実行、デバッグ、およびデスクトップ アプリケーションのパッケージのテストRun, debug, and test a packaged desktop application

パッケージ化されたアプリケーションを実行し、それに署名することがなくの外観を確認します。Run your packaged application and see how it looks without having to sign it. その後、ブレークポイントを設定し、コード全体をステップ実行します。Then, set breakpoints and step through code. 実稼働環境でアプリをテストする準備ができたら、アプリケーションに署名してインストールします。When you're ready to test your application in a production environment, sign your application and then install it. このトピックでは、これらの作業を行う方法について説明します。This topic shows you how to do each of these things.

アプリケーションを実行します。Run your application

証明書を取得し、それに署名することがなくローカルでテストするアプリケーションを実行することができます。You can run your application to test it out locally without having to obtain a certificate and sign it. ツールによって異なりますアプリケーションを実行する方法、パッケージを作成するために使用します。How you run the application depends on what tool you used to create the package.

Visual Studio を使ってパッケージを作成したYou created the package by using Visual Studio

パッケージ プロジェクトをスタートアップ プロジェクトとして設定し、Ctrl キーを押しながら F5 キーを押してアプリを起動します。Set the packaging project as the startup project, and then press CTRL+F5 to start your app.

手動で、または Desktop App Converter を使ってパッケージを作成したYou created the package manually or by using the Desktop App Converter

Windows PowerShell コマンド プロンプトを開き、出力フォルダーの PackageFiles サブフォルダーからこのコマンドレットを実行します。Open a Windows PowerShell command prompt, and from the PackageFiles subfolder of your output folder, run this cmdlet:

Add-AppxPackage –Register AppxManifest.xml

アプリを起動するには、そのアプリを Windows スタート メニューで見つけます。To start your app, find it in the Windows Start menu.

[スタート] メニューでパッケージ化されたアプリケーション

注意

パッケージ化されたアプリケーションでは、常には、対話ユーザーとして実行してにパッケージ化されたアプリケーションをインストールするすべてのドライブを NTFS 形式にフォーマットする必要があります。A packaged application always runs as an interactive user, and any drive that you install your packaged application on to must be formatted to NTFS format.

アプリのデバッグDebug your app

ツールによって異なりますアプリケーションをデバッグする方法について、パッケージを作成するために使用します。How you debug the application depends on what tool you used to create the package.

Visual Studio 2017 リリース 15.4 で使用可能な新しいパッケージ プロジェクトを使ってパッケージを作成した場合、パッケージ プロジェクトをスタートアップ プロジェクトに設定するだけで、F5 キーを押すことでアプリをデバッグできます。If you created your package by using the new packaging project available in the 15.4 release of Visual Studio 2017, Just set the packaging project as the startup project, and then press F5 to debug your app.

その他のツールを使用してパッケージを作成した場合は、以下の手順を実行します。If you created your package by using any other tool, follow these steps.

  1. ローカル コンピューターにインストールされているように、パッケージ化されたアプリケーションで少なくとも 1 回を開始することを確認します。Make sure that you start your packaged application at least one time so that it's installed on your local machine.

    上の「アプリを実行する」セクションをご覧ください。See the Run your app section above.

  2. Visual Studio を起動します。Start Visual Studio.

    管理者特権のアクセス許可を使用してアプリケーションをデバッグする場合は、管理者として実行] オプションを使用して、Visual Studio を起動します。If you want to debug your application with elevated permissions, start Visual Studio by using the Run as Administrator option.

  3. Visual Studio で、[デバッグ]->[その他のデバッグ ターゲット]->[インストールされているアプリケーション パッケージのデバッグ] の順に選択します。In Visual Studio, choose Debug->Other Debug Targets->Debug Installed App Package.

  4. [インストールされているアプリケーション パッケージのデバッグ] リストで、目的のアプリ パッケージを選び、[アタッチ] ボタンを選択します。In the Installed App Packages list, select your app package, and then choose the Attach button.

デバッグ セッションの間に、アプリケーションを変更します。Modify your application in between debug sessions

バグの修正をアプリケーションに変更を加えた場合は、MakeAppx ツールを使用して再パッケージ化します。If you make your changes to your application to fix bugs, repackage it by using the MakeAppx tool. MakeAppx ツールを実行する」をご覧ください。See Run the MakeAppx tool.

全体のアプリケーションのライフ サイクルをデバッグします。Debug the entire application lifecycle

場合によっては、開始する前に、アプリをデバッグする機能など、デバッグ プロセスを細かくきめ細かい制御を必要があります。In some cases, you might want finer-grained control over the debugging process, including the ability to debug your application before it starts.

PLMDebugを使用すると、中断、再開、および終了など、アプリケーションのライフ サイクルの完全な制御を取得します。You can use PLMDebug to get full control over application lifecycle including suspending, resuming, and termination.

PLMDebug は Windows SDK に含まれています。PLMDebug is included with the Windows SDK.

アプリのテストTest your app

配布用に準備する現実的な設定でアプリをテストするには、アプリケーションに署名し、それをインストールすることをお勧めします。To test your application in a realistic setting as you prepare for distribution, it's best to sign your application and then install it.

Visual Studio を使ってパッケージ化されたアプリケーションをテストします。Test an application that you packaged by using Visual Studio

Visual Studio では、テスト証明書を使って、アプリケーションが署名します。Visual Studio signs your application by using a test certificate. その証明書は、アプリ パッケージの作成ウィザードにより生成される出力フォルダーに置かれます。You'll find that certificate in the output folder that the Create App Packages wizard generates. 証明書ファイルには、 .cer拡張機能と、アプリケーションでテストする PC 上の信頼されたルート証明機関ストアにその証明書をインストールする必要があります。The certificate file has the .cer extension and you'll have to install that certificate into the Trusted Root Certification Authorities store on the PC that you want to test your application on. アプリ パッケージをサイドローディングする」をご覧ください。See Sideload your package.

Desktop App Converter (DAC) を使用してパッケージ化されたアプリケーションをテストします。Test an application that you packaged by using the Desktop App Converter (DAC)

Desktop App Converter を使用して、アプリケーションをパッケージ化する場合は、使用、signパラメーターを自動的に生成された証明書を使って、アプリケーションに署名します。If you package your application by using the Desktop App Converter, you can use the sign parameter to automatically sign your application by using a generated certificate. その証明書をインストールしてから、アプリをインストールする必要があります。You'll have to install that certificate, and then install the app. パッケージ アプリを実行する」をご覧ください。See Run the packaged app.

アプリに手動で署名する (省略可能)Manually sign apps (Optional)

また、アプリケーションを手動で署名できます。You can also sign your application manually. その方法は、次のとおりです。Here's how

  1. 証明書を作成します。Create a certificate. 証明書を作成する」をご覧ください。See Create a certificate.

  2. その証明書をシステム上の証明書ストア ("信頼されたルート" または "信頼されたユーザー") にインストールします。Install that certificate into the Trusted Root or Trusted People certificate store on your system.

  3. その証明書を使用して、アプリケーションの署名、 SignTool を使用するアプリ パッケージの署名を参照してください。Sign your application by using that certificate, see Sign an app package using SignTool.

    重要

    証明書の発行元名がアプリの発行者名と一致することを確認してください。Make sure that the publisher name on your certificate matches the publisher name of your app.

    関連するサンプルRelated sample

    SigningCertsSigningCerts

アプリケーションを Windows 10 S をテストします。Test your application for Windows 10 S

アプリを公開する前に Windows 10 秒を実行するデバイスで正しく動作すること確認します。実際には、Microsoft Store にアプリを公開する場合は、必要がありますこれを行うストア要件があるためです。Before you publish your app, make sure that it will operate correctly on devices that run Windows 10 S. In fact, if you plan to publish your application to the Microsoft Store, you must do this because it is a store requirement. Windows 10 S を実行するデバイスで正しく動作しないアプリは認定されません。Apps that don't operate correctly on devices that run Windows 10 S won't be certified.

Windows 10 S の Windows アプリケーションのテストを参照してください。See Test your Windows application for Windows 10 S.

完全な信頼コンテナー内で別のプロセスを実行するRun another process inside the full trust container

指定されたアプリ パッケージのコンテナー内でカスタムのプロセスを起動することができます。You can invoke custom processes inside the container of a specified app package. これは、シナリオをテストするために役立つ場合があります (たとえば、カスタムのテスト ハーネスがあり、アプリの出力をテストする必要がある場合など)。This can be useful for testing scenarios (for example, if you have a custom test harness and want to test output of the app). これを行うには、Invoke-CommandInDesktopPackage PowerShell コマンドレットを使用します。To do so, use the Invoke-CommandInDesktopPackage PowerShell cmdlet:

Invoke-CommandInDesktopPackage [-PackageFamilyName] <string> [-AppId] <string> [-Command] <string> [[-Args]
    <string>]  [<CommonParameters>]

次のステップNext steps

質問に対する回答を見つけるFind answers to your questions

ご質問がある場合は、Have questions? Stack Overflow でお問い合わせください。Ask us on Stack Overflow. Microsoft のチームでは、これらのタグをチェックしています。Our team monitors these tags. こちらから質問することもできます。You can also ask us here.

フィードバックの提供または機能の提案を行うGive feedback or make feature suggestions

UserVoice のページをご覧ください。See UserVoice.