Windows Server インストール ガイドWindows Server Installation Guide

Windows Server 2019 以降に適用されます。Applies to Windows Server 2019 and later

/Build2017、Windows Subsystem for Linux がなります、Microsoft が発表されました/ Windows Server で使用可能なします。At //Build2017, Microsoft announced that Windows Subsystem for Linux will be available on Windows Server. これらの手順は、Windows Server 1709 以降の Linux 用 Windows サブシステムを実行している説明します。These instructions walk through running the Windows Subsystem for Linux on Windows Server 1709 and later.

Linux (WSL) の Windows サブシステムを有効にします。Enable the Windows Subsystem for Linux (WSL)

を Windows での Linux ディストリビューションを実行する前に、"Windows サブシステムの Linux"の省略可能な機能を有効にし、再起動する必要があります。Before you can run Linux distros on Windows, you must enable the "Windows Subsystem for Linux" optional feature and reboot.

  1. 管理者として PowerShell を開きを実行します。Open PowerShell as Administrator and run:

    Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Windows-Subsystem-Linux
    
  2. コンピューターが表示されたら再起動します。Restart your computer when prompted. この再起動は必要なWSL が信頼できる実行環境を開始できることを保証するためにします。This reboot is required in order to ensure that WSL can initiate a trusted execution environment.

Linux ディストリビューションをダウンロードします。Download a Linux distro

次の手順お気に入りの Linux ディストリビューションをダウンロードします。Follow these instructions to download your favorite Linux distribution.

抽出して、Linux ディストリビューションをインストールします。Extract and install a Linux distro

これで、ディストリビューションをダウンロードすると、その内容を抽出およびディストリビューションを手動でインストールします。Now that you've downloaded a distro, extract its contents and manually install the distro:

  1. 抽出、<distro>.appx例: PowerShell を使用して、パッケージの内容。Extract the <distro>.appx package's contents, e.g. using PowerShell:

    Rename-Item ~/Ubuntu.appx ~/Ubuntu.zip
    Expand-Archive ~/Ubuntu.zip ~/Ubuntu
    
  2. インストールを完了するには、ディストリビューションのランチャー アプリケーションをターゲット フォルダーで実行ディストリビューション ランチャーをという名前の実行<distro>.exeします。Run the distro launcher To complete installation, run the distro launcher application in the target folder, named <distro>.exe. 例:ubuntu.exeなど。For example: ubuntu.exe, etc.

    Windows Server での展開の Ubuntu ディストリビューション

    トラブルシューティングTroubleshooting

    • インストールに失敗しましたエラー 0x8007007e:WSL をサポートしていないシステムでこのエラーが発生します。Installation failed with error 0x8007007e: This error occurs when your system doesn't support WSL. 次のことを確認します。Make sure that:
  3. Windows 環境のパスに、ディストリビューションのパスを追加 (C:\Users\Administrator\Ubuntuこの例では)、Powershell を使用するなど。Add your distro path to the Windows environment PATH (C:\Users\Administrator\Ubuntu in this example), e.g. using Powershell:

    $userenv = [System.Environment]::GetEnvironmentVariable("Path", "User")
    [System.Environment]::SetEnvironmentVariable("PATH", $userenv + ";C:\Users\Administrator\Ubuntu", "User")
    

    」と入力して任意のパスから、ディストリビューションを起動できるようになりました<distro>.exeします。You can now launch your distro from any path by typing <distro>.exe. たとえば次のようになります。ubuntu.exeFor example: ubuntu.exe

必要があります、Linux ディストリビューションがインストールされたディストリビューションの新しいインスタンスを初期化ディストリビューションを使用する前にします。Now that your Linux distro is installed, you must initialize your new distro instance before using your distro.