四角形の領域のツールヒントを作成する方法

次の例は、ウィンドウのクライアント領域全体に対して標準のツールヒントコントロールを作成する方法を示しています。

次の図は、マウスポインターがダイアログボックスのクライアントウィンドウ内にあるときに表示されるツールヒントを示しています。 ダイアログボックスのハンドルは、前の例で示した関数に渡されました。

ダイアログボックスのスクリーンショットマウスポインターがクライアントウィンドウ内にあり、ツールヒントが表示されます。

知っておく必要がある情報

テクノロジ

前提条件

  • C/C++
  • Windows ユーザーインターフェイスのプログラミング

手順

四角形の領域のツールヒントを作成する

次の例は、ウィンドウのクライアント領域全体に対して標準のツールヒントコントロールを作成する方法を示しています。

void CreateToolTipForRect(HWND hwndParent)
{
    // Create a tooltip.
    HWND hwndTT = CreateWindowEx(WS_EX_TOPMOST, TOOLTIPS_CLASS, NULL, 
                                 WS_POPUP | TTS_NOPREFIX | TTS_ALWAYSTIP, 
                                 CW_USEDEFAULT, CW_USEDEFAULT, CW_USEDEFAULT, CW_USEDEFAULT, 
                                 hwndParent, NULL, g_hInst,NULL);

    SetWindowPos(hwndTT, HWND_TOPMOST, 0, 0, 0, 0, 
                 SWP_NOMOVE | SWP_NOSIZE | SWP_NOACTIVATE);

    // Set up "tool" information. In this case, the "tool" is the entire parent window.
    
    TOOLINFO ti = { 0 };
    ti.cbSize   = sizeof(TOOLINFO);
    ti.uFlags   = TTF_SUBCLASS;
    ti.hwnd     = hwndParent;
    ti.hinst    = g_hInst;
    ti.lpszText = TEXT("This is your tooltip string.");;
    
    GetClientRect (hwndParent, &ti.rect);

    // Associate the tooltip with the "tool" window.
    SendMessage(hwndTT, TTM_ADDTOOL, 0, (LPARAM) (LPTOOLINFO) &ti); 
} 

ツールヒントコントロールの使用