UI オートメーションの基礎

Microsoft UI オートメーションを使用すると、支援技術アプリケーションと自動テスト ツールを使用して、他のアプリケーションの UI コントロールと対話できます。 このセクションでは、UI オートメーションに基づく基本的な概念について説明します。

UI オートメーション API は 2 つの部分に分かれています。 一方の部分はUI オートメーション プロバイダー アプリケーションで使用され、もう 1 つはクライアント アプリケーションUI オートメーション使用されます。 プロバイダー API を使用すると、Microsoft Win32 カスタム コントロールやその他のコントロール フレームワークの開発者は、これらのコントロールをUI オートメーションに公開し、クライアント アプリケーションに表示できます。 クライアント API を使用すると、アプリケーションは他のアプリケーションのコントロールと対話し、それらに関する情報を取得できます。

このセクションの内容

UI オートメーション