Microsoft Emulator for Windows 10 Mobile を使ったテストTest with the Microsoft Emulator for Windows 10 Mobile

Microsoft Emulator for Windows 10 Mobile に用意されているツールを使って、デバイスでの実際の操作をシミュレートし、アプリの機能をテストします。Simulate real-world interaction with a device and test the features of your app by using the tools included with Microsoft Emulator for Windows 10 Mobile. エミュレーターは、Windows 10 を実行するモバイル デバイスをエミュレートするデスクトップ アプリケーションです。The emulator is a desktop application that emulates a mobile device running Windows 10. このアプリケーションを使用すると、仮想化された環境が提供されるため、物理デバイスを使用せずに Windows アプリのデバッグとテストを実行できます。It provides a virtualized environment in which you can debug and test Windows apps without a physical device. また、アプリケーションのプロトタイプのための隔離環境としても使用できます。It also provides an isolated environment for your application prototypes.

エミュレーターは実際のデバイスと同等のパフォーマンスを発揮するように設計されています。The emulator is designed to provide comparable performance to an actual device. ただし、Microsoft Store にアプリを公開する前に、物理デバイスでアプリをテストすることをお勧めします。Before you publish your app to the Microsoft Store, however, we recommend that you test your app on a physical device.

さまざまな画面解像度と画面サイズ構成に対応する一意の Windows 10 Mobile エミュレーター イメージを使用して、ユニバーサル アプリをテストすることができます。You can test your universal app using a unique Windows 10 Mobile emulator image for various screen resolution and screen size configurations. Microsoft Emulator に用意されているツールを使って、デバイスでの実際の操作をシミュレートし、アプリのさまざまな機能をテストできます。You can simulate real-world interaction with a device and test various features of your app by using the tools included in the Microsoft Emulator.

システム要件System requirements

コンピューターは次の要件を満たす必要があります。Your computer must meet the following requirements:

(これらの設定、使用可能な場合で使用できる BIOS) CPUCPU (these settings, if available, can be enabled in the BIOS)

  • ハードウェア依存の仮想化 (互換性を確認する)。Hardware-assisted virtualization (check compatibility).
  • Second Level Address Translation (SLAT)。Second Level Address Translation (SLAT).
  • ハードウェアベースのデータ実行防止 (DEP)。Hardware-based Data Execution Prevention (DEP).

RAMRAM

  • 4 GB 以上。4 GB or more.

オペレーティング システムOperating system

  • Windows 8 以上 (Windows 10 を強く推奨)Windows 8 or higher (Windows 10 strongly recommended)
  • 64 ビット64-bit
  • Pro エディション以上Pro edition or higher

BIOS 要件を確認するには、「Windows Phone 8 のエミュレーター用に Hyper-V を有効にする方法」をご覧ください。To check the BIOS requirements, see How to enable Hyper-V for the emulator for Windows Phone 8.

RAM とオペレーティング システムの要件を確認するには、コントロール パネルで [システムとセキュリティ] を選び、 [システム] を選びます。To check requirements for RAM and operating system, in Control Panel, select System and Security, and then select System.

Microsoft Emulator for Windows 10 Mobile には、Visual Studio 2015 以降が必要です。Visual Studio の旧バージョンと旧バージョンと互換性のあるではありません。Microsoft Emulator for Windows 10 Mobile requires Visual Studio 2015 or later; it is not backward compatible with earlier versions of Visual Studio.

Microsoft Emulator for Windows 10 Mobile は、Windows Phone OS 7.1 より前の Windows Phone OS バージョンを対象とするアプリを読み込むことはできません。Microsoft Emulator for Windows 10 Mobile cannot load apps that target the Windows Phone OS version earlier than Windows Phone OS 7.1.

インストール、アンインストール、およびエミュレーターの実行Installing, uninstalling, and running the emulator

のインストールInstalling

Microsoft Emulator for Windows 10 Mobile は、Windows 10 SDK の一部としてリリースされています。Microsoft Emulator for Windows 10 Mobile ships as part of the Windows 10 SDK. Windows 10 SDK とエミュレーターは、Visual Studio の一部としてインストールできます。The Windows 10 SDK and emulator can be installed as part of the Visual Studio installation. Visual Studio 2015 RC 用の Windows 10 開発ツールをインストールする手順」をご覧ください。See the Visual Studio download page.

Microsoft Emulator for Windows 10 Mobile は、Microsoft Emulator のセットアップを使ってインストールすることもできます。You can also install the Microsoft Emulator for Windows 10 Mobile using the Microsoft Emulator setup.

アンインストールします。Uninstalling

Microsoft Emulator for Windows 10 Mobile は、Visual Studio のセットアップ/修復を使ってアンインストールできます。You can uninstall the Microsoft Emulator for Windows 10 Mobile using Visual Studio setup/repair. または、コントロール パネル[プログラムと機能] を使ってエミュレーターを削除することもできます。Or you can use Programs and Features under Control Panel to remove the emulator.

Microsoft Emulator for Windows 10 Mobile をアンインストールしても、使うエミュレーター用に作られた Hyper-V 仮想イーサネット アダプターは自動的に削除されません。When you uninstall the Microsoft Emulator for Windows 10 Mobile, the Hyper-V Virtual Ethernet Adapter that was created for the emulator to use is not automatically removed. この仮想アダプターは、コントロール パネル[ネットワーク接続] から手動で削除できます。You can manually remove this virtual adapter from Network Connections in Control Panel.

実行中Running

エミュレーターでアプリを実行する、エミュレートされたデバイスから選択、実行Visual Studio でのドロップダウン メニュー。To run an app in the emulator, simply select an emulated device from the run drop-down menu in Visual Studio.

解像度、サイズ、メモリに使うことができるエミュレーター

Microsoft Emulator for Windows 10 Mobile に関する最新情報What's new in Microsoft Emulator for Windows 10 Mobile

ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) をサポートするだけでなく、エミュレーターには次の機能も追加されています。In addition to providing support for Universal Windows Platform (UWP), the emulator has added the following functionality:

  • マウスとシングル タッチ入力を区別するマウス入力モードのサポート。Mouse input mode support to differentiate between mouse and single touch input.
  • NFC のサポート。NFC Support. エミュレーターを使うと、NFC をシミュレートし、NFC/近接通信が有効なユニバーサル アプリをテストおよび開発することができます。The emulator allows you to simulate NFC and make it possible to test and develop NFC/Proximity-enabled universal apps.
  • ネイティブのハードウェア アクセラレーションは、ローカル グラフィックス カードを使ってエミュレーターのグラフィックス パフォーマンスを向上させます。Native hardware acceleration improves graphics performance in the emulator by using the local graphics card. アクセラレーションを使うには、サポートされているグラフィックス カードを取り付け、エミュレーターの [その他のツール] 設定ユーザー インターフェイスの [センサー] タブでアクセラレーションを有効にする必要があります。You must have a supported graphics card installed, and enable acceleration on the Sensors tab of the emulator's Additional Tools settings user interface in order to use acceleration.

エミュレーター上でテストできる機能Features that you can test in the emulator

前のセクションで説明した新機能に加え、次のよく使われる機能を Microsoft Emulator for Windows 10 Mobile でテストできます。In addition to the new features mentioned in the previous section, you can test the following commonly used features in the Microsoft Emulator for Windows 10 Mobile.

  • 画面解像度、画面サイズ、メモリScreen resolution, screen size, and memory. アプリをさまざまなエミュレーター イメージでテストし、さまざまな画面解像度、物理的なサイズ、メモリの制限をシミュレートすることで、幅広い市場にアプリを届けます。Reach a broad market for your app by testing it on various emulator images to simulate various screen resolutions, physical sizes, and memory constraints.

解像度、サイズ、メモリに使うことができるエミュレーター

  • 画面構成Screen configuration. エミュレーターを縦モードから横モードに変更します。Change the emulator from portrait to landscape mode. デスクトップ画面に合うようにエミュレーターのズーム設定を変更します。Change the zoom setting to fit the emulator to your desktop screen.

  • ネットワークNetworking. ネットワークのサポートは、Windows Phone エミュレーターに統合されています。Networking support is integrated with Windows Phone Emulator. ネットワークは、既定で有効になっています。Networking is enabled by default. ほとんどの環境では、Windows Phone エミュレーターのネットワーク ドライバーをインストールしたり、ネットワーク オプションを手動で構成する必要はありません。You do not have to install network drivers for Windows Phone Emulator or configure networking options manually in most environments.

    エミュレーターはホスト コンピューターのネットワーク接続を使います。The emulator uses the network connection of the host computer. ネットワーク上に個別のデバイスとして表示されません。It does not appear as a separate device on the network. これにより、Windows Phone SDK 8.0 エミュレーターで発生していた構成に関するいくつかの問題が解決しました。This eliminates some of the configuration issues that users encountered with the Windows Phone SDK 8.0 emulator.

  • 言語と地域の設定Language and region settings. Windows Phone エミュレーターで表示言語と地域の設定を変更し、国際的な市場に向けてアプリを準備します。Prepare your app for an international market by changing the display language and region settings in Windows Phone Emulator.

    実行中のエミュレーターで、 [設定] アプリに進み、 [システム] 設定をクリックして、 [言語] または [地域] をクリックします。On the running emulator, go to the Settings app, then select the system settings, then select language or region. テストする設定を変更します。Change the settings that you want to test. ダイアログが表示されたら、 [電話を再起動] をクリックして新しい設定を適用し、エミュレーターを再起動します。If you're prompted, click restart phone to apply the new settings and restart the emulator.

  • アプリケーションのライフサイクルと廃棄Application lifecycle and tombstoning. プロジェクトのプロパティの [デバッグ] ページにある [デバッグ中の非アクティブ化時に廃棄する] オプションの値を変更することで、アプリが非アクティブ化されたとき、または廃棄されたときの動作をテストします。Test the behavior or your app when it's deactivated or tombstoned by changing the value of the option Tombstone upon deactivation while debugging on the Debug page of project properties.

  • ローカル フォルダー ストレージ (以前は分離ストレージと呼ばれていました)Local folder storage (previously known as isolated storage). 分離ストレージのデータはエミュレーターの実行中は維持されますが、エミュレーターが終了すると失われます。Data in isolated storage persists while the emulator is running, but is lost once the emulator closes.

  • マイクMicrophone. ホスト コンピューターでマイクを要求して使います。Requires and uses the microphone on the host computer.

  • Windows Phone キーボードPhone keyboard. エミュレーターでは、開発用コンピューターのハードウェア キーボードを Windows Phone のキーボードにマッピングすることをサポートしています。The emulator supports mapping of the hardware keyboard on your development computer to the keyboard on a Windows Phone. キーの動作は、Windows Phone デバイスでの動作と同じです。The behavior of the keys is the same as on a Windows Phone device

  • ロック画面Lock screen. エミュレーターを開いた状態で、コンピューターのキーボードの F12 キーを 2 回押します。With the emulator open, press F12 on your computer keyboard twice. F12 キーは、電話の電源ボタンをエミュレートします。The F12 key emulates the power button on the phone. このキーを 1 回押すと、ディスプレイがオフになります。The first key press turns off the display. 2 回目にキーを押すことで、ロック画面の状態で画面がもう一度オンになります。The second key press turns the display on again with the lock screen engaged. マウスを使ってロック画面を上方向へスライドし、画面のロックを解除します。Unlock the screen by using the mouse to slide the lock screen upward.

エミュレーターでテストできない機能Features that you can't test in the emulator

次の機能は物理デバイスでのみテストします。Test the following features only on a physical device.

  • CompassCompass
  • ジャイロスコープGyroscope
  • バイブレーション コントローラーVibration controller
  • 明るさ。Brightness. エミュレーターの明るさのレベルは常に高です。The brightness level of the emulator is always High.
  • 高解像度ビデオ。High-resolution video. VGA 解像度 (640 x 480) より高い解像度のビデオは、特に 512 MB メモリのみを備えるエミュレーター イメージでは、安定して表示できません。Videos with a resolution higher than VGA resolution (640 x 480) cannot be displayed reliably, especially on emulator images with only 512MB of memory.

マウス入力Mouse input

Windows PC の物理的なマウスまたはトラック パッド、およびエミュレーター ツール バーのマウス入力ボタンを使用して入力をシミュレートします。Simulate mouse input using the physical mouse or trackpad on your Windows PC and the mouse input button on the emulator toolbar. この機能は、Windows 10 デバイスにペアリングされたマウスを利用して入力を行う機能をアプリがユーザーに提供する場合に便利です。This feature is useful if your app provides the user with an ability to utilize a mouse paired to their Windows 10 device to provide input.

エミュレーター ツール バーのマウス入力ボタンをタップしてマウス入力を有効にします。Tap the mouse input button on the emulator toolbar to enable mouse input. エミュレーター クロム内でクリック イベントがあると、エミュレーター VM の内部で実行されている Windows 10 Mobile OS にマウス イベントとして送信されるようになります。Any click events within the emulator chrome will now be sent to the Windows 10 Mobile OS running inside the emulator VM as mouse events.

マウス入力が有効になっているエミュレーターの画面

マウス入力が有効になっているエミュレーターの画面。The emulator screen with the mouse input enabled.

エミュレーター ツール バーのマウス入力ボタン

エミュレーター ツール バーのマウス入力ボタン。The mouse input button on the emulator toolbar.

キーボード入力Keyboard input

エミュレーターでは、開発用コンピューターのハードウェア キーボードを Windows Phone のキーボードにマッピングすることをサポートしています。The emulator supports mapping of the hardware keyboard on your development computer to the keyboard on a Windows Phone. キーの動作は、Windows Phone デバイスでの動作と同じです。The behavior of the keys is the same as on a Windows Phone device.

既定では、ハードウェア キーボードは有効になっていません。By default, the hardware keyboard is not enabled. この実装は、使用する前に展開する必要があるスライディング キーボードと同じです。This implementation is equivalent to a sliding keyboard that must be deployed before you can use it. ハードウェア キーボードを有効にするまで、エミュレーターはコントロール キーからのみキー入力を受け取ります。Before you enable the hardware keyboard, the emulator accepts key input only from the control keys.

エミュレーターでは、ローカライズされたバージョンの Windows 開発用コンピューターのキーボードにある特殊文字はサポートされていません。Special characters on the keyboard of a localized version of a Windows development computer are not supported by the emulator. ローカライズされたキーボード上に存在する特殊文字を入力するには、代わりにソフトウェア入力パネル (SIP) を使います。To enter special characters that are present on a localized keyboard, use the Software Input Panel (SIP) instead.

エミュレーターでコンピューターのキーボードを使うには、F4 キーを押します。To use your computer’s keyboard in the emulator, press F4.

エミュレーターでコンピューターのキーボードの使用を中止するには、F4 キーを押します。To stop using your computer’s keyboard in the emulator, press F4.

次の表に、Windows Phone のボタンとその他のコントロールをエミュレートするために使用できるハードウェア キーボードのキーを示します。The following table lists the keys on a hardware keyboard that you can use to emulate the buttons and other controls on a Windows Phone.

エミュレーターのビルド 10.0.14332 では、コンピューターのハードウェア キー マッピングが変更されたことに注意してください。Note that in Emulator Build 10.0.14332 the computer hardware key mapping was changed. 次の表の 2 番目の列の値は、これらの新しいキーを表します。Values in the second column of the table below represent these new keys.

コンピューターのハードウェア キー (エミュレーター ビルド 10.0.14295 以前)Computer hardware keys (Emulator Build 10.0.14295 and earlier) コンピューターのハードウェア キー (エミュレーター ビルド 10.0.14332 以降)Computer hardware keys (Emulator Build 10.0.14332 and newer) Windows Phone のハードウェア ボタンWindows Phone hardware button メモNotes
F1F1 Windows + EscWIN + ESC 戻るBACK 長押しは期待どおりに動作します。Long presses work as expected.
F2F2 Windows + F2WIN + F2 STARTSTART 長押しは期待どおりに動作します。Long presses work as expected.
F3F3 Windows + F3WIN + F3 検索SEARCH
F4F4 F4 (変更なし)F4 (no change) ローカル コンピューターのキーボードの使用と不使用を切り替えます。Toggles between using the local computer’s keyboard and not using the local computer’s keyboard.
F6F6 Windows + F6WIN + F6 カメラ半押しCAMERA HALF 半押しされた専用カメラ ボタン。A dedicated camera button that is pressed halfway.
F7F7 Windows + F7WIN + F7 カメラ全押しCAMERA FULL 専用カメラ ボタン。A dedicated camera button.
F9F9 Windows + F9WIN + F9 音量増VOLUME UP
F10F10 Windows + F10WIN + F10 音量減VOLUME DOWN
F12F12 Windows + F12WIN + F12 POWERPOWER ロック画面を有効にするには、F12 キーを 2 回押します。Press the F12 key twice to enable the lock screen. 長押しは期待どおりに動作します。Long presses work as expected.
EscESC Windows + EscWIN + ESC 戻るBACK 長押しは期待どおりに動作します。Long presses work as expected.

近距離無線通信 (NFC)Near Field Communications (NFC)

エミュレーターの [その他のツール] メニューの [NFC] タブを使って、Windows 10 Mobile で近距離無線通信 (NFC) が有効な機能を使用するアプリをビルドしてテストします。Build and test apps that use Near Field Communication (NFC) enabled features on Windows 10 Mobile by using the NFC tab of the emulator’s Additional Tools menu. NFC は、近接通信シナリオ (タップして共有など) からカード エミュレーション (タップして支払いなど) まで、多くのシナリオで役立ちます。NFC is useful for a number of scenarios ranging from Proximity scenarios (such as tap to share) to card emulation (such as tap to pay).

アプリをテストするには、1 組のエミュレーターを使って互いにタップする 1 組の電話をシミュレートします。または、タグへのタップをシミュレートしてアプリをテストすることもできます。You can test your app by simulating a pair of phones tapping together by using a pair of emulators, or you can test your app by simulating a tap to a tag. Windows 10 では、モバイル デバイスが HCE (ホスト カード エミュレーション) 機能にも対応しており、電話エミュレーターを使うことで、デバイスを支払い端末にタップして APDU コマンド応答トラフィックを送信する操作をシミュレートできます。Also in Windows 10, mobile devices are enabled with HCE (Host Card Emulation) feature and by using the phone emulator you can simulate tapping your device to a payment terminal for APDU command-response traffic.

[NFC] タブは 3 つのモードをサポートしています。The NFC tab supports three modes:

  • 近接通信モードProximity Mode
  • HCE (ホスト カード エミュレーション) モードHCE (Host Card Emulation) Mode
  • スマート カード リーダー モードSmart Card Reader Mode

すべてのモードで、エミュレーター ウィンドウには 3 つの対象エリアがあります。In all modes, the emulator window has three areas of interest.

  • 左上のセクションは、選択されたモードに固有です。The top left section is specific to the mode selected. このセクションの機能はモードによって決まります。詳しくは、以下のモード固有のセクションで説明します。The features of this section depend on the mode, and are detailed in the mode-specific sections below.
  • 右上のセクションには、ログが一覧表示されます。The top right section lists the logs. 1 組のデバイスを互いにタップする (または POS 端末にタップする) と、タップ イベントが記録され、デバイスがアンタップされるとアンタップ イベントが記録されます。When you tap a pair of devices together (or tap to the POS terminal) the tap event is logged and when the devices are untapped the untap event is logged. このセクションには、接続が切断される前にアプリが応答したかどうかや、エミュレーター UI で実行した他の操作もタイムスタンプ付きで記録されます。This section also records if your app responded before the connection is broken or any other action you have taken in the emulator UI with time stamps. モードを切り替えてもログは存続します。ログは、 [ログ] 画面の [消去] ボタンを押すことでいつでも消去できます。Logs are persistent between mode switches, and you can clear the logs at any point by hitting the Clear button above the Logs screen.
  • 画面の下半分はメッセージ ログになっており、選択されたモードに応じて、現在選択されている接続を経由して送受信されたすべてのメッセージのトランスクリプトが表示されます。The bottom half of the screen is the message log and shows the transcript of all messages sent or received over the currently selected connection, depending on the mode selected.

重要な  tapper ツールを初めて起動するときに表示されます、Windows ファイアウォール プロンプト。Important  When you first launch the tapper tool, you will get a Windows Firewall prompt. 3 つのチェック ボックスをすべてオンにし、ツールがファイアウォールを通過できるようにする必要があります。そうしないと、ツールが動作せず、通知も表示されません。You MUST select ALL 3 check boxes and allow the tool through the firewall, or the tool will silently fail to work.

クイック スタート インストーラーを起動したら、必ず上の手順に従ってファイアウォールのプロンプトで 3 つのチェック ボックスをすべてオンにしてください。After launching the quick start installer, make sure you follow the above instruction to select all 3 check boxes on the firewall prompt. さらに、タップ ツールをインストールし、Microsoft Emulator と同じ物理ホスト コンピューターで使う必要があります。Also, the tapper tool must be installed and used on the same physical host machine as the Microsoft Emulator.

近接通信モードProximity mode

1 組の電話を互いにタップする操作をシミュレートするには、1 組の Windows Phone 8 エミュレーターを起動する必要があります。To simulate a pair of phones tapping together you'll need to launch a pair of Windows Phone 8 emulators. Visual Studio では同一のエミュレーターを 2 つ同時に実行することはできないため、これを回避するため、エミュレーターごとに異なる解像度を選ぶ必要があります。Since Visual Studio doesn't support running two identical emulators at the same time, you'll need to select different resolutions for each of the emulators to work around it.

NFC 近接通信ページ

[ピア デバイスの検出を有効にする] チェック ボックスをオンにすると、 [ピア デバイス] ドロップダウン ボックスに Microsoft Emulators (同じ物理ホスト コンピューターまたはローカル ネットワークで実行) とシミュレーター ドライバーを実行している Windows コンピューター (同じコンピューターまたはローカル ネットワークで実行) が表示されます。When you check the Enable discovery of peer devices checkbox, the Peer device dropdown box shows Microsoft Emulators (running on the same physical host machine or in the local network) as well as the Windows machines running the simulator driver (running on the same machine or in the local network).

両方のエミュレーターが実行されたら、次のようにします。Once both emulators are running:

  • [ピア デバイス] ボックスの一覧で、対象とするエミュレーターを選びます。Select the emulator you would like to target in the Peer device list.
  • [ピア デバイスに送信] ラジオ ボタンをオンにします。Select the Send to peer device radio button.
  • [タップ] ボタンをクリックします。Click Tap button. これにより、2 つのデバイスを互いにタップする操作がシミュレートされ、NFC タップ通知音が鳴ります。This will simulate the two devices tapping together and you should be hearing the NFC tap notification sound
  • 2 つのデバイスを切断するには、 [アンタップ] ボタンをクリックします。To disconnect the 2 devices, simply hit the Untap button.

または、 [この秒数後に自動的にアンタップする] チェック ボックスをオンにすると、デバイスをタップした状態にする秒数を指定でき、指定した秒数が経過すると自動的にアンタップされます (実際のユーザーに対して何が予想されるかをシミュレートしているため、電話を互いにタップするのは短時間と考えられます)。Alternatively, you can enable Automatically untap in (seconds) check box where you can specify the number of seconds you want the devices to be tapped and they will be automatically untapped after the specified number of seconds (simulating what would be expected of a user in real life, they would only hold their phones together for a short time). ただし、現在のところ接続がアンタップされた後はメッセージ ログを使用できない点に注意してください。Note however that currently the message log isn't available after the connection has been untapped.

タグからのメッセージを読む操作や他のデバイスからのメッセージを受信する操作をシミュレートするには、次のようにします。To simulate reading messages from a tag or receiving messages from another device:

  • [自分に送信] ラジオ ボタンをオンにし、NFC 対応デバイスが 1 台だけ必要なシナリオをテストします。Select the Send to self radio button to test scenarios that require only one NFC enabled device.
  • [タップ] ボタンをクリックします。Click Tap button. これにより、デバイスをタグにタップする操作がシミュレートされ、NFC タップ通知音が鳴ります。This will simulate the tapping a device to a tag and you should be hearing the NFC tap notification sound
  • 切断するには、 [アンタップ] ボタンをクリックします。To disconnect, simply hit the Untap button.

近接通信モードを使うと、タグまたは別のピア デバイスから送信されたかのようにメッセージを挿入できます。Using the proximity mode you can inject messages as if they came from a tag or another peer device. このツールを使うと、次の種類のメッセージを送信できます。The toolallows you to send messages of the following types.

  • WindowsURIWindowsURI
  • WindowsMimeWindowsMime
  • WritableTagWritableTag
  • Pairing:BluetoothPairing:Bluetooth
  • NDEFNDEF
  • NDEF:MIMENDEF:MIME
  • NDEF:URINDEF:URI
  • NDEF:wkt.UNDEF:wkt.U

これらのメッセージは、 [ペイロード] ウィンドウで編集するか、ファイルに入力することで作ることができます。You can either create these messages by editing the Payload windows or providing them in a file. これらの種類とその使用方法について詳しくは、ProximityDevice.PublishBinaryMessage のリファレンス ページの「注釈」セクションをご覧ください。For more information about these types and how to use them please refer to the Remarks section of theProximityDevice.PublishBinaryMessage reference page.

Windows 8 Driver Kit (WDK) には、Windows Phone 8 エミュレーターと同じプロトコルを公開しているドライバー サンプルが含まれています。The Windows 8 Driver Kit (WDK) includes a driver sample that exposes the same protocol as the Windows Phone 8 emulator. DDK をダウンロードしてそのサンプル ドライバーをビルドし、Windows 8 デバイスにインストールした後、Windows 8 デバイスの IP アドレスまたはホスト名をデバイス リストに追加し、別の Windows 8 デバイスまたは Windows Phone 8 エミュレーターを使ってタップします。You'll need to download the DDK, build that sample driver, install it on a Windows 8 device, then add the Windows 8 device's IP address or hostname to the devices list and tap it either with another Windows 8 device or with a Windows Phone 8 emulator.

ホスト カード エミュレーション (HCE) モードHost Card Emulation (HCE) Mode

ホスト カード エミュレーション (HCE) モードでは、販売時点管理 (POS) 端末などのスマート カード リーダーをシミュレートする独自のカスタム スクリプトを記述して、HCE ベースのカード エミュレーション アプリケーションをテストできます。In Host Card Emulation (HCE) mode you can test your HCE-based card emulation application by writing your own custom scripts to simulate a smart card reader terminal, such as a Point of Sale (POS) terminal. このツールは、リーダー端末 (POS、バッジ リーダー、輸送カード リーダーなど) とスマート カード (アプリケーションでエミュレートするカード) の間で送信されるコマンド応答ペア (ISO-7816-4 に準拠) に精通していることを前提としています。This tool assumes that you are familiar with the command response pairs (compliant with ISO-7816-4) that are sent between a reader terminal (such as POS, badge reader or transit card reader) and the smart card (that you are emulating in your application).

NFC HCE ページ

  • スクリプト エディター セクションで [追加] ボタンをクリックして、新しいスクリプトを作ります。Create a new script by clicking the Add button in the script editor section. スクリプトの名前を指定できます。編集が完了したら、 [保存] ボタンを使ってスクリプトを保存できます。You can provide a name for your script and after you are done with editing, you can save your script using the Save button.
  • 保存されたスクリプトは、次回エミュレーターを起動したときに使うことができます。Your saved scripts will be available the next time you launch the emulator.
  • スクリプト エディター ウィンドウで [再生] ボタンをクリックして、スクリプトを実行します。Run your scripts by hitting the Play button in the scripts editor window. この操作の結果、電話を端末にタップし、スクリプトに記述されたコマンドが送信される操作がシミュレートされます。This action results in simulating of tapping your phone to the terminal and sending commands written in your script. または、 [タップ] ボタンをクリックして [再生] ボタンをクリックします。 [再生] をクリックするまで、スクリプトは実行されません。Alternatively you can hit the Tap button and then the Play button, until you hit Play the script will not run.
  • [停止] ボタンをクリックしてコマンドの送信を停止します。これにより、アプリケーションへのコマンドの送信が停止されますが、 [アンタップ] ボタンをクリックするまでデバイスはタップされたままです。Stop sending commands by hitting the Stop button, which stops sending the commands to your application but the devices remain tapped until you hit the Untap button.
  • ドロップダウン メニューでスクリプトを選んで [削除] ボタンをクリックし、スクリプトを削除します。Delete your scripts by selecting the script in the dropdown menu and hitting Delete button.
  • [再生] ボタンを使ってスクリプトを実行するまで、エミュレーター ツールはスクリプトの構文をチェックしません。The emulator tool does not check for the syntax of your scripts until you run the script using the Play button. スクリプトによって送信されるメッセージは、カード エミュレーション アプリの実装によって異なります。The messages sent by your script are dependent on your implementation of your card emulation app.

支払いアプリのテストには、MasterCard の端末シミュレーター ツール (https://www.terminalsimulator.com/) を使うこともできます。You can also use the terminal simulator tool from MasterCard (https://www.terminalsimulator.com/) for payments app testing.

  • スクリプト エディター ウィンドウの下にある [MasterCard リスナーを有効にする] チェック ボックスをオンにし、MasterCard のシミュレーターを起動します。Check the Enable MasterCard listener checkbox below the script editor windows and launch the simulator from MasterCard.
  • このツールを使うと、NFC ツールを通じてエミュレーターで実行されているアプリケーションに中継されるコマンドを生成することができます。Using the tool, you can generate commands that are relayed to your application running on the emulator through the NFC tool.

HCE のサポートと Windows 10 Mobile で HCE アプリを開発する方法について詳しくは、Microsoft NFC チームのブログをご覧ください。To learn more about HCE support and how to develop HCE apps in Windows 10 Mobile, please refer to the Microsoft NFC Team Blog.

HCE テスト用のスクリプトを作る方法How to Create Scripts for HCE Testing

スクリプトは、C# コードとして記述され、 [再生] ボタンをクリックするとスクリプトの Run メソッドが呼び出されます。このメソッドは、APDU コマンドの送受信に使われる IScriptProcessor インターフェイスを取得してログ ウィンドウに出力し、電話からの APDU 応答を待機する場合のタイムアウトを制御します。The scripts are written as C# code and your script’s Run method is called when you click the Play button, this method takes an IScriptProcessor interface which is used to transceive APDU commands, output to the log window, and control the timeout for waiting on an APDU response from the phone.

以下に、使用可能な機能の参考例を示します。Below is a reference on what functionality is available:

        public interface IScriptProcessor
        {
            // Sends an APDU command given as a hex-encoded string, and returns the APDU response
            string Send(string s);

            // Sends an APDU command given as a byte array, and returns the APDU response
            byte[] Send(byte[] s);

            // Logs a string to the log window
            void Log(string s);

            // Logs a byte array to the log window
            void Log(byte[] s);

            // Sets the amount of time the Send functions will wait for an APDU response, after which
            // the function will fail
            void SetResponseTimeout(double seconds);
        }

スマート カード リーダー モードSmart Card Reader Mode

エミュレーターは、ホスト コンピューター上のスマート カード リーダー デバイスに接続できます。そのようにすると、挿入またはタップされたスマート カードが電話アプリケーションに表示され、Windows.Devices.SmartCards.SmartCardConnection クラスを使って APDU と通信できるようになります。The emulator can be connected to a smart card reader device on your host computer, such that smart cards inserted or tapped will show up to your phone application and can be communicated to with APDUs using the Windows.Devices.SmartCards.SmartCardConnection class. これを実現するには、互換性のあるスマート カード リーダー デバイスをコンピューターに接続する必要があります。USB スマート カード リーダー (NFC/非接触型および挿入/接触型) は、簡単に入手することができます。For this to work, you will need a compatible smart card reader device attached to your computer, USB smart card readers (both NFC/contactless and insert/contact) are widely available. エミュレーターが接続されたスマート カード リーダーとやり取りできるようにするには、まずカード リーダー モードを選ぶと、ホスト システムに接続された互換性のあるスマート カード リーダーがすべて一覧表示されたドロップダウン ボックスが表示されます。次に、接続先のスマート カード リーダー デバイスをドロップダウンから選びます。To enable the emulator to work with an attached smart card reader, first choose the Card Reader mode which should show a dropdown box listing all the compatible smart card readers attached to the host system, then choose the smart card reader device you’d like to be connected from the dropdown.

NFC 対応スマート カード リーダーの中には、一部の種類の NFC カードがサポートされないものや、標準 PC/SC メモリ カード APDU コマンドがサポートされないものがある点に注意してください。Note that not all NFC-capable smart card readers support some types of NFC cards, and some do not support the standard PC/SC storage card APDU commands.

マルチポイント入力Multi-point input

エミュレーター ツール バーの [マルチタッチ入力] を使って、オブジェクトのピンチとズーム、回転、パンのマルチタッチ入力をシミュレートします。Simulate multi-touch input for pinching and zooming, rotating, and panning objects by using the Multi-touch Input button on the emulator toolbar. この機能を使うと、アプリが写真、地図、またはユーザーがピンチとズーム、回転、またはパンできるその他の視覚要素を表示する場合に役立ちます。This feature is useful if your app displays photos, maps, or other visual elements that users can pinch and zoom, rotate, or pan.

  1. エミュレーター ツール バーの [マルチタッチ入力] をタップしてマルチポイント入力を有効にします。Tap the Multi-touch Input button on the emulator toolbar to enable multi-point input. エミュレーター画面の中心点の周囲に 2 つのタッチ ポイントが表示されます。Two touch points appear on the emulator screen around a center point.
  2. 画面にタッチすることなく配置を変更するには、いずれかのタッチ ポイントを右クリックしてドラッグします。Right-click and drag one of the touch points to position them without touching the screen.
  3. ピンチとズーム、回転、またはパンをシミュレートするには、いずれかのタッチ ポイントを左クリックしてドラッグします。Left-click and drag one of the touch points to simulate pinching and zooming, rotating, or panning.
  4. エミュレーター ツール バーの [Single Point Input] (シングル ポイント入力) をタップして通常の入力に戻します。Tap the Single Point Input button on the emulator toolbar to restore normal input.

次のスクリーンショットは、マルチタッチ入力を示しています。The following screenshot shows multi-touch input.

  1. 小さい左の画像は、エミュレーター ツール バーの [マルチタッチ入力] を示しています。The small left image shows the Multi-touch Input button on the emulator toolbar.
  2. 真ん中の画像は、 [マルチタッチ入力] をタップした後の、タッチ ポイントを表示するエミュレーター画面を示しています。The middle image shows the emulator screen after tapping the Multi-touch Input button to display the touch points.
  3. 右の画像は、イメージをズームするためにタッチ ポイントをドラッグした後のエミュレーター画面を示しています。The right image shows the emulator screen after dragging the touch points to zoom the image.

エミュレーター ツール バーのマルチポイント入力オプション

AccelerometerAccelerometer

エミュレーターの [その他のツール][加速度計] タブを使って、電話の動きを追跡するアプリをテストします。Test apps that track the movement of the phone by using the Accelerometer tab of the emulator's Additional Tools.

ライブ入力または事前に記録した入力を使って加速度計センサーをテストできます。You can test the accelerometer sensor with live input or pre-recorded input. 使用できる記録済みのデータの種類は、電話をシェイクする動作をシミュレートします。The only type of recorded data that’s available simulates shaking the phone. 加速度計の独自のシミュレーションを記録または保存することはできません。You can’t record or save your own simulations for the accelerometer.

  1. [向き] ドロップダウン リストから目的の開始方向をクリックします。Select the desired starting orientation in the Orientation drop-down list.

    • 入力の種類を選びます。Select the type of input.

      ライブの入力でシミュレーションを実行するにはTo run the simulation with live input

      加速度計シミュレーターの中央で、色の付いたドットをドラッグして 3D でのデバイスの動きをシミュレートします。In the middle of the accelerometer simulator, drag the colored dot to simulate movement of the device in a 3D plane.

      水平アクセスのドットを動かすと、シミュレーターが左右に回転します。Moving the dot on the horizontal access rotates the simulator from side to side. 垂直アクセスのドットを動かすと、x 軸を中心としてシミュレーターが前後に回転します。Moving the dot on the vertical access rotates the simulator back and forth, rotating around the x-axis. ドットをドラッグすると、X、Y、Z 座標が回転の計算に基づいて更新されます。As you drag the dot, the X, Y, and Z coordinates update based on the rotation calculations. タッチ パッド領域の境界の円の外側にドットを動かすことはできません。You cannot move the dot outside the bounding circle in the touch pad area.

      必要に応じて、 [リセット] をクリックして開始方向を復元します。Optionally, click Reset to restore the starting orientation.

    • 記録された入力のシミュレーションを実行するにはTo run the simulation with recorded input

      [Recorded Data] (記録されたデータ) セクションで、 [再生] をクリックしてシミュレートされたデータの再生を開始します。In the Recorded Data section, click the Play button to start playback of the simulated data. [Recorded Data] (記録されたデータ) リストで利用できるオプションはシェイクのみです。The only option available in the Recorded Data list is shake. シミュレーターはデータの再生時に画面上で動きません。The simulator does not move on the screen when it plays back the data.

エミュレーターのその他のツールの加速度計ページ

位置とドライブLocation and driving

エミュレーターの [その他のツール][位置] タブを使って、ナビゲーションまたはジオフェンスを使うアプリをテストします。Test apps that use navigation or geofencing by using the Location tab of the emulator's Additional Tools. この機能は、現実の世界と同様の条件でドライブ、自転車移動、ウォーキングをシミュレートするために役立ちます。This feature is useful for simulating driving, biking, or walking in conditions similar to the real world.

さまざまな速度や精度プロファイルである場所から別の場所への移動をシミュレートして、アプリをテストすることができます。You can test your app while you simulate moving from one location to another at different speeds and with different accuracy profiles. 位置シミュレーターを使うことで、ユーザー エクスペリエンスを向上させるための位置情報 API の利用方法の変更を判別できます。The location simulator can help you to identify changes in your usage of the location APIs usage that improve the user experience. たとえば、さまざまなシナリオでジオフェンスを正しく検出するために、サイズやドウェル時間などのジオフェンス パラメーターを調整する必要があることを判別することができます。For example, the tool can help you identify that you have to tune geofence parameters, such as size or dwell time, to detect the geofences successfully in different scenarios.

[位置] タブは 3 つのモードをサポートしています。The Location tab supports three modes. すべてのモードで、エミュレーターが新しい位置を受け取ると、位置認識アプリでその位置を PositionChanged イベントのトリガーや、GetGeopositionAsync 呼び出しへの応答に利用することができます。In all modes, when the emulator receives a new position, that position is available to trigger the PositionChanged event or to respond to a GetGeopositionAsync call in your location-aware app.

  • [ピン] モードでは、地図にプッシュピンを配置します。In Pin mode, you place pushpins on the map. [Play all points] (すべてのポイントを再生) をクリックすると、位置シミュレーターが [Seconds per pin] (ピンごとの秒数) テキスト ボックスで指定された間隔で各ピンの位置を次々にエミュレーターに送ります。When you click Play all points, the location simulator sends the location of each pin to the emulator one after another, at the interval specified in the Seconds per pin text box.

  • [ライブ] モードでは、地図にプッシュピンを配置します。In Live mode, you place pushpins on the map. ピンを地図上に配置するとすぐに、位置シミュレーターが各ピンの位置をエミュレーターに送ります。The location simulator sends the location of each pin to the emulator immediately as you place them on the map.

  • [ルート] モードでは、地図にプッシュピンを配置して中間地点を示すと、位置シミュレーターが自動的にルートを計算します。In Route mode, you place pushpins on the map to indicate waypoints, and the location simulator automatically calculates a route. ルートには、ルートに沿って 1 秒間隔で表示されないピンが含まれています。The route includes invisible pins at one-second intervals along the route. たとえば、毎時 5 km の速度を想定する [Walking] (ウォーキング) 速度プロファイルを選んだ場合、表示されないピンが 1.39 m 間隔で生成されます。For example, if you have select the Walking speed profile, which assumes a speed of 5 kilometers per hour, then invisible pins are generated at intervals of 1.39 meters. [Play all points] (すべてのポイントを再生) をクリックすると、位置シミュレーターがドロップダウン リストで選ばれた速度プロファイルによって決定された間隔で各ピンの位置を次々にエミュレーターに送ります。When you click Play all points, the location simulator sends the location of each pin to the emulator one after another, at the interval determined by the speed profile selected in the drop-down list.

位置シミュレーターのすべてのモードで、次のことができます。In all modes of the location simulator, you can do the following things.

  • [検索] ボックスを使って位置を検索できます。You can search for a location by using the Search box.

  • 地図の [拡大][縮小] ができます。You can Zoom in and Zoom out on the map.

  • 現在のデータ ポイントのセットを XML ファイルに保存し、後で再読み込みして同じデータ ポイントを再利用することができます。You can save the current set of data points to an XML file, and reload the file later to reuse the same data points.

  • [Toggle pushpin mode on or off] (プッシュピン モードのオンとオフの切り替え) と [Clear all points] (すべてのポイントのクリア) ができます。You can Toggle pushpin mode on or off and Clear all points.

ピン モードとルート モードでは、次のこともできます。In Pin and Route mode, you can also do the following things.

  • 作成したルートを保存して後で使うことができます。Save a route you created for later use.

  • 以前に作成したルートを読み込むことができます。Load a route previously created. 以前のバージョンのツールで作成されたルート ファイルを読み込むこともできます。You can even load route files created in previous versions of the tool.

  • プッシュピン (ピン モード) または中間点 (ルート モード) を削除することでルートを修正できます。Modify a route by deleting pushpins (in Pin mode) or waypoints (in Route mode).

精度のプロファイルAccuracy profiles

位置シミュレーターのすべてのモードで、 [Accuracy profile] (精度プロファイル) ドロップダウン リストから次のいずれかの精度プロファイルを選ぶことができます。In all modes of the location simulator, you can select one of the following accuracy profiles in the Accuracy profile drop-down list.

ProfileProfile 説明Description
Pinpoint (ピンポイント)Pinpoint 完全に正確な位置の読み取りを想定します。Assumes perfectly accurate location readings. この設定は現実的ではありませんが、アプリのロジックをテストする場合に便利です。This setting is not realistic, but it's useful for testing the logic of your app.
Urban (都市)Urban 利用できる衛星の数が建物によって制限されるものの、位置決定に使うことができる携帯電話の基地局や Wi-Fi アクセス ポイントが多くの場合高密度で存在すると想定します。Assumes that buildings are restricting the number of satellites in view, but there is often a high density of cell towers and Wi-Fi access points that can be used for positioning.
郊外 (Suburban)Suburban 衛星による位置決定を比較的良好に行うことができ、携帯電話の基地局の密度も高いものの、Wi-Fi アクセス ポイントの密度は高くないと想定します。Assumes that satellite positioning is relatively good and there is good density of cell towers, but the density of Wi-Fi access points is not high.
Rural (地方)Rural 衛星による位置決定を良好に行うことができるものの、位置決定に使うことができる携帯電話の基地局の密度は低く、Wi-Fi アクセス ポイントはほとんどないと想定します。Assumes that satellite positioning is good, but there is low density of cell towers and almost no Wi-Fi access points that can be used for positioning.

速度のプロファイルSpeed profiles

[ルート] モードでは、ドロップダウン リストから次のいずれかの速度プロファイルを選ぶことができます。In Route mode, you can select one of the following speed profiles in the drop-down list.

ProfileProfile 時速Speed per hour 秒速Speed per second 説明Description
Speed Limit (制限速度)Speed Limit ルートの速度制限Speed limit of the route 該当なしNot applicable ポストされた制限速度でルートをスキャンします。Traverse the route at the posted speed limit.
Walking (ウォーキング)Walking 5 km/時5 km/h 1.39 m1.39 m 自然な歩行ペースの 5 km/時でルートをスキャンします。Traverse the route at a natural walking pace of 5 km/h.
Biking (自転車移動)Biking 25 km/時25 km/h 6.94 m6.94 m 自然な自転車移動ペースの 25 km/時でルートをスキャンします。Traverse the route at a natural biking pace of 25 km/h.
ファースト (高速)Fast ポストされた制限速度よりも高速でルートをスキャンします。Traverse the route faster than the posted speed limit.  

ルートのモードRoute mode

ルート モードには次の機能と制限事項があります。Route mode has the following features and limitations.

  • ルート モードにはインターネット接続が必要です。Route mode requires an Internet connection.

  • 都市、郊外、または地方の精度プロファイルが選ばれていると、位置シミュレーターはシミュレートされた衛星ベースの位置、シミュレートされた Wi-Fi 位置、シミュレートされた携帯電話位置を各ピンに計算します。When the Urban, Suburban, or Rural accuracy profile is selected, the location simulator calculates a simulated satellite-based position, a simulated Wi-Fi position, and a simulated cellular position for each pin. アプリはこれらの位置のいずれかのみを受け取ります。Your app receives only one of these positions. 現在の場所の座標の 3 つのセットが地図と [現在の場所] リストに異なる色で表示されます。The three sets of coordinates for the current location are displayed in different colors on the map and in the Current location list.

  • ルートに沿ったピンの精度は均一ではありません。The accuracy of the pins along route the route is not uniform. 一部のピンは衛星精度を使い、一部のピンは Wi-Fi 精度を使い、一部のピンは携帯電話精度を使います。Some of the pins use satellite accuracy, some use Wi-Fi accuracy, and some use cellular accuracy.

  • ルートに 20 個を超える中間点を選ぶことはできません。You cannot select more than 20 waypoints for the route.

  • 地図上の表示されているピンと表示されていないピンの位置は、新しい精度プロファイルを選んだときに一度だけ生成されます。Positions for the visible and invisible pins on the map are generated only once when you select a new accuracy profile. 同じエミュレーター セッションで同じ精度プロファイルを使ってルートを 2 回以上再生すると、前に生成された位置が再利用されます。When you play the route more than once with the same accuracy profile during the same emulator session, the previously generated positions are reused.

次のスクリーン ショットは、ルート モードを示しています。The following screenshot shows Route mode. オレンジ色の線はルートを示しています。The orange line indicates the route. 青いドットは衛星ベースで位置決定された正確な車の場所を示しています。The blue dot indicates the accurate location of the car determined by satellite-based positioning. 赤のドットと緑のドットは、Wi-Fi と携帯電話の位置決定と郊外精度プロファイルを使って計算された、精度の劣る位置を示しています。The red and green dots indicate less accurate locations calculated by using Wi-Fi and cellular positioning and the Suburban accuracy profile. 計算された 3 つの位置も [現在の場所] リストに表示されます。The three calculated locations are also displayed in the Current location list.

エミュレーターのその他のツールの位置ページ

詳細については、位置特定シミュレーターについてMore info about the location simulator

  • 精度が既定に設定された位置を要求できます。You can request a position with the accuracy set to Default. 位置シミュレーターの Windows Phone 8 バージョンに存在した、精度が高に設定された位置の要求が必須となる制限が修正されました。A limitation that existed in the Windows Phone 8 version of the location simulator, and required you to request a position with the accuracy set to High, has been fixed.

  • エミュレーターでジオフェンスをテストするときは、ジオフェンス エンジンに「ウォーミングアップ」期間を与えるシミュレーションを作成し、移動パターンを把握して調整します。When you test geofencing in the emulator, create a simulation that gives the geofencing engine a “warm-up” period to learn and adjust to the movement patterns.

  • シミュレートされる位置プロパティは、[緯度]、[経度]、[精度]、[PositionSource] (位置ソース) のみです。The only position properties that are simulated are the Latitude, Longitude, Accuracy, and PositionSource. 位置シミュレーターでは [速度] や [方位] などのその他のプロパティはシミュレートされません。The location simulator does not simulate other properties such as Speed, Heading, and so forth.

ネットワークNetwork

エミュレーターの [その他のツール][ネットワーク] タブを使って、さまざまなネットワークの速度とシグナルの強さでアプリをテストします。Test your app with different network speeds and different signal strengths by using the Network tab of the emulator's Additional Tools. この機能は、アプリで Web サービスを呼び出す場合や、データを移す場合に便利です。This feature is useful if your app calls web services or transfers data.

ネットワーク シミュレーション機能を使うことで、アプリが現実世界で適切に実行されることを確認することができます。The network simulation feature helps you to make sure that your app runs well in the real world. Windows Phone エミュレーターは、通常は高速 WiFi またはイーサネット接続を備えたコンピューターで実行されます。The Windows Phone Emulator runs on a computer that usually has a fast WiFi or Ethernet connection. しかし、アプリは通常より低速な携帯電話接続で接続されている電話で実行されます。Your app, however, runs on phones that are typically connected over a slower cellular connection.

  1. [ネットワーク シミュレーションを有効にする] にチェックを入れて、さまざまな速度とシグナルの強さでアプリをテストします。Check Enable network simulation to test your app with different network speeds and different signal strengths.

  2. [ネットワークの速度] ドロップダウン リストで、次のいずれかのオプションを選びます。In the Network speed dropdown list, select one of the following options:

    • ネットワークなしNo network
    • 2G2G
    • 3G3G
    • 4G4G
  3. [シグナルの強さ] ドロップダウン リストで、次のいずれかのオプションを選びます。In the Signal strength dropdown list, select one of the following options:

    • 良好Good
    • 平均Average
    • 悪いPoor
  4. [ネットワーク シミュレーションを有効にする] をクリアして、開発用コンピューターのネットワーク設定を使う既定の動作に戻します。Clear Enable network simulation to restore the default behavior, which uses the network settings of your development computer.

また、 [ネットワーク] タブで現在のネットワーク設定を確認することもできます。You can also review the current network settings on the Network tab.

エミュレーターのその他のツールのネットワーク ページ

SD カードSD card

エミュレーターの [その他のツール][SD カード] タブを使って、シミュレートされたリムーバブル SD カードでアプリをテストします。Test your app with a simulated removable SD card by using the SD Card tab of the emulator's Additional Tools. この機能は、アプリでファイルの読み取りまたは書き込みを行うときに役立ちます。This feature is useful if your app reads or write files.

エミュレーターのその他のツールの SD カード ページ

[SD カード] タブは開発用コンピューターのフォルダーを使って電話のリムーバブル SD カードをシミュレートします。The SD Card tab uses a folder on the development computer to simulate a removable SD card in the phone.

  1. フォルダーを選びますSelect a folder.

    [参照] をクリックして、シミュレートされた SD カードのコンテンツを格納する開発用コンピューターのフォルダーを選びます。Click Browse to pick a folder on the development computer to hold the contents of the simulated SD card.

  2. SD カードを挿入しますInsert the SD card.

    フォルダーを選んだら、 [Insert SD card] (SD カードの挿入) をクリックします。After selecting a folder, click Insert SD card. SD カードを挿入すると、次のことが行われます。When you insert the SD card, the following things happen:

    • フォルダーを指定しなかった場合、またはフォルダーが有効でない場合は、エラーが発生します。If you didn't specify a folder, or the folder's not valid, an error occurs.
    • 開発用コンピューターの指定されたフォルダーが、エミュレーターのシミュレートされた SD カードのルート フォルダーにコピーされます。The files in the specified folder on the development computer are copied to the root folder of the simulated SD card on the emulator. 進行状況バーにより、同期操作の進行状況が示されます。A progress bar indicates the progress of the sync operation.
    • [Insert the SD card] (SD カードの挿入) が [Eject SD card] (SD カードの取り出し) に変わります。The Insert the SD card button changes to Eject SD card.
    • 同期操作の進行中に、 [Eject SD card] (SD カードの取り出し) をクリックすると、操作が取り消されます。If you click Eject SD card while the sync operation is in progress, the operation is canceled.
  3. 必要に応じて、 [Sync updated files back to the local folder when I eject the SD card] (SD カードの取り出し時に更新されたファイルをローカル フォルダーに同期) をオンまたはオフにします。Optionally, select or clear Sync updated files back to the local folder when I eject the SD card.

    このオプションは、既定の設定で有効になります。This option is enabled by default. このオプションを有効にすると、SD カードの取り出し時にエミュレーターのファイルが開発用コンピューターのフォルダーに同期されます。When this option is enabled, files are synced from the emulator back to the folder on the development computer when you eject the SD card.

  4. SD カードを取り出しますEject the SD card.

    [Eject SD card] (SD カードの取り出し) をクリックします。Click Eject SD card. SD カードを取り出すと、次のことが行われます。When you eject the SD card, the following things happen:

    • [Sync updated files back to the local folder when I eject the SD card] (SD カードの取り出し時に更新されたファイルをローカル フォルダーに同期) をオンにしていた場合、次のことが行われます。if you have selected Sync updated files back to the local folder when I eject the SD card, the following things happen:
      • エミュレーターのシミュレートされた SD カードのファイルが、開発用コンピューターの指定されたフォルダーにコピーされます。The files on the simulated SD card on the emulator are copied to the specified folder on the development computer. 進行状況バーにより、同期操作の進行状況が示されます。A progress bar indicates the progress of the sync operation.
      • [Eject SD card] (SD カードの取り出し) が [同期のキャンセル] に変わります。The Eject SD card button changes to Cancel sync.
      • 同期操作の進行中に [同期のキャンセル] をクリックすると、カードが取り出され、同期操作の結果は不完全になります。If you click Cancel sync while the sync operation is in progress, the card is ejected and the results of the sync operation are incomplete.
    • [SD カードの取り出し] が再び [SD カードの挿入] に変わります。The Eject SD card button changes back to Insert SD card.

  電話で使用されるための SD カードが FAT32 ファイル システムでフォーマットされた、32 GB の最大サイズのです。Note  Since an SD card used by the phone is formatted with the FAT32 file system, 32GB is the maximum size.

シミュレートされた SD カードとの間の読み込みと書き込みの速度が、実際の速度と似せるために調整されます。The speed of reading from and writing to the simulated SD card is throttled to imitate real-world speeds. SD カードへのアクセスは、コンピューターのハード ドライブへのアクセスよりも遅くなります。Accessing an SD card is slower than accessing the computer's hard drive.

通知Notifications

エミュレーターの [その他のツール][通知] タブを使ってアプリにプッシュ通知を送ります。Send push notifications to your app by using the Notifications tab of the emulator's Additional Tools. この機能は、アプリでプッシュ通知を受け取るときに役立ちます。This feature is useful if your app receives push notifications.

アプリの公開後に必要となる実際に使えるクラウド サービスを作成することなく、簡単にプッシュ通知をテストできます。You can easily test push notifications without creating the working cloud service that's required after you publish your app.

  1. シミュレーションを有効にします。Enable simulation.

    [有効] をオンにすると、シミュレーションを無効にするまでエミュレーターに展開されているすべてのアプリが WNS または MPN サービスの代わりにシミュレーション エンジンを使います。After you select Enabled, all apps deployed on the emulator use the simulation engine instead of the WNS or MPN service until you disable simulation.

  2. 通知を受信するアプリを選択します。Select an app to receive notifications.

    [AppId] リストには、プッシュ通知を有効にされた、エミュレーターに展開されているすべてのアプリが自動的に追加されます。The AppId list is automatically populated with all apps deployed to the emulator that are enabled for push notifications. ドロップダウン リストからアプリを選びます。Select an app in the drop-down list.

    シミュレーションを有効にした後に別のプッシュ対応アプリを展開する場合は、 [更新] をクリックしてアプリをリストに追加します。If you deploy another push-enabled app after enabling simulation, click Refresh to add the app to the list.

  3. 通知チャネルを選択します。Select a notification channel.

    [AppId] リストでアプリを選ぶと、選択したアプリに登録されたすべての通知チャネルが [URI] リストに自動的に追加されます。After you select an app in the AppId list, the URI list is automatically populated with all the notification channels registered for the selected app. ドロップダウン リストから通知チャネルを選びます。Select a notification channel in the drop-down list.

  4. 通知の種類を選択します。Select a notification type.

    [URI] リストから通知チャネルを選ぶと、通知サービスに利用可能なすべての種類が [通知の種類] リストに自動的に追加されます。After you select a notification channel in the URI list, the Notification Type list is automatically populated with all the types available for the notification service. ドロップダウン リストから通知の種類を選びます。Select a notification type in the drop-down list.

    シミュレーターは Uri 形式の通知チャネルを使ってアプリが WNS または MPN プッシュ通知を使っているかどうかを判断します。The simulator uses the Uri format of the notification channel to determine whether the app is using WNS or MPN push notifications.

    シミュレーションはすべての通知の種類をサポートしています。Simulation supports all notification types. 既定の通知の種類は [タイル] です。The default notification type is Tile.

    • 次の WNS 通知の種類がサポートされています。The following WNS notification types are supported.

      • 直接Raw

      • トーストToast

        アプリが WNS 通知を使っている場合に通知の種類に [トースト] を選ぶと、シミュレーション タブにタグ フィールドとグループ フィールドが表示されます。When your app uses WNS notifications and you select the Toast notification type, the simulation tab displays the Tag and Group fields. これらのオプションを選択して [タグ][グループ] の値を入力し、通知センターのトースト通知を管理することができます。You can select these options and enter Tag and Group values to manage toast notifications in the Notification Center.

      • TileTile

      • バッジBadge

    • 次の MPN 通知の種類がサポートされています。The following MPN notification types are supported.

      • 直接Raw
      • トーストToast
      • TileTile
  5. 通知テンプレートを選択します。Select a notification template.

    [通知の種類] リストから通知の種類を選ぶと、その通知の種類に利用可能なすべてのテンプレートが [テンプレート] リストに自動的に追加されます。After you select a notification type in the Notification Type list, the Templates list is automatically populated with all the templates available for the notification type. ドロップダウン リストでテンプレートを選びます。Select a template in the drop-down list.

    シミュレーションはすべてのテンプレートの種類をサポートしています。Simulation supports all template types.

  6. 通知ペイロードを必要に応じて変更します。Optionally, change the notification payload.

    [テンプレート] リストのテンプレートを選ぶと、そのテンプレートのサンプル ペイロードが [Notification Payload] (通知のペイロード) テキスト ボックスに自動的に追加されます。After you select a template in the Templates list, the Notification Payload text box is automatically populated with a sample payload for the template. [Notification Payload] (通知のペイロード) テキスト ボックスのサンプル ペイロードを確認します。Review the sample payload in the Notification Payload text box.

    • サンプル ペイロードは変更せずに送信できます。You can send the sample payload without changing it.

    • テキスト ボックスでサンプル ペイロードを編集できます。You can edit the sample payload in the text box.

    • [読み込み] をクリックしてテキスト ファイルまたは XML ファイルからペイロードを読み込むことができます。You can click Load to load a payload from a text or XML file.

    • [保存] をクリックして、後で再利用するためにペイロードの XML テキストを保存することができます。You can click Save to save the XML text of the payload to use again later.

    シミュレーターはペイロードの XML テキストを検証しません。The simulator does not validate the XML text of the payload.

  7. プッシュ通知を送信します。Send the push notification.

    [送信] をクリックして選択したアプリにプッシュ通知を送信します。Click Send to deliver the push notification to the selected app.

    画面に成功または失敗を示すメッセージが表示されます。The screen displays a message to indicate success or failure.

エミュレーターのその他のツールの通知ページ

センサーSensors

エミュレーターの [その他のツール][センサー] タブを使って、すべてのオプションのセンサーまたはカメラ機能を備えていない低コストな電話でアプリがどのように動作するかをテストします。Test how your app works on low-cost phones that don't have all the optional sensors or camera features by using the Sensors tab of the emulator's Additional Tools. この機能は、アプリでカメラや一部の電話のセンサーを使い、このアプリを可能な限り幅広い市場に提供する場合に便利です。This feature is useful if your app uses the camera or some of the phone's sensors, and you want your app to reach the largest possible market.

  • 既定では、すべてのセンサーが [Optional sensors] (オプション センサー) リストで有効になっています。By default, all sensors are enabled in the Optional sensors list. 個々のチェック ボックスをオンまたはオフにし、個々のセンサーを有効または無効にします。Select or clear individual check boxes to enable or disable individual sensors.
  • 選択内容を変更したら、 [適用] をクリックします。After you change your selections, click Apply. その後、エミュレーターを再起動する必要があります。Then you have to restart the emulator.
  • 変更を行った後に、 [適用] をクリックせずにタブを切り替えたり [その他のツール] ウィンドウを閉じると、変更内容は破棄されます。If you make changes, and then you switch tabs or close the Additional Tools window without clicking Apply, your changes are discarded.
  • 設定は、エミュレーター セッションの間、設定を変更するかリセットするまで保持されます。Your settings are persisted between for the emulator session until you change them or reset them. チェックポイントをキャプチャすると、設定がチェックポイントと共に保存されます。If you capture a checkpoint, the settings are saved with the checkpoint. 設定は使っている特定のエミュレーターでのみ保持されます (エミュレーター 8.1 WVGA 4" 512 MB など)。The settings are persisted only for the specific emulator that you're using - for example, Emulator 8.1 WVGA 4" 512MB.

エミュレーターのその他のツールのセンサー ページ

センサーのオプションSensor options

次のオプションのハードウェア センサーを有効または無効にすることができます。You can enable or disable the following optional hardware sensors:

  • 環境光センサーAmbient light sensor
  • 正面カメラFront-facing camera
  • ジャイロスコープGyroscope
  • コンパス (磁力計)Compass (magnetometer)
  • NFCNFC
  • ソフトウェア ボタン (一部の高解像度エミュレーター イメージでのみ)Software buttons (only on some high-resolution emulator images)

カメラのオプションCamera options

[Optional sensors] (オプション センサー) リストのチェック ボックスをオンまたはオフにすることで、オプションの正面カメラを有効または無効にすることができます。You can enable or disable the optional front-facing camera by selecting or clearing the check box in the Optional sensors list.

[カメラ] ドロップダウン リストから次のいずれかのカメラ プロファイルを選ぶこともできます。You can also select one of the following camera profiles in the Camera dropdown list.

  • Windows Phone 8.0 カメラ。Windows Phone 8.0 camera.
  • Windows Phone 8.1 カメラ。Windows Phone 8.1 camera.

各プロファイルによってサポートされているカメラ機能の一覧を示します。Here is the list of camera features supported by each of the profiles.

機能Feature Windows Phone 8.0 カメラWindows Phone 8.0 camera Windows Phone 8.1 カメラWindows Phone 8.1 camera
解決方法Resolution 640 x 480 (VGA)640 x 480 (VGA) 640 x 480 (VGA) 以上640 x 480 (VGA) or better
自動フォーカスAutofocus Yes Yes
FlashFlash XNo Yes
ズームZoom 2x (デジタルまたは光学)2x (digital or optical) 2x (デジタルまたは光学)2x (digital or optical)
ビデオ解像度Video resolution 640 x 480 (VGA)640 x 480 (VGA) 640 x 480 (VGA) 以上640 x 480 (VGA) or better
プレビュー解像度Preview resolution 640 x 480 (VGA)640 x 480 (VGA) 640 x 480 (VGA)640 x 480 (VGA)

フレーム レート カウンターFrame rate counters

Windows Phone エミュレーターのフレーム レート カウンターを使って、実行中のアプリのパフォーマンスを監視します。Use the frame rate counters in Windows Phone emulator to monitor the performance of your running app.

Windows Phone エミュレーターのフレーム レート カウンター

フレーム レート カウンターの説明Descriptions of the frame rate counters

次の表で、各フレーム レート カウンターについて説明します。The following table describes each frame rate counter.

フレーム レート カウンターFrame rate counter 説明Description
コンポジション (レンダリング) スレッド フレーム レート (FPS)Composition (Render) Thread Frame Rate (FPS) 画面が更新される速度です。The rate at which the screen is updated.
ユーザー インターフェイス スレッド フレーム レート (FPS)User Interface Thread Frame Rate (FPS) UI スレッドの実行速度です。The rate at which the UI thread is running.
テクスチャ メモリ使用率Texture Memory Usage アプリで使用されているテクスチャのビデオメモリやシステム メモリのコピーです。The video memory and system memory copies of textures being used in the app.
サーフェス カウンターSurface Counter 処理するために GPU に渡された明示的なサーフェイスの数です。The number of explicit surfaces being passed to the GPU for processing.
中間サーフェス カウンターIntermediate Surface Counter キャッシュされたサーフェイスの結果として生成された暗黙的なサーフェイスの数です。The number of implicit surfaces generated as a result of cached surfaces.
画面フィル レート カウンターScreen Fill Rate Counter 画面数に換算したフレームあたりの描画されるピクセルの数です。The number of pixels being painted per frame in terms of screens. 値 1 は現在の画面解像度のピクセル数、たとえば 480 x 800 ピクセルを表します。A value of 1 represents the number of pixels in the current screen resolution – for example, 480 x 800 pixels.

有効にして、フレーム レート カウンターを無効化Enabling and disabling the frame rate counters

コード内でフレーム レート カウンターの表示を有効および無効にすることができます。You can enable or disable the display of the frame rate counters in your code. Visual Studio で Windows Phone アプリ プロジェクトを作成すると、フレーム レート カウンターを有効にするための次のコードが既定で App.xaml.cs ファイルに追加されます。When you create a Windows Phone app project in Visual Studio, the following code to enable the frame rate counters is added by default in the file App.xaml.cs. フレーム レート カウンターを無効にするには、EnableFrameRateCounterfalse に設定するか、コード行をコメント アウトします。To disable the frame rate counters, set EnableFrameRateCounter to false or comment out the line of code.

// Show graphics profiling information while debugging.
if (System.Diagnostics.Debugger.IsAttached)
{
   // Display the current frame rate counters.
   Application.Current.Host.Settings.EnableFrameRateCounter = true;
   
   // other code…
}
' Show graphics profiling information while debugging.
If System.Diagnostics.Debugger.IsAttached Then

   ' Display the current frame rate counters.
   Application.Current.Host.Settings.EnableFrameRateCounter = True

   ' other code...
End If

既知の問題Known Issues

エミュレーターの既知の問題と、問題が発生した場合の推奨される解決策を次に示します。The following are known issues with the emulator, with suggested ways to work around problems if you encounter them.

エラー メッセージ:「仮想イーサネット スイッチを削除中に失敗しました」Error message: “Failed while removing virtual Ethernet switch”

など、新しい Windows 10 のフライトに更新した後、特定の状況で、エミュレーターに関連付けられている仮想ネットワーク スイッチは、ユーザー インターフェイスから削除できない状態にアクセスできます。In certain situations, including after you update to a new Windows 10 flight, a virtual network switch associated with the emulator can get into a state where it can't be deleted through the user interface.

この状況から回復するには、管理者のコマンド プロンプト C:\Program Files (x86)\Microsoft XDE\<version>\XdeCleanup.exe から "netcfg -d" を実行します。To recover from this situation run "netcfg -d" from an administrator command prompt: C:\Program Files (x86)\Microsoft XDE\<version>\XdeCleanup.exe. コマンドの実行が完了したら、コンピューターを再起動して回復プロセスを実行します。When the command is finished running, reboot your computer to complete the recovery process.

  このコマンドは、エミュレーターに関連付けられているものだけでなく、すべてのネットワーク デバイスを削除します。Note  This command will delete all networking devices, not just those associated with the emulator. 使用しているコンピューターを再度起動すると、すべてのハードウェア ネットワーク デバイスが自動的に検出されます。When your computer starts again, all hardware networking devices will be discovered automatically.  

エミュレーターを起動できないUnable to launch the emulators

Microsoft Emulator には、すべての VM、差分ディスク、およびエミュレーター固有のネットワーク スイッチを削除するツールである XDECleanup.exe が含まれており、これはエミュレーター (XDE) バイナリに既に付属しています。Microsoft Emulator includes XDECleanup.exe, a tool that deletes all VMs, diff disks, and emulator specific network switches, and it ships with the emulator (XDE) binaries already. エミュレーター VM が無効な状態になったら、このツールを使用して、その VM をクリーンアップする必要があります。You should use this tool to clean up emulator VMs if they get into a bad state. ツールは、管理者のコマンド プロンプトから実行します (C:\Program Files (x86)\Microsoft XDE\<version>\XdeCleanup.exe)。Run the tool from an administrator command prompt:C:\Program Files (x86)\Microsoft XDE\<version>\XdeCleanup.exe

  XDECleanup.exe は、すべてのエミュレーターを削除します。 特定の Hyper-v Vm とそのも VM チェックポイントを削除または保存された状態。Note  XDECleanup.exe deletes all emulator specific Hyper-V VMs, and it also deletes any VM checkpoints or saved states.

モバイル向け Windows 10 イメージのアンインストールUninstall Windows 10 for Mobile Image

エミュレーターをインストールすると、モバイル向け Windows 10 の VHD イメージがインストールされ、独自のエントリがコントロール パネルの [プログラムと機能] の一覧に示されます。When you install the emulator, a Windows 10 for Mobile VHD image is installed, which gets its own entry in the Programs and Features list in the Control Panel. このイメージをアンインストールするには、インストールされているプログラムの一覧で [Windows 10 for Mobile Image - ] を見つけて右クリックし、 [アンインストール] をクリックします。If you wish to uninstall the image, find Windows 10 for Mobile Image - in the list of installed programs, right-click on it, and choose Uninstall.

その後、現在のリリースで、エミュレーターの VHD ファイルを手動で削除する必要があります。In the current release, you must then manually delete the VHD file for the emulator. 既定のパスに、エミュレーターをインストールした場合、VHD ファイルは c:\Program Files (x86)\Windows キット\10\エミュレーション\Mobile\ \flash.vhd します。If you installed the emulator to the default path, the VHD file is at C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Emulation\Mobile\\flash.vhd.

ハードウェア アクセラレータに対応したグラフィックを無効にする方法How to disable hardware accelerated graphics

既定では、Windows 10 Mobile Emulator は、ハードウェア アクセラレータに対応したグラフィックを使用します。By default, Windows 10 Mobile Emulator uses hardware accelerated graphics. ハードウェア アクセラレータが有効になっており、エミュレーターを起動できない場合は、レジストリ値を設定して無効にすることができます。If you are having trouble launching the emulator with hardware acceleration enabled, you can turn it off by setting a registry value.

ハードウェア アクセラレータを無効にするにはTo disable hardware acceleration:

  1. レジストリ エディターを開きます。Start Registry Editor.
  2. 存在しない場合は、次のレジストリ サブキーを作成します。HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Xde\10.0Create the following registry subkey if it doesn't exist: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Xde\10.0
  3. [10.0] フォルダーを右クリックし、 [新規] をポイントして、 [DWORD 値] をクリックします。Right click the 10.0 folder, point to New, and then click DWORD Value.
  4. DisableRemoteFx」と入力し、Enter キーを押します。Type DisableRemoteFx, and then press Enter.
  5. [DisableRemoteFx] をダブルクリックして、 [値] データ ボックスに「1」と入力します。次に、 [10 進数] オプションを選択して [OK] をクリックします。Double-click DisableRemoteFx, enter 1 in the Value data box, select the Decimal option, and then click OK.
  6. レジストリ エディターを閉じます。Close Registry Editor.

注: このレジストリ値を設定した後は、Visual Studio で起動した構成については、HYPER-V マネージャーで仮想マシンを削除し、ソフトウェア レンダリングのグラフィックスとエミュレーターを再起動し、必要があります。Note: After setting this registry value, you must delete the virtual machine in Hyper-V manager for the configuration that you launched in Visual Studio, and then relaunch the emulator with software-rendered graphics.

サポート資料Support Resources

Windows 10 ツールを使う際に生じた質問の答えを探したり、問題を解決したりするには、Windows 10 ツール フォーラムにアクセスしてください。To find answers and solve problems as you start working with the Windows 10 tools, please visit Windows 10 Tools forum. Windows 10 開発のすべてのフォーラムを参照するには、このリンクにアクセスしてください。To see all the forums for Windows 10 development, visit this link.