MF _ MT の _ 既定の _ ストライド属性

非圧縮ビデオメディアの種類の既定の画面のストライド。 Stride は、1行のピクセルから次の行に進むために必要なバイト数です。

データ型

UINT32

INT32 値として処理します。

解説

属性値は UINT32 として格納されますが、32ビット符号付き整数値にキャストする必要があります。 ストライドは負の値にすることができます。

ストライドは、トップダウンイメージの場合は正の値で、下位イメージの場合は負の値になります。

この属性は、メモリ内のイメージを 連続 して表現するための stride を与えます。つまり、各行の後に追加の埋め込みバイトを持たない表現です。 メディアバッファーで IMF2DBuffer インターフェイスがサポートされている場合は、 IMF2DBuffer:: Lock2D メソッドを使用してサーフェイスの実際のストライドを取得します。これには、余分な埋め込みバイトが含まれる場合があります。

Surface stride の詳細については、「 イメージ stride」を参照してください。

既定の stride を計算する方法の例については、「 非圧縮ビデオバッファー」を参照してください。

この属性の GUID 定数は、mfutex. lib からエクスポートされます。

必要条件

要件
サポートされている最小のクライアント
WindowsVista [ デスクトップアプリの | UWP アプリ]
サポートされている最小のサーバー
Windowsサーバー 2008 [ デスクトップアプリの | UWP アプリ]
ヘッダー
Mfapi .h

関連項目

メディアファンデーション属性のアルファベット順の一覧

IMFAttributes:: GetUINT32

IMFAttributes:: SetUINT32

IMFMediaType

メディアの種類の属性

イメージのストライド