セカンダリ タイルのガイダンスSecondary tile guidance

セカンダリ タイルを使うと、スタート メニューからアプリ内の特定の領域に、一貫した方法で効率的に直接アクセスすることができます。A secondary tile provides a consistent, efficient way for users to directly access specific areas within an app from the Start menu. ユーザーはセカンダリ タイルをスタート メニューに "ピン留め" するかどうかを選択できますが、アプリ内のピン留めできる領域は開発者によって決められます。Although a user chooses whether or not to "pin" a secondary tile to the Start menu, the pinnable areas in an app are determined by the developer. 詳しくは、「セカンダリ タイルの概要」をご覧ください。For a more detailed summary, see Secondary tiles overview. アプリでセカンダリ タイルを有効にし、関連する UI を設計するときは、次のガイドラインを考慮してください。Consider these guidelines when you enable secondary tiles and design the associated UI in your app.

注意

セカンダリ タイルをスタート メニューにピン留めできるのはユーザーだけです。アプリでプログラムによってピン留めすることはできません。Only users can pin a secondary tile to the Start menu; apps can't programmatically pin secondary tiles. タイルの削除もユーザーがコントロールし、セカンダリ タイルをスタート メニューや親アプリ内から削除することができます。Users also control tile removal, and can remove a secondary tile from the Start menu or from within the parent app.

推奨事項Recommendations

アプリでセカンダリ タイルを有効にするときは、以下の推奨事項を考慮してください。Consider the following recommendations when enabling secondary tiles in your app:

  • 対象のコンテンツがピン留めできる場合は、セカンダリ タイルを作る [スタートにピン留めする] ボタンをアプリ バーに表示する必要があります。When the content in focus is pinnable, the app bar should contain a "Pin to Start" button to create a secondary tile for the user.
  • ユーザーが [スタートにピン留めする] をクリックした場合、UI スレッドから直ちに API を呼び出して、セカンダリ タイルをピン留めする必要があります。When the user clicks "Pin to Start", you should immediately call the API from the UI thread to pin the secondary tile.
  • 対象のコンテンツが既にピン留めされている場合は、アプリ バーの [スタートにピン留めする] ボタンを [スタートからピン留めを外す] ボタンに置き換えます。If the content in focus is already pinned, replace the "Pin to Start" button on the app bar with an "Unpin from Start" button. [スタートからピン留めを外す] ボタンは、既存のセカンダリ タイルを削除する必要があります。The "Unpin from Start" button should remove the existing secondary tile.
  • 対象のコンテンツがピン留めできない場合は、[スタートにピン留めする] ボタンを表示しません (または、[スタートにピン留めする] ボタンを無効にします)。When the content in focus is not pinnable, don't show a "Pin to Start" button (or show a disabled "Pin to Start" button).
  • [スタートにピン留めする] ボタンと [スタートからピン留めを外す] ボタンには、システムが提供するグリフを使います (Windows.UI.Xaml.Controls.Symbol または WinJS.UI.AppBarIcon のピン留めとピン止め解除のメンバーをご覧ください)。Use the system-provided glyphs for your "Pin to Start" and "Unpin from Start" buttons (see the pin and unpin members in Windows.UI.Xaml.Controls.Symbol or WinJS.UI.AppBarIcon).
  • 標準のボタンのテキストを使用します。「スタートにピン留めする」および「最初からピン留めを外す」。Use the standard button text: "Pin to Start" and "Unpin from Start". システムによって提供されるピン留めとピン留め解除のグリフを使うときは、既定のテキストをオーバーライドする必要があります。You'll have to override the default text when using the system-provided pin and unpin glyphs.
  • "次のトラックにスキップ" タイルのように、親アプリと対話するための、事実上のコマンド ボタンとしてセカンダリ タイルを使わないでください。Don't use a secondary tile as a virtual command button to interact with the parent app, such as a "skip to next track" tile.

開発者向けのその他の使い方のガイダンスAdditional usage guidance for devs

  • アプリの起動時には、常にセカンダリ タイルを列挙する必要があります。セカンダリ タイルの追加や削除を把握していない場合があるためです。When an app launches, it should always enumerate its secondary tiles, in case there were any additions or deletions of which it was unaware. スタート画面のアプリ バーを使ってセカンダリ タイルを削除すると、タイトルも削除されます。When a secondary tile is deleted through the Start screen app bar, Windows simply removes the tile. セカンダリ タイルによって使われていたリソースは、アプリ自体で解放する必要があります。The app itself is responsible for releasing any resources that were used by the secondary tile. クラウドを通じてセカンダリ タイルがコピーされた場合、セカンダリ タイル上のタイルまたはバッジの現在の通知、スケジュールされた通知、プッシュ通知チャネル、定期的な通知で使われる URI (Uniform Resource Identifier) はタイルと共にコピーされないので、再設定する必要があります。When secondary tiles are copied through the cloud, current tile or badge notifications on the secondary tile, scheduled notifications, push notification channels, and Uniform Resource Identifiers (URIs) used with periodic notifications are not copied with the secondary tile and must be set up again.
  • アプリでは、セカンダリ タイルに意味のある再作成可能な一意の ID を使う必要があります。An app should use meaningful, re-creatable, unique IDs for secondary tiles. アプリにとって意味のある予測可能なセカンダリ タイル ID を使うことにより、新しいコンピューターの新規インストールでセカンダリ タイルが表示されたときに、アプリはそれらのタイルで実行する処理を判断できるようになります。Using predictable secondary tile IDs that are meaningful to an app helps the app understand what to do with these tiles when they are seen in a fresh installation on a new computer.
    • 実行時に、アプリは特定のタイルが存在するかどうかを照会できます。At runtime, the app can query whether a specific tile exists.
    • セカンダリ タイルのプラットフォームに、特定のアプリに属するすべてのセカンダリ タイルのセットを返すよう要求できます。The secondary tile platform can be asked to return the set of all secondary tiles belonging to a specific app. これらのタイルに意味のある一意の ID を使うことにより、アプリはセカンダリ タイルのセットを調べ、適切なアクションを実行できます。Using meaningful, unique IDs for these tiles can help the app examine the set of secondary tiles and perform appropriate actions. たとえば、ソーシャル メディア アプリの場合、ID によってタイルの作成対象である個々の連絡先を識別できます。For instance, for a social media app, IDs could identify individual contacts for whom tiles were created.
  • スタート画面のすべてのタイルと同様に、セカンダリ タイルは新しいコンテンツで頻繁に更新できる動的な表示機能です。Secondary tiles, like all tiles on the Start screen, are dynamic outlets that can be frequently updated with new content. セカンダリ タイルでは、他のタイルと同じメカニズムを使って通知や最新情報を表示できます。Secondary tiles can surface notifications and updates by using the same mechanisms as any other tile. 詳しくは、「通知配信方法の選択」をご覧ください。See Choose a notification delivery method to learn more.