ApplicationView.PreferredLaunchWindowingMode プロパティ

定義

アプリが起動するウィンドウ モードを示す値を取得または設定します。

public:
 static property ApplicationViewWindowingMode PreferredLaunchWindowingMode { ApplicationViewWindowingMode get(); void set(ApplicationViewWindowingMode value); };
static ApplicationViewWindowingMode PreferredLaunchWindowingMode();

static void PreferredLaunchWindowingMode(ApplicationViewWindowingMode value);
public static ApplicationViewWindowingMode PreferredLaunchWindowingMode { get; set; }
var applicationViewWindowingMode = ApplicationView.preferredLaunchWindowingMode;
ApplicationView.preferredLaunchWindowingMode = applicationViewWindowingMode;
Public Shared Property PreferredLaunchWindowingMode As ApplicationViewWindowingMode

プロパティ値

ApplicationViewWindowingMode

アプリのウィンドウ モードを示す列挙値。

この例では、全画面表示モードを切り替えて PreferredLaunchWindowingMode プロパティを設定する方法を示します。

<Button x:Name="ToggleFullScreenModeButton" Content="Toggle full screen" 
        Click="ToggleFullScreenModeButton_Click">
private void ToggleFullScreenModeButton_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    var view = ApplicationView.GetForCurrentView();
    if (view.IsFullScreenMode)
    {
        view.ExitFullScreenMode();
        ApplicationView.PreferredLaunchWindowingMode = ApplicationViewWindowingMode.Auto;
        // The SizeChanged event will be raised when the exit from full-screen mode is complete.
    }
    else
    {
        if (view.TryEnterFullScreenMode())
        {
            ApplicationView.PreferredLaunchWindowingMode = ApplicationViewWindowingMode.FullScreen;
            // The SizeChanged event will be raised when the entry to full-screen mode is complete.
        }
    }
}

注釈

既定では、PreferredLaunchWindowingMode は Auto に設定されています。このモードでは、起動時のアプリ ウィンドウのサイズと位置は、Windows によって自動的に管理されます。

PreferredLaunchWindowingMode を設定して、これらの値のいずれかで自動動作をオーバーライドできます。

  • PreferredLaunchViewSize: 起動すると、ウィンドウのサイズは ApplicationView.PreferredLaunchViewSize プロパティで指定されたサイズになります。
  • 全画面表示: ウィンドウは全画面表示モードで起動されます。 (全画面表示モードは最大化と同じではありません。詳細については 、IsFullScreenMode を参照してください)。)

アプリを初めて起動する場合、PreferredLaunchWindowingMode は常に Auto になり、 ApplicationView.PreferredLaunchViewSize はシステム ポリシーによって決定されます。 この API は、アプリの次回の起動に適用されます。

通常、このプロパティは、ユーザーがアプリ内オプションを使用してユーザー設定を設定するとき、または TryEnterFullScreenModeExitFullScreenMode を呼び出すときに設定します。 このプロパティは、アプリの起動時 ( CoreWindow.Activate の呼び出しの前) に設定して、最初の起動動作を指定できます。 ただし、起動時にアプリのサイズ設定と配置作業が余分に行われる可能性があるため、起動時に設定しないでください。

適用対象

こちらもご覧ください