Xamarin.Forms CollectionView CollectionView

はじめにIntroduction

は、 CollectionView さまざまなレイアウト仕様を使用してデータの一覧を表示するための、柔軟でパフォーマンスの高いビューです。The CollectionView is a flexible and performant view for presenting lists of data using different layout specifications.

データData

には、 CollectionView ItemsSource プロパティをを実装する任意のコレクションに設定することにより、データが設定され IEnumerable ます。A CollectionView is populated with data by setting its ItemsSource property to any collection that implements IEnumerable. リスト内の各項目の外観は、プロパティをに設定することによって定義でき ItemTemplate DataTemplate ます。The appearance of each item in the list can be defined by setting the ItemTemplate property to a DataTemplate.

レイアウトLayout

既定では、の CollectionView 項目が縦の一覧に表示されます。By default, a CollectionView will display its items in a vertical list. ただし、縦と横のリストおよびグリッドを指定することもできます。However, vertical and horizontal lists and grids can be specified.

選択ツールSelection

既定で CollectionView は、選択は無効になっています。By default, CollectionView selection is disabled. ただし、1つまたは複数の選択を有効にすることができます。However, single and multiple selection can be enabled.

空のビューEmpty views

CollectionView は、表示可能なデータがない場合にユーザーにフィードバックを提供する空のビューを指定できます。In CollectionView, an empty view can be specified that provides feedback to the user when no data is available for display. 空のビューには、文字列、ビュー、または複数のビューを指定できます。The empty view can be a string, a view, or multiple views.

スクロールScrolling

ユーザーがスクロールを開始しようとしたときに、項目が完全に表示されるように、スクロールの終了位置を制御できます。When a user swipes to initiate a scroll, the end position of the scroll can be controlled so that items are fully displayed. さらに、では、 CollectionView ScrollTo 項目をプログラムによってビューにスクロールする2つのメソッドが定義されています。In addition, CollectionView defines two ScrollTo methods, that programmatically scroll items into view. オーバーロードの1つは、指定されたインデックス位置にある項目をビューにスクロールし、もう一方は指定された項目をビューにスクロールします。One of the overloads scrolls the item at the specified index into view, while the other scrolls the specified item into view.

分類Grouping

CollectionViewでは、プロパティをに設定することによって、正しくグループ化されたデータを表示でき IsGrouped true ます。CollectionView can display correctly grouped data by setting its IsGrouped property to true.