Visual Studio を使ってデスクトップ アプリケーションをパッケージ化します。

Visual Studio を使用して、デスクトップ アプリのパッケージを生成できます。 次に、その 1 つまたは複数の Pc に Microsoft ストアまたはサイドローディングするパッケージを公開することができます。

最新バージョンの Visual Studio には、アプリのパッケージ化に必要であった手動ステップをすべてなくす新しいバージョンのパッケージ プロジェクトが用意されています。 パッケージ プロジェクトを追加して、デスクトップ プロジェクトを参照し、F5 キーを押してアプリをデバッグするだけです。 手動で調整する必要はありません。 この新しい効率化されたエクスペリエンスは、以前のバージョンの Visual Studio のエクスペリエンスから大幅に向上しています。

重要

(そうでない場合は、デスクトップ ブリッジと呼ばれます)、デスクトップ アプリケーションの Windows アプリ パッケージを作成する機能は Windows 10 バージョン 1607 で導入され、Windows 10 Anniversary Update (10.0; をターゲットとするプロジェクトでのみ使用できます。ビルド 14393) 以降の Visual Studio でリリースされます。

まず、アプリケーションを準備します

アプリケーションのパッケージの作成を開始する前に、このガイドを確認します。デスクトップ アプリケーションのパッケージを準備します。

パッケージを作成する

  1. Visual Studio で、デスクトップ アプリケーション プロジェクトが含まれたソリューションを開きます。

  2. ソリューションに Windows アプリケーション パッケージ プロジェクト プロジェクトを追加します。

    コードを追加する必要はありません。 プロジェクトを追加したのは単にパッケージを生成するためです。 このプロジェクトを "パッケージ プロジェクト" と呼びます。

    パッケージ プロジェクト

    注意

    このプロジェクトは、Visual Studio 2017 バージョン 15.5 以降でのみ表示されます。

  3. このプロジェクトの [ターゲット バージョン] を目的のバージョンに設定しますが、[最小バージョン] は必ず [Windows 10 Anniversary Update] に設定してください。

    パッケージ バージョンの選択ダイアログ ボックス

  4. パッケージ プロジェクトで、[アプリケーション] フォルダーを右クリックして [参照の追加] を選びます。

    プロジェクト参照の追加

  5. デスクトップ アプリケーション プロジェクトを選択し、[OK] ボタンをクリックします。

    デスクトップ プロジェクト

    パッケージには複数のデスクトップ アプリケーションを含めることができますが、ユーザーがアプリ タイルを選択したときに起動できるのは 1 つだけです。 [アプリケーション] ノードで、ユーザーがアプリのタイルを選択したときに起動するアプリケーションを右クリックし、[Set as Entry Point] (エントリ ポイントとして設定) を選びます。

    エントリ ポイントの設定

  6. パッケージ プロジェクトをビルドし、エラーが表示されないことを確認します。 エラーが発生した場合は、 Configuration Managerを開き、プロジェクトが同じプラットフォームを対象とすることを確認します。

    構成マネージャー

  7. アプリ パッケージの作成ウィザードを使って、appxupload ファイルを生成します。

    ストアに直接そのファイルをアップロードすることができます。

ビデオ

 

次のステップ

質問に対する回答を見つける

ご質問がある場合は、 Stack Overflow でお問い合わせください。 Microsoft のチームでは、これらのタグをチェックしています。 こちらから質問することもできます。

フィードバックの提供または機能の提案を行う

UserVoice のページをご覧ください。

実行、デバッグ、テスト、デスクトップ アプリケーション

実行、デバッグ、およびデスクトップ アプリケーションをパッケージ化されたテストを参照してください。

UWP Api を追加してデスクトップ アプリケーションを拡張します。

Windows 10 向けのデスクトップ アプリを強化する」をご覧ください。

UWP プロジェクトと Windows ランタイム コンポーネントを追加してデスクトップ アプリケーションを拡張します。

最新の UWP コンポーネントによるデスクトップ アプリケーションの拡張」をご覧ください。

アプリを配布する

デスクトップ アプリケーションのパッケージの配布を参照してください。