インターフェイス キー

インターフェイス名をインターフェイス ID (IID) に関連付けることで、新しいインターフェイスを登録します。 新しいインターフェイスごとに 1 つの IID サブキーが必要です。

レジストリ キー

\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\Interface{IID}

レジストリ値 説明
BaseInterface 現在のインターフェイスの派生元となるインターフェイスを識別します。
NumMethods 派生インターフェイスからのメソッドを含む、関連付けられたインターフェイス内のメソッドの数が含まれます。
ProxyStubClsid 16 ビット プロキシ DLL の CLSID に IID をマップします。
ProxyStubClsid32 IID を、32 ビット プロキシ DLL 内の CLSID にマップします。

 

解説

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes キーは、以前のバージョンの COM との互換性のために保持されたHKEY_CLASSES_ROOT キーに対応します。

Interface