ポリシーの設定を使用して、webアプリ上の Office のプライバシー コントロールを管理する

注意

このプライバシー情報の対象となっている Office 製品の一覧については、「 Office 製品のプライバシーの制御」を参照してください。

組織の管理者は、Word for the web や PowerPoint for the web などの Web アプリケーションに Office を使用するときに、ユーザーがオプションの接続エクスペリエンスを使用するかどうかを制御できます。 この選択肢は、ユーザーが Office for Web アプリケーションを使用するときに職場または学校のアカウントでサインインしている場合にのみ使用できます。 [Office で追加オプションの接続エクスペリエンスの使用を許可する] のポリシー設定で、オプションの接続エクスペリエンスをユーザーが利用できるかどうかを制御できます。

Office でのオプションの接続エクスペリエンスについての概要

オプションの接続エクスペリエンスは、ユーザーが Office を使用しているときに利用できるクラウドバックアップサービスです。 オプションの接続エクスペリエンスの例には、Excel でのマップチャートの作成や、Word 文書へのオンライン画像の挿入などがあり、どちらも Microsoft Bing が提供するサービスに依存しています。 これらのクラウド利用サービスはオプションで使用できます。

オプションの接続エクスペリエンスは、組織とマイクロソフトとの商業契約の対象外です。 代わりに、オプションの接続エクスペリエンスは Microsoft がユーザーに直接提供しており、Microsoft サービス規約に準拠しています。 場合によっては、サードパーティのコンテンツや機能がこれらのオプションの接続エクスペリエンスを通じて提供され、他の条件も適用される場合があります。

オプションの接続エクスペリエンスの一部は、Web アプリケーションの Office では使用できない場合がありますが、Windows を実行しているデバイスのデスクトップバージョンなど、Office の他のバージョンを使用している場合に使用できます。

詳細については、「Office でのオプションの接続エクスペリエンスについての概要」を参照してください。

Office クラウド ポリシー サービスを使用してポリシー設定を構成する

オプションの接続エクスペリエンスをユーザーが利用できるかどうかは、[Office で追加オプションの接続エクスペリエンスの使用を許可する] のポリシー設定で制御できます。 Web アプリケーション用にこれらの Office にこのポリシー設定を構成するには、Office クラウド ポリシーサービスを使用する必要があります。

このポリシー設定を構成しない場合、ユーザーはオプションの接続エクスペリエンスを使用する選択肢を持つことができます。 このポリシー設定を無効にすると、ユーザーはオプションの接続エクスペリエンスを使用できなくなります。

Office for the Web アプリケーションの場合、このポリシー設定は、ユーザーがOneDrive for Business や SharePoint Online などの Microsoft から Web ベースのストレージに保存されている Office ドキュメントで作業しているときに適用されます。

Office クラウド ポリシー サービスを使用しているため、このポリシー設定は、ユーザーが Windows、Mac、iOS、または Android デバイスで Office を使用している場合にも適用されます。 ユーザーが web アプリケーションに Office を使用している場合にのみ、このポリシー設定を構成することはできません。 ただし、このポリシー設定を含むポリシー構成を作成し、そのポリシー構成を Office for Web アプリケーションを使用して匿名でドキュメントにアクセスするユーザーにのみ適用することができます。

ユーザーがオプションの接続エクスペリエンスを利用できるようにすると、ユーザーが Web アプリに Office を初めて使用するときにプライバシー通知が表示されます。 この通知により、ユーザーはこれらのオプションの接続エクスペリエンスを使用するオプションを与えられたことを知ることができます。 この通知は、オプションの接続エクスペリエンスが Microsoft サービス契約に基づいて提供されることもユーザーに知らせます。 この通知はユーザーにとって重要な情報なので、この通知は表示する必要があり、ユーザーに代わってオフ、非表示、または承認することはできません。

ユーザーはオプションの接続エクスペリエンスをオフにすることを選択できます

ユーザーがオプションの接続エクスペリエンスを利用できるようにする場合、ユーザーはアカウントのプライバシー設定に移動して、オプションの接続エクスペリエンスへのアクセスをオフにすることができます。 この選択は、ユーザーが自分の職場または学校のアカウントでサインインしている場合にのみ、アカウントのプライバシー設定で使用できます。 ユーザーがオプションの接続エクスペリエンスを使用するように選択している場合、管理者は、アカウントのプライバシー設定で組織の個々のユーザーがオプションの接続エクスペリエンスへのアクセスをオフにできないようにすることはできません。