必要なインターフェイス (Windows Media Player SDK)

Windows Media Player は、次のいずれかのパイプラインを使用してオーディオとビデオをレンダリングします。

  • DirectShow
  • メディア ファンデーション

Microsoft Windows XP およびそれ以前のバージョンでは、windows media Player では DirectShow が使用されています。 Windows Vista では、プレーヤーが DirectShow を使用し、場合によってはメディアファンデーションを使用することがあります。

DSP プラグインは、次のインターフェイスの一部またはすべてを実装します。

  • IMediaObject
  • IWMPPluginEnable
  • IMFTransform
  • IMFGetService
  • ISpecifyPropertyPages

imediaobjectIWMPPluginEnable を実装するプラグインは、DirectShow パイプラインで実行できます。 また、メディアファンデーションによって提供されるラッパー内のメディアファンデーションパイプラインでも実行できます。 この種類のプラグインは、Microsoft DirectX Media Object (DMO) と呼ばれます。 DMO は、DirectShow のフィルターオブジェクトに似ていると考えるのが一般的です。 DMO のドキュメントは、Windows SDK の DirectShow のセクションにあります。

ImftransformIMFGetService を実装するプラグインは、メディアファンデーションパイプラインでネイティブに (ラッパーは不要) 実行できます。 この種類のプラグインは、メディアファンデーション変換 (MFT) と呼ばれます。 MFT のドキュメントは、Windows SDK のメディアファンデーションセクションにあります。

imediaobjectIWMPPluginEnableimftransform、および IMFGetService を実装するプラグインは、DirectShow パイプラインで実行でき、メディアファンデーションパイプラインでネイティブに実行できます。 この種のプラグインは、デュアルモード DSP プラグイン と呼ばれ、DMO または MFT の役割を果たすことができます。

Windows Media Player がメディアファンデーションパイプラインでデュアルモード DSP プラグインを使用する場合、最初に imftransform インターフェイスを照会します。 クエリが失敗した場合は、 imediaobject インターフェイスに対してクエリを Windows Media Player ます。 Imediaobject クエリが成功すると、プラグインがラップされ、メディアファンデーションパイプラインに追加されます。

パイプラインに関係なく、ユーザーがプロパティを設定できる DSP プラグインでは、 ISpecifyPropertyPages を実装する必要があります。

DSP プラグイン開発者向け概要

DSP プラグインインターフェイス

DSP プラグインパッケージ