float3x2 構造体

2D 変換に使用される 3x2 行列。

このマトリックス型では、行ベクトル レイアウトが使用されます。 この行列の翻訳ベクトルの x と y は、フィールド m31, m32 に対応します。

この型は C++ でのみ使用できます。 その .NET に相当する は System.Numerics.Matrix3x2 です

コンストラクター

名前 説明
float3x2() 初期化されていない float3x2 を作成します。
float3x2(float m11, float m12, float m21, float m22, float m31, float m32) 指定した値を使用して float3x2 を作成します。
float3x2(Microsoft::?Graphics::?Canvas::?Numerics::?Matrix3x2 const& value) Microsoft.Graphics.Canvas.Numerics.Matrix3x2 を float3x2 に変換します。

関数

名前 説明
float3x2 make_float3x2_translation(float2 const& position) 平行移動行列を作成します。
float3x2 make_float3x2_translation(float xPosition, float yPosition) 平行移動行列を作成します。
float3x2 make_float3x2_scale(float xScale, float yScale) 原点を中心にスケーリング 行列を作成します。
float3x2 make_float3x2_scale(float xScale, float yScale, float2 const& centerPoint) 指定した点を中心にスケーリング 行列を作成します。
float3x2 make_float3x2_scale(float2 const& scales) 原点を中心にスケーリング 行列を作成します。
float3x2 make_float3x2_scale(float2 const& scales, float2 const& centerPoint) 指定した点を中心にスケーリング 行列を作成します。
float3x2 make_float3x2_scale(float scale) 原点を中心にスケーリング 行列を作成します。
float3x2 make_float3x2_scale(float scale, float2 const& centerPoint) 指定した点を中心にスケーリング 行列を作成します。
float3x2 make_float3x2_skew(float radiansX, float radiansY) 原点を中心に傾斜行列を作成します。
float3x2 make_float3x2_skew(float radiansX, float radiansY, float2 const& centerPoint) 指定した点を中心に傾斜行列を作成します。
float3x2 make_float3x2_rotation(float radians) 原点を中心に回転行列を作成します。
float3x2 make_float3x2_rotation(float radians, float2 const& centerPoint) 指定した点を中心に回転行列を作成します。
bool is_identity(float3x2 const& value) これが ID マトリックスであるかどうかを確認します。
float determinant(float3x2 const& value) 行列の定義を計算します。
float2 translation(float3x2 const& value) 行列の翻訳ベクトルを取得します。
bool invert(float3x2 const& matrix, _Out_ float3x2* result) 行列の逆数を計算します。 行列を反転できる場合は true を返します。それ以外の場合は false。
float3x2 lerp(float3x2 const& matrix1, float3x2 const& matrix2, float amount) 2 つの行列の対応する値の間を直線的に補間します。

メソッド

名前 説明
static float3x2 identity() ID マトリックスのインスタンスを返します。

演算子

名前 説明
float3x2 operator+ (float3x2 const& value1, float3x2 const& value2) マトリックスの各コンポーネントを別の行列に追加します。
float3x2 operator- (float3x2 const& value1, float3x2 const& value2) マトリックスの各コンポーネントを別の行列から減算します。
float3x2 operator* (float3x2 const& value1, float3x2 const& value2) 行列を別の行列で乗算します。 これは、2 つの変換を連結する効果があります。
float3x2 operator* (float3x2 const& value1, float value2) マトリックスの各コンポーネントをスカラー値で乗算します。
float3x2 operator- (float3x2 const& value) マトリックスの各コンポーネントをネゲートします。
float3x2& operator+= (float3x2& value1, float3x2 const& value2) イン Place では、マトリックスの各コンポーネントが別のマトリックスに追加されます。
float3x2& operator-= (float3x2& value1, float3x2 const& value2) イン PLACE は、マトリックスの各コンポーネントを別の行列から減算します。
float3x2& operator*= (float3x2& value1, float3x2 const& value2) インパートは、別の行列で行列を乗算します。 これは、2 つの変換を連結する効果があります。
float3x2& operator*= (float3x2& value1, float value2) イン Place は、マトリックスの各コンポーネントをスカラー値で乗算します。
bool operator== (float3x2 const& value1, float3x2 const& value2) float3x2 の 2 つのインスタンスが等しいかどうかを判断します。
bool operator!= (float3x2 const& value1, float3x2 const& value2) float3x2 の 2 つのインスタンスが等しくないかどうかを判断します。
operator Microsoft::?Graphics::?Canvas::?Numerics::?Matrix3x2() const float3x2 を Microsoft.Graphics.Canvas.Numerics.Matrix3x2 に変換します

フィールド

名前 説明
float m11 マトリックスの行 1 列 1 の値。
float m12 マトリックスの行 1 列 2 の値。
float m21 マトリックスの行 2 列 1 の値。
float m22 マトリックスの行 2 列 2 の値。
float m31 行列の行 3 列 1 の値。
float m32 マトリックスの行 3 列 2 の値。

必要条件

要件
名前空間 Windows::Foundation::Numerics
ヘッダー
Windowsnumerics.h

関連項目

windowsnumerics.h API