Xbox One の UWP アプリ開発の概要Getting started with UWP app development on Xbox One

ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) 開発のために PC と Xbox One を設定する方法の手順に注意深く従います。Carefully follow these steps to successfully set up your PC and Xbox One for Universal Windows Platform (UWP) development. この設定の完了後に、Xbox One の開発者モードと UWP アプリの構築について詳しくは、「Xbox one の UWP」ページをご覧ください。After you’ve got things set up, you can learn more about Developer Mode on Xbox One and building UWP apps on the UWP for Xbox One page.

開始する前にBefore you start

開始する前に、次の操作をする必要があります。Before you start you will need to do the following:

  • 最新バージョンの Windows 10 を使用して PC をセットアップします。Set up a PC with the latest version of Windows 10.
  • Xbox One 本体上に少なくとも 5 GB の空き領域が必要です。Have at least five gigabytes of free space on your Xbox One console.

開発用 PC のセットアップSetting up your development PC

  1. Visual Studio 2015 Update 3、Visual Studio 2017、または Visual Studio 2019 をインストールします。Install Visual Studio 2015 Update 3, Visual Studio 2017, or Visual Studio 2019.

    Visual Studio 2015 Update 3 をインストールする場合は、[ カスタム インストール] を選択し、[ ユニバーサル Windows アプリ開発ツール ] チェックボックスがオンになっていることを確認します。これは、既定のインストールの一部ではありません。If you're installing Visual Studio 2015 Update 3, make sure that you choose Custom install and select the Universal Windows App Development Tools check box – it's not part of the default install. C++ 開発者の場合は、カスタム インストールC++ を選択してください。If you are a C++ developer, make sure that you choose Custom install and select C++.

    Visual Studio 2017 または Visual Studio 2019 をインストールする場合は、必ず ユニバーサル Windows プラットフォームの開発 ワークロードを選択してください。If you're installing Visual Studio 2017 or Visual Studio 2019, make sure that you choose the Universal Windows Platform development workload. C++ 開発者の場合は、右側の [ 概要 ] ウィンドウの [ ユニバーサル Windows プラットフォーム開発] で、[ C++ ユニバーサル Windows プラットフォームツール ] チェックボックスがオンになっていることを確認します。If you're a C++ developer, in the Summary pane on the right, under Universal Windows Platform development, make sure that you select the C++ Universal Windows Platform tools checkbox. 既定のインストールには含まれていません。It's not part of the default install.

    詳細については、「 Xbox 開発環境での UWP の設定」を参照してください。For more information, see Set up your UWP on Xbox development environment.

  2. 最新の Windows 10 SDKをインストールします。Install the latest Windows 10 SDK.

  3. 開発用 PC の開発者モードを有効にします (設定/更新 & セキュリティ/開発者向け、開発者向け機能/開発者モードを使用します)。Enable Developer Mode for your development PC (Settings / Update & Security / For developers / Use developer features / Developer mode).

これで開発用 PC の準備は完了です。次のビデオをご覧ください。続きのセクションでは、Xbox One を開発用に設定し、UWP アプリを作成して展開する方法について説明します。Now that your development PC is ready, you can watch this video or continue reading to see how to set up your Xbox One for development and create and deploy a UWP app to it.

Xbox One 本体の設定Setting up your Xbox One console

  1. Xbox One の開発者モードを有効にします。Activate Developer Mode on your Xbox One. アプリをダウンロードし、ライセンス認証コードを取得して、パートナーセンターアプリ開発者アカウントの [ Xbox One コンソールの管理 ] ページに入力します。Download the app, get the activation code, and then enter it into the Manage Xbox One consoles page in your Partner Center app developer account. 詳しくは、「Xbox One の開発者モードのアクティブ化」をご覧ください。For more information, see Xbox One Developer Mode activation.

  2. 開発モードのアクティブ化アプリを開き、[切り替えと再起動] を選択します。Open the Dev Mode Activation app and select Switch and restart. これで Xbox One は開発者モードとなりました。Congratulations, you now have an Xbox One in Developer Mode!

注意

市販のゲームやアプリは開発者モードでは実行できません。自分で作成するアプリまたはゲームを実行できます。Your retail games and apps won’t run in Developer Mode, but the apps or games you create will. 市販のゲームやアプリを実行するには、リテール モードに切り替えます。Switch back to Retail Mode to run your favorite games and apps.

注意

開発者モードでアプリを Xbox One に展開するには、ユーザーを本体にサインインさせる必要があります。Before you can deploy an app to your Xbox One in Developer Mode, you must have a user signed in on the console. 既存の Xbox Live アカウントを使用することも、開発者モードで本体の新しいアカウントを作成することもできます。You can either use your existing Xbox Live account or create a new account for your console in Developer Mode.

Visual Studio での最初のプロジェクトの作成Creating your first project in Visual Studio

詳細については、「 Xbox 開発環境での UWP の設定」を参照してください。For more detailed information, see Set up your UWP on Xbox development environment.

  1. C# の場合: 新しいユニバーサル Windows プロジェクトを作成し、 ソリューションエクスプローラーでプロジェクトを右クリックし、[ プロパティ] を選択します。For C#: Create a new Universal Windows project, and in the Solution Explorer, right-click the project and select Properties. [デバッグ] タブを選択し、[ターゲットデバイス] を [リモートコンピューター] に変更し、Xbox One コンソールの IP アドレスまたはホスト名を [リモートコンピューター ] フィールドに入力し、[認証モード] ボックスの一覧で [ユニバーサル (暗号化されていないプロトコル)] を選択します。Select the Debug tab, change Target device to Remote Machine, type the IP address or hostname of your Xbox One console into the Remote machine field, and select Universal (Unencrypted Protocol) in the Authentication Mode drop-down list.

    本体で Dev Home (ホーム画面の右側の大きなタイル) を開始すると、左上隅に Xbox One の IP アドレスが表示されます。You can find your Xbox One IP address by starting Dev Home on your console (the big tile on the right side of Home) and looking at the top left corner. Dev Home について詳しくは、「Xbox One ツールの概要」をご覧ください。For more information about Dev Home, see Introduction to Xbox One tools.

  2. C++ および HTML/Javascript プロジェクトの場合: C# プロジェクトと同様のパスに従いますが、プロジェクトのプロパティで [デバッグ] タブに移動し、デバッガーで [リモートコンピューター ] を選択してドロップダウンリストを開き、[コンピューター名] フィールドにコンソールの IP アドレスまたはホスト名を入力し、[認証の種類] フィールドで [ユニバーサル (暗号化されてFor C++ and HTML/Javascript projects: You follow a path similar to C# projects, but in the project properties go to the Debugging tab, select Remote Machine in the Debugger to open the drop-down list, type the IP address or hostname of the console into the Machine Name field, and select Universal (Unencrypted Protocol) in the Authentication Type field.

  3. 上部のメニューバーの緑色の再生ボタンの左側にあるドロップダウンから [ x64 ] を選択します。Select x64 from the dropdown to the left of the green play button in the top menu bar.

  4. F5 キーを押してアプリをビルドして、Xbox One での展開を開始します。When you press F5, your app will build and start to deploy on your Xbox One.

  5. 初めてこれを行う際には、Visual Studio に Xbox One の PIN の入力を求められます。The first time you do this, Visual Studio will prompt you for a PIN for your Xbox One. Xbox One で Dev Home を起動し、[ Visual Studio の Pin を表示 ] ボタンを選択することで、pin を取得できます。You can get a PIN by starting Dev Home on your Xbox One and selecting the Show Visual Studio pin button.

  6. ペアリングを行うと、アプリの展開が開始されます。After you have paired, your app will start to deploy. 初めてこれを行う際には、(すべてのツールを Xbox にコピーする必要があるため) 少し時間がかかることがありますが、数分以上かかる場合には、何か問題がある場合があります。The first time you do this it might be a bit slow (we have to copy all the tools over to your Xbox), but if it takes more than a few minutes, something is probably wrong. 上記のすべての手順に従っていることを確認してください (特に、 認証モードUniversalに設定した場合)。また、Xbox One へのワイヤード (有線) ネットワーク接続を使用していることを確認します。Make sure that you have followed all of the steps above (particularly, did you set the Authentication Mode to Universal?) and that you are using a wired network connection to your Xbox One.

  7. 用意ができました。Sit back and relax. 本体での初めてのアプリの実行をお楽しみください。Enjoy your first app running on the console!

以上で作業は終了です。That's it!

Hello World

こちらもご覧くださいSee also