ApplicationView.IsFullScreenMode プロパティ

定義

アプリが全画面表示モードで実行されているかどうかを示す値を取得します。

public:
 property bool IsFullScreenMode { bool get(); };
bool IsFullScreenMode();
public bool IsFullScreenMode { get; }
var boolean = applicationView.isFullScreenMode;
Public ReadOnly Property IsFullScreenMode As Boolean

プロパティ値

Boolean

bool

アプリが全画面表示モードで実行されている場合は true。それ以外の場合は false。 既定値は false です。

注釈

IsFullScreenMode プロパティは、 TryEnterFullScreenMode メソッドと ExitFullScreenMode メソッドの呼び出しの結果として設定されます。 PreferredLaunchWindowingMode プロパティが FullScreen に設定されている場合、アプリの起動時に true に設定することもできます。

このプロパティの値が変更されると、 システムによって CoreWindow.SizeChanged イベントが 発生します。 これは、 Window.SizeChanged イベントとして XAML アプリに公開され、 window.resize イベントとして HTML アプリに公開されます。

ユーザー側の表示と操作

全画面表示モードは、最大化モードまたはタブレット モードと同じではありません (Windows 10のみ)。 アプリが全画面表示モードの場合、画面全体が占めます。 タイトル バー、ステータス バー、タスク バーなどのシステム要素は、既定では非表示になっています。 ウィンドウ モードが使用できない場合や、スマートフォンやタブレット モードのデバイス (Windows 10 のみ) など、アプリが常に画面全体に表示される場合は、全画面表示モードでは引き続きシステム要素が非表示になります。

ユーザーが別のアプリを使用するようにアプリから切り替えると、アプリの全画面表示の性質が維持されます。 ユーザーが再びアプリに切り替えると、全画面表示になります。

全画面表示モードの場合:

  • モバイル デバイス ファミリでは、ユーザーは下からスワイプしてナビゲーション バー (Back、Start、Cortana) を表示できます。 上部からスワイプしてアクション センターを表示することもできます。
  • デスクトップ デバイス ファミリでは、ユーザーは下からスワイプしてナビゲーション バー (タスク バー) を表示できます。 左からスワイプしてタスク ビューを表示し、右側からアクション センターを表示し、上部からタイトル バーを表示できます。

端のスワイプを抑制し、 FullScreenSystemOverlayMode[最小] に設定することで、小さな UI を表示できます。

メディアを全画面表示で再生するには、全画面表示モードを使用しないでください。 代わりに MediaPlayer.IsFullWindow プロパティを設定します。

適用対象

こちらもご覧ください