DbContextOptionsBuilder.LogTo メソッド

定義

オーバーロード

LogTo(Action<String>, IEnumerable<String>, LogLevel, Nullable<DbContextLoggerOptions>)

指定したアクションを使用して、指定したカテゴリのすべてのイベントをログに記録します。 たとえば 、optionsBuilder.LogTo(Console.WriteLine, new[] { DbLoggerCategory.Infrastructure.Name }) を使用して、カテゴリ内のすべてのイベントをログに記録 DbLoggerCategory.Infrastructure します。

すべてのイベントの LogTo(Action<String>, LogLevel, Nullable<DbContextLoggerOptions>) 既定のログ記録には、 オーバーロードを使用します。 特定のイベント LogTo(Action<String>, IEnumerable<EventId>, LogLevel, Nullable<DbContextLoggerOptions>) のみをログに記録するには、 オーバーロードを使用します。 イベントに LogTo(Action<String>, Func<EventId,LogLevel,Boolean>, Nullable<DbContextLoggerOptions>) カスタム フィルターを使用するには、 オーバーロードを使用します。 オーバーロードを LogTo(Func<EventId,LogLevel,Boolean>, Action<EventData>) 使用して、完全にカスタム ロガーにログを記録します。

LogTo(Action<String>, IEnumerable<EventId>, LogLevel, Nullable<DbContextLoggerOptions>)

指定したアクションを使用して、指定したイベントをログに記録します。 たとえば 、optionsBuilder.LogTo(Console.WriteLine, new[] { CoreEventId.ContextInitialized }) を使用して、イベントをコンソール ContextInitialized にログに記録します。

すべてのイベントの LogTo(Action<String>, LogLevel, Nullable<DbContextLoggerOptions>) 既定のログ記録には、 オーバーロードを使用します。 特定のカテゴリ LogTo(Action<String>, IEnumerable<String>, LogLevel, Nullable<DbContextLoggerOptions>) のイベントのみをログに記録するには、 オーバーロードを使用します。 イベントに LogTo(Action<String>, Func<EventId,LogLevel,Boolean>, Nullable<DbContextLoggerOptions>) カスタム フィルターを使用するには、 オーバーロードを使用します。 オーバーロードを LogTo(Func<EventId,LogLevel,Boolean>, Action<EventData>) 使用して、完全にカスタム ロガーにログを記録します。

LogTo(Func<EventId,LogLevel,Boolean>, Action<EventData>)

カスタムフィルターデリゲートによってフィルター処理されたカスタムロガーデリゲートにイベントを記録します。 フィルターは、メッセージをログに記録する場合は true を返し、ログから除外する場合は false を返します。

LogTo(Action<String>, LogLevel, Nullable<DbContextLoggerOptions>)すべてのイベントの既定のログ記録には、オーバーロードを使用します。 特定の LogTo(Action<String>, IEnumerable<EventId>, LogLevel, Nullable<DbContextLoggerOptions>) LogTo(Action<String>, IEnumerable<String>, LogLevel, Nullable<DbContextLoggerOptions>) カテゴリのイベントのみをログに記録するには、[オーバーロードを使用する] を使用します。 LogTo(Action<String>, Func<EventId,LogLevel,Boolean>, Nullable<DbContextLoggerOptions>)イベントに対してカスタムフィルターを使用するには、オーバーロードを使用します。

LogTo(Action<String>, LogLevel, Nullable<DbContextLoggerOptions>)

指定されたアクションを使用してログに記録します。 たとえば、コンソールにログを記録するには、を使用します。

このオーバーロードでは、最小レベルのログ記録とログの書式設定を制御できます。 LogTo(Action<String>, IEnumerable<EventId>, LogLevel, Nullable<DbContextLoggerOptions>)を使用します 特定のイベントのみをログに記録するオーバーロード。 特定のカテゴリ LogTo(Action<String>, IEnumerable<String>, LogLevel, Nullable<DbContextLoggerOptions>) のイベントのみをログに記録するには、 オーバーロードを使用します。 イベントに LogTo(Action<String>, Func<EventId,LogLevel,Boolean>, Nullable<DbContextLoggerOptions>) カスタム フィルターを使用するには、 オーバーロードを使用します。 オーバーロードを LogTo(Func<EventId,LogLevel,Boolean>, Action<EventData>) 使用して、完全にカスタム ロガーにログを記録します。

LogTo(Action<String>, Func<EventId,LogLevel,Boolean>, Nullable<DbContextLoggerOptions>)

指定されたカスタム フィルター デリゲートによってフィルター処理されたイベントをログに記録します。 フィルターは、メッセージをログに記録するには true を返し、ログからフィルター処理するには false を返す必要があります。

すべてのイベントの LogTo(Action<String>, LogLevel, Nullable<DbContextLoggerOptions>) 既定のログ記録には、 オーバーロードを使用します。 特定のカテゴリ LogTo(Action<String>, IEnumerable<EventId>, LogLevel, Nullable<DbContextLoggerOptions>)LogTo(Action<String>, IEnumerable<String>, LogLevel, Nullable<DbContextLoggerOptions>) イベントのみをログに記録するには、 オーバーロードを使用します。 オーバーロードを LogTo(Func<EventId,LogLevel,Boolean>, Action<EventData>) 使用して、完全にカスタム ロガーにログを記録します。

LogTo(Action<String>, IEnumerable<String>, LogLevel, Nullable<DbContextLoggerOptions>)

指定したアクションを使用して、指定したカテゴリのすべてのイベントをログに記録します。 たとえば 、optionsBuilder.LogTo(Console.WriteLine, new[] { DbLoggerCategory.Infrastructure.Name }) を使用して、カテゴリ内のすべてのイベントをログに記録 DbLoggerCategory.Infrastructure します。

すべてのイベントの LogTo(Action<String>, LogLevel, Nullable<DbContextLoggerOptions>) 既定のログ記録には、 オーバーロードを使用します。 特定のイベント LogTo(Action<String>, IEnumerable<EventId>, LogLevel, Nullable<DbContextLoggerOptions>) のみをログに記録するには、 オーバーロードを使用します。 イベントに LogTo(Action<String>, Func<EventId,LogLevel,Boolean>, Nullable<DbContextLoggerOptions>) カスタム フィルターを使用するには、 オーバーロードを使用します。 オーバーロードを LogTo(Func<EventId,LogLevel,Boolean>, Action<EventData>) 使用して、完全にカスタム ロガーにログを記録します。

public virtual Microsoft.EntityFrameworkCore.DbContextOptionsBuilder LogTo (Action<string> action, System.Collections.Generic.IEnumerable<string> categories, Microsoft.Extensions.Logging.LogLevel minimumLevel = Microsoft.Extensions.Logging.LogLevel.Debug, Microsoft.EntityFrameworkCore.Diagnostics.DbContextLoggerOptions? options = default);
abstract member LogTo : Action<string> * seq<string> * Microsoft.Extensions.Logging.LogLevel * Nullable<Microsoft.EntityFrameworkCore.Diagnostics.DbContextLoggerOptions> -> Microsoft.EntityFrameworkCore.DbContextOptionsBuilder
override this.LogTo : Action<string> * seq<string> * Microsoft.Extensions.Logging.LogLevel * Nullable<Microsoft.EntityFrameworkCore.Diagnostics.DbContextLoggerOptions> -> Microsoft.EntityFrameworkCore.DbContextOptionsBuilder
Public Overridable Function LogTo (action As Action(Of String), categories As IEnumerable(Of String), Optional minimumLevel As LogLevel = Microsoft.Extensions.Logging.LogLevel.Debug, Optional options As Nullable(Of DbContextLoggerOptions) = Nothing) As DbContextOptionsBuilder

パラメーター

action
Action<String>

ログに記録するメッセージがある場合に呼び出されるデリゲート。

categories
IEnumerable<String>

ログ DbLoggerCategory に記録する各イベントの 。

minimumLevel
LogLevel

ログ記録するログ イベントの最小レベル。 既定値は Debug です

options
Nullable<DbContextLoggerOptions>

ログ メッセージの書式設定オプション。 null を渡す (既定値) は、use を意味します DefaultWithLocalTime

戻り値

DbContextOptionsBuilder

複数の呼び出しをチェーン可能にできるよう、同じビルダー インスタンス。

適用対象

LogTo(Action<String>, IEnumerable<EventId>, LogLevel, Nullable<DbContextLoggerOptions>)

指定したアクションを使用して、指定したイベントをログに記録します。 たとえば 、optionsBuilder.LogTo(Console.WriteLine, new[] { CoreEventId.ContextInitialized }) を使用して、イベントをコンソール ContextInitialized にログに記録します。

すべてのイベントの LogTo(Action<String>, LogLevel, Nullable<DbContextLoggerOptions>) 既定のログ記録には、 オーバーロードを使用します。 特定のカテゴリ LogTo(Action<String>, IEnumerable<String>, LogLevel, Nullable<DbContextLoggerOptions>) のイベントのみをログに記録するには、 オーバーロードを使用します。 イベントに LogTo(Action<String>, Func<EventId,LogLevel,Boolean>, Nullable<DbContextLoggerOptions>) カスタム フィルターを使用するには、 オーバーロードを使用します。 オーバーロードを LogTo(Func<EventId,LogLevel,Boolean>, Action<EventData>) 使用して、完全にカスタム ロガーにログを記録します。

public virtual Microsoft.EntityFrameworkCore.DbContextOptionsBuilder LogTo (Action<string> action, System.Collections.Generic.IEnumerable<Microsoft.Extensions.Logging.EventId> events, Microsoft.Extensions.Logging.LogLevel minimumLevel = Microsoft.Extensions.Logging.LogLevel.Debug, Microsoft.EntityFrameworkCore.Diagnostics.DbContextLoggerOptions? options = default);
abstract member LogTo : Action<string> * seq<Microsoft.Extensions.Logging.EventId> * Microsoft.Extensions.Logging.LogLevel * Nullable<Microsoft.EntityFrameworkCore.Diagnostics.DbContextLoggerOptions> -> Microsoft.EntityFrameworkCore.DbContextOptionsBuilder
override this.LogTo : Action<string> * seq<Microsoft.Extensions.Logging.EventId> * Microsoft.Extensions.Logging.LogLevel * Nullable<Microsoft.EntityFrameworkCore.Diagnostics.DbContextLoggerOptions> -> Microsoft.EntityFrameworkCore.DbContextOptionsBuilder
Public Overridable Function LogTo (action As Action(Of String), events As IEnumerable(Of EventId), Optional minimumLevel As LogLevel = Microsoft.Extensions.Logging.LogLevel.Debug, Optional options As Nullable(Of DbContextLoggerOptions) = Nothing) As DbContextOptionsBuilder

パラメーター

action
Action<String>

ログに記録するメッセージがある場合に呼び出されるデリゲート。

events
IEnumerable<EventId>

ログ EventId に記録する各イベントの 。

minimumLevel
LogLevel

ログ記録するログ イベントの最小レベル。 既定値は Debug です

options
Nullable<DbContextLoggerOptions>

ログ メッセージの書式設定オプション。 null を渡す (既定値) は、use を意味します DefaultWithLocalTime

戻り値

DbContextOptionsBuilder

複数の呼び出しをチェーン可能にできるよう、同じビルダー インスタンス。

適用対象

LogTo(Func<EventId,LogLevel,Boolean>, Action<EventData>)

カスタムフィルターデリゲートによってフィルター処理されたカスタムロガーデリゲートにイベントを記録します。 フィルターは、メッセージをログに記録する場合は true を返し、ログから除外する場合は false を返します。

LogTo(Action<String>, LogLevel, Nullable<DbContextLoggerOptions>)すべてのイベントの既定のログ記録には、オーバーロードを使用します。 特定の LogTo(Action<String>, IEnumerable<EventId>, LogLevel, Nullable<DbContextLoggerOptions>) LogTo(Action<String>, IEnumerable<String>, LogLevel, Nullable<DbContextLoggerOptions>) カテゴリのイベントのみをログに記録するには、[オーバーロードを使用する] を使用します。 LogTo(Action<String>, Func<EventId,LogLevel,Boolean>, Nullable<DbContextLoggerOptions>)イベントに対してカスタムフィルターを使用するには、オーバーロードを使用します。

public virtual Microsoft.EntityFrameworkCore.DbContextOptionsBuilder LogTo (Func<Microsoft.Extensions.Logging.EventId,Microsoft.Extensions.Logging.LogLevel,bool> filter, Action<Microsoft.EntityFrameworkCore.Diagnostics.EventData> logger);
abstract member LogTo : Func<Microsoft.Extensions.Logging.EventId, Microsoft.Extensions.Logging.LogLevel, bool> * Action<Microsoft.EntityFrameworkCore.Diagnostics.EventData> -> Microsoft.EntityFrameworkCore.DbContextOptionsBuilder
override this.LogTo : Func<Microsoft.Extensions.Logging.EventId, Microsoft.Extensions.Logging.LogLevel, bool> * Action<Microsoft.EntityFrameworkCore.Diagnostics.EventData> -> Microsoft.EntityFrameworkCore.DbContextOptionsBuilder
Public Overridable Function LogTo (filter As Func(Of EventId, LogLevel, Boolean), logger As Action(Of EventData)) As DbContextOptionsBuilder

パラメーター

filter
Func<EventId,LogLevel,Boolean>

メッセージをログに記録する場合は true を返し、無視する場合は false を返すデリゲート。

logger
Action<EventData>

ログに記録するメッセージがあるときに呼び出されるデリゲート。

戻り値

DbContextOptionsBuilder

複数の呼び出しを連結できるように、同じビルダーインスタンス。

適用対象

LogTo(Action<String>, LogLevel, Nullable<DbContextLoggerOptions>)

指定されたアクションを使用してログに記録します。 たとえば、コンソールにログを記録するには、を使用します。

このオーバーロードでは、最小レベルのログ記録とログの書式設定を制御できます。 LogTo(Action<String>, IEnumerable<EventId>, LogLevel, Nullable<DbContextLoggerOptions>)を使用します 特定のイベントのみをログに記録するオーバーロード。 特定のカテゴリ LogTo(Action<String>, IEnumerable<String>, LogLevel, Nullable<DbContextLoggerOptions>) のイベントのみをログに記録するには、 オーバーロードを使用します。 イベントに LogTo(Action<String>, Func<EventId,LogLevel,Boolean>, Nullable<DbContextLoggerOptions>) カスタム フィルターを使用するには、 オーバーロードを使用します。 オーバーロードを LogTo(Func<EventId,LogLevel,Boolean>, Action<EventData>) 使用して、完全にカスタム ロガーにログを記録します。

public virtual Microsoft.EntityFrameworkCore.DbContextOptionsBuilder LogTo (Action<string> action, Microsoft.Extensions.Logging.LogLevel minimumLevel = Microsoft.Extensions.Logging.LogLevel.Debug, Microsoft.EntityFrameworkCore.Diagnostics.DbContextLoggerOptions? options = default);
abstract member LogTo : Action<string> * Microsoft.Extensions.Logging.LogLevel * Nullable<Microsoft.EntityFrameworkCore.Diagnostics.DbContextLoggerOptions> -> Microsoft.EntityFrameworkCore.DbContextOptionsBuilder
override this.LogTo : Action<string> * Microsoft.Extensions.Logging.LogLevel * Nullable<Microsoft.EntityFrameworkCore.Diagnostics.DbContextLoggerOptions> -> Microsoft.EntityFrameworkCore.DbContextOptionsBuilder
Public Overridable Function LogTo (action As Action(Of String), Optional minimumLevel As LogLevel = Microsoft.Extensions.Logging.LogLevel.Debug, Optional options As Nullable(Of DbContextLoggerOptions) = Nothing) As DbContextOptionsBuilder

パラメーター

action
Action<String>

ログに記録するメッセージがあるときに呼び出されるデリゲート。

minimumLevel
LogLevel

ログ記録するログイベントの最小レベル。 既定値は Debug です

options
Nullable<DbContextLoggerOptions>

ログメッセージのフォーマットオプション。 Null (既定値) を渡すと、 DefaultWithLocalTime

戻り値

DbContextOptionsBuilder

複数の呼び出しをチェーン可能にできるよう、同じビルダー インスタンス。

適用対象

LogTo(Action<String>, Func<EventId,LogLevel,Boolean>, Nullable<DbContextLoggerOptions>)

指定されたカスタム フィルター デリゲートによってフィルター処理されたイベントをログに記録します。 フィルターは、メッセージをログに記録するには true を返し、ログからフィルター処理するには false を返す必要があります。

すべてのイベントの LogTo(Action<String>, LogLevel, Nullable<DbContextLoggerOptions>) 既定のログ記録には、 オーバーロードを使用します。 特定のカテゴリ LogTo(Action<String>, IEnumerable<EventId>, LogLevel, Nullable<DbContextLoggerOptions>)LogTo(Action<String>, IEnumerable<String>, LogLevel, Nullable<DbContextLoggerOptions>) イベントのみをログに記録するには、 オーバーロードを使用します。 オーバーロードを LogTo(Func<EventId,LogLevel,Boolean>, Action<EventData>) 使用して、完全にカスタム ロガーにログを記録します。

public virtual Microsoft.EntityFrameworkCore.DbContextOptionsBuilder LogTo (Action<string> action, Func<Microsoft.Extensions.Logging.EventId,Microsoft.Extensions.Logging.LogLevel,bool> filter, Microsoft.EntityFrameworkCore.Diagnostics.DbContextLoggerOptions? options = default);
abstract member LogTo : Action<string> * Func<Microsoft.Extensions.Logging.EventId, Microsoft.Extensions.Logging.LogLevel, bool> * Nullable<Microsoft.EntityFrameworkCore.Diagnostics.DbContextLoggerOptions> -> Microsoft.EntityFrameworkCore.DbContextOptionsBuilder
override this.LogTo : Action<string> * Func<Microsoft.Extensions.Logging.EventId, Microsoft.Extensions.Logging.LogLevel, bool> * Nullable<Microsoft.EntityFrameworkCore.Diagnostics.DbContextLoggerOptions> -> Microsoft.EntityFrameworkCore.DbContextOptionsBuilder
Public Overridable Function LogTo (action As Action(Of String), filter As Func(Of EventId, LogLevel, Boolean), Optional options As Nullable(Of DbContextLoggerOptions) = Nothing) As DbContextOptionsBuilder

パラメーター

action
Action<String>

ログに記録するメッセージがある場合に呼び出されるデリゲート。

filter
Func<EventId,LogLevel,Boolean>

メッセージをログに記録するために true を返すデリゲート。メッセージを無視するには false を返します。

options
Nullable<DbContextLoggerOptions>

ログ メッセージの書式設定オプション。 null を渡す (既定値) は、use を意味します DefaultWithLocalTime

戻り値

DbContextOptionsBuilder

複数の呼び出しをチェーン可能にできるよう、同じビルダー インスタンス。

適用対象