical) は、ペインを垂直方向に分割するように指定します。The -V flag (or --vertical) indicates that you would like the panes split vertically.

タブ タイトル (プレビュー)Tab title (Preview)

カスタム タブ タイトルを使用して新しいターミナル インスタンスを開くには、--title 引数を使用します。To open a new terminal instance with custom tab titles, use the --title argument. 2 つのタブを開くときに各タブのタイトルを設定するには、次のように入力します。To set the title of each tab when opening two tabs, enter:

wt --title tabname1 ; new-tab -p "Ubuntu-18.04" --title tabname2

重要

この機能は、Windows ターミナル プレビューでのみ使用できます。This feature is only available in Windows Terminal Preview.

タブ フォーカスTab focus

特定のタブにフォーカスを設定して新しいターミナル インスタンスを開くには、-t フラグ (または --target) とタブ インデックス番号を使用します。To open a new terminal instance with a specific tab in focus, use the -t flag (or --target), along with the tab-index number. 1 番目のタブで既定のプロファイルを開き、2 番目のタブ (-t 1) で "Ubuntu-18.04" プロファイルを開いてフォーカスを設定するには、次のように入力します。To open your default profile in the first tab and the "Ubuntu-18.04" profile focused in the second tab (-t 1), enter:

wt ; new-tab -p "Ubuntu-18.04" ; focus-tab -t 1

PowerShell からの複数のコマンドの例Examples of multiple commands from PowerShell

Windows ターミナルでは、wt コマンド ラインのコマンドを区切るための区切り記号として、セミコロン文字 ; を使用します。Windows Terminal uses the semicolon character ; as a delimiter for separating commands in the wt command line. 残念ながら、PowerShell では、コマンドの区切り記号としても ; を使用します。Unfortunately, PowerShell also uses ; as a command separator. これを回避するには、次の方法を使用して、PowerShell から複数の wt コマンドを実行できます。To work around this, you can use the following tricks to run multiple wt commands from PowerShell. 以下のすべての例では、3 つのペインから成る新しいターミナル ウィンドウが作成されます。コマンド プロンプトを実行するペイン、PowerShell のペイン、WSL を実行するペインです。In all the following examples, a new terminal window is created with three panes - one running Command Prompt, one with PowerShell, and the last one running WSL.

次の例では、Start-Process コマンドを使用して wt を実行します。The following examples use the Start-Process command to run wt. ターミナルで Start-Process を使用する理由について詳しくは、後の「start を使用する」をご覧ください。For more information on why the terminal uses Start-Process, see Using start below.

単一引用符で囲まれたパラメーターSingle quoted parameters

この例では、wt パラメーターは単一引用符 (') でラップされています。In this example, the wt parameters are wrapped in single quotes ('). この構文は、何も計算されていない場合に役に立ちます。This syntax is useful if nothing is being calculated.

start wt 'new-tab "cmd" ; split-pane -p "Windows PowerShell" ; split-pane -H wsl.exe'

エスケープされた引用符Escaped quotes

変数に格納されている値を wt のコマンド ラインに渡す場合は、次の構文を使用します。When passing a value contained in a variable to the wt command line, use the following syntax:

$ThirdPane = "wsl.exe"
start wt "new-tab cmd ; split-pane -p `"Windows PowerShell`" ; split-pane -H $ThirdPane"

split-pane パラメーターに対する -p パラメーターの "Windows PowerShell" を囲む二重引用符 (") をエスケープするために、` が使用されていることに注意してください。Note the usage of ` to escape the double-quotes (") around "Windows PowerShell" in the -p parameter to the split-pane parameter.

start を使用するUsing start

上記の例ではすべて、ターミナルを起動するために start が明示的に使用されています。All the above examples explicitly used start to launch the terminal.

次の例では、start を使用しないでコマンド ラインを実行しています。The following examples do not use start to run the command line. 代わりに、コマンド ラインをエスケープする方法が他に 2 つあります。Instead, there are two other methods of escaping the command line:

  • PowerShell によってセミコロンが無視され、wt にそのまま渡されるように、セミコロンだけをエスケープします。Only escaping the semicolons so that PowerShell will ignore them and pass them straight to wt.
  • コマンド ラインの残りの部分が PowerShell によってアプリケーションへの引数として扱われるように、--% を使用します。Using --%, so PowerShell will treat the rest of the command line as arguments to the application.
wt new-tab "cmd" `; split-pane -p "Windows PowerShell" `; split-pane -H wsl.exe
wt --% new-tab cmd ; split-pane -p "Windows PowerShell" ; split-pane -H wsl.exe

どちらの例でも、新しく作成される Windows ターミナル ウィンドウでは、指定したすべてのコマンドライン引数が正しく解析されてウィンドウが作成されます。In both of these examples, the newly created Windows Terminal window will create the window by correctly parsing all the provided command-line arguments.

ただし、新しく作成されたターミナル ウィンドウが閉じられるまで待ってから、PowerShell に制御が返されるため、現在は、これらの方法は推奨 "されません"。However, these methods are not recommended currently, as PowerShell will wait for the newly-created terminal window to be closed before returning control to PowerShell. 既定では、PowerShell は常に、Windows ストア アプリケーション (Windows ターミナルなど) が終了するまで待ってからプロンプトに戻ります。By default, PowerShell will always wait for Windows Store applications (like Windows Terminal) to close before returning to the prompt. これは、すぐにプロンプトに戻るコマンド プロンプトの動作とは異なることに注意してください。Note that this is different than the behavior of Command Prompt, which will return to the prompt immediately.