Microsoft Surface Hub へのアプリのインストール

チームまたは組織のニーズに合わせて、Surface Hub に追加のアプリをインストールできます。 アプリの開発やテストを行うか、リリースされたアプリを展開するかによって、アプリをインストールするための方法は異なります。 このトピックでは、それぞれのシナリオ向けにアプリをインストールする方法について説明します。

サポートされているアプリのガイドライン

  • Surface Hub で実行できるのは、ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリのみです。 MSIX パッケージ ツールを使用して作成されたアプリは、アプリでSurface Hub。
  • アプリは、ユニバーサル デバイス ファミリまたは Windows チーム デバイス ファミリに対応している必要があります。
  • Surface Hubは、オフラインライセンスのアプリのみをサポートビジネス向け Microsoft Store。
  • 既定では、アプリをインストールするには、アプリにストアの署名が必要です。 テストおよび開発時には、開発者モードでデバイスを配置することによって、開発者が署名した UWP アプリの実行を選択することもできます。
  • アプリを Microsoft Store に送信する場合、開発者はデバイス ファミリの可用性と組織のライセンス オプションを設定して、アプリを Surface Hub で実行できる必要があります。
  • Surface Hub にアプリをインストールするには、管理者の資格情報が必要です。 このデバイスは、会議室などの共同スペースで使用するよう設計されているため、ユーザーが Microsoft ストアにアクセスし、アプリをダウンロードしてインストールすることはできません。

リリースされたアプリを展開する

いくつかのデバイスでアプリを評価するか、または組織に広くアプリを展開するかに応じて、Microsoft ストアにリリースされているアプリをインストールする方法はいくつかあります。

リリースされたアプリをインストールするには、次の手順を実行します。

  • Microsoft ストア アプリを使ってアプリをダウンロードする、または
  • ビジネス向け Microsoft ストアからアプリ パッケージをダウンロードし、プロビジョニング パッケージまたはサポートされている MDM プロバイダーを使用して配布する。

Microsoft ストア アプリ

Microsoft ストアにリリースされたアプリを評価するには、Surface Hub で Microsoft ストア アプリを使ってアプリを参照し、ダウンロードします。

注意

Microsoft ストア アプリを使用する方法は、組織にアプリを大規模に展開する場合はお勧めできません。

  • アプリをダウンロードするには、Microsoft アカウントまたは組織のアカウントを使って Microsoft ストア アプリにサインインする必要があります。 ただし、1 つのアカウントで接続できるのは最大 10 台のデバイスのみです。 10 台以上の Surface Hub がある場合は、複数のアカウントを作成するか、アプリのインストールが終了するたびにアカウントからデバイスを削除する必要があります。
  • アプリをインストールするには、自分が所有する各 Surface Hub で手動で Microsoft ストア アプリにサインインする必要があります。

Surface Hub で Microsoft ストアを参照するには

  1. Surface Hub から、[設定] を起動します。
  2. メッセージが表示されたら、デバイスの管理者資格情報を入力します。
  3. [アプリ] Surface Hub > 機能&移動します
  4. [ ストアを開く ] を選択し、探しているアプリを検索します。

ビジネス向け Microsoft ストアからアプリ パッケージをダウンロードする

必要なアプリ パッケージをダウンロードして Surface Hub にアプリをインストールするには、ビジネス向け Microsoft ストアにアクセスします。 ビジネス向けストアは、Surface Hub を含め、組織内の Windows 10デバイス用のアプリの検索、取得、管理を行うことができる場所です。

注意

現在、Surface Hub は、ビジネス向けストアで利用可能なオフライン ライセンスのアプリのみをサポートしています。 アプリの開発者は、アプリを提出するときに、オフライン ライセンスを利用できるかどうかを設定します。

必要なアプリを検索して入手し、ダウンロードします。

  • オフライン ライセンスのアプリ パッケージ (.appx または .appxbundle)
  • エンコードされていないライセンス ファイル (プロビジョニング パッケージを使ってアプリをインストールする場合)
  • エンコードされたライセンス ファイル (MDM を使ってアプリを配布する場合)
  • 必要な依存関係ファイル

詳しくは、オフライン ライセンス アプリのダウンロードに関するページをご覧ください。

プロビジョニング パッケージを使用してオフライン ライセンスアプリをインストールする

プロビジョニング パッケージを使って、数台の Surface Hub に、ビジネス向けストアからダウンロードしたオフライン ライセンス アプリを手動でインストールできます。 Windows イメージングおよび構成デザイナー (ICD) を使って、ビジネス向けストアからダウンロードしたアプリ パッケージとエンコードされていないライセンス ファイルを含むプロビジョニング パッケージを作成します。 詳細については、「Create provisioning packages forSurface Hub」 を参照してください。

サポートされる MDM プロバイダー

組織内の多くの Surface Hub にアプリを展開するには、サポートされているMDMプロバイダーを使用します。 次の表は、オフライン ライセンスのアプリ パッケージの展開をサポートする MDM プロバイダーを示しています。

MDM プロバイダー オフライン ライセンスのアプリ パッケージのサポート
Configuration Manager を使用したオンプレミス MDM (バージョン 1602 から)
サードパーティの MDM プロバイダー MDM プロバイダーがオフライン ライセンスのアプリ パッケージの展開をサポートしていることを確認してください。

注意

オフライン アプリをリモートで展開するには、Microsoft Intune VPPアプリの管理を参照ビジネス向け Microsoft Store。 Surface Hub展開では、デバイス グループに割り当てられたオフライン アプリのみをサポートし、デバイス ライセンスの種類を使用します。

アプリを開発およびテストする

このセクションでは、アプリ開発者がアプリをテストする方法についてSurface Hub。

開発者モード

既定では、Surface Hub は、Microsoft ストアに公開され、Microsoft ストアによって署名された UWP アプリのみを実行できます。 Microsoft ストアに提出するアプリは、アプリの認定プロセスの一環として、セキュリティとコンプライアンスのテストに合格している必要があります。これにより、Surface Hub を悪意のあるアプリから保護できます。

開発者モードを有効にすると、開発者が署名した UWP アプリをインストールすることもできます。

重要

開発者モードを有効にした後、これを無効にするには、Surface Hub をリセットする必要があります。 デバイスをリセットすると、すべてのローカル ユーザーのファイルと構成が削除され、Windows が再インストールされます。

開発者モードを有効にするには

  1. Surface Hub から、[設定] を開きます。
  2. メッセージが表示されたら、デバイスの管理者資格情報を入力します。
  3. [更新プログラムとセキュリティ] > [開発者向け] の順に移動します。
  4. [開発者モード] を選択し、警告メッセージに同意します。

Visual Studio

開発中に、Surface Hub でアプリをテストする最も簡単な方法は、Visual Studio を使用する方法です。 Visual Studio のリモート デバッグ機能は、広く展開する前に、アプリで問題を見つけるのに役立ちます。 詳しくは、「Visual Studio を使った Surface Hub アプリのテスト」をご覧ください。

プロビジョニング パッケージの作成

Visual Studio を使用して、テスト証明書で署名された、UWP アプリ用のアプリ パッケージを作成します。 Windows イメージングおよび構成デザイナー (ICD) を使用して、アプリ パッケージを含むプロビジョニング パッケージを作成します。 詳細については、「Create provisioning packages forSurface Hub」 を参照してください。

Microsoft ストアにアプリを提出する

アプリのリリースの準備ができたら、開発者は、Microsoft ストアにアプリを提出し、公開する必要があります。 詳細については、「Publish Windows アプリとゲーム」を参照してください

アプリの提出時に、開発者は、アプリが Surface Hub で確実に実行できるように、[デバイス ファミリの利用可否] オプションと [組織のライセンス] オプションを設定する必要があります。

デバイス ファミリの利用可否を設定するには

  1. Windows デベロッパー センターのアプリの申請ページに移動します。

  2. [パッケージ] を選択します。

  3. [デバイス ファミリの利用可否] で、次のオプションを選択します。

    • Windows 10 Team
    • [このアプリを将来のデバイス ファミリで使用できるようにするかどうかをマイクロソフトが決定できる]

    [デバイス ファミリの利用可否] ページ (Microsoft ストア アプリの申請プロセスの一部) を示す画像。

    詳しくは、「デバイス ファミリの利用可否」をご覧ください。

組織のライセンスを設定するには

  1. Windows デベロッパー センターのアプリの申請ページに移動します。

  2. [価格と使用可能状況] を選択します。

  3. [組織のライセンス] の [組織による未接続状態 (オフライン) でのライセンスの購入を許可する] を選択します。

    [組織のライセンス] ページ (Microsoft ストア アプリの申請プロセスの一部) を示す画像。

    注意

    [ストアで管理される (オンライン) ボリューム ライセンスと配布に基づいて組織がこのアプリを購入できるようにする] チェック ボックスは既定でオンになっています。

    注意

    開発者は、基幹業務アプリを企業に直接公開することもできます。アプリをストアで一般公開する必要はありません。 詳しくは、「LOB アプリの企業への配布」をご覧ください。

    詳しくは、「組織のライセンス オプション」をご覧ください。

要約

Surface Hub にアプリをインストールする方法は、アプリの開発、少数のデバイスでのアプリの評価、または組織への広範なアプリの展開によって異なります。 次の表はサポートされる方法をまとめたものです。

インストール方法 アプリの開発 少数のデバイスでの
アプリの評価
組織での大規模な
アプリの展開
Visual Studio
プロビジョニング パッケージ
Microsoft ストア アプリ
サポートされる MDM プロバイダー