Windows Server のフェールオーバー クラスタリング

適用対象:Windows Server 2019、Windows Server 2016

フェールオーバー クラスターは、互いに連携する個々のコンピューターが集まって形成され、クラスター化された役割 (以前は、クラスター化されたサービス、クラスター化されたアプリケーションと呼ばれていました) の可用性とスケーラビリティを高めます。 クラスター サーバー (ノード) は、物理ケーブルとソフトウェアにより接続されます。 クラスター ノードに障害が発生した場合、他のノードがサービスの提供を開始します。このプロセスを "フェールオーバー" といいます。 また、クラスター化された役割は能動的に監視され、正常に機能しているかどうかが確認されます。 正常に機能していない役割は、再起動されるか、または別のノードに移されます。

フェールオーバー クラスターには、一貫性のある分散名前空間を提供するクラスターの共有ボリューム (CSV) 機能も用意されています。これにより、クラスター化された役割のすべてのノードから共有記憶域にアクセスできます。 フェールオーバー クラスタリング機能により、ユーザーに対するサービスの中断を最小限に抑えることができます。

フェールオーバー クラスタリングには、次のような多くの実用的なアプリケーションがあります。

  • Microsoft SQL Server、Hyper-V 仮想マシンなどのアプリケーションを対象とした高可用性 (継続的に使用可能な) ファイル共有記憶域
  • 物理サーバー上、または Hyper-V を実行するサーバーにインストールされた仮想マシン上で実行される高可用性のクラスター化された役割
概要 計画 展開
フェールオーバー クラスタリングの新機能 フェールオーバー クラスタリングのハードウェア要件と記憶域オプションの計画 フェールオーバー クラスターの作成
アプリケーション データ用のスケールアウト ファイル サーバー クラスター共有ボリューム (CSV) の使用 2 ノードのファイル サーバーを展開する
クラスターとプール クォーラム ゲスト仮想マシン クラスターで記憶域スペース ダイレクトを使用する Active Directory Domain Services でクラスター コンピューター アカウントを事前設定する
障害ドメインの認識 Active Directory でクラスターのアカウントを構成する
簡略化された SMB マルチチャネルと複数 NIC のクラスター ネットワーク クォーラムと監視を管理する
VM の負荷分散 クラウド監視を展開する
クラスター セット ファイル共有監視を展開する
クラスターのアフィニティ クラスター オペレーティング システムのローリング アップグレード
同じハードウェア上でフェールオーバー クラスターをアップグレードする
Active Directory からデタッチされたクラスターを展開する
管理 ツールと設定 コミュニティ リソース
クラスター対応更新 フェールオーバー クラスタリング用 PowerShell コマンドレット 高可用性 (クラスタリング) フォーラム
ヘルスサービス クラスター対応更新の PowerShell コマンドレット フェールオーバー クラスタリングおよびネットワークの負荷分散チームによるブログ
クラスター ドメインの移行
Windows エラー報告を使用したトラブルシューティング