照明Lighting

光源は、シーン内のオブジェクトを照射するのに使われます。Lights are used to illuminate objects in a scene. 各オブジェクト頂点の色は、現在のテクスチャ マップ、頂点の色、光源に基づきます。The color of each object vertex is based on the current texture map, vertex colors, and light sources.

  このセクションは、固定関数のパイプラインのみです。Note   This section is only for the fixed-function pipeline. プログラム可能なシェーダーは、すべての光源を明示的に実行します。Programmable shaders perform all lighting explicitly.

 

このセクションの内容In this section

トピックTopic 説明Description

照明の概要Lighting overview

Direct3D の光源を使うときは、Direct3D が照明のディテールを自動的に処理できるようにします。When you use Direct3D lighting, you allow Direct3D to handle the details of illumination for you. 詳しい知識のあるユーザーは、必要に応じて自分で光源を実行することもできます。Advanced users can perform lighting on their own, if desired.

ライトの種類Light types

光源の種類プロパティは、使う光源の種類を定義します。The light type property defines which type of light source you're using. Direct3D には 3 種類の光源 (ポイント ライト、スポットライト、指向性ライト) があります。There are three types of lights in Direct3D - point lights, spotlights, and directional lights.

ライトのプロパティLight properties

光源のプロパティは、光源の種類 (ポイント、指向性、スポットライト)、減衰、色、方向、位置、範囲を表します。Light properties describe a light source's type (point, directional, spotlight), attenuation, color, direction, position, and range.

照明の計算Mathematics of lighting

Direct3D の照明モデルは、環境光、拡散光、反射光、放射光を扱います。The Direct3D Light Model covers ambient, diffuse, specular, and emissive lighting. これにより、さまざまな照明の状況に十分対応することができます。This is enough flexibility to solve a wide range of lighting situations. シーン内の照明の合計量は、全体照明と呼ばれます。The total amount of light in a scene is called the global illumination.

 

関連トピックRelated topics

Direct3D グラフィックス学習ガイドDirect3D Graphics Learning Guide