Microsoft のサポート ポリシーは、サーバーとサーバーのSQL Server構成Windowsします。

この記事では、サーバーとサーバーのクラスター化された構成に関する microsoft SQL Server Windows説明します。

元の製品バージョン:  SQL Server
元の KB 番号:   327518

概要

この記事では、フェールオーバー クラスタリングの Microsoft サポート ポリシー SQL Server説明します。 Microsoft カスタマー サポート サービス (CSS) は、SQL Server 製品の Windows フェールオーバー クラスター サービスのフェールオーバー クラスタリング機能に基づく、SQL Server フェールオーバー クラスタリングをサポートします。

  • WindowsServer 2008 Enterprise Edition
  • WindowsServer 2008 データセンター エディション
  • WindowsServer 2008 R2 Enterprise Edition
  • WindowsServer 2008 R2 データセンター エディション
  • Window Server 2012
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2016標準エディションとデータセンター エディション

注意

Windows Server 2012およびWindows Server 2012 R2 は、サーバー フェールオーバー クラスターの KB Microsoft サポート ポリシーをWindowsする必要があります

フェールオーバー クラスター インスタンスとしてインストールされているSQL Serverバージョンに対する次SQL Serverポリシー。

重要

サーバー クラスター という用語は 、Microsoft クラスター サービスを実行するコンピューターを意味します。 サーバー Windows 2003 ファミリには、次の種類のクラスタリング サービスが用意されています。

  • サーバー クラスター (フェールオーバー クラスター)
  • ネットワーク負荷分散
  • Compute Cluster Server

ノードが失われた場合、またはノードのインスタンスに問題が存在する場合SQL Serverサーバー クラスター ソリューションのみを高可用性のために SQL Server と共に使用SQL Server。 ネットワーク負荷分散は、スタンドアロンの読み取り専用のインストールと組み合わせて使用SQL Serverがあります。 SQL Serverフェールオーバー クラスター インスタンスは、それぞれ一意のグループを必要とします。 この要件は、クラスターに固有のドライブ文字を使用するクラスター ディスク リソースとフェールオーバー クラスター インスタンスSQL Server当てはまれます。 各フェールオーバー クラスター インスタンスのSQL Server、少なくとも 1 つの一意の IP アドレスが必要です。 インストールされているバージョンによっては、複数の一意の IP アドレスが可能な場合があります。 さらに、各フェールオーバー クラスター インスタンスには、クラスターが属するドメインに固有の仮想サーバー名とインスタンス名の両方が必要です。

フェールオーバー クラスタリング以外Windowsソリューション

Microsoft Server クラスタリングSQL Server以外のクラスタリング製品を使用してクラスター化する場合、プライマリ サポート連絡先は、SQL Server に関連するサポートの問題に関するサード パーティのクラスター ソリューション プロバイダーです。 SQL Server Microsoft Server クラスタリングを使用して開発およびテストされました。 SQL Serverインストールをサポートするサード パーティのクラスタリング ソリューション プロバイダーは、インストールの問題、パフォーマンスの問題、またはクラスターの動作の問題に関する主要な連絡先である必要があります。 CSS は、スタンドアロン バージョンのクラスター インストールと同様に、サードパーティのクラスター インストールに対して商業的に合理的なサポートを提供SQL Server。

SQL Server 2008 および SQL Server 2008 R2 の情報

2008 SQL Server 2008 および SQL Server R2 エディションについては、「SQL Server Books Online」のトピックを参照してください。

  • サポートされているノードの数については、次のトピック「エディションと2016年のサポートされる機能SQL Serverしてください。

注意

これは 2008 R2 Books Online SQL Serverトピックですが、同じコンテンツが 2008 年SQL Serverされます。

  • SQL Server フェールオーバー クラスタリングでサポートされているオペレーティング システムの詳細については、「フェールオーバー クラスタリングをインストールする前に」の「オペレーティング システム 設定 の確認」セクションを参照してください。

    要約すると、SQL Server 2008 および SQL Server 2008 R2 エディションは、AlwaysOn インストールに関連する Windows Server 2003 および Windows Server 2008 以降のバージョン固有の詳細で最大 8 ノードをサポートします。

SQL Server 2012、SQL Server 2014、SQL Server 2016

各バージョンについては、次の MSDN 記事を参照してください。

マウントされたドライブ

マウントされたドライブの使用は、デバイス インストールを含むクラスターではMicrosoft SQL Serverされません。 詳細については、「マウントされたボリュームSQL Serverサポート」を参照してください

クラスター共有ボリューム (CSV)

2014 年より前SQL Serverフェールオーバー クラスターでクラスター共有ボリュームを使用SQL Serverはサポートされていません。

2014 以降のバージョンの CSV と 2014 SQL Server CSV の使用に関する以下の記事を参照SQL Server。

サーバー フェールオーバー クラスター (WSFC) Windowsドメイン コントローラー サーバーの使用

SQL Serverクラスター インスタンスは、ドメイン コントローラーとして構成されたフェールオーバー クラスター インスタンス ノードではサポートされません。

フェールオーバー クラスター インスタンスSQL Server新しいドメインへの移行または変更

SQL Server 2005 以降のバージョンは、新しいドメインに移行できません。 フェールオーバー クラスター コンポーネントをアンインストールして再インストールする必要があります。 サーバー クラスターをあるドメインから別のWindowsに移動する方法の詳細については、「Windowsサーバークラスターをあるドメインから別のドメインに移動する」を参照してください。

CRITICAL - アンインストールする前に、SQL Server が混在モードのセキュリティを使用するか、SQL Server ログインに追加された新しいドメイン アカウントを使用し、システム データベースを含む DATA フォルダーの名前を変更する必要があります。 サポート ファイル、SQL Server、統合サービスSQL Server Native Clientワークステーション コンポーネントを削除する必要はありません。 ノード全体を再構築しない限り。

警告

アンインストール中にエラーが発生した場合、ノードを再構築する必要がある可能性があります。

詳細情報

仮想化のサポート

ハードウェア仮想化環境での SQL Server フェールオーバー クラスターのインストールの詳細については、「ハードウェア仮想化環境で実行されている Microsoft SQL Server 製品のサポート ポリシー」を参照してください

関連情報

詳細については、「フェールオーバー クラスタリング 」の トピック「SQL Server MSDN Web サイト」を参照してください。

適用対象

  • SQL Server 2008 開発者
  • SQL Server 2008 Enterprise
  • SQL Server 2008 Standard
  • SQL Server 2008 R2 データセンター
  • SQL Server 2008 R2 Developer
  • SQL Server 2008 R2 Enterprise
  • SQL Server 2012 Analysis Services
  • SQL Server 2012 ビジネス インテリジェンス
  • SQL Server 2012 開発者
  • SQL Server 2012 Enterprise
  • SQL Server 2012 Standard
  • SQL Server 2012 Enterprise Core
  • SQL Server 2014 開発者
  • SQL Server 2014 Enterprise
  • SQL Server 2014 Enterprise Core
  • SQL Server 2014 Standard
  • SQL Server 2016 開発者
  • SQL Server 2016 Enterprise
  • SQL Server 2016 Enterprise Core
  • SQL Server 2016 Standard