reserve コマンド

reserve コマンドは、デバイス インスタンスのワークスペースに連続したディスク領域を割り当てます。 デジタル ビデオ デバイスはこのコマンドを認識します。

このコマンドを送信するには、lpszCommand パラメーターを次のように設定して mciSendString 関数を呼び出します。

_stprintf_s(
  lpszCommand, 
  TEXT("reserve %s %s %s"), 
  lpszDeviceID, 
  lpszReserve, 
  lpszFlags
); 

パラメーター

lpszDeviceID

MCI デバイスの識別子。 この識別子またはエイリアスは、デバイスを開いたときに割り当てられます。

lpszReserve

次のフラグの 1 つ以上。

説明
パス 記録されたデータを保持するために使用される一時ファイルのドライブとディレクトリ パス (ただし、名前ではない) を指定します。 このファイルの名前は、デバイスによって指定されます。 デバイスを閉じると、一時ファイルが削除されます。 このフラグを省略すると、デバイスはディスク領域の場所を指定します。
サイズ の期間 ワークスペースで予約するディスク領域のおおよその量を指定します。 期間の値は、現在の時刻形式で指定されます。 デバイスは、要求された時間、ファイル形式、ビデオとオーディオの圧縮アルゴリズム、および有効な圧縮品質値のパラメーターに必要なディスク領域の見積もりに基づきます。 setvideo "record" が "off" の場合、スペースはオーディオ専用に予約されます。 setaudio "record" が "off" の場合、スペースはビデオ専用に予約されます。 両方が "オフ" の場合、または 期間 が 0 の場合は、領域は予約されておらず、既存の予約済み領域は割り当て解除されます。 このフラグを省略すると、デバイスはデバイス定義の既定値を使用します。

lpszFlags

"wait"、"notify"、"test"、またはこれらの組み合わせを指定できます。 これらのフラグの詳細については、「 待機、通知、およびテスト フラグ」を参照してください。

戻り値

成功した場合は 0 を返し、それ以外の場合はエラーを返します。

解説

必要に応じて、後続の レコード ・コマンドまたは 保管 コマンドは、このコマンドによって予約されたスペースを使用します。 ワークスペースに未保存のデータが含まれている場合、データは失われます。 一部のデバイスは予約を必要とせず、無視します。 記録の前にディスク領域が予約されていない場合、record コマンドは、デバイス固有の既定のフラグを使用して暗黙的な予約を実行します。 ディスク割り当ての遅延が発生するタイミング、割り当てられる領域の制御、ディスク領域の割り当て場所の制御を適切に行う場合は、明示的な予約コマンドを使用します。 アプリケーションでは、後続の予約コマンドを使用して、以前に予約したディスク領域の量と場所を変更できます。 割り当て済みで未使用のディスク領域は、記録されたデータが保存されるまで、またはデバイス インスタンスが閉じられるまで割り当て解除されません。

要件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows 2000 Professional [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
Windows 2000 Server [デスクトップ アプリのみ]

関連項目

MCI

MCI コマンド文字列

record

保存

setaudio

setvideo