lerp

線形補間を実行します。

ret lerp(x, y, s)

パラメーター

アイテム 説明
X
[in]最初の浮動小数点値。
Y
[in]2 番目の浮動小数点値。
S
[in] x パラメーターと y パラメーターの間を線形補間する値。

戻り値

線形補間の結果。

型の説明

名前 テンプレートの種類 コンポーネントの種類 サイズ
x スカラーベクター、または マトリックス float any
y 入力 x と同じ float 入力 x と同じディメンション
s 入力 x と同じ float 入力 x と同じディメンション
Ret 入力 x と同じ float 入力 x と同じディメンション

解説

線形補間は次の式に基づいています: x*(1-s) + y*s これは、同等に x + s(y-x) として書き込むことができます。

最小シェーダー モデル

この関数は、次のシェーダー モデルでサポートされています。

シェーダー モデル サポートされています
シェーダー モデル 2 (DirectX HLSL) 以降のシェーダー モデル はい
シェーダー モデル 1 (DirectX HLSL) はい (vs_1_1とps_1_1)

関連項目

組み込み関数 (DirectX HLSL)